2022年サウジアラビアグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
サウジアラビアの旗 2022年サウジアラビアグランプリ
レース詳細
2022 F1 CourseLayout Saudi Arabia.svg
日程 2022年シーズン第2戦
決勝開催日 3月27日
開催地 ジッダ市街地コース
サウジアラビアジッダ
コース長 6.174km
レース距離 50周 (308.45km)
決勝日天候 晴れ
ポールポジション
ドライバー
タイム 1:28.200
ファステストラップ
ドライバー モナコの旗 シャルル・ルクレール
タイム 1:31.634(48周目)
決勝順位
優勝
2位
3位

2022年サウジアラビアグランプリ: 2022 Saudi Arabian Grand Prix)は、2022年のF1世界選手権の第2戦として、2022年3月27日ジッダ市街地コースにて開催。

正式名称は「Formula 1 STC Saudi Arabian Grand Prix 2022[1]

背景[編集]

タイヤ
本レースでピレリが持ち込んだドライ用タイヤのコンパウンドはハード(白):C2、ミディアム(黄):C3、ソフト(赤):C4の中間の組み合わせ[2][3]
ピレリタイヤの組み合わせ
ドライ用 ウェット用
C2 C3 C4 インターミディエイト フルウェット
(C2)
(ハード)
C3)
(ミディアム)
(C4)
(ソフト)
(インターミディエイト)
(小雨用)
(フルウェット)
(大雨用)
DRS:3箇所[4]※( )内は検知ポイント
  • DRS1:ターン19の出口から(ターン17の出口)
  • DRS2:ターン25の入口から(ターン22の入口)
  • DRS3:ターン27より170m先から(ターン27の入口)

エントリーリスト[編集]

フリー走行[編集]

FP1[7]
2022年3月25日 17:00 SAST(UTC+3)

トップはシャルル・ルクレール。序盤にコース上に落下したマーカーボード(コーナーまであと○mなどを示すもの)にランド・ノリスの車両が接触し、10分近く赤旗中断となった。また、セッション中にマックス・フェルスタッペンから「何か燃えたような匂いがする」との報告があった。その原因はサーキットから20km弱の場所にあるサウジアラムコの石油施設がミサイル攻撃(報道ではイエメンの反政府勢力・フーシ派によるものとされた)により爆発炎上したことによるものだった[8][9]

FP2[10]
2022年3月25日 20:00 SAST(UTC+3)

トップはルクレール。FP1の最中に発生した石油施設への攻撃により、セッション開始が15分遅れとなった。トップ4をフェラーリレッドブルが占める結果となったが、フェラーリの2台は共にウォールに接触する場面が見られた。また、ハースケビン・マグヌッセンの車両がトラブルによりコース上に停車、回収の為にVSCが導入された。セッション終了直前には角田裕毅にもトラブルが発生しコース外に停車したため黄旗が振られた。

FP3[11]
2022年3月26日 17:00 SAST(UTC+3)

トップはルクレール。FP2に続きトップ4をフェラーリとレッドブルが占める結果となった。FP2終了後から開かれた緊急会合でF1とチーム代表との間で当GPの開催継続に合意していたが、ドライバー間での話し合いが深夜2時すぎまで行われ、イベント続行に懸念があったもののGPDAも開催に同意した[8][9]

予選[編集]

2022年3月26日 20:00 SAST(UTC+3)(文章の出典先[12]

ポールセルジオ・ペレスで251戦目にして初の獲得となった。1000分の25秒差で2番手にルクレール、3番手にカルロス・サインツ、4番手にフェルスタッペンが続いた。Q1では角田はマシントラブルにより走行出来なかったほか、ニコラス・ラティフィがターン13でクラッシュしたことにより、赤旗中断となった。またルイス・ハミルトン2017年ブラジルGP以来のQ1敗退[注 1]。Q2では残り5分となったところでミック・シューマッハがターン12でクラッシュし、車両は大破したもののドライバー自身には問題がなかった。これによりセッションは1時間近く赤旗中断となった。

