宮田莉朋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
宮田 莉朋
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1999-08-10) 1999年8月10日(22歳)
出身地 神奈川県逗子市
スーパーフォーミュラ(SF)およびSUPER GTでの経歴
デビュー 2020(SF)
2018(SUPER GT)
所属 Kuo VANTELIN TEAM TOM'S(SF)
TGR TEAM WedsSport BANDOH(SUPER GT)
車番 37(SF)
36(SUPER GT)
過去所属 LM corsa,LEXUS TEAM au TOM'S(SUPER GT)
出走回数 9(SF)
31(SUPER GT)
優勝回数 1(SUPER GT,GT300)
ポールポジション 2(SUPER GT,GT500)
過去参加シリーズ
2015-2017
2017-2019
2020
FIA-F4選手権
全日本F3選手権
全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権
選手権タイトル
2020 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権

宮田 莉朋(みやた りとも、1999年8月10日 - )は、神奈川県逗子市出身のレーシングドライバー

人物[編集]

身長171cm、体重63kg。横浜高校卒。名前の由来はフィアット・リトモで、車好きの両親がつけた。

幼児期に発達障害(自閉症)と診断され、幼稚園や小学校になじめなかったが、両親に勧められたモータースポーツに打ち込むことで症状が落ち着いていた過去がある[1]

遠征先には常にゲーミングPCを持ち込むなど、ゲーマーとしても知られている[2]

経歴[編集]

2004年よりレーシングカートを始め、数々のタイトルを獲得した。

2012年より、高木虎之介が監督を務めるTAKAGI PLANNINGに所属し、地方カート選手権に参戦しシリーズ2位となる。

2013年、同チームより全日本KF2クラスでシリーズ2位、そして2014年、KF1クラスでシリーズチャンピオンとなる。

同年、レーシングサービス芹沢(RSS)より若手ドライバー育成プロジェクトであるRSSスカラシップドライバーとなる。

2015年、マスダレーシングプロジェクトに所属し、全日本カート選手権KFクラスシリーズ3位。

同年9月にはFIA-F4選手権にデビューし、デビューレースで予選9位、決勝4位となる。

2016年、FIA-F4は、FTRSスカラシップF4、全日本カート選手権は、Exprit Takagi Racingよりエントリー。 

同年5月3日、FIA-F4第3戦の予選にてトップタイムを記録。16歳ドライバーとして初のポールポジション獲得(2016年5月時点大会記録)。

同年8月6日、富士スピードウェイで開催されたFIA-F4第5戦。ポールポジションからスタートし優勝。16歳11か月での、シリーズ最年少優勝記録を更新(2016年8月時点大会記録)

同年10月23日、鈴鹿サーキット南コースで開催された全日本カート選手戦最終戦で2位入賞し2016年シリーズチャンピオンとなる。海外各国は、KFクラスからOKクラスへ移行していたため、世界で最後に開催されたKFクラスのレースであり、また最後のチャンピオンドライバーとなった。

2016年FIA-F4選手権シリーズチャピオンとなり、全日本カート及びFIA-F4のダブルタイトルを獲得した。

2017年も、FIA-F4選手権シリーズチャピオンとなり、2年連続シリーズタイトルを獲得した。

レース戦歴[編集]

  • 2008年 - 東日本ジュニアコマー60エキスパートクラス(シリーズ3位)
  • 2009年 - 東日本ジュニア カデットクラス(シリーズチャンピオン
  • 2010年 - NTCカップ Sクラス(シリーズ2位)
  • 2011年
    • NTCカップ ジュニアMAXクラス(シリーズチャンピオン
    • ハルナカップ ジュニアMAXクラス(シリーズ2位)
  • 2012年 - 地方カート選手権 FS125(シリーズ2位)
  • 2013年 - 全日本カート選手権 KF2クラス(シリーズ2位)
  • 2014年 - 全日本カート選手権 KFクラス(シリーズチャンピオン
  • 2015年
    • 全日本カート選手権 KFクラス(シリーズ3位)
    • FIA-F4選手権(シリーズ15位)
  • 2016年
    • 全日本カート選手権 KFクラス(シリーズチャンピオン
    • FIA-F4選手権(シリーズチャンピオン)
  • 2017年
    • 全日本フォーミュラ3選手権(シリーズ4位)
    • FIA-F4選手権(シリーズチャンピオン)
  • 2018年[3]
    • 全日本フォーミュラ3選手権(シリーズ2位)
    • SUPER GT GT300クラス(シリーズ15位)
  • 2019年[3]
    • 全日本フォーミュラ3選手権(シリーズ2位)
    • SUPER GT GT300クラス(シリーズ12位)
    • SUPER GT GT500クラス(第2戦スポット参戦)
  • 2020年[3]
    • 全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権(シリーズチャンピオン)
    • スーパーフォーミュラ(第2,4戦スポット参戦)
    • SUPER GT GT500クラス
  • 2021年
    • スーパーフォーミュラ
    • SUPER GT GT500クラス

