パオロ・バリッラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
パオロ・バリッラ
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
出身地 同・ミラノ
生年月日 (1961-04-20) 1961年4月20日(56歳)
F1での経歴
活動時期 1989 - 1990
所属チーム ミナルディ
出走回数 9
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1989年日本GP
初勝利
最終勝利
最終戦 1990年ベルギーGP
テンプレートを表示

パオロ・バリッラPaolo Barilla1961年4月20日 - )はイタリア生まれの元F1ドライバー、実業家。2008年現在、バリッラ・ホールディングの副社長を始め、イタリアの食品会社バリッラグループ各社の役員を務めている[1]

プロフィール[ソースを編集]

F1以前[ソースを編集]

1975年にレーシングカートでレースデビューし、1976年にはイタリアの100ccカートチャンピオンになる。1980年にフォーミュラ・フィアット・アバルトにステップアップし、1981年にはイタリアフォーミュラ3選手権にステップアップし年間3位となる。

1982年にはその後F1で走ることになるミナルディからフォーミュラ2にステップアップし、1983年から1988年までは耐久レースにも参戦し、1985年のル・マン24時間レースで優勝した。1987年から1989年には全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)に参戦した。

1989年には中嶋企画から全日本F3000選手権に参戦し、ランキング11位(最高位2位)を獲得するなど、日本のレース界との関わりも少なくない[2]。1989年はブリヂストン無限F1エンジンのテストドライバーもこなした[3]

F1[ソースを編集]

1989年の日本GPにおいてミナルディからF1デビュー。翌1990年もミナルディからF1に参戦するが、14戦エントリーして予選通過が8戦と成績はあまり振るわなかった。1990年のアメリカGPでは、体調不良を理由にリタイヤを喫している。

バリッラ社の御曹司でありながら、直接的な支援を受けず、スポンサーはあくまでも自前で用意していた(ネームバリュー含め、間接的にはあったかもしれないが)。そのため、黒一色のデザインのヘルメットにはあまり大きなステッカーがつかず、地味さにより一層の拍車がかかっていた。

F1後[ソースを編集]

現在はバリッラの副社長業の傍らドライバー活動も散発的ながら継続しており、2004年にはパリ・ダカールラリーメルセデスのトラックを駆って出場している。

レース戦績[ソースを編集]

F1[ソースを編集]

チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1989年 ミナルディ M189 BRA SMR MON MEX USA CAN FRA GBR GER HUN BEL ITA POR ESP JPN
Ret
AUS NC 0
1990年 M189B USA
Ret
BRA
Ret
NC 0
M190 SMR
11
MON
Ret
CAN
DNQ
MEX
14
FRA
DNQ
GBR
12
GER
DNQ
HUN
15
BEL
Ret
ITA
DNQ
POR
DNQ
ESP
DNQ
JPN AUS

全日本F3000選手権[ソースを編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 順位 ポイント
1989年 NAKAJIMA PLANNING SUZ
8
FSW
Ret
NIS
2
SUZ
Ret
SUG
Ret
FSW
Ret
SUZ
10
SUZ
Ret
11位 6

脚注[ソースを編集]

  1. ^ Annual report 2008 (PDF)”. Barilla Holding S.p.A. (2009年4月10日). 2009年9月11日閲覧。
  2. ^ Sports Graphic Numberの特集記事“F1日本GPプレビュー”のインタビューでは、「鈴鹿にあるホテルのレストランで網焼ステーキを食べるのが楽しみ。すごく美味しいんだから」と語っている。
  3. ^ http://ms.bridgestone.co.jp/history/html_file/history-034.htm

関連項目[ソースを編集]

先代:
アンリ・ペスカロロ
クラウス・ルドヴィク
ル・マン24時間優勝者
1985 with:
クラウス・ルドヴィク
ジョン・ウィンター
次代:
デレック・ベル
ハンス=ヨアヒム・スタック
アル・ホルバート