ランド・ノリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ランド・ノリス
Lando Norris
Lando Norris Formula 1 Driver (49379469418) (cropped) (cropped).jpg
ランド・ノリス (2020年)
基本情報
略称表記 NOR
国籍 イギリスの旗 イギリス
出身地 イングランドの旗 イングランド
同・ブリストル
生年月日 (1999-11-13) 1999年11月13日(21歳)
F1での経歴
活動時期 2019-
所属チーム マクラーレン '19-
車番 4
出走回数 36
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 1
通算獲得ポイント 135
ポールポジション 0
ファステストラップ 2
初戦 2019年オーストラリアGP
2019年順位 11位 (49ポイント)
(記録は2020年第15戦バーレーンGP終了時)
テンプレートを表示

ランド・ノリスLando Norris, 1999年11月13日 - )は、イギリス出身のレーシングドライバー

2019年から、マクラーレンよりF1へ参戦している。

経歴[編集]

初期の経歴[編集]

イギリスブリストルで誕生し、7歳からカートを始める。2013年には、「CIA-FIA インターナショナル・スーパー・カップ - KFJクラス」「WSK ユーロシリーズ - KFJクラス」「CIK-FIA ヨーロピアン・KF-ジュニア・チャンピオンシップ」などでタイトルを獲得した。翌年、「CIK-FIA ワールド・チャンピオンシップ - KFクラス」へ出場し史上最年少のチャンピオンに輝く。

2014年は「ジネッタ・ジュニア・チャンピオンシップ英語版」へ参戦し、総合3位の成績を残した[1]2015年からは新たに発足した「MSA・フォーミュラ」シリーズへエントリーし、カートからシングルシーターへステップアップを果たす。カーリンから出走し、ルーキーイヤーながらもポールポジション10回、優勝8回(表彰台圏内15回)の圧倒的な速さを見せタイトルを獲得する[2]。その他のレースでは、「ADAC フォーミュラ4選手権ADAC Formula 4)」(総合8位)や「イタリア・フォーミュラ4選手権Italian F4 Championship)」(総合11位)へ参戦する。両選手権では共にミュッケ・モータースポーツ英語版からエントリーし、「ADAC フォーミュラ4選手権」では1勝を挙げている。

2016年は、ニュージーランドで開催されている「トヨタ・レーシング・シリーズ英語版」へ参戦。 M2・コンペティションからエントリーし、全戦出走した。シーズン中、6勝しての初出場初タイトルを獲得した[3]。同年出場したレースでは、ヨセフ・カウフマン・レーシングから出走した「ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0」「フォーミュラ・ルノー2.0 NEC」の両レースでタイトルを獲得する。カーリンからは3つの選手権へエントリーし、「BRDC イギリス・フォーミュラ3選手権英語版」へ出場。スポット参戦ながらも4勝して総合8位へ入った[4]。「ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権」では3レースへゲストドライバーとして参加した。「マカオグランプリ」の成績は、予選レースでリタイアを喫し決勝27番グリッドでのスタートとなった。決勝レースでは11位まで順位を上げてチェッカーを受けた[5]

2017年はカーリンから「ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権」へフルタイム参戦。全30レースの内、優勝9回・表彰台圏内20回という常に優勝争いへ加わる走りを続け、年間タイトルの座を勝ち取る[6]

2018年は「FIA フォーミュラ2選手権」にステップアップし、ジョージ・ラッセルに次ぐシリーズランキング2位を獲得。また、元F1王者フェルナンド・アロンソのチームメイトとして、ユナイテッド・オートスポーツからデイトナ24時間レースに出場した。

F1[編集]

2018年以前[編集]

2017年2月、F1へ参戦しているコンストラクターマクラーレンとジュニアドライバー契約を交わす[7]。同年8月、ハンガロリンクで行われたF1のインシーズンテストへ参加する[8]。2日目にマクラーレン・MCL32でテスト走行し[8]、2日間行われた全チームのタイム結果を総合すると、フェラーリに所属するセバスチャン・ベッテル(1分17秒124)に次ぐ2番手タイム(1分17秒385)を記録した[9]。同年11月、2018年シーズンよりマクラーレンのテスト兼リザーブドライバーとして契約した[10]

そして、2018年第13戦ベルギーGPのフリー走行で初のF1セッションに参加[11]。以降もフリー走行を複数回担当し、同年9月にはマクラーレンとの間で2019年のレギュラードライバーとして契約したことが発表された[12]

2019年[編集]

2019年シーズンからマクラーレンの正ドライバーになる[13]。チームメイトはカルロス・サインツJr.。カーナンバーは憧れでもあるバレンティーノ・ロッシの「46」の使用を検討したものの、最終的には「4」を選択。デビュー時の年齢は19歳で、マクラーレンではじめて10代のドライバーが走ることになる。

