プジョー・908

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
プジョー・908
ル・マンのプレテストにおけるプジョー・908、2011年
ル・マンのプレテストにおけるプジョー・908、2011年
カテゴリー ル・マン・プロトタイプ LMP1
コンストラクター プジョー
先代 プジョー・908 HDi FAP
後継 プジョー・908 ハイブリッド4
主要諸元[1]
シャシー カーボンファイバー モノコック
サスペンション(前) ダブルウィッシュボーン, トーションバー ダンパー, アンチロールバー
サスペンション(後) ダブルウィッシュボーン, トーションバー ダンパー, アンチロールバー
トレッド 2,000 mm (79 in)
ホイールベース 2,950 mm (116 in)
エンジン プジョー・HDi 3.7 L (230 cu in) V8 ツインターボ, ミッドシップ, 縦置き
トランスミッション リカルド 6速 シーケンシャル・マニュアル リミテッド・スリップ・デフ
重量 Appr. 900 kg (2,000 lb)
燃料 トタル ディーゼル
タイヤ ミシュラン
主要成績
チーム フランスの旗 プジョー・スポール トタル
ドライバー オーストリアの旗 アレクサンダー・ヴルツ
イギリスの旗 アンソニー・デヴィッドソン
スペインの旗 マルク・ジェネ
ポルトガルの旗 ペドロ・ラミー
フランスの旗 フランク・モンタニー
フランスの旗 ステファン・サラザン
コンストラクターズ
タイトル
1 (2011 ILMC)
初戦 2011年のセブリング12時間レース
出走
回数
優勝
回数
ポール
ポジション
ファステスト
ラップ
7 5 5 3
テンプレートを表示

プジョー・908 (Pugeot 908) は、プジョー・スポールにより2011年ル・マン・プロトタイプ英語版カテゴリー向けに開発されたプロトタイプレーシングカーである。

プジョー初のディーゼルプロトタイプカーであるプジョー・908 HDi FAPの後継車で、エンジンは2011年のル・マンプロトタイプカーのレギュレーションに合わせ、ツインターボで過給される3.7リットルV型8気筒ディーゼルエンジンである。

2011年のル・マン24時間レースに3台体制で参戦し9号車、8号車、7号車の順に2-3-4フィニッシュを果たした。

ル・マンではアウディ・R18 TDIに敗れはしたものの、インターコンチネンタル・ル・マン・カップ(ILMC)やアメリカン・ル・マン・シリーズ(ALMS)などではアウディを上回る速さを見せつけ、2011年のILMCチャンピオンを獲得した。

2011年3月のジュネーブ・モーターショーで公開された908 HYbrid4

当初は2012年もル・マン24時間、そして同年より復活するFIA 世界耐久選手権への参戦が予定されていたものの、2012年1月にプジョー本社が耐久レース活動全般の打ち切りを決定したことに伴い活動を終了した。リチウムイオンバッテリーを搭載するディーゼルハイブリッドカー908 HYbrid4[2]での参戦を計画し、2011年11月にはテスト走行を行っていたが[3]、実戦投入を前にお蔵入りすることになった。

ル・マン24時間レースでの成績[編集]

2011年[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Tech Specs”. peugeot-sport.com. プジョー・スポール. 2011年2月3日閲覧。
  2. ^ "プジョー、ディーゼルハイブリッド『908 HYbrid4』を公開". オートスポーツ.(2011年3月2日)2017年4月11日閲覧。
  3. ^ "プジョー、ハイブリッド搭載の908をテスト". オートスポーツ.(20年10月17日)2013年5月27日閲覧。