ジェフ・リース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジェフ・リース
基本情報
国籍 イギリスの旗 イギリス
(イングランドの旗 イングランド)
出身地 同・ウォリックシャー州
キングズベリー
生年月日 1951年5月1日(65歳)
F1での経歴
活動時期 1978-1980,1982
所属チーム '78,'80 エンサイン
'79 ティレル
'80 シャドウ
'80 ウィリアムズ
'82 セオドール
'82 ロータス
出走回数 5
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1978年イギリスGP
最終戦 1982年フランスGP
テンプレートを表示

ジェフ・リースGeoff Lees, 1951年5月1日 - )は、イギリスの元レーシングドライバーイングランド出身。

F1世界選手権やF2ヨーロッパ選手権などに参戦した後、1980年代半ば以降は日本に活躍の場を移した。全日本F2選手権全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)等で活躍。

略歴[編集]

1971年にイギリスのフォーミュラ・フォード1600に参戦してレースデビュー。

1976年にイギリスF3にステップアップ。

1978年のイギリスグランプリエンサインのマシンに乗り、F1に初めてエントリーしたが、予選不通過に終わった。

1979年のドイツグランプリティレルのマシンに乗りF1に出場し、予選16位・決勝7位となる(これが公式なF1デビュー)。

1980年にはシャドウやエンサイン、ウィリアムズといったチームからF1にスポット参戦を繰り返すが、計8戦中予選通過はわずか2回のみという成績に終わる。

1981年はF2にステップダウンし、ラルトに加入[1]。リースは同年のヨーロッパF2選手権でシリーズチャンピオンを獲得した。

1982年にはセオドールロータスからF1にスポット参戦するが、かろうじて予選を通過するのが精一杯で、結局同年を最後にF1からは撤退を余儀なくされた。

1983年に生沢徹が監督を務めるi&iレーシングの招きに応じて来日し、全日本F2選手権にフル参戦。来日初年度に全日本F2のシリーズチャンピオンを獲得した[2]

以後は日本に活動拠点を移し、全日本F2やJSPC、富士グランチャンピオンレース(富士GC)などに参戦。

1989年に富士GCの最後のシリーズチャンピオンに輝いたほか、全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)ではトヨタのワークスドライバーとして活躍した。

1992年にはJSPCの最後のシリーズチャンピオンになった。

エピソード[編集]

  • トヨタ・スープラ(3代目・A70後期型)のTVCMにドライバーとして出演、水を張ったテストコース上で華麗なドライビングを披露している。その幻想的とも言える映像は大のクルマ好きである喜多郎を感激させ、自身初となるオリジナルCM楽曲製作を快諾させるほどの出来栄えだったが、リース本人は「レーシングドライバーに、わざとスピンなんかさせるんじゃない!」と、かなり怒っていたという。

レース戦績[編集]

F1[編集]

チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1978年 エンサイン/マリオ・デリオッティ・レーシング N175 ARG BRA RSA USW MON BEL ESP SWE FRA GBR
DNQ
GER AUT NED ITA USA CAN NC
(44位)
0
1979年 ティレル 009 ARG BRA RSA USW ESP BEL MON FRA GBR GER
7
AUT NED ITA CAN USA NC
(25位)
0
1980年 シャドウ DN11 ARG BRA RSA
13
USW
DNQ
NC
(28位)
0
DN12 BEL
DNQ
MON
DNQ
FRA
DNQ
GBR GER AUT
ユニパート (エンサイン) N180 NED
Ret
ITA
DNQ
CAN
ウィリアムズセオドール FW07B USA
DNQ
1982年 セオドール TY02 RSA BRA USW SMR BEL MON DET CAN
Ret
NED GBR NC
(34位)
0
ロータス 91 FRA
12
GER AUT SUI ITA CPL

(key)

全日本F2選手権,全日本F3000選手権[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1981年  ? SUZ SUZ SUZ SUZ SUZ
4
12位 10
1982年  ? SUZ FSW SUZ
9
SUZ
4
SUZ SUZ 10位 12
1983年 チーム・イクザワ SUZ
6
FSW
4
MIN
1
SUZ
7
SUZ
1
FSW
1
SUZ
5
SUZ
1
1位 93 (103)
1984年 ADVAN SPORTS SPEED BOX MOTOR SPORTS SUZ
Ret
FSW
Ret
MIN
Ret
SUZ
12
SUZ
8
FSW
4
SUZ
4
SUZ
6
9位 29
1985年 SUZ
Ret
FSW
Ret
MIN
3
SUZ
11
SUZ
6
FSW
Ret
SUZ
3
SUZ
3
6位 42
1986年 ムーンクラフト SUZ
Ret
FSW
1
MIN
3
SUZ
3
SUZ
4
FSW
4
SUZ
10
SUZ
2
3位 80(79)
1987年 Marlboro Team NOVA SUZ
10
FSW
1
MIN
5
SUZ
2
SUZ
3
SUG
2
FSW
12
SUZ
3
SUZ
Ret
3位 83
1988年 伊太利屋スポーツチーム・ルマン SUZ
4
FSW
13
MIN
4
SUZ
Ret
SUG
1
FSW
Ret
SUZ
Ret
SUZ
Ret
5位 15
1989年 伊太利屋 NIKKEI Team Le Mans SUZ
4
FSW
14
MIN
Ret
SUZ
15
SUG
5
FSW
Ret
SUZ
13
SUZ
Ret
13位 5
1990年 TEAM HAYASHI SUZ FSW MIN SUZ SUG FSW FUJ SUZ FSW SUZ
Ret
NC 0
1991年 SUZ
14
AUT
18
FSW
13
MIN
11
SUZ
6
SUG
Ret
FSW
DNQ
SUZ
8
FSW
C
SUZ
DNQ
FSW
Ret
22位 1

脚注[編集]

  1. ^ ラルトのマシンには、'80年からF2へのエンジン供給を再開したホンダのワークスエンジンが搭載されていた。
  2. ^ 前年チャンピオンの中嶋悟が新チーム・ハラダレーシングの不十分な体制に苦しんだことも要因という意見がある。なお当時の全日本F2では生沢徹のチームと中嶋悟のチームにのみ、ホンダF2エンジンが供給されていた。

関連項目[編集]