オスカー・ララウリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
オスカー・ララウリ
基本情報
フルネーム オスカー・ルーベン・ララウリ
国籍 アルゼンチンの旗 アルゼンチン
出身地 同・サンタフェ州
生年月日 (1954-08-19) 1954年8月19日(64歳)
F1での経歴
活動時期 1988-1989
所属チーム ユーロブルン
出走回数 21 (7回スタート)
タイトル 0
優勝回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1988年ブラジルGP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1989年オーストラリアGP
テンプレートを表示

オスカー・ルーベン・ララウリOscar Rubén Larrauri, 1954年8月19日 - )は、アルゼンチン出身のレーシングドライバーである。ウォルター・ブルンのチームと深い関係を持っていた。「オスカル・ララウリ」「オスカル・ラッラウリ」と表記されることもある。

初期の経歴[編集]

アルゼンチンでレース活動を開始し、1979年にアルゼンチンF3に参戦したララウリは1980年にヨーロッパに渡り、ヨーロッパF3に参戦を開始した。1982年に同タイトルを獲得すると、1983年にはミナルディよりヨーロッパF2に参戦したが、ポイントを獲得することはできなかった。

スポーツカー[編集]

1983年にランチア・フェラーリで世界スポーツカー選手権(WSC)に参戦を開始したララウリは、翌1984年にブルン・モータースポーツに移籍した。以後1986年にはル・マン24時間で2位を獲得したほか、初優勝も挙げてドライバーズランキング6位を獲得した。

以後、ブルン・モータースポーツが解散する1991年まで、ララウリは同チームから参戦を続けた。

日本においても活動しており、1986年から91年まで全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権に参戦し、主にレイトンハウスやジ・アルファ・レーシングwithブルン等のチームのポルシェ・962Cを走らせた。1994年から96年まで全日本GT選手権にも参戦し、タイサンチームからフェラーリ・F40ポルシェ・911GT2を走らせた。1994年の第5戦MINEサーキットではパートナーの太田哲也と共に優勝を果たしている。

F1[編集]

ER188をドライブするララウリ

1988年に、ブルン・モータースポーツがユーロレーシングと共同で「ユーロブルン」を設立してF1に参戦すると、ララウリはそのレギュラードライバーとしてF1にデビューを果たした。

33歳と遅いデビューと果たしたララウリは、予選通過8回と、安定性と戦闘能力に欠けるマシンにもかかわらず高い出走率を残したが、1988年シーズン限りで一旦F1を退いた。しかし、翌1989年シーズン途中より、再度ユーロブルンのドライバーとしてF1に参戦した。同シーズンを持ってF1を退いた。

レース戦績[編集]

F1[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC Points
1988年 ユーロブルン BRA
DNS
SMR
DNQ
MON
Ret
MEX
13
CAN
Ret
USA
Ret
FRA
Ret
GBR
DNQ
GER
16
HUN
DNQ
BEL
DNPQ
ITA
DNPQ
POR
DNPQ
ESP
DNQ
JPN
DNQ
AUS
Ret
NC 0
1989年 ユーロブルン BRA
SMR
MON
MEX
USA
CAN
FRA
GBR
GER
HUN
BEL
ITA
DNPQ
POR
DNPQ
ESP
DNPQ
JPN
DNPQ
AUS
DNPQ
NC 0

全日本GT選手権[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 順位 ポイント
1994年 TEAM TAISAN フェラーリ・F40 GT1 FSW
SEN
FSW
SUG
MIN
1
12位 20
1995年 GT1 SUZ
Ret
FSW
SEN
FSW
18
MIN
12
22位 6
ポルシェ・911 GT2 SUG
6
1996年 GT500 SUZ
FSW
7
SEN
Ret
FSW
DNQ
20位 4
フェラーリ・F40 SUG
15
MIN
Ret

関連項目[編集]