全日本フォーミュラ3選手権/全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権[編集]

チーム エンジン クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 順位 ポイント
2017年 カローラ中京 Kuo TEAM TOM'S TOYOTA TOM'S TAZ31 OKA1
3
OKA2
3
OKA3
3
SUZ1
DNS
SUZ2
DNS
FSW1
5
FSW2
3
OKA1
2
OKA2
2
SUZ1
2
SUZ2
4
FSW1
6
FSW2
5
TRM1
4
TRM2
8
TRM3
4
AUT1
4
AUT2
2
SUG1
2
SUG2
3
4位 79
2018年 SUZ1
2
SUZ2
2
SUG1
2
SUG2
2
FSW1
9
FSW2
1
OKA1
1
OKA2
2
OKA3
C
TRM1
2
TRM2
2
TRM3
2
OKA1
5
OKA2
3
OKA3
C
SUG1
2
SUG2
2
SUG3
4
SUG4
2
FSW1
6
FSW2
3
2位 117
2019年 SUZ1
2
SUZ2
1
AUT1
7
AUT2
8
AUT3
6
OKA1
3
OKA2
1
OKA3
3
SUG1
1
SUG2
DSQ
FSW1
DSQ
FSW2
3
SUG1
1
SUG2
3
SUG3
1
TRM1
2
TRM2
1
TRM3
2
OKA1
1
OKA2
1
2位 142
2020年 TRM1
1
TRM2
1
TRM3
1
OKA1
1
OKA2
2
SUG1
1
SUG2
2
SUG3
1
AUT1
1
AUT2
3
AUT3
1
SUZ1
1
SUZ2
Ret
SUZ3
1
FSW1
1
FSW2
3
FSW3
1
1位 153

SUPER GT[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
2018年 LM corsa レクサス・RC F GT3 GT300 OKA
17
FSW
7
SUZ
5
CHA
3
FSW
Ret
SUG
9
AUT
12
TRM
24
15位 23
2019年 GT300 OKA
7
SUZ
10
CHA
15
FSW
22
AUT
1
SUG
19
TRM
9
12位 25
LEXUS TEAM au TOM'S レクサス・LC500 GT500 FSW
Ret
NC 0
2020年 TGR TEAM WedsSport BANDOH トヨタ・スープラ GT500 FSW
9
FSW
15
SUZ
10
TRM
Ret
FSW
7
SUZ
9
TRM
11
FSW
10
17位 10
2021年 GT500 OKA
12
FSW
7
SUZ TRM SUG AUT TRM FSW 11位 5

スーパーフォーミュラ[編集]

チーム シャシー エンジン 1 2 3 4 5 6 7 順位 ポイント
2020年 VANTELIN TEAM TOM'S ダラーラ・SF19 トヨタ TRM OKA
9
SUG AUT
8
SUZ SUZ FSW 17位 7
2021年 Kuo VANTELIN TEAM TOM'S FSW
7
SUZ
6
AUT
4
SUG
7
TRM
8
TRM
9
SUZ
14
10位 22

(key)

脚注[編集]

  1. ^ 宮田莉朋公式ウェブサイト | Profile”. 2016年4月5日閲覧。
  2. ^ 目白黒 (2018年9月14日). “F3レーサーでゲーマー! 宮田莉朋選手に「F1 2018」の魅力を聞く”. GAME Watch. https://game.watch.impress.co.jp/docs/interview/1142554.html 2020年11月23日閲覧。 
  3. ^ a b c 宮田莉朋|2020年|ドライバー情報”. TOYOTA GAZOO racing. 2020年11月23日閲覧。

外部リンク[編集]