特殊プロダクションカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

特殊プロダクションカー (とくしゅプロダクションカー、: Voiture de Production Spéciales, : Special Production Car) は、かつてモータースポーツ用に規定されていた競技用自動車の一類型である。量産乗用車の基本設計を基に競技専用に特別製造されていた。量産車の基本輪郭のみ残すも同然の規定であることからシルエットフォーミュラの異名を持つ。日本国内ではスーパーシルエットと呼ばれたこともある。

概要[編集]

国際自動車連盟の国際モータースポーツ競技規則付則J項に1976年から1981年まで規定されていた[1]。 公認生産車のカテゴリーAにグループ5として属しているが、カテゴリーAの公認車両である量産ツーリングカー (グループ1) からグランドツーリングカー (グループ4) を基にしていれば生産台数の要件はない。 市販乗用車の車体をベースとしているが、大幅な改造のうえにエンジン等はレース専用に設計・製作されたものを使用し、「フォーミュラカー」のような純レーシングカーに、市販乗用車のシルエットだけ残るということから「シルエットフォーミュラ」と呼ばれるようになった[2]

歴史[編集]

1976年国際自動車連盟 (以下、FIA) は、それまでスポーツカー (1975年までの試験的競技車カテゴリーBグループ5) で競われていたメイクス世界選手権を、特殊プロダクションカー (以下、シルエットフォーミュラ) で競うことに変更した[3]。 連続24月間内に400台の製造を最低要件とされた市販車のイメージを残すシルエットフォーミュラで、より多くのメーカーの参加を目論んだFIAだったが、意に反しポルシェのワンサイドゲームとなり、決して成功したカテゴリーとはならなかった[4]

メイクス世界選手権は1981年から世界耐久選手権となり、対象車両もかつてのスポーツカーの後継類型といえる二座席レーシングカー (1976年からのレーシングカーカテゴリーBグループ6[注釈 1]) に変更され、翌1982年には競技車両規定が全面改編され、それと同時にシルエットフォーミュラは廃止された[5]

日本におけるシルエットフォーミュラ[編集]

ニチラ シルビア スーパーシルエット S110型S12外装
トミカ スカイラインRSターボ (KDR30)

1979年昭和54年)から富士グランチャンピオンレース(富士GC)のサポートレースとして「富士スーパーシルエットシリーズ」(富士SS)が開始される[6]。当初はTS(特殊ツーリングカー)クラスのマツダ・サバンナRX-3、GTクラスの日産・フェアレディZがそのまま参加したが、その後日産からは710型やPA10型のバイオレットターボが参戦し、トヨタはトムスがシュニッツァーチューンのRA20系セリカLBターボを逆輸入して参戦した。その後日産はS110型シルビアガゼールターボを、トヨタは童夢製作のRA40系セリカターボを投入する。

1982年(昭和57年)には、日産はR30型スカイライン、S110型シルビア、910型ブルーバードを投入[6]。これら「日産ターボ軍団」とBMW・M1の激突で、富士や筑波サーキットで開催されたスーパーシルエット・レースは大いに人気を博した。これがきっかけとなり、この後日産は1984年(昭和59年)にNISMOを設立するなど、本格的なワークス活動を再開することになる。

国際的には1982年(昭和57年)一杯でカテゴリが消滅したため、日本におけるシルエットフォーミュラ(スーパーシルエット)レースも段階的に縮小し、シリーズ戦は1983年(昭和58年)限りで終了[7]WEC-JAPANには特認で「GT-JAPAN」クラスが設けられた)。1984年(昭和59年)には2戦だけが開催され、ここで完全に終焉となった。

1999年平成11年)に全日本ツーリングカー選手権の後継レースとして「SSCC(Super Silhouette Car Championship)」なるレースが企画されたことがあったが(実際にはレースは行われず)、このレースで使われる予定だった「スーパーシルエット」は市販車とは別のパイプフレームシャシを持つなど、むしろストックカーに近く、1980年代のスーパーシルエット(シルエットフォーミュラ)とは全く異なっていた。

玩具等[編集]

日本では1970年代後半から1980年代前半にかけて、当時のスーパーカーブームに乗る形で、田宮模型(現・タミヤ)から多数のシルエットフォーミュラがプラモデル化されたこともあり、当時の年少ファンを中心に人気があった。田宮模型からはポルシェ・935のほか、BMW・320i turbo、ランチア・ストラトスターボ、フォード・カプリ、そして西ドイツのトヨタディーラーがシュニッツァー・モータースポーツにエンジンの製作とチューンを依頼し、ドイツレーシングカー選手権を戦っていたRA20系トヨタ・セリカLBターボがモデル化された。変わったものでは、ランボルギーニ・カウンタックトヨタ・2000GTをそれぞれ架空のシルエットフォーミュラ化した車両が製品化(前者はフジミ模型、後者は青島文化教材社)されており、トヨタ・2000GTは漫画『サーキットの狼』に登場している。

代表的なベース車両[編集]

注釈[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 試験的競技車は1975年をもって廃止されたため、それまでカテゴリーCであったレーシングカーが1976年からカテゴリーBとなった

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ RoA 2019, pp. 8,11,13-15.
  2. ^ RoA 2019, pp. 8,106.
  3. ^ RoA 2019, p. 11-13.
  4. ^ RoA 2019, pp. 13,106.
  5. ^ RoA 2019, p. 15.
  6. ^ a b RoA 2019, p. 86.
  7. ^ RoA 2019, p. 106.

参考文献[編集]