ロイック・デュバル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ロイック・デュバル (2009年)

ロイック・デュバルLoic Duval, 1982年6月12日 - )は、フランス人のレーシングドライバー

プロフィール[編集]

  • 身長:178cm
  • 体重:70kg
  • 血液型:Rh+O型

経歴[編集]

1992年にカートレースにデビューする。その後1998年には、ヨーロッパ選手権エスポワール3位、フレンチカップで優勝する。1999年は世界選手権エリート9位。2000年も世界選手権エリート3位。2001年は世界選手権フォーミュラ・スーパーAで9位となり、カートレースにおける世界選手権レベルのレースにおいて上位ランカーの常連として名を馳せた。

2002年に本格的にフォーミュラカーの世界に転向し、フランス・フォーミュラ・ルノー・キャンパスのシリーズチャンピオン(優勝9回)に、2003年にはフランス・フォーミュラ・ルノーのシリーズチャンピオン(優勝4回)に輝いた。2004年からは舞台をユーロF3選手権に移し、同年はシリーズ11位(表彰台2回)、2005年はシリーズ6位(表彰台6回)という成績を残した。また2005年にはF3マカオGPにも参戦し予選でポールポジションを獲得するが決勝は6位に終わった。

2006年に来日し、中嶋悟率いるNAKAJIMA RACINGからフォーミュラ・ニッポンSUPER GTに参戦する。ともにチームメイトは武藤英紀であり、ホンダ勢の中では若手コンビである。フォーミュラ・ニッポンではホンダ勢が苦戦する中で第2戦鈴鹿と第7戦菅生で優勝し、シリーズ4位と一人気を吐く結果となった。SUPER GTでは最終戦の富士にて初勝利を飾ったが、年間成績はシリーズ11位に終わっている。さらに、A1グランプリにフランスチームから参戦。表彰台を4回獲得しシリーズ4位に貢献した。

2007年も前年度と同様、NAKAJIMA RACINGからフォーミュラ・ニッポン(チームメイトは小暮卓史)とSUPER GT(チームメイトはファビオ・カルボーン)にエントリーし、フォーミュラ・ニッポンでは第8戦もてぎでの2位が最高で、シリーズ6位と前年を下回る結果となったが、SUPER GTでは前年同様最終戦の富士にて勝利を飾ったもののシリーズ2位に終わった。さらにA1グランプリにもフランスチームから参戦。第6戦オーストラリアのスプリントレースで初優勝を果たした他、表彰台を7回獲得しシリーズ3位に貢献した。

2008年も前年度と同様、NAKAJIMA RACINGからフォーミュラ・ニッポン(チームメイトも前年同様 小暮卓史)とSUPER GT(チームメイトは平中克幸に変更)にエントリーしている。

2009年も引き続きNAKAJIMA RACINGからフォーミュラ・ニッポン(チームメイトも前年同様 小暮卓史)とSUPER GT(チームメイトは中山友貴に変更)にエントリー、フォーミュラ・ニッポンで年間タイトルを獲得した。

2010年はチームを移籍、フォーミュラ・ニッポンはDANDELION RACING(チームメイトは伊沢拓也)、SUPER GTはWEIDER HONDA RACING(チームメイトは小暮卓史)からエントリーし、SUPER GTでは第2戦岡山で優勝し年間タイトルを獲得した。

2012年はホンダ陣営からトヨタ陣営に鞍替え。SUPER GTではLEXUS TEAM PETRONAS TOM'S(チームメイトは中嶋一貴)からエントリーするほか、フォーミュラ・ニッポンでも土屋武士率いるTEAM KYGNUS SUNOCOに移籍する。一方で同年より復活するFIA 世界耐久選手権ではアウディ陣営に参加、R18ウルトラをドライブする。

レース戦績[編集]