F1デビュー戦となる開幕戦オーストラリアGPではQ3進出の8位と好位置に付けたが、決勝では入賞圏外の12位完走。しかし、スポーティングディレクターのジル・ド・フェランはこの時点で「彼は自身のパフォーマンスについてしっかりと考え、分析をする力がある」「彼は自分に厳しく他人に優しい。その性格は彼をより成長させるだろう」と絶賛[13]。第2戦バーレーンGPでは2戦連続Q3進出となる予選10番手から、最終的にアルファロメオキミ・ライコネンとのバトルを制し、2戦目にして6位入賞を果たした[14]。その後も予選では第10戦まで予選Q1脱落を記録しなかったものの、決勝のほうは第3戦から第8戦までの間、相手側が原因の接触(第3戦と第5戦)やメカニカルトラブル(第7戦と第8戦。後者はマシントラブルで失速しながらの完走であった)に泣かされ、入賞のチャンスをつかめずにいた。

だが、第9戦オーストリアGPでは予選で6位を獲得(ケビン・マグヌッセンのグリッド降格ペナルティにより5位繰り上げ)、決勝でもスタートを成功させ、一時3位まで浮上した(その直後、ハミルトンとライコネンにオーバーテイクされた)。そしてレース中盤、殆どのドライバーがセカンドスティントでハードタイヤを選択する中、ノリスはミディアムタイヤを選択。このタイヤ選択が功を喫し、そのまま最後まで走りきり6位入賞、ベスト・オブ・ザ・レストを獲得した。 その後もコンスタントに入賞を重ね、最終的に49ポイントのドライバーズランキング11位に入った。さらに、リタイアを喫したGPもあったが、主にメカニカルトラブルであり、自身のミスによるリタイアを起こさないという安定感も見せた。また、ペナルティポイントの対象になるような行為を一切せずにシーズンを終了するなど、ルーキーとは思えない走りを見せた。

2020年[編集]

マクラーレン2年目。体制面の変更はなし。

2019新型コロナウイルスの世界的流行の影響で7月からレッドブルリンクでの連戦という形でシーズンを迎え、開幕戦は4番手でスタートし、サバイバルレースで順位が変動しつつも、終盤には4位を走行。そんななか、2位走行中だったルイス・ハミルトンがレース中、61周目にアレクサンダー・アルボン(レッドブル)との接触の責を問われ、5秒のタイムペナルティを受け、後続にタイムペナルティ分の5秒以上差をつけることができなかったため、降格が確定。その際、残り2周目からペースアップし、最後にファステストラップを記録したノリスがその5秒圏内へ入ることに見事成功。繰り上がりでの3位ではあるが、キャリア初の表彰台を獲得した。

人物[編集]

自身のTwitterInstagramに頻繁に投稿しており、ユニークな自作動画も度々見られる。

同じ2019年にF1デビューを果たしたアレクサンダー・アルボンと同様にMotoGPライダー、バレンティーノ・ロッシの大ファンである。同年のイタリアGPではロッシのデザインをモチーフにしたヘルメットを使用した[15]。その他本人と対面して大喜び[16]、マシンに跨る[17]、彼のデザインをモチーフにした帽子とTシャツの着用[18]など、熱狂ぶりが窺える。

寿司が大の苦手。来日前の段階でも、第16戦ロシアGPのチームとの無線のやり取りで「思いっきりお腹壊して欲しいってこと?それでもいいなら食べるよ」[19]発したこともある。その後、第17戦日本GPのために来日してサインツと共に日本食を食べた際、寿司がテーブルに置かれただけでむせたり、サインツが「ほら見て、魚じゃないよ」と巻き寿司を見せたところ「隣が魚じゃないか!」と割り箸でにぎり寿司を指して拒否。その後もサインツに寿司を食べるよう勧められたが、断固として拒否[20]している。

レース戦績[編集]

略歴[編集]

