2017年モナコグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
モナコの旗 2017年モナコグランプリ
レース詳細
Monte Carlo Formula 1 track map.svg
日程 2017年シーズン第6戦
決勝開催日 5月28日
開催地 モンテカルロ市街地コース
モナコの旗 モナコ モンテカルロ
コース 市街地コース
コース長 3.340km
レース距離 78周(260.520km)
決勝日天候 晴(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:12.178
ファステストラップ
ドライバー メキシコの旗 セルジオ・ペレス
タイム 1:14.820 (Lap 76)
決勝順位
優勝
2位
3位

2017年モナコグランプリ (2017 Monaco Grand Prix) は、2017年のF1世界選手権第6戦として、2017年5月28日モンテカルロ市街地コースで開催された。

正式名称は「FORMULA 1 GRAND PRIX DE MONACO 2017」。

レース前[編集]

このレースでピレリが供給するドライタイヤのコンパウンドは、ウルトラソフト、スーパーソフト、ソフトの3種類。なお、このレースからドライバー側でのタイヤセットの選択が可能になる[1]

フェルナンド・アロンソインディ500参戦のため欠場[2]前年をもってF1を引退したジェンソン・バトンが代走を務める[3]

ストフェル・バンドーンは前戦スペインGP決勝でのアクシデントのため、3グリッド降格が決定している[4][5]

開催を前に、スイミングプールのシケイン部分に大きなイエローの縁石が設置された。また、コーナー出口のバリア手前3メートルまで小さなスピードバンプが設置された[6]

フリー走行[編集]

開催日時は現地時間 (UTC+2、以下同じ)。

1回目[編集]

2017年5月25日 10:00

気温20度、路面温度28度、曇天のドライコンディション[7]。これまでTウイングを使用していなかったレッドブルフォース・インディアルノーもTウイングを装着してドライブした。これにより、全チームがTウイングを使用することになった[8]。トップタイムはルイス・ハミルトン(1:13.425)[9]で、2006年キミ・ライコネン(当時マクラーレン)が記録した最速タイム(1:13.532)を早くも上回った。ニコ・ヒュルケンベルグはエナジーストア(ES)、マーカス・エリクソンはギアボックスのトラブルでタイムを記録できなかった[10]

2回目[編集]

2017年5月25日 14:00

気温21度、路面温度40度、雲が低く垂れ込む隙間から太陽が降り注ぐドライコンディション。開始10分にジョリオン・パーマーのエンジンから白煙が上がり、ポルティエでストップ。53分にランス・ストロールがターン3でクラッシュしたため赤旗中断[11]。ストロールはこのクラッシュについて「プレイステーションでも同じところで苦労している」と語っている[12]。ストロールのマシンが撤去され15時に再開された。その後は各車ともウルトラソフトで順調に周回を重ねた[11]。トップタイムはセバスチャン・ベッテル(1:12.720)[13]で、1回目のハミルトンのタイムをさらに上回った。セッション終了後、ホンダジェンソン・バトンのMGU-Hに問題を発見し、MGU-Hとターボチャージャー(TC)の交換を行った。両方とも5基目[14]となるため、15グリッド降格が決まった[15]

3回目[編集]

2017年5月27日 11:00

1日おいて行われたフリー走行3回目は気温24.7度、路面温度35.8度、晴天のドライコンディションとなった。フェラーリが好調で、ベッテルが1分12秒395でトップタイム、ライコネンが0.345秒差で2位となった。残り8分でエステバン・オコンがスイミングプールでクラッシュしたため、バーチャルセーフティカーが導入された[16][17]

予選[編集]

2017年5月27日 14:00

ライコネンが2008年フランスグランプリ以来、9年ぶりのポールポジションを獲得した。

経過[編集]

