ホンダ・RA168E

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ホンダRA168E

ホンダ・RA168Eは、本田技研工業本田技術研究所に特別委託し開発したフォーミュラ1用エンジンである。

概要[編集]

1988年にフォーミュラ1に供給するために開発された、ホンダF1の第2期で最後の1.5L V6 ツインターボエンジンである。

レギュレーションの変更により過給圧や燃料搭載量の制限が厳しくなる中、より高い熱効率を得るために、前年に対し圧縮比が高められ、ボア・ストローク比がロングストローク寄りに変更された。

スペック[編集]

搭載マシン[編集]

参考文献[編集]

  • 『F1解剖講座 - データで見るF1グランプリ』二玄社、1990年 ISBN 4-544-04037-X