  • 1992年 - レーシングカートデビュー
  • 1998年
    • ヨーロッパ選手権エスポワール(3位)
    • フレンチカップ(優勝)
  • 1999年 - 世界選手権エリート(シリーズ9位)
  • 2000年 - 世界選手権エリート(シリーズ3位)
  • 2001年 - 世界選手権フォーミュラ・スーパーA(シリーズ9位)
  • 2002年 - フランス・フォーミュラ・ルノー・エルフ・キャンパス(シリーズチャンピオン)
  • 2003年 - フランス・フォーミュラ・ルノー(シリーズチャンピオン)
  • 2004年 - ユーロF3選手権(シリーズ11位)
  • 2005年
    • ユーロF3選手権(シリーズ6位)
    • F3マカオGP(決勝6位)
  • 2006年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(PIAA NAKAJIMA RACING #31/ローラB06/51 HF386E)(シリーズ4位・2勝)
    • SUPER GT・GT500クラス(NAKAJIMA RACING #32 EPSON NSX/NSX NA2 C32B)(シリーズ11位・1勝)
    • 2006-2007 A1グランプリ(フランスチーム、2位3回、3位1回獲得・チーム総合3位)
  • 2007年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(PIAA NAKAJIMA RACING #31/ローラB06/51 HF386E)(シリーズ6位)
    • SUPER GT・GT500クラス(NAKAJIMA RACING #32 EPSON NSX/NSX NA2 C32B)(シリーズ2位・1勝)
    • 2007-2008 A1グランプリ(フランスチーム、優勝1回、表彰台7回獲得、ポールポジション2回獲得、チーム総合4位)
  • 2008年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(PIAA NAKAJIMA RACING #31/ローラB06/51 HF386E)(シリーズ2位・2勝)
    • SUPER GT・GT500クラス(NAKAJIMA RACING #32 EPSON NSX/NSX NA2 C32B)(シリーズ10位)
    • 2008-2009 A1グランプリ(フランスチーム)
  • 2009年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(NAKAJIMA RACING #31/スウィフト017.n HR09E)(シリーズチャンピオン・4勝)
    • SUPER GT・GT500クラス(NAKAJIMA RACING #32 EPSON NSX/NSX NA2 C32B)(シリーズ16位)
  • 2010年
    • 全日本選手権フォーミュラニッポン(DoCoMo TEAM DANDELION RACING #1/スウィフト017.n HR10E)(シリーズ3位・2勝)
    • SUPER GT・GT500クラス(ウイダー ホンダ レーシング #18 ウイダー HSV-010/HSV-010 HR10EG)(シリーズチャンピオン・1勝)
  • 2011年 - SUPER GT・GT500クラス(ウイダー ホンダ レーシング #1 ウイダー HSV-010 GT/HSV-010 HR10EG)(シリーズ3位・2勝)
  • 2012年
    • 全日本選手権フォーミュラ・ニッポン(Team KYGNUS SUNOCO #8/スウィフト017.n RV8K)(シリーズ6位)
    • SUPER GT・GT500クラス(LEXUS TEAM PETRONAS TOM'S #36 PETRONAS TOM'S SC430/SC430 UZZ40 RV8KG)(シリーズ11位)
  • 2013年 - 全日本選手権スーパーフォーミュラKYGNUS SUNOCO Team LeMans #8/スウィフト017.n RV8K)(シリーズ3位)
  • 2014年 - 全日本選手権スーパーフォーミュラ(KYGNUS SUNOCO Team LeMans #8 Team KYGNUS SUNOCO SF14/ダラーラ SF14 RI4A)(シリーズ4位)

フォーミュラ[編集]

フォーミュラ・ニッポン,スーパーフォーミュラ[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2006年 PIAA NAKAJIMA RACING FSW
11
SUZ
1
TRM
6
SUZ
Ret
AUT
18
FSW
9
SUG
1
TRM
4
SUZ
6
4位 25
2007年 FSW
3
SUZ
4
TRM
Ret
OKA
19
SUZ
11
FSW
3
SUG
3
TRM
2
SUZ
Ret
6位 31
2008年 FSW
10
SUZ
10
TRM
3
OKA
1
SUZ1
6
SUZ2
2
TRM1
1
TRM2
Ret
FSW1
2
FSW2
7
SUG
8
2位 62
2009年 NAKAJIMA RACING FSW
4
SUZ
1
TRM
Ret
FSW
1
SUZ
1
TRM
2
AUT
3
SUG
1
1位 62
2010年 DOCOMO TEAM DANDELION RACING SUZ
6
TRM
4
FSW
14
TRM
1
SUG
2
AUT
Ret
SUZ1
1
SUZ2
4
3位 39.4
2012年 Team KYGNUS SUNOCO SUZ
9
TRM
11
AUT
3
FSW
4
TRM
6
SUG
3
SUZ1
7
SUZ2
2
6位 25
2013年 KYGNUS SUNOCO Team LeMans SUZ AUT
2
FSW
4
TRM
3
INJ
C
SUG
1
SUZ1 SUZ2 3位 31
2014年 SUZ
1
FSW1
3
FSW2
4
FSW TRM
4
AUT
15
SUG
3
SUZ1
11
SUZ2
3
4位 29.5

フォーミュラE[編集]

チーム 車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 順位 ポイント
2014年-2015年 ドラゴン・レーシング スパーク-ルノー・SRT 01E BEI PUT PDE BNA MIA
7
LBH
9
MON
Ret
BER
3
MOS
15
LON
8
LON
3
9位 42
2015年-2016年 スパーク-ヴェンチュリー・VM200-FE-01 BEI
4
PUT
16
PDE
4
BNA
6
MEX
4
LBH
8
PAR
Ret+
BER
Ret
LON
Ret
LON
4
8位 60
2016年-2017年 スパーク-ペンスキー・701-EV HKG
14
MAR
18
BNA
MEX
MON
PAR
BER
BRU
NYC
NYC
MTL
MTL
17位* 0*
  • + : ファンブースト。

