プジョー・905

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プジョー・905
プジョー・905(1990年)
プジョー・905(1990年)
カテゴリー グループC
コンストラクター プジョー
デザイナー アンドレ・デ・コルタンツ
主要諸元
シャシー カーボン モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン
全長 4,800 mm
全幅 1,960 mm
全高 1,080 mm
トレッド 前:1,630 mm / 後:1,550 mm
ホイールベース 2,800 mm
エンジン プジョー 3,499 cc 80度 V10 NA ミッドシップ
トランスミッション プジョー 6速
燃料 エッソ
タイヤ ミシュラン
主要成績
チーム フランスの旗 プジョー・タルボ・スポール
ドライバー フィンランドの旗 ケケ・ロズベルグ
フランスの旗 ジャン=ピエール・ジャブイーユ
イタリアの旗 マウロ・バルディ
フランスの旗 フィリップ・アリオー
フランスの旗 ヤニック・ダルマス
フランスの旗 ピエール=アンリ・ラファネル
イギリスの旗 デレック・ワーウィック
イギリスの旗 マーク・ブランデル
オーストリアの旗 カール・ヴェンドリンガー
フランスの旗 アラン・フェルテ
ベルギーの旗 エリック・ヴァン・デ・ポール
フランスの旗 クリストフ・ブシュー
フランスの旗 エリック・エラリー
ベルギーの旗 ティエリー・ブーツェン
イタリアの旗 テオ・ファビ
オーストラリアの旗 ジェフ・ブラバム
出走時期 1990 - 1993年
コンストラクターズ
タイトル
1
ドライバーズタイトル 1
表彰台(3位以内)回数 18
初戦 1990年モントリオール480km
初勝利 1991年鈴鹿430km
最終戦 1993年ル・マン24時間
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
17 9 9 7
テンプレートを表示

プジョー・9051991年スポーツカー世界選手権(SWC)参戦用にプジョーが製作したプロトタイプレーシングカーである。

マシン概要[編集]

905はプジョー初のグループCマシンであり、1991年より本格導入されるカテゴリー1(3.5リットル自然吸気エンジン、最低車重750kg、使用燃料総量規制なし)規定で製作された。

カーボンファイバー (CFRP) 製のシャーシは、ほぼF1化されている。モノコックにはノーズコーンが存在し、コックピットのサイドシルをドライバーの肩付近まで上げたためドアがなく、ドライバーはガルウィング式に開く側窓からコックピットに乗り込む。製造は航空機メーカーのダッソー

エンジンは自然吸気3.5リットルの80度V型10気筒。内径φ91mm×行程53.8mmのショートストロークタイプ。

トランスミッションは縦置き6段。サスペンションダブルウィッシュボーン

ラジエーターはコックピットの両側にあり、フロントカウルからダクトを通して吸気している。

1991年シーズン用に各部軽量化、エンジン及びギアボックスの改良、パワーステアリングの装備などが行われた。

歴史[編集]

ジャン・トッド監督率いるプジョー・タルボ・スポールは、パリ・ダカールラリーで1987年から1990年まで4連覇を遂げたのち、1990年にスポーツカー選手権への参戦を発表した。オフロードからスポーツカーレースへの転進という興味に加えて、元F1チャンピオンのケケ・ロズベルグがドライバー陣営に加わるという話題性もあった。

デザイン担当はアンドレ・デ・コルタンツ

1990年は世界スポーツプロトタイプカー選手権(WSPC)の終盤2戦に参戦。デビュー戦の第8戦モントリオールではリタイヤ。2戦目となる第9戦メキシコでは13位で完走した。

翌1991年から本格フル参戦し、SWC開幕戦の鈴鹿で早くも優勝を遂げた。しかし同レースでデビューしたジャガー・XJR-14の「屋根付き・カウル付きの2座席F1」と言うコンセプトの前では、勝利は困難と判断したトッド監督が、全面改良とも言えるエボリューションモデルの開発を決意。従来モデルは第4戦ル・マン24時間レースが最後になった。

初出場となったル・マンではあえて軽量のスプリントモデルで出場し、予選でフロントロウを独占[注釈 1]。決勝では序盤のレースをリードしたが、1台がピットで炎上、もう1台はコース中でストップし、2台とも6時間も持たずリタイヤに終わった。ライバルであるメルセデスとジャガーは実績のあるカテゴリー2(ル・マン仕様)のマシンを投入し、メルセデス・ベンツ・C11は1台が5位完走、ジャガー・XJR-12は3台が2位から4位までに入った。