気温25度、路面温度53度、快晴のドライコンディションで行われた。

Q1
フェラーリ勢は開始1分以上前にピット出口に並び待機、レッドブル勢とトロ・ロッソ勢は3分が過ぎたところでコースインと、クリアラップを取るための対策を行った。FP3でクラッシュしマシンを修復したオコンは8分が過ぎたところでようやくコースインした。フリー走行でウルトラソフトタイヤでもデグラデーションがほとんどなかったことから、全車ウルトラソフトで周回を重ねつつ連続アタックを行う。レッドブルやフェラーリがトップタイムを出す中、メルセデスはタイヤの扱いに苦心し、特にハミルトンは「リアがオーバーヒートしている」と訴えタイムが伸びない。残り5分、ロマン・グロージャンがミラボーでスピンを喫するが、スピンターンでコースに復帰。この頃までに上位勢はアタックをやめてピットイン。トップタイムはマックス・フェルスタッペンが記録し、フェラーリ勢が続いた。ハミルトンは10位に終わる。マクラーレンはバンドーンが6位、バトンが11位と好タイムを出した。ザウバーはヌーベルシケインでコースオフしたパスカル・ウェーレインと左リアがパンクしたマーカス・エリクソンが揃ってQ1敗退となった。
Q2
ハミルトンは依然としてタイヤに苦しみ、あわやクラッシュという場面もあった。グロージャンはターン1で曲がれなかったが、Q1同様スピンターンで復帰した。フェラーリ勢は1-2のタイムを出し、早々とピットへ戻った。メルセデス勢は2度目のアタックに賭け、ボッタスは4位となったが、ハミルトンがアタックしている最中にバンドーンがターン15イン側のガードレールにヒット、右フロントサスペンションが壊れたマシンはそのままターン16でクラッシュしたためタイムを出せず、Q2敗退となった。なお、バンドーンはバトンとともに10位以内に入り、マクラーレンは2017年シーズン初の両者Q3進出となった。
Q3
Q2でクラッシュを喫したバンドーンを除いた9台で行われた。1回目のアタックでライコネンが1分12秒296でトップに立ち、ダニエル・リカルド、ベッテル、ボッタス、フェルスタッペンが続く。残り4分で上位勢が2回目のアタックに向かう。ライコネンが自己ベストを更新して首位をキープ、ベッテルは僅かに0.043秒届かず2位となったが、フェラーリ勢がフロントローを独占した。ボッタスはライコネンと0.045秒で3位、フェルスタッペン、リカルドが続いた。バトンは9位に終わり、15グリッド降格が決まっているため最後尾スタートとなった。

結果[編集]

Pos. No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 1:13.117 1:12.231 1:12.178 1
2 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 1:13.090 1:12.449 1:12.221 2
3 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:13.325 1:12.901 1:12.223 3
4 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 1:13.078 1:12.697 1:12.496 4
5 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 1:13.219 1:13.011 1:12.998 5
6 55 スペインの旗 カルロス・サインツ トロ・ロッソ 1:13.526 1:13.397 1:13.162 6
7 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 1:13.530 1:13.430 1:13.329 7
8 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 1:13.786 1:13.203 1:13.349 8
9 22 イギリスの旗 ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 1:13.723 1:13.453 1:13.613 PL 2
10 2 ベルギーの旗 ストフェル・バンドーン マクラーレン-ホンダ 1:13.476 1:13.249 no time 12 1
11 26 ロシアの旗 ダニール・クビアト トロ・ロッソ 1:13.899 1:13.516 9
12 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 1:13.787 1:13.628 10
13 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:13.531 1:13.959 11
14 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:13.640 1:14.106 13
15 19 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 1:13.796 1:20.529 14
16 31 フランスの旗 エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 1:14.101 15
17 30 イギリスの旗 ジョリオン・パーマー ルノー 1:14.696 16
18 18 カナダの旗 ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 1:14.893 17
19 94 ドイツの旗 パスカル・ウェーレイン ザウバー-フェラーリ 1:15.159 18
20 9 スウェーデンの旗 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 1:15.276 19 3
107% time: 1:18.193
ソース[18][19]
追記
  • ^1 - バンドーンは前戦スペインGP決勝でのアクシデントのため3グリッド降格[4][5]
  • ^2 - バトンは5基目[14]のMGU-Hとターボチャージャーに交換したため15グリッド降格[15][20]。予選後にセッティングを変更したため、決勝はピットレーンからスタートとなった[21][22]
  • ^3 - エリクソンは予選後にギアボックスを交換したため5グリッド降格となったが順位変動なし[23]

