システムエンジニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

システムエンジニア(Systems Engineer:SE)は、大雑把に情報システム関連の一連の業務に携わる従事者を指す用語である。

概要[編集]

日本の情報システム会社では通常、コンピューターシステムやコンピューターソフトウェアの企画や設計・開発、保守・運用等に携わる技術者という意味で使用されている[1]。企業によっては情報システム領域におけるコンサルタントアーキテクトプロジェクトマネージャや、「プラットフォーム」「ネットワーク」「データベース」「アプリケーション共通基盤」「システム管理」「情報セキュリティ」等の分野の人々をシステムエンジニアに含めることもある[2][3]一方で、実装中心の「プログラマ」や操作中心の「オペレータ」等の分野の人々をシステムエンジニアと区別することもある。

クライアントに出向いて要望を聞き取り、希望するシステムを具体化する業務に従事する者を含めることもあり、このような業種を特に「ITコンサルタント」と呼称することもあるが稀であり余り広がっていない[4]

システムあるいはハードウェアの配置・工事・修理を行う技術者をシステムエンジニアと呼ぶ例や[要出典]、単にシステムに精通した者という意味で使われることもある[要出典]

実際には上記の複数、または全てを兼任する場合があるが、システムエンジニアという言葉の意味の明確な定義は存在せず、その職務範囲は企業や団体によってまちまちである。そのため、上記以外にも使用例として様々な用法があると推察されるが、情報システム関連の一連の業務に携わる者が大雑把にシステムエンジニアと呼ばれる傾向がある[2]

システム工学との無関係性[編集]

本来の「システム」という用語は学問的には相互に影響を及ぼしあう要素から構成される、まとまりや仕組みの全体」、工業的には「所定の任務を達成するために、選定され、配列され、互いに連係して動作する一連のアイテム(ハードウェア、ソフトウェア、人間要素)の組合せ」[5]と定義されており、様々な分野で使われる用語だが、「システムエンジニア」が対象とする「システム」はもっぱら情報システムであって、かつ表面的な動作のみである。

また、用語として対応しそうな学問領域・工学領域の「システムズ・エンジニアリング(システム工学)」とは全く関係性がない。

「システムエンジニア」という用語自体、日本に限定された和製英語と考えられ、国際的には一般に通じない。英語圏にもシステムズ・エンジニア[6]と呼ばれる職務があるものの、これは文字通りシステムズ・エンジニアリング(システム工学)にかかわる技術者を指すものであり、日本のシステムエンジニアとは重ならない[要出典]。英語圏において似たような職種を指す表現としては、ソフトウェアエンジニア、ソフトウェア開発者、プログラマー、ハードウェア技術者などが挙げられる。

ソフトウェアエンジニアとの関係[編集]

経済産業省の統計では「ソフトウェア業務従事者」の分類として、「システムエンジニア」や「プログラマ」等を使用している[7]。また、コンピュータの学会Association for Computing Machinery(ACM)がまとめている「コンピュータに関する学位とキャリアについての報告」において「SE」と略されているのはSoftware Engineeringであり[8]文科省国立情報学研究所によって進められている技術者教育プログラム「トップエスイー」の「SE」はSoftware Engineers[9]の略とされている。

関連項目[編集]

脚注[編集]