1988年ベルギーグランプリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ベルギーの旗 1988年ベルギーグランプリ
レース詳細
Belgian Grand Prix Spa.png
日程 1988年シーズン第11戦
決勝開催日 8月28日
開催地 スパ・フランコルシャン
ベルギー スパ
コース長 6.940km
レース距離 43周(298.420km)
決勝日天候 晴れのち曇り(ドライ)
ポールポジション
ドライバー
タイム 1'53.718
ファステストラップ
ドライバー オーストリアの旗 ゲルハルト・ベルガー
タイム 2'00.772(Lap 10)
決勝順位
優勝
2位
3位

1988年ベルギーグランプリは、1988年F1世界選手権の第8戦として、1988年8月28日スパ・フランコルシャンで開催された。

予備予選[編集]

順位 No ドライバー コンストラクター タイム
1 36 イタリアの旗 アレックス・カフィ ダラーラフォード 2'01.068
2 31 イタリアの旗 ガブリエル・タルキーニ コローニフォード 2'02.101 +1.033
3 21 イタリアの旗 ニコラ・ラリーニ オゼッラ 2'02.347 +1.279
4 33 イタリアの旗 ステファノ・モデナ ユーロブルンフォード 2'02.933 +1.865
DNPQ 32 アルゼンチンの旗 オスカー・ララウリ ユーロブルンフォード 2'04.208 +3.140
  • 上位4台が予選に進出

予選[編集]

マクラーレン・ホンダのアイルトン・セナとアラン・プロストが1列目を分け合うという見慣れた結果となった。その後もフェラーリの2台とベネトンの2台、ロータスの2台というこの年に多く見られた予選順位となったが、エンジンパワーに劣るウィリアムズ・ジャッドリカルド・パトレーゼが5位につけたほか、ロータス・ホンダの中嶋悟が、昨年度のドライバーズ・チャンピオンでチームメイトのネルソン・ピケを下し8位につけた。

ウィリアムズのナイジェル・マンセルが体調不良で欠場となったため、マーティン・ブランドルが出場したが12位に終わった。ミナルディのルイス・ペレス=サラピエルルイジ・マルティニユーロブルンステファノ・モデナティレルジュリアン・ベイリーが予選落ちとなった。

順位 No ドライバー コンストラクター タイム
1 1 ブラジルの旗 アイルトン・セナ マクラーレンホンダ 1'53.718 -
2 2 フランスの旗 アラン・プロスト マクラーレンホンダ 1'54.128 +0.410
3 28 オーストリアの旗 ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 1'54.581 +0.863
4 27 イタリアの旗 ミケーレ・アルボレート フェラーリ 1'55.665 +1.947
5 6 イタリアの旗 リカルド・パトレーゼ ウィリアムズジャッド 1'57.138 +3.420
6 20 ベルギーの旗 ティエリー・ブーツェン ベネトンフォード 1'57.455 +3.737
7 19 イタリアの旗 アレッサンドロ・ナニーニ ベネトンフォード 1'57.535 +3.817
8 2 日本の旗 中嶋悟 ロータスホンダ 1'57.616 +3.898
9 1 ブラジルの旗 ネルソン・ピケ ロータスホンダ 1'57.821 +4.103
10 17 イギリスの旗 デレック・ワーウィック アロウズメガトロン 1'57.925 +4.207
11 18 アメリカ合衆国の旗 エディ・チーバー アロウズメガトロン 1'57.980 +4.262
12 5 イギリスの旗 マーティン・ブランドル ウィリアムズジャッド 1'58.206 +4.488
13 15 ブラジルの旗 マウリシオ・グージェルミン マーチジャッド 1'58.361 +4.643
14 16 イタリアの旗 イヴァン・カペリ マーチジャッド 1'58.439 +4.721
15 36 イタリアの旗 アレックス・カフィ ダラーラフォード 1'59.736 +6.018
16 30 フランスの旗 フィリップ・アリオー ローラフォード 1'59.906 +6.188
17 25 フランスの旗 ルネ・アルヌー リジェジャッド 2'00.037 +6.319
18 14 フランスの旗 フィリップ・ストレイフ AGSフォード 2'00.410 +6.692
19 22 イタリアの旗 アンドレア・デ・チェザリス リアルフォード 2'00.521 +6.803
20 26 スウェーデンの旗 ステファン・ヨハンソン リジェジャッド 2'00.857 +7.139
21 3 イギリスの旗 ジョナサン・パーマー ティレルフォード 2'01.078 +7.360
22 31 イタリアの旗 ガブリエル・タルキーニ コローニフォード 2'01.359 +7.641
23 29 フランスの旗 ヤニック・ダルマス ローラフォード 2'01.467 +7.749
24 9 イタリアの旗 ピエルカルロ・ギンザーニ ザクスピード 2'01.899 +8.181
25 10 ドイツの旗 ベルント・シュナイダー ザクスピード 2'01.938 +8.220
26 21 イタリアの旗 ニコラ・ラリーニ オゼッラ 2'02.029 +8.311
DNQ 24 スペインの旗 ルイス・ペレス=サラ ミナルディフォード 2'02.129 +8.411
DNQ 23 イタリアの旗 ピエルルイジ・マルティニ ミナルディフォード 2'02.314 +8.596
DNQ 33 イタリアの旗 ステファノ・モデナ ユーロブルンフォード 2'02.322 +8.604
DNQ 4 イギリスの旗 ジュリアン・ベイリー ティレルフォード 2'02.519 +8.801
  • 上位26台が決勝進出

