ヤニック・ダルマス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤニック・ダルマス
基本情報
国籍 フランスの旗 フランス
出身地 同・ヴァール県ル・ボーセ
生年月日 1961年7月28日(54歳)
F1での経歴
所属チーム '87-'88,'89,'94 ラルース
'89-'90 AGS
活動時期 1987-1988,1989-1990,1994
出走回数 49 (24スタート)
優勝回数 0
通算獲得ポイント 0
表彰台(3位以内)回数 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1987年メキシコGP
最終戦 1994年ポルトガルGP
テンプレートを表示

ヤニック・ダルマスYannick Dalmas, 1961年7月28日 - )はフランスヴァール県ル・ボーセ出身の元F1ドライバー。

略歴[編集]

元々若手有望株として期待されており、同じくフランス人だったジャン・アレジAlesi )、エリック・ベルナールBernard )、エリック・コマスComas )とともに、「フランスのABCD」と言われていた。

1986年のフランスF3チャンピオンに輝いた後、翌1987年の第14戦メキシコグランプリで、ラルース・フォードよりF1デビュー。デビュー戦の成績は予選23位、決勝9位だった。

1989年シーズン途中にAGSに移籍し、1990年シーズン終了時に一度F1を退いたが、1994年に古巣のラルースからF1に復帰、第12戦イタリアグランプリと第13戦ポルトガルグランプリに出走している。F1ドライバーとしてはこのポルトガルグランプリが最後のレースとなった。

F1を離れてからはスポーツカーレースに専念し、ル・マン24時間レースでは1992年1994年1995年1999年の4度優勝している。1995年の優勝時のチームメイトに関谷正徳がいる。また1992年にはプジョー・905を駆り、デレック・ワーウィックらとともにスポーツカー世界選手権(SWC)のシリーズチャンピオンにも輝いている。

すでにドライバーとしては現役を退いており、2012年からはFIA 世界耐久選手権のスチュワードを務めている[1]。2014年からはフランスの「GT Tour」のレースアドバイザーも兼任する[2]

レース戦績[編集]

F1[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1987年 ローララルース LC87 BRA SMR BEL MON DET FRA GBR GER HUN AUT ITA POR ESP MEX
9
JPN
14
AUS
5
NC
(22位)
0
1988年 LC88 BRA
Ret
SMR
12
MON
7
MEX
9
CAN
DNQ
DET
7
FRA
13
GBR
13
GER
19
HUN
9
BEL
Ret
ITA
Ret
POR
Ret
ESP
11
JPN AUS NC
(18位)
0
1989年 LC88C BRA
DNQ
NC
(40位)
0
LC89 SMR
Ret
MON
DNQ
MEX
DNQ
USA
DNQ
CAN
DNQ
FRA
AGS JH23C GBR
DNPQ
GER
DNPQ
HUN
DNPQ
JH24 BEL
DNPQ
ITA
DNPQ
POR
DNPQ
ESP
DNPQ
JPN
DNPQ
AUS
DNPQ
1990年 USA
DNPQ
BRA
Ret
SMR
DNPQ
NC
(25位)
0
JH25 MON
DNPQ
CAN
DNPQ
MEX
DNPQ
FRA
17
GBR
DNPQ
GER
DNQ
HUN
DNQ
BEL
DNQ
ITA
NC
POR
Ret
ESP
9
JPN
DNQ
AUS
DNQ
1994年 ラルース LH94 BRA PAC SMR MON ESP CAN FRA GBR GER HUN BEL ITA
Ret
POR
14
EUR JPN AUS NC
(35位)
0

(key)

  •  : 1987年オーストラリアグランプリにおいてダルマスは5位の入賞圏内でフィニッシュしたものの、ラルースチームは年間エントリーを1台のみとして登録していたため規定によりポイント獲得は認められなかった。

WSC[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
1991 プジョー・タルボ・スポール プジョー・905 C1 SUZ
Ret
MON
Ret
SIL
Ret
LMN
Ret
NÜR
Ret
MAG
1
MEX
1
AUT
Ret
13位 40
1992 プジョー・タルボ・スポール プジョー・905 C1 MON
2
SIL
1
LMN
1
DON
2
SUZ
1
MAG
5
1位 98

BPR GT[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
1995 トヨタ チーム トムス トヨタ・スープラ LM-GT GT1 JER
PRI
MON
JAR
NÜR
DON
PAR
SCA
SUZ
SIL
NOG
ZHU
Ret
NC 0

FIA GT[編集]

所属チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1997 ルーック・レーシング ポルシェ・911 GT1 GT1 HOC
5
SIL
Ret
HEL
13位 19
ポルシェ AG ポルシェ・911 GT1 Evo NÜR
17
SPA
3
A1R
7
SUZ
10
DON
15
MUG
3
SEB
4
LAG
2
1998 ポルシェ AG ポルシェ・911 GT1-98 GT1 OSC
7
SIL
Ret
HOC
6
DIJ
2
HUN
3
SUZ
3
DON
3
A1R
3
HMS
3
LAG
Ret
3位 27

補足[編集]

その他[編集]

レースキャリアとしては2輪からスタートさせている。モトクロスに参戦した際にあまりにも骨折が酷く、以降は4輪レースに転向した。 また1986年頃にインストラクターとして同乗していた際に生徒が事故を起こし、ダルマス自身も重傷を負ったという。


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Drivers need to be an 'advocate of a high standard' in F1 - F1 PULSE・2012年10月8日
  2. ^ YANNICK DALMAS ET PIERRE DIEUDONNÉ NOMMÉS « RACE ADVISOR » POUR 2014 - GT TOUR・2014年3月10日

関連項目[編集]