ランド・ノリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ランド・ノリス
2019 Formula One tests Barcelona, Norris (40287124563).jpg
カタロニア・サーキットでのプレシーズンテストにて (2019年3月)
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス
イングランドの旗 イングランド
出身地 同・ブリストル
生年月日 (1999-11-13) 1999年11月13日(19歳)
F1での経歴
活動時期 2019-
所属チーム マクラーレン '19-
車番 4
出走回数 7
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 12
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 2019年オーストラリアGP
(記録は2019年第7戦カナダGP終了時)
テンプレートを表示

ランド・ノリスLando Norris, 1999年11月13日 - )は、イギリス出身のレーシングドライバー

2019年から、マクラーレンよりF1へ参戦している。

経歴[編集]

イギリスブリストルで誕生し、7歳からカートを始める。2013年には、「CIA-FIA インターナショナル・スーパー・カップ - KFJクラス」「WSK ユーロシリーズ - KFJクラス」「CIK-FIA ヨーロピアン・KF-ジュニア・チャンピオンシップ」などでタイトルを獲得した。翌年、「CIK-FIA ワールド・チャンピオンシップ - KFクラス」へ出場し史上最年少のチャンピオンに輝く。

2014年は「ジネッタ・ジュニア・チャンピオンシップ英語版」へ参戦し、総合3位の成績を残した[1]2015年からは新たに発足した「MSA・フォーミュラ」シリーズへエントリーし、カートからシングルシーターへステップアップを果たす。カーリンから出走し、ルーキーイヤーながらもポールポジション10回、優勝8回(表彰台圏内15回)の圧倒的な速さを見せタイトルを獲得する[2]。その他のレースでは、「ADAC フォーミュラ4選手権ADAC Formula 4)」(総合8位)や「イタリア・フォーミュラ4選手権Italian F4 Championship)」(総合11位)へ参戦する。両選手権では共にミュッケ・モータースポーツ英語版からエントリーし、「ADAC フォーミュラ4選手権」では1勝を挙げている。

2016年は、ニュージーランドで開催されている「トヨタ・レーシング・シリーズ英語版」へ参戦。 M2・コンペティションからエントリーし、全戦出走した。シーズン中、6勝しての初出場初タイトルを獲得した[3]。同年出場したレースでは、ヨセフ・カウフマン・レーシングから出走した「ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0」「フォーミュラ・ルノー2.0 NEC」の両レースでタイトルを獲得する。カーリンからは3つの選手権へエントリーし、「BRDC イギリス・フォーミュラ3選手権英語版」へ出場。スポット参戦ながらも4勝して総合8位へ入った[4]。「ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権」では3レースへゲストドライバーとして参加した。「マカオグランプリ」の成績は、予選レースでリタイアを喫し決勝27番グリッドでのスタートとなった。決勝レースでは11位まで順位を上げてチェッカーを受けた[5]

2016年12月、ゲストドライバーとして出走したカーリンから2017年シーズンの「ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権」へフルタイム参戦を果たすことが決まる。2017年2月には、F1へ参戦しているコンストラクターマクラーレンよりジュニアドライバーとしての契約を交わす[6]

2017年8月には、ハンガロリンクで行われたF1のインシーズンテストへ参加する[7]。ノリスはマクラーレンのMCL32を2日目にテスト走行した[7]。2日間行われた全チームのタイム結果を総合すると、フェラーリに所属するセバスチャン・ベッテル(1分17秒124)に次ぐ2番手タイム(1分17秒385)を記録した[8]

「ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権」では全30レースの内、優勝9回・表彰台圏内20回という常に優勝争いへ加わる走りを続け、年間タイトルの座を勝ち取る[9]

F1[編集]

2017年11月、2018年シーズンよりマクラーレンのテスト兼リザーブドライバーとして契約した[10]

2019年シーズンからマクラーレンの正ドライバーになる[11]。チームメイトはカルロス・サインツJr.。カーナンバーは憧れでもあるバレンティーノ・ロッシの「46」の使用を検討したものの、最終的には「4」を選択。デビュー時の年齢は19歳で、マクラーレンではじめて10代のドライバーが走ることになる。