決勝[編集]

2017年5月28日 14:00

ベッテルがピットストップでライコネンを抜き今シーズン3勝目。フェラーリが2010年ドイツグランプリ以来7年ぶりのワン・ツー・フィニッシュを飾った。フェラーリのモナコグランプリにおける勝利は2001年以来16年ぶり9回目[24]。ベッテルは2011年以来6年ぶり2回目のモナコグランプリ制覇。メルセデスが表彰台に立てなかったのは2016年スペイングランプリ以来である。

展開[編集]

気温25度、路面温度49度、快晴のドライコンディション。バトンは予選後にセッティングを変更したため、ピットレーンからのスタートとなった[21]

スタートは各車とも無難に決めて、上位陣は順位の変更はなかった。ハミルトンはバンドーンを1コーナーで抜き12位に上がる。バトンとウェーレインは1周でタイヤ交換してタイヤ交換義務を終えるが、ウェーレインはアンセーフリリースと判断され5秒加算ペナルティが科された。

16周目、ニコ・ヒュルケンベルグがギアボックストラブルで白煙を上げリタイア。セルジオ・ペレスはスタート直後にダメージを負ったノーズをタイヤとともに交換した。

32周目にフェルスタッペンが、33周目にボッタスがタイヤを交換する。両者とも中団グループに引っかかってしまい、ステイアウトしていたリカルドが38周目にタイヤ交換を行い2人を逆転して3位に浮上した。先頭を走るフェラーリ勢もライコネンが34周目にタイヤ交換を行い、リカルド同様ステイアウトしていたベッテルがファステストラップを連発し39周目にピットイン。ライコネンの前に出てオーバーカットに成功した。ハミルトンは46周目までステイアウトし続け、タイヤ交換を終えて6位まで浮上した。サンデボーテ出口の路面が剥がれ始めた影響で、既にタイヤ交換を終えていたオコンとケビン・マグヌッセンの左リアタイヤがパンクしてしまい、さらなるピットインを余儀なくされた。

50周目を過ぎるとフェラーリ勢のペースが落ち始め、リカルドがライコネンに接近してくる。60周目にポルティエでバトンがウェーレインと接触、ウェーレインのマシンは横倒しになりクラッシュ。バトンもリタイアした。この事故処理のためセーフティカーが導入された。フェルスタッペンはここでウルトラソフトに交換する。セーフティカー走行中の64周目、エリクソンがサンデボーテのバリアにまっすぐ突っ込みリタイア。ザウバーは2台ともリタイアに終わった。

67周目にレースは再開され、上位勢の順位は変わらなかった。入賞圏内の10位を走行していたバンドーンだったが、ターン1でペレスにインを刺され曲がりきれずにクラッシュ。マクラーレンも2台リタイアに終わった。71周目、ペレスがラスカスでやや強引にクビアトのインに飛び込み接触、クビアトはそのままリタイア、ペレスは入賞圏外の13位まで順位を落とし、76周目にファステストラップを記録するも順位は変わらず、連続入賞は15でストップした。

首位のベッテルはライコネンに3秒の差をつけて優勝し、今シーズン3勝目を飾った。ドライバーズチャンピオンを争うハミルトンは7位に終わり、ベッテルとハミルトンのポイント差は25に広がった。コンストラクターズランキングはフェラーリがメルセデスを再び逆転した。ハースはチーム初のダブル入賞。開幕から続いていたフォース・インディアのダブル入賞は途切れ、今季初のノーポイントに終わった。

結果[編集]

