クリスチャン・ダナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
クリスチャン・ダナー
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
出身地 同・ミュンヘン
生年月日 (1958-04-04) 1958年4月4日(60歳)
F1での経歴
活動時期 1985-1987,1989
所属チーム '85,'87 ザクスピード
'86 オゼッラ
'86 アロウズ
'89 リアル
出走回数 47 (36スタート)
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 4
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1985年ベルギーGP
最終戦 1989年ポルトガルGP
テンプレートを表示

クリスチャン・ダナーChristian Danner, 1958年4月4日 - )は、ドイツの元レーシングドライバーである。

プロフィール[編集]

国際F3000初代チャンピオン[編集]

ダナーは1980年代よりF2に参戦を開始し、1985年には同年よりスタートした国際F3000の初代シリーズチャンピオンを獲得した。

F1[編集]

この1985年シーズンの終盤、スパ1000kmレースのプラクティス中の事故で足を骨折したジョナサン・パーマーに代わりザクスピードよりF1にデビューした。

1986年にはオゼッラと契約し、初めてフルタイムのF1ドライバーとなった。第6戦カナダグランプリではオゼッラだけでなくアロウズもダナーをエントリーしたことで、オゼッラとアロウズの間で契約問題が起こった。ダナーは一度はアロウズのコクピットに座るも、アロウズからのエントリーが遅かったことから、カナダグランプリはオゼッラから出走することとなった[1]。第7戦以降はシーズン最終戦までアロウズからエントリーされ、オーストリアGPで6位に入賞し初のポイントを獲得した。

1987年はザクスピードよりフル参戦を果たしたがポイントを獲得することはできなかった。

1988年にはF1を離れるが、1989年リアルよりF1復帰を果たした。フェニックス市街地コースで開催されたアメリカグランプリで4位入賞を果たしたが、第13戦までに9回の予選不通過となり、第14戦以降はチームを離れた。

F1での予選通過回数は36であるが、1986年イギリスGP1987年ポルトガルGPではスタート直後のクラッシュに巻き込まれ、2度目のスタートに出走できなかった為、どちらもDNS扱いとなっている。

1988年はユーロブルンから参戦する予定であったがダナー自身が背が高い方であった為、参戦を断念した。

また当時、珍しくピアスをしていたことや、非常に端正な顔立ちで人気を博した。

F1引退後[編集]

1990年には全日本F3000選手権レイトンハウスより参戦した。4ポイントを獲得し、ランキングは14位となった。

F1での年度別成績[編集]

所属チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1985年 ザクスピード 841 BRA POR SMR MON CAN DET FRA GBR GER AUT NED ITA BEL
Ret
EUR
Ret
RSA AUS NC
(35位)
0
1986年 オゼッラ FA1F BRA
Ret
ESP
Ret
SMR
Ret
MON
DNQ
BEL
Ret
CAN
Ret
18位 1
アロウズ A8 DET
Ret
FRA
11
GBR
Ret
GER
Ret
AUT
6
ITA
8
POR
11
MEX
9
AUS
Ret
A9 HUN
Ret
1987年 ザクスピード 861 BRA
9
SMR
7
NC
(23位)
0
871 BEL
Ret
MON
EX
DET
8
FRA
Ret
GBR
Ret
GER
Ret
HUN
Ret
AUT
9
ITA
9
POR
Ret
ESP
Ret
MEX
Ret
JPN
Ret
AUS
7
1989年 リアル ARC2 BRA
14
SMR
DNQ
MON
DNQ
MEX
12
USA
4
CAN
8
FRA
DNQ
GBR
DNQ
GER
DNQ
HUN
DNQ
BEL
DNQ
ITA
DNQ
POR
DNQ
ESP JPN AUS 21位 3

(key)

脚注[編集]

  1. ^ 「Autocourse 1986-1987」Hamilton, Maurice (Editor) Hazleton Publishing, 1986, ISBN 0-905138-44-9