予選結果[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクター Q1 Q2 Q3 Grid
1 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス レッドブル-RBPT 1:29.705 1:28.924 1:28.200 1
2 16 モナコの旗 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:29.039 1:28.780 1:28.225 2
3 55 スペインの旗 カルロス・サインツ フェラーリ 1:28.855 1:28.686 1:28.402 3
4 1 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-RBPT 1:28.928 1:28.945 1:28.461 4
5 31 フランスの旗 エステバン・オコン アルピーヌ-ルノー 1:30.093 1:29.584 1:29.068 5
6 63 イギリスの旗 ジョージ・ラッセル メルセデス 1:29.680 1:29.618 1:29.104 6
7 14 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ アルピーヌ-ルノー 1:29.978 1:29.295 1:29.147 7
8 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス アルファロメオ-フェラーリ 1:29.683 1:29.404 1:29.183 8
9 10 フランスの旗 ピエール・ガスリー アルファタウリ-RBPT 1:29.891 1:29.418 1:29.254 9
10 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 1:29.831 1:29.546 1:29.588 10
11 4 イギリスの旗 ランド・ノリス マクラーレン-メルセデス 1:29.957 1:29.651 11
12 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド マクラーレン-メルセデス 1:30.009 1:29.773 141
13 24 中華人民共和国の旗 周冠宇 アルファロメオ-フェラーリ 1:29.978 1:29.819 12
14 47 ドイツの旗 ミック・シューマッハ ハース-フェラーリ 1:30.167 1:29.920
15 18 カナダの旗 ランス・ストロール アストンマーティン・アラムコ-メルセデス 1:30.256 1:31.009 13
16 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:30.343 15
17 23 タイ王国の旗 アレクサンダー・アルボン ウィリアムズ-メルセデス 1:30.492 16
18 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ アストンマーティン・アラムコ-メルセデス 1:30.543 17
19 6 カナダの旗 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ-メルセデス 1:31.817 18
107% time: 1:35.074
22 日本の旗 角田裕毅 アルファタウリ-RBPT No Time 192
ソース:[13][14]
  • ^1 - リカルドは予選中に他車と接触したため3グリッド降格ペナルティ[15]
  • ^2 - 角田は107%以内のタイムを記録していないが、スチュワードの判断により決勝への出走が認められた[16]

決勝[編集]

2022年3月27日 20:00 SAST(UTC+3)(文章の出典先[17]

優勝はマックス・フェルスタッペンで今季初優勝。2位には0.549秒差でシャルル・ルクレール、3位にカルロス・サインツ、4位にはポールスタートだったセルジオ・ペレスが入った。

ハースミック・シューマッハは次戦でスペアパーツが不足する懸念があったため決勝は欠場した[18][19][注 2]。スタート前のレコノサンスラップには角田裕毅のマシンにトラブルが発生しコース脇にストップし、グリッドに辿り着けずリタイアした。序盤からレースをリードしていたペレスは15周目にピットインしたが、翌周にニコラス・ラティフィが最終コーナーでクラッシュ。VSC導入後にSCへ切り替えられ、結果的に4位まで後退した。30周半ばには立て続けにマシンがトラブルによりコース上に停車したためVSCが導入された。スタートタイヤにハードを選んだルイス・ハミルトンは15位から追い上げていたが、トラブルにより停車したマシンの位置がピットレーン入口付近だったためレース再開まで入れず、最終的には10位で完走した。トップ争いはフェルスタッペンとルクレールによる一騎打ちとなり、最終コーナー手前に設置されたホームストレートのDRSの検知を取り合う展開となった。

レース結果[編集]