Pos. No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア Grid Pts.
1 5 ドイツの旗 セバスチャン・ベッテル フェラーリ 78 1:44:44.340 2 25
2 7 フィンランドの旗 キミ・ライコネン フェラーリ 78 +3.145 1 18
3 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド レッドブル-タグ・ホイヤー 78 +3.745 5 15
4 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス メルセデス 78 +5.517 3 12
5 33 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-タグ・ホイヤー 78 +6.199 4 10
6 55 スペインの旗 カルロス・サインツ トロ・ロッソ 78 +12.038 6 8
7 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 78 +15.801 13 6
8 8 フランスの旗 ロマン・グロージャン ハース-フェラーリ 78 +18.150 8 4
9 19 ブラジルの旗 フェリペ・マッサ ウィリアムズ-メルセデス 78 +19.445 14 2
10 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 78 +21.443 11 1
11 30 イギリスの旗 ジョリオン・パーマー ルノー 78 +22.737 16
12 31 フランスの旗 エステバン・オコン フォース・インディア-メルセデス 78 +23.725 15
13 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス フォース・インディア-メルセデス 78 +49.089 1 7
14 26 ロシアの旗 ダニール・クビアト トロ・ロッソ 71 接触ダメージ 9
15 18 カナダの旗 ランス・ストロール ウィリアムズ-メルセデス 71 ブレーキ 17
Ret 2 ベルギーの旗 ストフェル・バンドーン マクラーレン-ホンダ 66 アクシデント 12
Ret 9 スウェーデンの旗 マーカス・エリクソン ザウバー-フェラーリ 63 アクシデント 19
Ret 22 イギリスの旗 ジェンソン・バトン マクラーレン-ホンダ 57 接触ダメージ 2 PL
Ret 94 ドイツの旗 パスカル・ウェーレイン ザウバー-フェラーリ 57 接触 3 18
Ret 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ ルノー 15 ギアボックス 10
ソース[25]
ファステストラップ[26]
ラップリーダー[27]
追記
  • 印はリタイアだが、90%以上の距離を走行したため規定により完走扱い。
  • ^1 - ペレスはクビアトとの接触を引き起こしたため、レースタイムに10秒加算ペナルティ(順位変動なし)とペナルティポイント2点が科された[28]
  • ^2 - バトンはウェーレインとの接触を引き起こしたため、次回出場時に3グリッド降格とペナルティポイント2点が科された[29]
  • ^3 - ウェーレインはアンセーフリリースのため5秒ペナルティ[30]

第6戦終了時点のランキング[編集]

