フォルカー・ヴァイドラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フォルカー・ヴァイドラー
基本情報
国籍 ドイツの旗 ドイツ
出身地 同・ハイデルベルク州ハイデルベルク
生年月日 (1962-03-18) 1962年3月18日(54歳)
F1での経歴
活動時期 1989
所属チーム リアル
出走回数 0
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 -
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 -
テンプレートを表示

フォルカー・ヴァイドラーVolker Weidler1962年3月18日 - )はドイツ出身の元レーシングドライバーである。1985年ドイツF3チャンピオン、1991年ル・マン24時間レース優勝者。フォルカー・バイドラーと表記されることもある。

激しい走りで知られたが、それ故に接触も多く、非難の対象となることがあった。

経歴[ソースを編集]

来日前[ソースを編集]

1977年-79年カート 1980年-1981年ドイツFフォード1600シリーズ2位 1982年ドイツFフォード1600チャンピオン・ドイツFフォード2000チャンピオン・ヨーロッパFフォード1600チャンピオン  1983年にドイツF3に参戦を開始、1984年ドイツF3シリーズ2位 1985年にはチャンピオンに輝く。1986年ヨーロッパF3000参戦 1987年ポルシェカップ優勝 1988年ヨーロッパF3000シリーズ16位などを経た後、1989年リアルフォードコスワース)のF1シートを獲得。

だが開幕戦から8戦連続予備予選落ちを喫し、入れ替えにより予備予選が免除された後も2戦連続予選落ちすると、チームはヴァイドラーを解雇。結局一度も決勝を走ることなく、ヴァイドラーはF1から姿を消すこととなった。

来日後[ソースを編集]

F1のシートを失った後、日本に活動の場を移し、全日本F3000全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)に参戦。ロス・チーバー星野一義との因縁関係などもあり、人気ドライバーの1人となる。

攻めの走りはしばしば問題も起こし、全日本F30001990年第10戦(鈴鹿)では、スタート直後に多重クラッシュを引き起こし、その挙動が「重大な事故の発生が予測できる危険な行為」とされ、失格処分と罰金60万円のペナルティを課された[1]。しかしその後、延期されていた第9戦(富士)にて、初優勝をポールトゥーウィンで達成、速さもアピールした。

1991年にも全日本F3000で1勝を挙げた他、マツダからル・マン24時間レースに参戦。ジョニー・ハーバートベルトラン・ガショーとともに、ロータリーエンジン搭載車である787Bを駆り優勝、日本車初の快挙に貢献した。

1992年[ソースを編集]

1992年には、ヴァイドラーは更に躍進。ル・マン24時間レースでは前年同様マツダから参戦、決勝では雨天の中スタート直後、優勝争いの本命とされるプジョートヨタ勢を、耐久レースらしからぬ豪快な走りで追い抜き、トップに浮上[2]。優勝が絶望視される中、持ち前の激しい走りでレースを掻き回し、最終的に4位に入賞した。

全日本F3000においては、チーバーやマウロ・マルティニらとチャンピオン争いを繰り広げることとなる。第4戦(鈴鹿)では1周目にチーバーに対し、通常オーバーテイクポイントとはならない逆バンクでアウトから仕掛け、トップを奪取。そのまま、シーズン初優勝を記録[3]すると、8月に行われた第6戦(SUGO)でも、スタート直後にトップを奪取しそのまま優勝。シーズン2勝目を挙げ、ランキングトップに踊り出ることとなった。

当時ヴァイドラーが所属していたノバ・エンジニアリングの監督・森脇基恭によれば、この時点で翌年のF1への復帰もほぼ内定していたという。

引退[ソースを編集]

しかし活躍の裏で、体調面の悪化が深刻化しつつあった。元々突発性難聴の持病を持っていたヴァイドラーだったが、この年のル・マン24時間レースの頃より、それに伴う頭痛や嘔吐が激しくなっていた。そしてSUGOのレース後、ついに限界となり、選手生命を絶たれてしまう。ドライバーとして脂が乗りつつあった中、突然の引退となった。残りのレースを欠場した全日本F3000選手権は、最終的にシーズン4位となっている。

引退後はドイツに帰国、システムエンジニアとして活動している。

エピソード[ソースを編集]

  • 引退の際、自分の後任として推薦したのが、同じドイツ人のハインツ=ハラルド・フレンツェンだった。
  • 本来、ドライブ時には必需品である耳栓を付けずにレースに参戦していた。これは「エンジンの音を聴くのが好き」という理由によるものだったが、結果的に耳鳴りが悪化し、引退を招くこととなった。
  • 後年、自分のF1参戦年のリアル・チームのマシンが、予算削減のためグライダー屋に依頼して作られていたと証言している。
  • 日本でも活躍していたため、片言ではあるが日本語も話していたと言う。
  • 27歳でF1デビューであったが、見た目が童顔であり、チームメイトのクリスチャン・ダナーに比べても随分若く見えたと言う。(ダナーは1958年生まれで長身であったため)

主な戦歴[ソースを編集]

F1[ソースを編集]

1989年(リアルARC2・フォード)
  • エントリー 10戦 
  • 出走数 0
  • 予選最高位 30位(予選落ち)
  • 決勝最高位 なし
  • 獲得ポイント 0
チーム シャシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 WDC ポイント
1989年 リアル ARC2 BRA
DNPQ
SMR
DNPQ
MON
DNPQ
MEX
DNPQ
USA
DNPQ
CAN
DNPQ
FRA
DNPQ
GBR
DNPQ
GER
EX
HUN
DNQ
BEL
ITA
POR
ESP JPN AUS NC 0

全日本F3000選手権[ソースを編集]

1990年~1992年
チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1990年 TEAM TAKE ONE SUZ
Ret
FSW
Ret
MIN
11
SUZ
5
SUG
21
FSW
3
FSW
Ret
SUZ
20
FSW
1
SUZ
DSQ
6位 15
1991年 KAWAISTEEL TEAM NOVA SUZ
15
AUT
DNQ
FSW
19
MIN
3
SUZ
3
SUG
8
FSW
3
SUZ
10
FSW
C
SUZ
3
FSW
1
3位 25
1992年 SUZ
3
FSW
Ret
MIN
Ret
SUZ
1
AUT
3
SUG
1
FSW FSW SUZ FSW FSW 4位 26

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『オートスポーツ』 1991年1月1日号 三栄書房 p85。
  2. ^ この走りに対しては、プジョーから参戦していたデレック・ワーウィックが「優勝する気もないのに、邪魔をしないで欲しい」と激怒する面もあった。
  3. ^ ただし、アンドリュー・ギルバート=スコット小河等の接触事故(小河が死亡)により、途中で中断されている。

関連項目[ソースを編集]


タイトル
先代:
ジョン・ニールセン
プライス・コブ
マーティン・ブランドル
ル・マン24時間勝者
1991 with:
ジョニー・ハーバート
ベルトラン・ガショー
次代:
デレック・ワーウィック
ヤニック・ダルマス
マーク・ブランデル