小河等

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

小河 等(おがわ ひとし、1956年2月15日 - 1992年5月24日)は、日本レーシングドライバーである。愛知県岡崎市出身。

来歴[編集]

ハヤシレーシングのメカニックを経て、1979年鈴鹿シルバーカップFL500でレースデビュー。1981年から全日本F3選手権に2年間参戦し、1983年に全日本F2選手権にステップアップしたが、チームの実力不足により2年間参戦するに止まり、再度全日本F3選手権に参戦した。

1987年に全日本F3選手権で最終戦までロス・チーバーとチャンピオン争いをするも、惜しくもチャンピオンを逃しランキング2位。1988年も引き続き同選手権に参加するが、ワークス系メーカーに破れランキング4位で終わる。また、この年は全日本F3000選手権レイトンハウスからスポット参戦したが、目立った成績を残せず解雇された。しかし、出走したレースはすべて完走を果たすなど、持ち味は確実に発揮されており、翌年活かされることになる。

翌1989年は全日本F3000選手権にステラインターナショナルからフル参戦。シーズン開幕前は注目されなかったが、開幕戦で2位に入り、その後も2位-4位-4位-リタイア-2位と抜群の安定感を発揮。9月の鈴鹿でついにポール・トゥ・ウインを達成し、ポイントランキングのトップに立った。最終戦の鈴鹿ではレース早々にマシントラブルでリタイアに終わるも、ライバルのロス・チーバーが最終ラップで中子修(小河の大親友)と接触しリタイア。シリーズチャンピオンを獲得した。

また当時グループCカーで争われていたル・マン24時間レース全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)ではトヨタワークスドライバーを務めた。全日本F3000選手権タイトル獲得によりシーズンオフにはロータスミナルディなど一部のF1チームからスポンサー持込条件でF1参戦のオファーもあった。しかし、資金面の問題から断念した。

翌年も引き続き全日本F3000選手権に参戦したが、星野一義と大差のランキング2位に終わり、1991年はランキング5位に終わった。

1992年はトヨタがスポーツカー世界選手権(SWC)へのフル参戦を開始したことに伴い、SWCに参戦するトヨタ・TS010のドライバーに起用され、モンツァ・サーキットで行われた開幕戦で優勝した。この優勝は、日本人として、初めてのSWCでの優勝だった。しかし同シリーズの第2戦が中止になった事で、急遽帰国し全日本F3000選手権第4戦鈴鹿GPにスポット参戦することになった。結果的にこれが小河の人生最後のレースとなってしまった。

5月24日、鈴鹿サーキットで行われた同レースは27周目、4番手争いをしていたアンドリュー・ギルバート=スコットと小河は0.165秒差でコントロールラインを通過した。直後の1コーナーで小河はスコットを追い抜きにかかった。インにフェイントをかけたあとアウトにラインを変えた瞬間、2台は接触。小河のマシンはスコットのギアボックスに乗り上げ、絡み合ったままコントロールを失って1コーナーでコースアウトした。小河のマシンは波状に設置されたサンドトラップをジャンプ台のようにして飛び上がり、コースサイドのタイヤバリアを飛び越えてディブリーフェンスの支柱に真正面から激突した。小河は頸椎に深刻なダメージと右足下複雑骨折を負い、鈴鹿市内の村瀬病院へ搬送されたが、事故から約2時間30分後の16時59分に脳幹損傷により死亡した。享年36歳。また、この事故でビデオカメラマンの桜井一英がカメラマン台より外へ飛ばされ全身打撲の重体、中勢病院へ収容され治療を行ったがその後死亡している。

同年6月に開催された「小河が出場するはずだった」ル・マン24時間レース決勝で、トヨタ・TS010はプジョー・905との死闘の末2位を獲得、優勝こそ果たせなかったものの、関谷正徳は亡き盟友である小河の遺影を表彰台で高く掲げた。またトムスは小河のつけていたカーナンバー「36」をチームの永久象徴ナンバーとして、以後のレースでも永らく用いるようになった。

人物[編集]

