WEC-JAPAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

WEC-JAPAN(だぶりゅいーしーじゃぱん)は、1982年から1988年まで毎年富士スピードウェイで世界耐久選手権(1986年より世界スポーツプロトタイプカー選手権=WSPCと改称)の一戦として開催されていた耐久レース。1989年WSPCが鈴鹿で開催されることになったため消滅した。主催はVICICとスポーツニッポン新聞社の共催。

概要[編集]

1982年、グループC規定が導入されたこの年、1977年F1日本グランプリ以来、5年ぶりとなる世界選手権レースとして開催された。日本国外からはポルシェランチャのワークスチームが来日。日本からは国産初のグループCカーとなるトムス童夢・セリカCが参加した。翌1983年全日本耐久選手権(後のJSPC)がスタートした事もあり、このWEC-JAPANを目標にトヨタ日産が本格的にモータースポーツ活動を再開していくこととなる。

開始初年度の1982年は6時間レースであったが、翌1983年以降は1000kmレースで開催されることとなった。但し1983年は事故、1985年は悪天候でレース距離は短縮された。

日本国産エンジン搭載車・日本人選手による初優勝は、1985年マーチ・85G/日産星野一義、日本国産エンジン搭載車・日本人選手による初のポールポジション獲得は1987年マーチ・86G/日産和田孝夫である。

なお、世界選手権がWECからWSPCへと改称された1986年以降も、イベント名としてWEC-JAPANという呼称は継続された。

歴代優勝車/ドライバー[編集]