順位 No. ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイア原因 Grid Pts.
1 1 オランダの旗 マックス・フェルスタッペン レッドブル-RBPT 50 1:24:19.293 4 25
2 16 モナコの旗 シャルル・ルクレール フェラーリ 50 +0.549 2 19FL
3 55 スペインの旗 カルロス・サインツ フェラーリ 50 +8.097 3 15
4 11 メキシコの旗 セルジオ・ペレス レッドブル-RBPT 50 +10.800 1 12
5 63 イギリスの旗 ジョージ・ラッセル メルセデス 50 +32.732 6 10
6 31 フランスの旗 エステバン・オコン アルピーヌ-ルノー 50 +56.017 5 8
7 4 イギリスの旗 ランド・ノリス マクラーレン-メルセデス 50 +56.124 11 6
8 10 フランスの旗 ピエール・ガスリー アルファタウリ-RBPT 50 +62.946 9 4
9 20 デンマークの旗 ケビン・マグヌッセン ハース-フェラーリ 50 +64.308 10 2
10 44 イギリスの旗 ルイス・ハミルトン メルセデス 50 +73.948 15 1
11 24 中華人民共和国の旗 周冠宇 アルファロメオ-フェラーリ 50 +82.215 11
12 27 ドイツの旗 ニコ・ヒュルケンベルグ アストンマーティン・アラムコ-メルセデス 50 +91.742 17
13 18 カナダの旗 ランス・ストロール アストンマーティン・アラムコ-メルセデス 49 +1 Lap 13
141 23 タイ王国の旗 アレクサンダー・アルボン ウィリアムズ-メルセデス 47 DNF 16
Ret 77 フィンランドの旗 バルテリ・ボッタス アルファロメオ-フェラーリ 36 DNF 8
Ret 14 スペインの旗 フェルナンド・アロンソ アルピーヌ-ルノー 35 DNF 7
Ret 3 オーストラリアの旗 ダニエル・リカルド マクラーレン-メルセデス 35 DNF 14
Ret 6 カナダの旗 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ-メルセデス 14 DNF 18
DNS2 22 日本の旗 角田裕毅 アルファタウリ-RBPT 0 DNS 19
WD3 47 ドイツの旗 ミック・シューマッハ ハース-フェラーリ 0 DNS
ソース:[14][20][21]
  • ^1 - DNFだがレース距離の90%以上を走行したため規定により完走扱い
  • ^2 - レコノサンスラップ中のトラブルによりグリッドに辿り着けずリタイア
  • ^3 - 予選Q2でのクラッシュにより決勝は欠場
  • ^FL - ファステストラップの1点を含む

第2戦終了時点のランキング[編集]

ワールド・チャンピオンシップ[編集]

  • :いずれもトップ5まで掲載。

DHLファステストラップアワード[編集]

順位 ドライバー 獲得数
1rightarrow blue.svg 1 モナコの旗 シャルル・ルクレール 2
ソース:[23]

  • :いずれもトップ5まで掲載。
  • :ファストテストラップアワードは同数の場合、カウントバック方式がとられている。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 2017年ブラジルGPのQ1敗退はクラッシュによるもので、完走したうえで敗退したのは2009年イギリスGP以来。
  2. ^ シューマッハ自身はメディカルセンターでのチェックと病院での検査により出場自体は可能だった。

出典[編集]