  • モータースポーツ関係者からは「最も安全な走りをするドライバー」、「和製プロスト」(または「和製ブーツェン」)と評価されていた。
  • 1989年の全日本F3000選手権のように1位にはならずとも着実に2位を確保することでシリーズチャンピオンに輝くことから「史上最強の2位」と呼ばれることもあった。
  • 星野は1990年のインタビューで「最終的には、小河(等)ちゃんのあのアクセルワークだよ。あの冷静さ、あのハンドリング」と小河のドライビングスタイルについてこれ以上ない評価をしている。[1]また「僕のあとは小河クンしかいないよ」とも語っていたという。[2]
  • 関谷は小河について「ムチャクチャ頭のいいドライバーだったよね。まず、応用力があったし、能ある鷹は爪を隠すことも知っていた。知識とそれを応用するだけの能力を持っていたよね」と語っている。[3]
  • 人望が厚く、追跡LIVE! Sports ウォッチャー舘信秀は「一言で良いやつ。人のせいにしない、人の悪口を言わない」「今でも彼のことを語ると涙が出そうになる」と語り、小河の死を看取った後小河の妻・雅子に「大怪我をした」と電話で嘘をついた話をする途中、涙で喋れなくなるシーンがあった。また関谷正徳も目を潤ませながら小河の話をしていた。
  • 妻の雅子はわずか3年間という短い期間の結婚生活であったが、等を今でも大切に思っている。雅子は等の使っていた一台のフォーミュラカーを買い取り、等の故郷愛知県岡崎市のガレージに、トロフィーや遺品などと共に大切に保管し、時々磨いている。その理由について「私しかできないことだと思ったから」「愛しているから」「等は私の神なんです」と語った。
  • 死亡事故当時1歳1ヶ月だった息子の小河諒も父の後を継いでレーシングドライバーとなっていて、2013年と2014年にポルシェ・カレラカップ、2015年には全日本F3・Nクラスでシリーズチャンピオンを獲得するなどの成長を見せている。

レース戦績[編集]

  • 1987年 全日本F3選手権シリーズ 2位 2勝、2PPを記録
  • 1988年 全日本F3選手権シリーズ 4位 1勝、1FLを記録
  • 1989年 全日本F3000選手権シリーズチャンピオン 1勝、3PP、1FLを記録
  • 1990年 全日本F3000選手権シリーズ 2位 入賞7回(最高位 2位)を記録
  • 1991年 全日本F3000選手権シリーズ 5位 入賞6回(最高位 2位)を記録
  • 1992年 全日本F3000選手権にスポット参戦 シリーズ16位 入賞1回(5位)を記録

全日本F3000選手権[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1988年 LEYTON HOUSE RACING TEAM SUZ FSW MIN SUZ
12
SUG
12
FSW
11
SUZ
11
SUZ
8
NC 0
1989年 オートビューレックモータースポーツ SUZ
2
FSW
2
MIN
4
SUZ
4
SUG
Ret
FSW
2
SUZ
1
SUZ
Ret
1位 33
1990年 ステラインターナショナル SUZ
11
FSW
2
MIN
2
SUZ
Ret
SUG
4
FSW
6
FSW
12
SUZ
2
FSW
2
SUZ
2
2位 34
1991年 SUZ
2
AUT
6
FSW
3
MIN
Ret
SUZ
2
SUG
17
FSW
12
SUZ
5
FSW
C
SUZ
6
FSW
Ret
5位 20
1992年 株式会社セルモ SUZ FSW MIN SUZ
5
AUT SUG FSW FSW SUZ FSW FSW 16位 2

スポーツカー世界選手権[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 順位 ポイント
1992年 トヨタ チーム・トムス トヨタ・TS010 C1 MON
1
SIL
LMN
DON
SUZ
MAG
11位 20

その他[編集]

1989年11月4、5日開催の全日本F3000最終戦・鈴鹿で小河はトップ走行中の24周目にリヤサスペンションの折損によりリタイヤしているが、ローラのスタッフは折損の原因は小河がマシンの限界を超えて速く走り過ぎたため、としている。1989年に小河のマシンのメンテナンスを担当していたセルモの佐藤正幸も「瞬間的に考えられないほどのストレスが集中する」ことでマシンが壊れる可能性はあるとしている。[4]小河は9月22、24日開催の第7戦・鈴鹿で1:49.106のコースレコードでポールポジションを獲得しているが、最終戦・鈴鹿では1:46.999という2秒以上速いタイムで再びレコードを更新していた。この1:46.999というタイムは1988年のF1日本グランプリで予選22位に相当するタイムだった。

脚注[編集]

  1. ^ Racing On」 No.86、p.90、武集書房、1990年。
  2. ^ 「Racing On」 No.100、p.54、武集書房、1991年。
  3. ^ CAR GRAPHIC」 No.449、p.280、二玄社、1998年。
  4. ^ 「Racing On」 No.065、p.68、武集書房、1990年。

関連項目[編集]