ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社
Nissan Motorsports International CO., LTD.
Nismo logo.svg
種類 株式会社
略称 NISMO(ニスモ)
本社所在地 日本の旗 日本
230-0053
横浜市鶴見区大黒町6-1
設立 1984年9月17日
業種 輸送用機器
事業内容 モータースポーツ用部品、車両の開発、製作及び販売
代表者 代表取締役社長兼最高経営責任者
片桐隆夫(オーテックジャパンとの兼務)
資本金 4億9,480万円
従業員数 167名(2011年3月時点)
主要株主 日産自動車100%
外部リンク http://www.nismo.co.jp/
テンプレートを表示

ニッサン・モータースポーツ・インターナショナル株式会社(英語:Nissan Motorsports International CO.LTD.)は、日産自動車の連結子会社でモータースポーツ向け自動車部品の設計・製造・販売、レースへの参画などを行う会社。通称・愛称はニスモ (NISMO) 。主に日産車をベースに改造を施し販売を行うほか、独自のオーダーにも対処してくれる。1984年に日産のワークス・チームの一つである大森ワークスを母体に設立された。2013年1月をもって本社を東京都品川区から神奈川県横浜市鶴見区(日産横浜工場内)に移転した。

レース活動[編集]

元々日産社内のワークスチームが分社化するかたちで設立されているため、設立当初から積極的にレース活動を行っている。過去にはル・マン24時間レースなどの海外のレースや、国内レースの全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権 (JSPC) 、全日本ツーリングカー選手権 (JTC/JTCC) ・全日本GT選手権 (JGTC) →SUPER GTなどに参戦。数多くのタイトルを獲得している。

全日本ツーリングカー選手権 (JTC/JTCC)[編集]

全日本ラリー選手権[編集]

全日本F3選手権[編集]

ジャパン・スーパースポーツ・セダンレース (JSS)[編集]

ル・マン24時間レース[編集]

全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権 (JSPC)[編集]

スパ・フランコルシャン24時間レース[編集]

デイトナ24時間レース[編集]

全日本GT選手権/SUPER GT (JGTC)[編集]

NISMOロードカー[編集]

マーチ NISMO S

ニスモはレースでの経験・技術を生かした市販車用のパーツ類も製造・販売している。またそれらを利用して車両トータルのチューンアップを施したコンプリートカーも販売している。

2013年からは、親会社である日産との協業で「ニスモ・ブランド拡大戦略」を発表した。これまでの「メーカー直系のサード・パーティ」から「日産本体の正式なサブブランド」として位置づけを変更。ニスモの高性能を日産純正品質で保証したモデルとして開発し、順次各モデルに展開している。販売戦略も、日本国内の強化とともに本格的グローバル展開を図っている。

また2013年6月には、F1ウィリアムズチームの関連会社であるウイリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングとの提携を発表した。2014年より順次日産車ベースの高性能市販車を共同開発・リリースしていくとしている[1]

2017年5月には、コンプリートカーの企画開発を、オーテックジャパンに新設した「ニスモカーズ事業部」に統合。マーケティング機能も備え、国内外のグローバル戦略の拠点となる。

NISMOバーションとしてロードカーを足回りや内外装、マフラー、ホイールのほか、グレードによっては吸排気系、コンピューター、ECMにまで手が加えられ販売されている。オーテックジャパンが一貫して架装を手掛ける。GT-RフェアレディZジュークノートマーチに設定されている。

過去の車種及びチューニング[編集]

NISMOフェスティバル[編集]

毎年一回(11月下旬または12月上旬)、ファン感謝デーとして「NISMOフェスティバル」を開催している(2012年は上述の本社移転作業に伴い、開催中止)。歴代のレーシングカー等が実際に走行するほか、ガレージセール、限定グッズ販売、Zチューニングカーバトル、マーチカップ、歴代レーシングカー全開バトル、歴代NISMOコンプリートカーパレード等が行われている。NISMOフェスティバル2005ではR380R381R382に加え、トヨタ・ニュー7がデモ走行を行い、1960年代の日本グランプリに参加していたプロトタイプレーシングカーが揃い踏みした。NISMOフェスティバル2006では、「幻のマシン」といわれたR383が初めて一般の観客の前に登場し、長谷見昌弘がドライブした。 NISMOフェスティバル2007では、新型日産・GT-Rのテストカーと、スーパー耐久仕様フェアレディZと0‐200加速、ブレーキ制動力対決が行われた、他にも、2008年からSUPER GTに参戦予定のGT-R(GT500仕様)が走行した。

出典[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]