メガトロン (エンジンメーカー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

メガトロン(Megatron)は、1987年から1988年の間、ハイニー・マーダー率いるスイスのエンジンチューナーのハイニー・マーダー・レーシング・コンポーネンツからF1に供給されたエンジンのこと。

歴史[編集]

リジェJS29

1987年よりF1のアロウズリジェに1500ccの直4ターボエンジンを供給した。このエンジンはBMW M12/13を改良し、「メガトロン」のバッジネームをつけたもので、1986年いっぱいでBMWとのエンジン供給契約を失ってしまったアロウズが、チームのタイトルスポンサーのUSF&Gに、BMWエンジンに関する契約を買い取ってもらったものである。

当初は供給チームはアロウズのみであったが、開幕直前に、ドライバーのルネ・アルヌーがエンジン性能にクレームをつけたとされ(ただし諸説もあり)、アルファロメオから契約を破棄されてエンジンがなくなってしまったリジェにも1987年に供給された。

1988年は供給チームはアロウズのみとなった(リジェがエンジンをジャッドに変更したため)。この年のアロウズはチームのコンストラクターズランキングの最上位である4位(同点であることを考慮して5位としても最高位)を記録することとなった。1989年以降、ターボエンジンは禁止されてしまったので撤退した。

搭載マシン[編集]

  • アロウズA10 (1987年)
  • リジェJS29B (1987年)
  • リジェJS29C (1987年)
  • アロウズA10B (1988年)