F1デビュー戦となる開幕戦オーストラリアGPではQ3進出の8位と好位置に付けたが、決勝では入賞圏外の12位完走。しかしスポーティングディレクターのジル・ド・フェランは「彼は自身のパフォーマンスについてしっかりと考え、分析をする力がある」「彼は自分に厳しく他人に優しい。その性格は彼をより成長させるだろう」と絶賛[11]。第2戦バーレーンGPでは2戦連続Q3進出となる予選10番手から、最終的にアルファロメオキミ・ライコネンとのバトルを制し、2戦目にして6位入賞を果たした[12]

レース戦績[編集]

略歴[編集]

シリーズ チーム レース 勝利 PP FL 表彰台 ポイント 順位
2014 ジネッタ・ジュニア・チャンピオンシップ HHC・モータースポーツ 20 4 8 2 11 432 3位
2015 MSA・フォーミュラ カーリン 30 8 10 9 15 413 1位
ADAC フォーミュラ4選手権 ミュッケ・モータースポーツ 8 1 0 3 6 131 8位
イタリア・フォーミュラ4選手権 9 0 0 3 1 51 11位
BRDC フォーミュラ4 オータム・トロフィー HHC・モータースポーツ 4 2 1 1 4 128 5位
2016 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0 ヨセフ・カウフマン・レーシング 15 5 6 4 12 253 1位
フォーミュラ・ルノー2.0 NEC 15 6 10 4 11 316 1位
トヨタ・レーシング・シリーズ M2・コンペティション 15 6 8 5 11 924 1位
BRDC イギリス・フォーミュラ3選手権 カーリン 11 4 4 3 8 247 8位
FIA ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権 3 0 0 0 0 0 NC
マカオグランプリ 1 0 0 0 0 N/A 11位
2017 FIA ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権 30 9 8 8 20 441 1位
マカオグランプリ 1 0 0 0 1 N/A 2位
FIA フォーミュラ2選手権 カンポス・レーシング 2 0 0 0 0 0 25位
フォーミュラ1 マクラーレン・ホンダ テストドライバー
2018 FIA フォーミュラ2選手権 カーリン 24 1 1 1 9 219 2位
ウェザーテック・スポーツカー選手権 ユナイテッド・オートスポーツ 1 0 0 0 0 18 58位
フォーミュラ1 マクラーレンF1チーム テストドライバー
2019 7 0 0 0 0 12* 12位*
  •  : ゲストドライバーとしての出走であるため、ポイントは加算されない。
  • * : 今シーズンの順位。(現時点)

FIA ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権[編集]

エントラント エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 DC ポイント
2016年 カーリン フォルクスワーゲン LEC
1
LEC
2
LEC
3
HUN
1
HUN
2
HUN
3
PAU
1
PAU
2
PAU
3
RBR
1
RBR
2
RBR
3
NOR
1
NOR
2
NOR
3
ZAN
1
ZAN
2
ZAN
3
SPA
1
SPA
2
SPA
3
NÜR
1
NÜR
2
NÜR
3
IMO
1
IMO
2
IMO
3
HOC
1

Ret
HOC
2

16
HOC
3

16
NC 0
2017年 SIL
1

1
SIL
2

9
SIL
3

3
MNZ
1

1
MNZ
2

2
MNZ
3

2
PAU
1

2
PAU
2

2
PAU
3

Ret
HUN
1

8
HUN
2

14
HUN
3

3
NOR
1

11
NOR
2

1
NOR
3

3
SPA
1

1
SPA
2

Ret
SPA
3

1
ZAN
1

1
ZAN
2

3
ZAN
3

1
NÜR
1

1
NÜR
2

2
NÜR
3

1
RBR
1

4
RBR
2

2
RBR
3

17
HOC
1

2
HOC
2

11
HOC
3

4
1位 441
  •  : ゲストドライバーとしての出走であるため、ポイントは加算されない。
  •  : リタイアだが、90%以上の距離を走行したため規定により完走扱い。

FIA フォーミュラ2選手権[編集]

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 DC ポイント
2017年 カンポス・レーシング BHR
FEA
BHR
SPR
CAT
FEA
CAT
SPR
MON
FEA
MON
SPR
AZE
FEA
AZE
SPR
RBR
FEA
RBR
SPR
SIL
FEA
SIL
SPR
HUN
FEA
HUN
SPR
SPA
FEA
SPA
SPR
MNZ
FEA
MNZ
SPR
JER
FEA
JER
SPR
YMC
FEA