スポーツカー[編集]

SUPER GT[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2006年 NAKAJIMA RACING ホンダ・NSX GT500 SUZ
15
OKA
Ret
FSW
7
SEP
9
SUG
5
SUZ
4
TRM
8
AUT
12
FSW
1
11位 51
2007年 GT500 SUZ
3
OKA
4
FSW
Ret
SEP
15
SUG
3
SUZ
13
TRM
4
AUT
9
FSW
1
2位 69
2008年 EPSON NAKAJIMA RACING GT500 SUZ
10
OKA
5
FSW
7
SEP
Ret
SUG
Ret
SUZ
11
TRM
5
AUT
2
FSW
4
10位 43
2009年 GT500 OKA
7
SUZ
9
FSW
8
SEP
11
SUG
11
SUZ
Ret
FSW
9
AUT
9
TRM
6
16位 18
2010年 ウイダー ホンダ レーシング ホンダ・HSV-010 GT GT500 SUZ
Ret
OKA
1
FSW
7
SEP
3
SUG
2
SUZ
9
FSW
C
TRM
2
1位 67
2011年 GT500 OKA
7
FSW
13
SEP
1
SUG
Ret
SUZ
1
FSW
4
AUT
11
TRM
6
3位 57
2012年 LEXUS TEAM PETRONAS TOM'S レクサス・SC430 GT500 OKA
5
FSW SEP
13
SUG
2
SUZ
Ret
FSW
4
AUT
15
TRM
8
11位 32

インターコンチネンタル・ル・マン・カップ[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7
2011年 チーム・オレカ-マットムート プジョー・908 HDi FAP LMP1 SEB
1
SPA
10
LMN
5
IMO SIL PET ZHU

世界耐久選手権[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 順位 ポイント
2012年 アウディ・スポーツチーム・ヨースト アウディ・R18 ウルトラ LMP1 SEB
2
SPA
1
LMN
4
SIL SAO BHR FSW SHA 6位 67
2013年 アウディ・R18 e-tron クアトロ LMP1 SIL
1
SPA
2
LMN
1
SÃO
2
COA
1
FSW
2
SHA
3
BHR
Ret
1位 162
2014年 LMP1 SIL
Ret
SPA
2
LMN COA
2
FSW
5
SHA
5
BHR
5
SÃO
3
7位 81
2015年 LMP1 SIL
5
SPA
7
LMN
4
NÜR
4
COA
3
FSW
4
SHA
4
BHR
6
4位 99
2016年 LMP1 SIL
Ret
SPA
1
LMN
3
NÜR
2
MEX
27
COA
2
FSW
2
SHA
5
BHR
1
2位 147.5

ル・マン24時間レース[編集]

チーム コ・ドライバー クラス 周回 総合順位 クラス順位
2008年 フランスの旗 チーム・オレカ-マットムート フランスの旗 ソイエル・アヤリ
フランスの旗 ローラン・グロッピ
クラージュ-オレカ・LC70-ジャッド LMP1 357 8位 8位
2010年 フランスの旗 チーム・オレカ-マットムート フランスの旗 オリビエ・パニス
フランスの旗 ニコラ・ラピエール
プジョー・908 HDi FAP LMP1 373 DNF DNF
2011年 フランスの旗 チーム・オレカ-マットムート フランスの旗 オリビエ・パニス
フランスの旗 ニコラ・ラピエール
プジョー・908 HDi FAP LMP1 339 5位 5位
2012年 ドイツの旗 アウディ・スポーツ・チーム・ヨースト スペインの旗 マルク・ジェネ
フランスの旗 ロマン・デュマ
アウディ・R18 ウルトラ LMP1 366 5位 5位
2013年 ドイツの旗 アウディ・スポーツ・チーム・ヨースト イギリスの旗 アラン・マクニッシュ
デンマークの旗 トム・クリステンセン
アウディ・R18 e-tron クワトロ LMP1 348 1位 1位
2015年 ドイツの旗 アウディ・スポーツ・チーム・ヨースト ブラジルの旗 ルーカス・ディ・グラッシ
イギリスの旗 オリバー・ジャービス
アウディ・R18 e-tron クワトロ LMP1 392 4位 4位
2016年 ドイツの旗 アウディ・スポーツ・チーム・ヨースト ブラジルの旗 ルーカス・ディ・グラッシ
イギリスの旗 オリバー・ジャービス
アウディ・R18 LMP1 372 3位 3位
タイトル
先代:
マルセル・フェスラー
アンドレ・ロッテラー
ブノワ・トレルイエ
ル・マン24時間優勝者
2013 with:
トム・クリステンセン
アラン・マクニッシュ
次代:
アンドレ・ロッテラー
マルセル・フェスラー
ブノワ・トレルイエ

外部リンク[編集]