  • :ドライバー、コンストラクター共にトップ5のみ表示。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 【F1】 ピレリ、2017年 第5戦から第8戦までのF1タイヤ選択を発表”. F1-Gate.com (2017年3月15日). 2017年5月25日閲覧。
  2. ^ アロンソがモナコGPを欠場しインディ500電撃参戦! マクラーレン、ホンダ、アンドレッティがトリオ”. AUTOSPORTweb (2017年4月12日). 2017年4月13日閲覧。
  3. ^ マクラーレン・ホンダF1、モナコ欠場のアロンソ代役にバトンを起用”. AUTOSPORTweb (2017年4月14日). 2017年4月14日閲覧。
  4. ^ a b Stewards Decision Doc45 - S.Vandoorne”. FIA (2017年5月14日). 2017年5月15日閲覧。
  5. ^ a b バンドーン「接触した。申し訳ない」。マッサとのアクシデントによりF1モナコGPで3グリッド降格”. AUTOSPORTweb (2017年5月15日). 2017年5月15日閲覧。
  6. ^ 【F1モナコGP】 大きすぎる縁石にF1ドライバーが不満”. F1-Gate.com (2017年3月15日). 2017年5月25日閲覧。
  7. ^ F1モナコGP FP1:トップはハミルトン、コンマ2秒差でベッテルが続く。復帰のバトンは14番手”. AUTOSPORTweb (2017年5月25日). 2017年5月28日閲覧。
  8. ^ ついにレッドブルもTウイングを導入。ルノーを含め全F1チームが装着”. AUTOSPORTweb (2017年5月25日). 2017年5月28日閲覧。
  9. ^ FORMULA 1 GRAND PRIX DE MONACO 2017 - PRACTICE 1”. The Official F1 Website (2017年5月25日). 2017年5月28日閲覧。
  10. ^ F1モナコGP フリー走行1回目:ルイス・ハミルトンがトップタイム”. F1-Gate.com (2017年5月25日). 2017年5月28日閲覧。
  11. ^ a b F1モナコGP FP2:大きくタイムを更新したベッテルが初日トップ。バトンは周回を重ね12番手”. AUTOSPORTweb (2017年5月25日). 2017年5月28日閲覧。
  12. ^ ランス・ストロール 「プレステと同じ部分でうまくいかない」”. F1-Gate.com (2017年5月26日). 2017年5月28日閲覧。
  13. ^ FORMULA 1 GRAND PRIX DE MONACO 2017 - PRACTICE 2”. The Official F1 Website (2017年5月25日). 2017年5月28日閲覧。
  14. ^ a b バトンは2017年シーズン初出走だが、パワーユニットの使用基数はマシンごとに計算されるためアロンソとの通算となる
  15. ^ a b F1復帰のバトンがPUエレメント交換で15グリッド降格へ。「ひどい出来事」とマクラーレンが意気消沈”. AUTOSPORTweb (2017-05-257). 2017年5月28日閲覧。
  16. ^ F1モナコGP フリー走行3回目:セバスチャン・ベッテルがトップタイム”. F1-Gate.com (2017年5月27日). 2017年5月28日閲覧。
  17. ^ FORMULA 1 GRAND PRIX DE MONACO 2017 - PRACTICE 3”. The Official F1 Website (2017年5月27日). 2017年5月28日閲覧。
  18. ^ FORMULA 1 GRAND PRIX DE MONACO 2017 - QUALIFYING”. The Official F1 Website (2017年5月27日). 2017年5月28日閲覧。
  19. ^ FORMULA 1 GRAND PRIX DE MONACO 2017 - STARTING GRID”. The Official F1 Website (2017年5月28日). 2017年5月28日閲覧。
  20. ^ Stewards Decision Doc22 - J.Button”. FIA (2017年5月27日). 2017年5月28日閲覧。
  21. ^ a b ジェンソン・バトン、F1モナコGPはピットレーンスタート”. F1-Gate.com (2017年5月28日). 2017年5月28日閲覧。
  22. ^ Stewards Decision Doc37 - J.Button”. FIA (2017年5月28日). 2017年5月29日閲覧。
  23. ^ Stewards Decision Doc36 - M.Ericsson”. FIA (2017年5月28日). 2017年5月29日閲覧。
  24. ^ スポーツカーレースとして開催された1952年を含めると10回目となる
  25. ^ FORMULA 1 GRAND PRIX DE MONACO 2017 - RACE RESULT”. The Official F1 Website (2017年5月28日). 2017年5月29日閲覧。
  26. ^ FORMULA 1 GRAND PRIX DE MONACO 2017 - FASTEST LAPS”. The Official F1 Website (2017年5月28日). 2017年5月29日閲覧。
  27. ^ Lap Chart”. FIA (2017年5月28日). 2017年5月29日閲覧。
  28. ^ Stewards Decision Doc50 - S.Perez”. FIA (2017年5月28日). 2017年5月29日閲覧。
  29. ^ Stewards Decision Doc49 - J.Button”. FIA (2017年5月28日). 2017年5月29日閲覧。
  30. ^ Stewards Decision Doc41 - P.Wehrlein”. FIA (2017年5月28日). 2017年5月29日閲覧。
前戦
2017年スペイングランプリ
FIA F1世界選手権
2017年シーズン
次戦
2017年カナダグランプリ
前回開催
2016年モナコグランプリ
モナコの旗 モナコグランプリ 次回開催
2018年モナコグランプリ