  1. ^ Saudi Arabia Grand Prix 2022 - F1 Race”. The Official F1 Website. 2022年3月22日閲覧。
  2. ^ ピレリF1、2022年シーズン開幕3戦で使用するタイヤコンパウンドを発表。メルボルンはひとつ飛ばしの選択に”. auto sport Web (2022年3月9日). 2022年3月16日閲覧。
  3. ^ 2022 Saudi Arabian Grand Prix - Pirelli Preview.pdf” (英語). FIA.com (2022年3月24日). 2022年3月25日閲覧。
  4. ^ 2022 Saudi Arabian Grand Prix - Circuit Map.pdf” (英語). FIA.com (2022年3月23日). 2022年3月24日閲覧。
  5. ^ 2022 Saudi Arabian Grand Prix - Entry List.pdf” (英語). FIA.com (2022年3月25日). 2022年3月25日閲覧。
  6. ^ ベッテル、サウジアラビアGPも欠場が決定。ヒュルケンベルグ再登板「チームのために最善を尽くす」”. jp.motorsport.com (2022年3月25日). 2022年3月25日閲覧。
  7. ^ 開幕勝者のルクレールが最速、ホンダ勢は全車トップ7と好調発進 / F1サウジアラビアGP《FP1》結果とダイジェスト”. Fomula1-Data (2022年3月26日). 2022年3月29日閲覧。
  8. ^ a b サウジアラビアへのミサイル攻撃にF1ドライバーたちが懸念。4時間にわたる協議の後、ボイコットは回避へ”. auto sport Web (2022年3月26日). 2022年4月7日閲覧。
  9. ^ a b 【F1チーム代表の現場事情:アストンマーティン】ドライバー交代、テロ発生…初仕事で苦難に直面も、巧みに対処”. auto sport Web (2022年4月7日). 2022年4月7日閲覧。
  10. ^ 最速刻むもバラ色でないフェラーリと順調に歩みを進めるレッドブル / F1サウジアラビアGP《FP2》結果とダイジェスト”. Fomula1-Data (2022年3月26日). 2022年3月29日閲覧。
  11. ^ ルクレール3連取!レッドブルとの予選タイマン必至…角田裕毅も好調維持 / F1サウジアラビアGP《FP3》結果とダイジェスト”. Fomula1-Data (2022年3月27日). 2022年3月29日閲覧。
  12. ^ ペレス、悲願の初PP!衝撃のハミルトンQ1敗退とシューマッハ大事故を経て / F1サウジアラビアGP《予選》結果とダイジェスト”. Fomula1-Data (2022年3月27日). 2022年3月30日閲覧。
  13. ^ FORMULA 1 STC SAUDI ARABIAN GRAND PRIX 2022 - QUALIFYING”. formula1.com (2022年3月26日). 2022年3月29日閲覧。
  14. ^ a b FORMULA 1 STC SAUDI ARABIAN GRAND PRIX 2022 - STARTING GRID”. formula1.com (2022年3月26日). 2022年3月29日閲覧。
  15. ^ 2022 Saudi Arabian Grand Prix - Offence - Car 3 - Impeding car 31 in Turn 9.pdf” (英語). FIA.com (2022年3月27日). 2022年3月29日閲覧。
  16. ^ 2022 Saudi Arabian Grand Prix - Decision - Car 22 - failing to set a time in qualifying.pdf” (英語). FIA.com (2022年3月27日). 2022年3月29日閲覧。
  17. ^ 激戦再び…フェルスタッペン、0.5秒差でルクレールを撃破「良いレースだった!」F1サウジアラビアGP《決勝》結果とダイジェスト”. Formula1-Data (2022年3月28日). 2022年3月29日閲覧。
  18. ^ ハース、次戦オーストラリアでスペアパーツが不足する可能性を危惧してシューマッハーの欠場を決断/F1第2戦”. auto sport Web (2022年3月29日). 2022年3月30日閲覧。
  19. ^ ミック・シューマッハ、時速270kmの大事故翌日に早くもカムバック「レースができる位に元気」”. Fomula1-Data (2022年3月28日). 2022年3月30日閲覧。
  20. ^ FORMULA 1 STC SAUDI ARABIAN GRAND PRIX 2022 - RACE RESULT”. formula1.com (2022年3月27日). 2022年3月29日閲覧。
  21. ^ FORMULA 1 STC SAUDI ARABIAN GRAND PRIX 2022 - FASTEST LAPS”. formula1.com (2022年3月27日). 2022年3月29日閲覧。
  22. ^ a b Formula One Standings 2022”. Motorsport Stats (2022年3月27日). 2022年3月29日閲覧。
  23. ^ 2022 DHL FASTEST LAP AWARD”. Formula1.com (2022年3月27日). 2022年3月29日閲覧。
前戦
2022年バーレーングランプリ
FIA F1世界選手権
2022年シーズン
次戦
2022年オーストラリアグランプリ
前回開催
2021年サウジアラビアグランプリ
サウジアラビアの旗 サウジアラビアグランプリ 次回開催
2023年サウジアラビアグランプリ