決勝[編集]

完走台数がわずか10台というサバイバルレースとなり、予選で1位と2位につけたマクラーレン・ホンダのアイルトン・セナとアラン・プロストがそのままワン・ツー・フィニッシュした。長らく3位を走行していたミケーレ・アルボレートはエンジントラブルによりマシンから白煙を吹きリタイア。母国グランプリであるティエリー・ブーツェンと、アレッサンドロ・ナンニーニのベネトン2台が3位と4位でチェッカーを受けたが後に失格となり(後述)、繰り上がりで5位で終えていたイヴァン・カペリ(予選14位)が公式記録で3位となり、以下繰り上がりで4位はロータスのネルソン・ピケ、5位と6位にはデレック・ワーウィックエディ・チーバーのアロウズ勢がポイントを得ることとなった。

また予選5位と好調だったリカルド・パトレーゼは決勝でカペリと接触ギリギリの大バトルを繰り広げたが決勝7位。最後の完走者はAGSフィリップ・ストレイフであった。予選でピケの上からスタートし、レース中もピケをリードし続けた中嶋悟はエンジントラブルで22周目にリタイアした。

ベネトンの失格[編集]

3位でゴールしレース後表彰台に立っていたブーツェンと、続いて4位でゴールしていたナニーニのベネトン2台は、レース終了から3カ月以上経過した11月末になってFISAから車両規定違反があったとして失格が発表された。ベネトンの2台は公式記録から除外され、完走を果たしていた5位以下のドライバーの順位が全て2つ繰り上がった順位に公式記録が訂正された。これはブーツェンのマシンからレース後採取されたガソリンのオクタン価が、レギュレーション規定の数値を上まわるオクタン価だったため[1]。シーズン終了後だったため各ランキングも修正され、ブーツェンは4ポイント減でもドライバーズランキング4位のまま変化が無かったが、3ポイント減となったナニーニのランキングは7位だったものが9位タイと変動することとなった。

順位 No ドライバー コンストラクター 周回数 タイム/リタイヤ グリッド ポイント
1 12 ブラジルの旗 アイルトン・セナ マクラーレンホンダ 43 1:28'00.549 1 9
2 11 フランスの旗 アラン・プロスト マクラーレンホンダ 43 +30.470 2 6
3 16 イタリアの旗 イヴァン・カペリ マーチジャッド 43 +1'15.768 14 4
4 1 ブラジルの旗 ネルソン・ピケ ロータスホンダ 43 +1'23.628 9 3
5 17 イギリスの旗 デレック・ワーウィック アロウズメガトロン 43 +1'25.355 10 2
6 18 アメリカ合衆国の旗 エディ・チーバー アロウズメガトロン 42 +1 Lap 11 1
7 5 イギリスの旗 マーティン・ブランドル ウィリアムズジャッド 42 +1 Lap 12  
8 36 イタリアの旗 アレックス・カフィ ダラーラフォード 42 +1 Lap 15  
9 30 フランスの旗 フィリップ・アリオー ローラフォード 42 +1 Lap 16  
10 14 フランスの旗 フィリップ・ストレイフ AGSフォード 42 +1 Lap 18  
11 26 スウェーデンの旗 ステファン・ヨハンソン リジェジャッド 39 エンジン 20  
12 3 イギリスの旗 ジョナサン・パーマー ティレルフォード 39 スロットル 21  
13 10 西ドイツの旗 ベルント・シュナイダー ザクスピード 38 ギアボックス 25  
DSQ 20 ベルギーの旗 ティエリー・ブーツェン ベネトンフォード 43 失格 6  
DSQ 19 イタリアの旗 アレッサンドロ・ナニーニ ベネトンフォード 43 失格 7  
Ret 31 イタリアの旗 ガブリエル・タルキーニ コローニフォード 36 ステアリング 22  
Ret 27 イタリアの旗 ミケーレ・アルボレート フェラーリ 35 エンジン 4  
Ret 6 イタリアの旗 リカルド・パトレーゼ ウィリアムズジャッド 30 エンジン 5  
Ret 15 ブラジルの旗 マウリシオ・グージェルミン マーチジャッド 29 スピン 13  
Ret 9 イタリアの旗 ピエルカルロ・ギンザーニ ザクスピード 25 オイル漏れ 24  
Ret 2 日本の旗 中嶋悟 ロータスホンダ 22 エンジン 8  
Ret 21 イタリアの旗 ニコラ・ラリーニ オゼッラ 14 燃料系 26  
Ret 28 オーストリアの旗 ゲルハルト・ベルガー フェラーリ 11 インジェクション 3  
Ret 29 フランスの旗 ヤニック・ダルマス ローラフォード 9 エンジン 23  
Ret 22 イタリアの旗 アンドレア・デ・チェザリス リアルフォード 2 接触 19  
Ret 25 フランスの旗 ルネ・アルヌー リジェジャッド 2 接触 17  

出典[編集]

  1. ^ ベネトン ベルギーGP失格、罰金も課される F1GPX特別編集 1989カレンダー号 8頁 山海堂

関連項目[編集]

前戦
1988年ハンガリーグランプリ
FIA F1世界選手権
1988年シーズン
次戦
1988年イタリアグランプリ
前回開催
1987年ベルギーグランプリ
ベルギーの旗 ベルギーグランプリ次回開催
1989年ベルギーグランプリ