Ret
YMC
SPR

13
25位 0
2018年 カーリン BHR
FEA

1
BHR
SPR

4
BAK
FEA

6
BAK
SPR

4
CAT
FEA

3
CAT
SPR

3
MON
FEA

6
MON
SPR

3
CPR
FEA

16
CPR
SPR

5
RBR
FEA

2
RBR
SPR

11
SIL
FEA

10
SIL
SPR

3
HUN
FEA

2
HUN
SPR

4
SPA
FEA

4
SPA
SPR

2
MNZ
FEA

6
MNZ
SPR

5
SOC
FEA

Ret
SOC
SPR

Ret
YMC
FEA

5
YMC
SPR

2
2位 219

F1[編集]

エントラント シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 WDC ポイント
2018年 マクラーレン MCL33 ルノー R.E.18 1.6 V6 t AUS BHR CHN AZE ESP MON CAN FRA AUT GBR GER HUN BEL
TD
ITA
TD
SIN RUS
TD
JPN
TD
USA
TD
MEX
TD
BRA
TD
ABU - -
2019年 MCL34 ルノー E-Tech 19 V6 t AUS
12
BHR
6
CHN
18
AZE
8
ESP
Ret
MON
11
CAN
Ret
FRA
-
AUT
-
GBR
-
GER
-
HUN
-
BEL
-
ITA
-
SIN
-
RUS
-
JPN
-
MEX
-
USA
-
BRA
-
ABU
-
12位* 12*

ウェザーテック・スポーツカー選手権[編集]

エントラント クラス シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ランク ポイント
2018年 ユナイテッド・オートスポーツ P リジェ・JS P217 ギブソン GK428 4.2 L V8 DAY
13
SEB LBH MDO DET WGL MOS ELK LGA PET 58位 18

(key)

デイトナ24時間レース[編集]

チーム コ・ドライバー 車両 クラス 周回数 順位 クラス
順位
2018年 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・オートスポーツ イギリスの旗 フィリップ・ハンソン
スペインの旗 フェルナンド・アロンソ
リジェ・JS P217-ギブソン P 718 38位 13位

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ FINAL 2014 GINETTA JUNIOR CHAMPIONSHIP STANDINGS”. THE CHECKERED FLAG.CO.UK (2014年10月13日). 2017年11月17日閲覧。
  2. ^ Final 2015 championship positions PDF”. F4 BRITISH CHAMPIONSHIP. 2017年11月17日閲覧。
  3. ^ Toyota Racing Series - Season 2015-2016”. SpeedSport Magazine. 2017年11月17日閲覧。
  4. ^ F3 - 2016 Championship - STANDINGS”. BRDC BRITISH F3 CHAMPIONSHIP. 2017年11月17日閲覧。
  5. ^ 【順位結果】第63回マカオグランプリ F3ワールドカップ決勝レース”. AUTO SPORT web (2016年11月20日). 2017年11月17日閲覧。
  6. ^ マクラーレンのジュニアプログラムにノリスが仲間入り”. ESPN F1 (2017年2月22日). 2017年11月17日閲覧。
  7. ^ a b マクラーレン・ホンダF1、ハンガリー合同テストのドライバーラインアップを発表”. AUTO SPORT web (2017年7月27日). 2017年11月17日閲覧。
  8. ^ グラフで振り返るF1ハンガリーテスト総合順位結果、シーズン後半戦の行方を占う”. FORMULA1 DATA (2017年8月4日). 2017年11月17日閲覧。
  9. ^ 【ヨーロッパF3】 ランド・ノリスが2017年のチャンピオンを獲得!”. F1-Gate.com (2017年10月15日). 2017年11月17日閲覧。
  10. ^ マクラーレンF1、新テスト&リザーブドライバーにランド・ノリスを起用。バトンとの契約には触れず”. AUTO SPORT web (2017年11月7日). 2017年11月17日閲覧。
  11. ^ a b まるでベテランのよう……マクラーレン、19歳ノリスの走りに高評価 ESPN 2019年3月25日、同4月1日閲覧。
  12. ^ 6位入賞を喜ぶノリス ESPN 2019年4月1日。

外部リンク[編集]

公式ウェブサイト