森脇基恭

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森脇 基恭(もりわき もとやす、1946年4月27日 - )は、レーシングカーデザイナー、レースエンジニア、フジテレビF1中継解説者、ノバエンジニアリング取締役技術部長。東京都新宿区出身。成蹊大学工学部卒業。

略歴[編集]

1969年に成蹊大学工学部を卒業し、ホンダに入社、本田技術研究所に配属される。同期には元ホンダ社長の福井威夫ホンダF1のプロジェクトリーダーからマクラーレンフェラーリザウバーのエンジニアに転身した後藤治らがいる。

1973年にホンダを退社して渡英。イギリスのレーシングカーコンストラクターであるGRD(Group Racing Development)社に入社。同社で日本人初のチーフデザイナーとなり多くのレーシング・マシンを生み出した。森脇のデザインによるGRDのF3マシンはイギリスをはじめとする欧州各国でチャンピオンマシンとなったほか、日本の富士GC向けに設計したGRD・S74は生沢徹のドライブにより1977年の、中嶋悟のドライブにより1979年の富士GCシリーズチャンピオンに輝いている。

1976年に帰国し、ホンダが台湾に設立した二輪の製造子会社で開発部長を務めつつ、F1日本グランプリ主催者の事務局次長としてグランプリの運営に携わる。またこのとき、TBSが担当した日本グランプリのテレビ中継にピットレポーターとして出演している。ちなみに1977年の日本グランプリ開催に当たっては、主催者である日本自動車連盟(JAF)の代理人としてF1の興行権を持つバーニー・エクレストンとの契約交渉に臨み、その巧みな交渉術から、契約完了後エクレストンに「よかったら自分の秘書にならないか」と誘われたという逸話がある。

1979年、GRD社時代の同僚である猪瀬良一に誘われる形でノバ・エンジニアリングに入社。以後ノバ・エンジニアリングの技術部長として、長谷見昌弘星野一義高橋国光らと組む形で全日本F2選手権全日本耐久選手権などに参戦する。

1987年からフジテレビがF1のテレビ放映権を獲得し全戦中継を開始すると、当初は自身のスケジュールの許す数戦においてピットレポートを担当。1988年以降は解説者として不定期ながら現在まで中継に登場している。2000年代に入り今宮純川井一仁らが原則としてCSのフジテレビワンツーネクストでのF1中継に回される中、2011年の地上波中継終了までCSと地上波の両方で解説者を務めた[1]

森脇の下で日本のトップフォーミュラ(全日本F2→全日本F3000フォーミュラ・ニッポン)にフルエントリーし、その後F1ドライバーとなった中にはステファン・ヨハンソン[2]ロベルト・モレノ[3]ハインツ=ハラルド・フレンツェン[4]ペドロ・デ・ラ・ロサラルフ・ファーマンらがおり、彼らの走るF1GPの解説を担当することもあった。

レース界を描いた漫画作品『Capeta』には、森脇の名前をもじったと思しき人物(竹森 基—ノア・モータースポーツ会長)が登場する。

著書[編集]

出演番組[編集]

  • F1中継(フジテレビ・フジテレビNEXT)
  • F1GPニュース(フジテレビTWO)※開幕直前
  • フォーミュラカー基礎講座(フジテレビ721)

脚注[編集]

  1. ^ テレビで話すときにいつも困るのが「F1の凄さ」を伝えること レーサー愛車紹介:森脇基恭 /今井優杏の「あなたの愛車教えてください!」(3/3) オートック・ワン 2011年1月7日閲覧 
  2. ^ ヨハンソン(ホンダ/ヨコハマ)が中嶋に大逆転! '84全日本F2選手権シリーズ第4戦JPSトロフィーレース「ポールポジションを奪ったヨハンソンに付き添う森脇チーフメカも緊迫した表情だ」オートスポーツ 1984年7月15日号(No.399)28頁、三栄書房
  3. ^ ガレージ・トーク / 森脇基恭 2『「いいヤツ」が災いしたケニーと、風変わりな男、モレノのこと』 レーシング・オン 1987年2月号(No.010)114頁、武集書房
  4. ^ 日本から巣立ったF1パイロットたち Sports Graphic Number 1995年10月26日号 76頁 文藝春秋

外部リンク[編集]