シリーズ チーム レース 勝利 PP FL 表彰台 ポイント 順位
2014 ジネッタ・ジュニア・チャンピオンシップ HHC・モータースポーツ 20 4 8 2 11 432 3位
2015 MSA・フォーミュラ カーリン 30 8 10 9 15 413 1位
ADAC フォーミュラ4選手権 ミュッケ・モータースポーツ 8 1 0 3 6 131 8位
イタリア・フォーミュラ4選手権 9 0 0 3 1 51 11位
BRDC フォーミュラ4 オータム・トロフィー HHC・モータースポーツ 4 2 1 1 4 128 5位
2016 ユーロカップ・フォーミュラ・ルノー2.0 ヨセフ・カウフマン・レーシング 15 5 6 4 12 253 1位
フォーミュラ・ルノー2.0 NEC 15 6 10 4 11 316 1位
トヨタ・レーシング・シリーズ M2・コンペティション 15 6 8 5 11 924 1位
BRDC イギリス・フォーミュラ3選手権 カーリン 11 4 4 3 8 247 8位
FIA ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権 3 0 0 0 0 0 NC
マカオグランプリ 1 0 0 0 0 N/A 11位
2017 FIA ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権 30 9 8 8 20 441 1位
マカオグランプリ 1 0 0 0 1 N/A 2位
FIA フォーミュラ2選手権 カンポス・レーシング 2 0 0 0 0 0 25位
フォーミュラ1 マクラーレン・ホンダ テストドライバー
2018 FIA フォーミュラ2選手権 カーリン 24 1 1 1 9 219 2位
ウェザーテック・スポーツカー選手権 ユナイテッド・オートスポーツ 1 0 0 0 0 18 58位
フォーミュラ1 マクラーレンF1チーム テストドライバー
2019 21 0 0 0 0 49 11位
2020 15 0 0 2 1 86* 7位*
  •  : ゲストドライバーとしての出走であるため、ポイントは加算されない。
  • * : 今シーズンの順位。(現時点)

FIA ヨーロッパ・フォーミュラ3選手権[編集]

エントラント エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 DC ポイント
2016年 カーリン フォルクスワーゲン LEC
1
LEC
2
LEC
3
HUN
1
HUN
2
HUN
3
PAU
1
PAU
2
PAU
3
RBR
1
RBR
2
RBR
3
NOR
1
NOR
2
NOR
3
ZAN
1
ZAN
2
ZAN
3
SPA
1
SPA
2
SPA
3
NÜR
1
NÜR
2
NÜR
3
IMO
1
IMO
2
IMO
3
HOC
1

Ret
HOC
2

16
HOC
3

16
NC 0
2017年 SIL
1

1
SIL
2

9
SIL
3

3
MNZ
1

1
MNZ
2

2
MNZ
3

2
PAU
1

2
PAU
2

2
PAU
3

Ret
HUN
1

8
HUN
2

14
HUN
3

3
NOR
1

11
NOR
2

1
NOR
3

3
SPA
1

1
SPA
2

Ret
SPA
3

1
ZAN
1

1
ZAN
2

3
ZAN
3

1
NÜR
1

1
NÜR
2

2
NÜR
3

1
RBR
1

4
RBR
2

2
RBR
3

17
HOC
1

2
HOC
2

11
HOC
3

4
1位 441
  •  : ゲストドライバーとしての出走であるため、ポイントは加算されない。
  •  : リタイアだが、90%以上の距離を走行したため規定により完走扱い。

FIA フォーミュラ2選手権[編集]

エントラント 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 DC ポイント
2017年 カンポス・レーシング BHR
FEA
BHR
SPR
CAT
FEA
CAT
SPR
MON
FEA
MON
SPR
AZE
FEA
AZE
SPR
RBR
FEA
RBR
SPR
SIL
FEA
SIL
SPR
HUN
FEA
HUN
SPR
SPA
FEA
SPA
SPR
MNZ
FEA
MNZ
SPR
JER
FEA
JER
SPR
YMC
FEA

Ret
YMC
SPR

13
25位 0
2018年 カーリン BHR
FEA

1
BHR
SPR

4
BAK
FEA

6
BAK
SPR

4
CAT
FEA

3
CAT
SPR

3
MON
FEA

6
MON
SPR

3
CPR
FEA

16
CPR
SPR

5
RBR
FEA

2
RBR
SPR

11
SIL
FEA

10
SIL
SPR

3
HUN
FEA

2
HUN
SPR

4
SPA
FEA

4
SPA
SPR

2
MNZ
FEA

6
MNZ
SPR

5
SOC
FEA

Ret
SOC
SPR

Ret
YMC
FEA

5
YMC
SPR

2
2位 219

F1[編集]

エントラント シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 WDC ポイント
2018年 マクラーレン MCL33 ルノー R.E.18 1.6 V6 t AUS BHR CHN AZE ESP MON CAN FRA AUT GBR GER HUN BEL
TD
ITA
TD
SIN RUS
TD
JPN
TD
USA
TD
MEX
TD
BRA
TD
ABU - -
2019年 MCL34 ルノー E-Tech 19 1.6 V6 t AUS
12
BHR
6
CHN
18
AZE
8
ESP
Ret
MON
11
CAN
Ret
FRA
9
AUT
6
GBR
11
GER
Ret
HUN
9
BEL
11
ITA
10
SIN
7
RUS
8
JPN
11
MEX
Ret
USA
7
BRA
8
ABU
8
11位 49
2020年 MCL35 ルノー E-Tech 20 1.6 V6 t AUT
3
STY
5
HUN
13
GBR
5
70A
9
ESP
10
BEL
7
ITA
4
TUS
6
RUS
15
EIF
Ret
POR
13
EMI
8
TUR
8
BHR
4
SKH
-
ABU
-
7位* 86*

