スポーツカーレース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
スポーツカーレースの一つであるアメリカン・ル・マン・シリーズ

スポーツカーレースモータースポーツの一形態で「スポーツカー」によるレースを指す。ここでのスポーツカーとは、日本語の「スポーツカー」が指す、基本的には量産される市販車の一形態を指すそれではなく、いわゆるレーシングカーに含まれるうちのプロトタイプレーシングカーツーリングカーを指すと考えてよい。プロトタイプレーシングカーは英語でLe Mans Prototypeと呼ぶが、ル・マン24時間レースで走っているような四輪マシンのレースをスポーツカーレースと呼ぶと捉えても大きな間違いではない。(なお、ここでの「ツーリングカー」も、日本語の「ツーリングカー」とは事実上大幅に違うものである。ツーリングカー#モータースポーツにおける規定を参照)

概要[編集]

スポーツカーは2シーターのマシンで、ホイールをボディが覆っている事が特徴である。プロトタイプカー(プロトタイプレーシングカー)では、助手席はほとんど意味を成さないものが付いているのが普通だが、それでも一応は2シーターであるのが、形態上完全に1シーターであるフォーミュラカーとの違いである。かつてのスポーツカーレースでは、登録可能な公道仕様車をベースとし、登録の実績を必要とするレギュレーションのクラスもあった。そのため、公道仕様を1台だけ作成し、登録するということもあった。

こうしてスポーツカーの中で2極分化が起こり完全なプロトタイプと市販車ベースのツーリングカーの乖離が激しくなっている。当然同じ条件でレースをすればプロトタイプの方が有利であるのは間違いない。現在でも伝統的にこの2つの車を同時に走らせるスポーツカーレースは存在するが(ル・マンなど)、一方でFIAなどはプロトタイプカーによるスーパーカー選手権とツーリングカーの選手権を別々に開催するなど後者をツーリングカーレースとして分類しなおす試みもある。

オープンホイールで1シーターのフォーミュラカーが一般にスプリントレースのみで使用されるのと異なり、スポーツカーはスプリントレースだけでなく、耐久レースにも使用されるのが一般的である。

主なスポーツカーレース[編集]

関連項目[編集]