寺田陽次郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

寺田 陽次郎(てらだ ようじろう、1947年3月26日 - )は、日本レーシングドライバー兵庫県神戸市出身。

ル・マン24時間レースに長年に渡り参戦しており、日本では「ミスター ル・マン」の愛称で知られる。現在はマツダ車専門のチューニングパーツメーカーである株式会社オートエクゼ代表取締役社長

人物[編集]

マツダオート東京の社員ドライバーとして、マツダのロータリーエンジンを搭載したシグマ・MC741974年のル・マン24時間レースでル・マン初参戦。1979年にはRX-7で参戦した。その後1981年から2008年まで連続してル・マンに挑戦しており、1983年1988年1990年・1996年にはクラス優勝を飾っている。現在まで29回参加しており現役最多出場。

耐久レースに強く、デイトナ24時間レースアメリカ)、ル・マン24時間レースフランス)、スパ・フランコルシャン24時間レースベルギー)の世界3大24時間レースに初めて完走した日本人ドライバー。

2003年には長年ル・マン24時間に参戦してきた功績を認められ、ル・マン24時間の主催者であるフランス西部自動車クラブ(ACO)の理事に迎えられたほか、2006年には日本人初のスピリットオブルマンを受賞。

2007年10月にACOの日本法人「株式会社ACO JAPAN」(現・株式会社JAMS)が設立されるとその初代社長となった。

国際的なレース活動をしていることから、2010年観光庁の初代スポーツ観光マイスターに任命された。

東北の子供達の自立支援プログラムSupport Our Kids活動を積極的に支援。2013年より子供達を毎年ル・マン24時間レースに派遣している。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]