エボリューションモデルは第5戦ニュルブルクリンクでデビューする。第6戦マニクールで早くもポール・トゥ・ウィン(1-2フィニッシュ)と結果を残し、第7戦メキシコシティでも同じく1-2フィニッシュと、完全にトップコンテンダーに熟成された。

SWCチャンピオン獲得、並びにル・マン制覇を目指して挑んだ1992年シーズンは、開幕戦モンツァこそトヨタに優勝をさらわれるも、その後の5戦はル・マン24時間レースを含め全てのレースを制し、フル参戦2年目で早くもSWCチャンピオンを獲得した。最終戦マニクールでは空力面を大幅に刷新した「史上最も醜いCカー」と評価されるエボリューション2も予選に投入されるが、マシンの速度と信頼性に掛けたため、結局決勝には出走しなかった。SWCはこの年限りで終了となる。

1993年のレース出場はル・マン24時間レースのみ。トヨタ・TS010との一騎討ちになったが、終ってみれば1-2-3フィニッシュの完勝。このレースを持ってプジョー905、並びにプジョー・タルボ・スポールの活動は終了した。この後トッド監督はスクーデリア・フェラーリに移籍した。

バリエーション[編集]

905エボリューション1[編集]

1991年の第5戦ニュルブルクリンクから使用されたモデルで、905からの違いは、新設計のフロント・サスペンション、フロントウィングの追加、リアウィングの大型化、リアタイヤのスパッツの撤去、ラジエーターへの吸気方法の変更、ヘッドライトのコックピット前への移設、エンジンの改良など。

1992年シーズンに向けて、各部軽量化、エンジンの排気方法の変更(マシン側面からディフューザー部分へ排気する方式)などが行われた。最終戦マニ・クールでトラクションコントロールシステムを導入。

プジョー・905 エボリューション1C

905エボリューション1C[編集]

1993年のル・マン24時間レースに登場。トランスミッションが横置き6段化された。

905エボリューション2[編集]

プジョー・905 エボリューション2

1992年の最終戦マニクールの予選に登場。モノコックは新設計。空力面ではフロントをF1のようなハイノーズに成形し、フェンダーとの間の開口部へ積極的に気流を取り入れる形状に改められた。登場時はその奇怪なデザインから「スーパーコプター」の異名を頂戴していた。

トランスミッションはセミオートマチック化された横置き6段。

1992年のシーズン前には第4戦ドニントンから投入予定とされていたが[1]、実際にはドニントン戦前のテストでシェイクダウンが行われた後[2]、ドニントンではマシンが公開されたにとどまった。公開時にはフルオートマを開発中で、実戦投入は鈴鹿以降とアナウンスされた[3]

タイトル獲得後の最終戦マニ・クールで1号車のデレック・ワーウィックヤニック・ダルマス組にエボリューション1とエボリューション2の2台が用意され、どちらをレースで使用するかをドライバーに選択させることになった。予選で実走したところ、エボリューション1よりもタイムが1秒以上も遅く、スピードが明らかに劣っていたため、2人は実績があるエボリューション1を選択し、エボリューション2は決勝レースを走ることなく引退した[4]。またこのレースを最後にグループCカテゴリーの世界選手権が消滅し、またその異様なフロント周辺のデザインから「史上最も醜悪なCカー」「グループCにとどめを刺したマシン」と揶揄される有様だった。

その後エボリューション2はル・マン・サルテサーキットの博物館に収蔵されていたが、2017年現在は展示されておらず姿が無い模様。

注釈[編集]

  1. ^ タイムに関わらずカテゴリー1(SWC仕様マシン)に優先権があった。

出典[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『Racing On』No.117 、p.36。
  2. ^ 『Racing On』No.126、p.36。
  3. ^ 『Racing On』No.127、p.32。
  4. ^ 『Racing On』No.132、p.135。

参考文献[編集]

  • 檜垣和夫 「スポーツカー・プロファイルIII プジョー905」、『カーグラフィック』 No.584、No.586、二玄社、2009、2010年。
  • 熊野学 「徹底メカニズムリサーチ [SWC鈴鹿編]」、『オートスポーツ 』No.583、三栄書房、1991年。
  • 熊野学 「徹底メカニズムリサーチ [SWC編]」、『オートスポーツ』 No.617、三栄書房、1992年。
  • 「テクニカル解説 プジョー905」、『Racing On』No.087、武集書房、1990年。
  • 「PEUGEOT905 REBORN」、『Racing On』No.105、武集書房、1991年。
  • 『Racing On』No.117、武集書房、1992年。
  • 『Racing On』No.126、ニューズ出版、1992年。
  • 『Racing On』No.127、ニューズ出版、1992年。
  • 『Racing On』No.132、ニューズ出版、1992年。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]