システムエンジニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

システムエンジニアは、コンピュータ関連の職業のひとつを表す和製英語である。略称はSE(えすいー)。

用語[編集]

「システムエンジニア(SE)」は和製英語であり、その意味は不明確である。英語Systems Engineer[1]は文字通りシステム工学(システム・エンジニアリング)にかかわるエンジニアを指し、日本で現在一般に使われている「SE」の語が指す範囲とは重なりがほぼ無い。なおコンピュータの学会Association for Computing Machinery(ACM)がまとめている、コンピュータに関する学位とキャリアについての報告において「SE」と略されているのはSoftware Engineeringであり[2]文科省国立情報学研究所によって進められている技術者教育プログラム「トップエスイー」の「SE」はSoftware Engineers[3]である。

日本では通常、コンピューター・システムやコンピュータ・ソフトウェアの設計等に携わる人という意味で使用されている[4][5]経済産業省の統計では「ソフトウェア業務従事者」の分類として、「システムエンジニア」や「プログラマ」等を使用している[6]

概要[編集]

日本では、情報処理分野のいわゆる上流工程、あるいは上位的な役割を担当する技術者を「システムエンジニア」と呼んで、実装中心の「プログラマー」や操作中心の「オペレータ」などと区別する場合がある。また主にハードウェアの配置・保守・修理を行う技術者はカスタマエンジニアと呼ばれる場合もある。

システムエンジニアという言葉の意味を明確に定義するものは存在せず、その職務範囲は企業や団体によってまちまちである。おおまかには、情報システムまたはソフトウェア開発の要求定義、設計、開発、運用などや、それらを統括管理するプロジェクトマネジメントなどに従事する者がシステムエンジニアと呼ばれる傾向がある。

また企業によっては、比較的単純なプログラミングが中心の「プログラマ」よりも上位で、高度な設計を行う「アーキテクト」よりは下位の職位をあらわす名称として使っている。

作業内容[編集]

システムエンジニアが担当する主な作業は、ソフトウェア開発工程の中では、要求定義・見積もり・設計・ソフトウェアテスト・システム移行・保守・運用管理などがある。情報工学計算機科学ソフトウェア工学システム工学、etc.)の知識・経験の他、コンサルタントプロジェクト管理ITサービスマネジメントなどの知識・経験が求められる場合もある。

コンピュータやソフトウェアに関する知識だけでなく、他方では、ユーザーのニーズをつかむ能力、顧客の業務・業界に関する知識、プロジェクトマネジメント品質管理の技術、業界標準ベストプラクティスの知識、各ステークホルダーとの交渉能力、なども求められる場合がある。

脚注[編集]

関連項目[編集]