ウェザーテック・スポーツカー選手権[編集]

エントラント クラス シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ランク ポイント
2018年 ユナイテッド・オートスポーツ P リジェ・JS P217 ギブソン GK428 4.2 L V8 DAY
13
SEB LBH MDO DET WGL MOS ELK LGA PET 58位 18

デイトナ24時間レース[編集]

チーム コ・ドライバー 車両 クラス 周回数 順位 クラス
順位
2018年 アメリカ合衆国の旗 ユナイテッド・オートスポーツ イギリスの旗 フィリップ・ハンソン
スペインの旗 フェルナンド・アロンソ
リジェ・JS P217-ギブソン P 718 38位 13位

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ FINAL 2014 GINETTA JUNIOR CHAMPIONSHIP STANDINGS”. THE CHECKERED FLAG.CO.UK (2014年10月13日). 2017年11月17日閲覧。
  2. ^ Final 2015 championship positions PDF”. F4 BRITISH CHAMPIONSHIP. 2017年11月17日閲覧。
  3. ^ Toyota Racing Series - Season 2015-2016”. SpeedSport Magazine. 2017年11月17日閲覧。
  4. ^ F3 - 2016 Championship - STANDINGS”. BRDC BRITISH F3 CHAMPIONSHIP. 2017年11月17日閲覧。
  5. ^ 【順位結果】第63回マカオグランプリ F3ワールドカップ決勝レース”. AUTO SPORT web (2016年11月20日). 2017年11月17日閲覧。
  6. ^ 【ヨーロッパF3】 ランド・ノリスが2017年のチャンピオンを獲得!”. F1-Gate.com (2017年10月15日). 2017年11月17日閲覧。
  7. ^ マクラーレンのジュニアプログラムにノリスが仲間入り”. ESPN F1 (2017年2月22日). 2017年11月17日閲覧。
  8. ^ a b マクラーレン・ホンダF1、ハンガリー合同テストのドライバーラインアップを発表”. AUTO SPORT web (2017年7月27日). 2017年11月17日閲覧。
  9. ^ グラフで振り返るF1ハンガリーテスト総合順位結果、シーズン後半戦の行方を占う”. FORMULA1 DATA (2017年8月4日). 2017年11月17日閲覧。
  10. ^ マクラーレンF1、新テスト&リザーブドライバーにランド・ノリスを起用。バトンとの契約には触れず”. AUTO SPORT web (2017年11月7日). 2017年11月17日閲覧。
  11. ^ マクラーレンの候補ノリスがFP1にデビュー「F1に乗れる貴重な機会にしっかり力を示せたと思う」:ベルギーGP金曜”. AUTOSPORTweb (2018年8月25日). 2020年4月27日閲覧。
  12. ^ バンドーンの後任として2019年はランド・ノリスがマクラーレンに加入”. AUTOSPORTweb (2018年9月3日). 2020年4月27日閲覧。
  13. ^ a b まるでベテランのよう……マクラーレン、19歳ノリスの走りに高評価 jp.motorsport.com (2019年3月25日)2019年4月1日閲覧
  14. ^ 6位入賞を喜ぶノリス ESPN 2019年4月1日
  15. ^ ノリス、敬愛するバレンティーノ・ロッシをモチーフにした特別ヘルメットを着用へ” (日本語). jp.motorsport.com. 2019年10月15日閲覧。
  16. ^ Norris, Lando (2019年8月25日). “Today? Oh yeah. Today was alright #BritishGP #MotoGPpic.twitter.com/R9U48YRwcN” (英語). @LandoNorris. 2019年10月15日閲覧。
  17. ^ Norris, Lando (2019年8月27日). “RiDiNg InTo RaCe WeEk LiKe #BelgianGP #MotoGP #F1pic.twitter.com/Ul5QtSrAug” (英語). @LandoNorris. 2019年10月15日閲覧。
  18. ^ Norris, Lando (2019年9月4日). “Did I mention that I’m a fan of @ValeYellow46 yet, or not…?pic.twitter.com/LglJ2uzXkb” (英語). @LandoNorris. 2019年10月15日閲覧。
  19. ^ ノリス、寿司食わねえか……F1ロシアGP:注目のチームラジオ集” (日本語). jp.motorsport.com. 2019年10月15日閲覧。
  20. ^ (日本語) Carlos Sainz and Lando Norris Try Japanese Food, https://www.youtube.com/watch?v=LEKyu7ly0OI 2019年10月15日閲覧。 

外部リンク[編集]