萩原光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

萩原 光(はぎわら あきら、1956年7月21日 - 1986年4月7日)は、レーシングドライバー神奈川県小田原市出身。星野一義の弟子。

来歴・人物[編集]

東海大学に在学していた。教育実習で小田原市立城山中学で教鞭を取った。1977年7月に富士1000kmでレースデビュー。1981年、全日本F3選手権シリーズ2位。翌1982年には全日本フォーミュラ・パシフィックに参戦し、同年秋、全日本F2選手権デビュー。1983年から世界耐久選手権(WEC)や全日本ツーリングカー選手権(JTC、1985年から参戦)、全日本耐久選手権(当時)などのレースにて活躍。1986年、ニッサン初参戦となるル・マン24時間レースのドライバーに決定していたが、それを目前にした4月7日にレイトンハウスメルセデス・ベンツ 190E 2.3-16のテスト走行中、スポーツランド菅生(当時)の2コーナーでコースアウトしクラッシュ。マシンは炎上し、そのまま息を引き取った。享年29。ル・マンには代役として鈴木亜久里が参戦した(結果は総合16位ながら完走)。

本来ならば、このテストには参加せず、4月6日に開催された全日本耐久選手権の開幕戦 鈴鹿500kmレース決勝に出走、翌7日は移動日のはずであった。しかし、鈴鹿で乗る予定だったニッサンR86Vがフリー走行中に出火し、参戦が不能となった。ここでスケジュールを変更し、ベンツ190Eのテスト走行のため、急遽菅生に向かったことがこの悲劇につながってしまった。

日本国内でのモーターレースシーンで、当時F1に一番近いドライバーと言われていた。

関連項目[編集]