ヤン・ラマース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤン・ラマース
Jan Lammers of Hope Racing's Oreca Swiss HY Tech Hybrid (cropped).jpg
ヤン・ラマース (2011年)
基本情報
フルネーム ヨハネス・ラマース
国籍 オランダの旗 オランダ
出身地 同・ザントフォールト
生年月日 1956年6月2日(59歳)
F1での経歴
所属チーム '79 シャドウ
'80,'81 ATS
'80 エンサイン
'82 セオドール
'92 マーチ
活動時期 1979-1982,1992
出走回数 41 (23スタート)
優勝回数 0
通算獲得ポイント 0
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
F1デビュー戦 1979年アルゼンチンGP
最終戦 1992年オーストラリアGP
テンプレートを表示

ヨハネス・"ヤン"・ラマースJohannes "Jan" Lammers, 1956年6月2日 - )は、オランダ出身のレーシングドライバー1988年ル・マン24時間レース覇者。一般に、ヤン・ラマースJan Lammers)と表記される。

経歴[編集]

キャリア初期[編集]

17歳でオランダ・ツーリングカー選手権にデビューし、初年度にチャンピオンを獲得。その後、一旦フォーミュラレースに転向し、FF1600やドイツF3、ヨーロッパF3に参戦。ヨーロッパF3では、1978年にタイトルを獲得した。

F1[編集]

セオドール・TY02をドライブするラマース(1982年オランダグランプリ

1979年に、中堅チームのシャドウと契約しF1デビュー。しかしマシンの戦闘力は低く、最高位は9位に留まり、3度の予選落ちも喫した。

1980年のATSでも状況は変わらず、開幕戦アルゼンチンGPから3戦連続予選落ちを喫していたが、第4戦アメリカ西GPで突如予選4位に入る。注目を浴びることとなったが、決勝ではスタート直後にトラブルでリタイヤ。その後の2戦も決勝に進出するが、完走はならなかった。第7戦フランスGPよりティフ・ニーデルの後釜としてエンサインに移籍するが、8戦中5戦予選落ちという結果に終わった(最高12位)。

1981年は序盤4戦にのみATSから参戦するが、完走は第3戦アルゼンチンGPの12位のみであり、残りは予選落ち2回、リタイヤ1回という成績だった。1982年は中盤にセオドールから参戦するも、マシンの戦闘力が低いこともあり6戦中5度予選落ち、完走なしという成績で、最終的に同チームを去ることとなった。

F1後の活躍[編集]

セオドール解雇後は、スポーツカーレースにおいては、ヨーロッパルノー5ターボ1983年1984年に2年連続でタイトルを獲得するなど活躍した。その後は世界スポーツプロトタイプカー選手権にも参戦し、1988年にはル・マン24時間レースにおいて、ジャガー・XJR-9を駆りアンディ・ウォレスジョニー・ダンフリーズとのトリオで優勝。ル・マンにおける、久々のイギリス車優勝の立役者となった。またこの年のIMSAでは、デイトナ24時間レースで優勝している。

その後も世界スポーツプロトタイプカー選手権に参戦した他、その高い実績が評価され1992年トヨタ・チーム・トムスのワークスとして全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権にも参戦し、2勝を挙げる活躍をした。

フォーミュラレースにおいては、CARTやヨーロッパF2選手権と国際F3000選手権、全日本F2選手権全日本F3000選手権等に参戦。特に日本において多くのレースに参戦し、優勝を含む活躍をしたことで、日本人にとってお馴染みの外国人ドライバーの1人となった。

F1復帰[編集]

1992年の第15戦日本GPと最終戦オーストラリアGPにて、唐突に10年ぶりとなるF1復帰。スポンサーとのトラブルで契約の切れたカール・ヴェンドリンガーに代わり、小口スポンサーを持ち込んでのものだった(最高位:12位)。この縁から、そのままマーチと1993年シーズンの契約を結んだ。久々の参戦の感想を記者に問われた際は「前回出場した時はファンジオヌヴォラーリがいたね」とジョークで返した。

正ドライバーとして、久々に開幕から戦う予定だったが、チームは資金難であり、開幕までに十分な資金を集めることが出来なかった。開幕戦南アフリカGPにおいて、相棒となる予定だったジャン=マルク・グーノンキャラミ・サーキットを訪れたものの、チームは姿を見せなかった。チームは結局そのまま消滅し、ラマースも以後F1とは縁がない。

その後[編集]

その後もスポーツカーレース、フォーミュラ共に活動を見せたが、主にスポーツカーレースで実績を残している。近年は、1980年代から1990年代にかけて、全日本F3000に童夢から参戦していたこともあり、同社との縁が深く、2001年から2007年にかけて自らがオーナーを務めるチーム「Racing for Holland」より、童夢・S101FIA スポーツカー選手権(FIA SCC)やル・マン24時間レースに参戦。2002年2003年には、FIA SCCのシリーズチャンピオンに輝いている。

2005年から開催されているA1グランプリの、2005年-2006年シーズンのみオランダチームの監督をしていた。

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1979年 シャドウ DN9 ARG
Ret
BRA
14
RSA
Ret
USW
Ret
ESP
12
BEL
10
MON
DNQ
FRA
18
GBR
11
GER
10
AUT
Ret
NED
Ret
ITA
DNQ
CAN
9
USA
DNQ
NC
(28位)
0
1980年 ATS D3 ARG
DNQ
BRA
DNQ
RSA
DNQ
NC
(26位)
0
D4 USW
Ret
BEL
12
MON
NC
ユニパート (エンサイン) N180 FRA
DNQ
GBR
DNQ
GER
14
AUT
DNQ
NED
DNQ
ITA
DNQ
CAN
12
USA
Ret
1981年 ATS D4 USW
Ret
BRA
DNQ
ARG
12
NC
(29位)
0
HGS1 SMR
DNQ
BEL MON ESP FRA GBR GER AUT NED ITA CAN CPL
1982年 セオドール TY02 RSA BRA USW SMR BEL
DNQ
MON
DNQ
DET
DNQ
CAN NED
Ret
GBR
DNQ
FRA
DNQ
GER AUT SUI ITA CPL NC
(38位)
0
1992年 マーチ CG911B RSA MEX BRA ESP SMR MON CAN FRA GBR GER HUN BEL ITA POR JPN
Ret
AUS
12
NC
(31位)
0

(key)

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

タイトル
先代:
デレック・ベル
ハンス=ヨアヒム・スタック
アル・ホルバート
ル・マン24時間優勝者
1988 with:
ジョニー・ダンフリーズ
アンディ・ウォレス
次代:
ヨッヘン・マス
マニュエル・ロイター
スタンレー・ディケンズ