アンドリュー・ギルバート=スコット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

アンドリュー・ギルバート=スコット(Andrew Gilbert-Scott、1958年7月11日 - )は、イギリスの元レーシングドライバー。引退後はレーシングドライバーのマネージメントをしており、現在は佐藤琢磨の専属マネージャー。

全日本F3000フォーミュラ・ニッポン全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)など日本のレースで活躍したことから、日本での知名度は高い。フォーミュラ・ニッポンのドライバー時代、番組のインタビューで自動車メーカーのモーガンと所縁があると語っている。

略歴[編集]

1981年フォーミュラ・フォードに参戦しレースデビュー。1986年に国際F3000にステップアップ。

1987年に来日しトムスよりJSPCに参戦したほか、1988年には全日本F3選手権にも参戦。1989年には一度欧州に戻り国際F3000選手権に参戦した(~1991年)。

1992年に再び来日し、全日本F3000・全日本ツーリングカー選手権に参戦。以後1997年まで全日本F3000→フォーミュラ・ニッポンに参戦し、国内トップフォーミュラにおける名物外国人ドライバーの一人として人気を集めた。1992年の全日本F3000・第4戦(鈴鹿サーキット)では小河等と接触、両者ともに1コーナー奥のウォールに激突、小河はその事故で亡くなった。また、カメラマン一人もこの事故による看板の落下で死亡している。

1990年代後半になると、現役ドライバーとしての活動の傍ら他のレーシングドライバーのマネジメントも手がけるようになり、2000年から佐藤琢磨のマネージャーに就任[1]。以後は佐藤の専属マネージャーとして度々メディアに登場している。

レース戦績[編集]

全日本F3000選手権,フォーミュラ・ニッポン[編集]

所属チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1989 TEAM KYGNUS TONEN with R&D SUZ
FUJ
MIN
13
SUZ
SUG
FUJ
SUZ
NC
SUZ
10
NC 0
1992 ステラインターナショナル SUZ
7
FUJ
Ret
MIN
7
SUZ
4
AUT
4
SUG
6
FUJ
11
FUJ
8
SUZ
2
FUJ
4
FUJ
12
9位 16
1993 ステラインターナショナル SUZ
5
FUJ
6
MIN
Ret
SUZ
4
AUT
C
SUG
8
FUJ
C
FUJ
Ret
SUZ
Ret
FUJ
9
SUZ
3
8位 10
1994 ステラインターナショナル SUZ
13
FUJ
1
MIN
2
SUZ
Ret
SUG
2
FUJ
1
SUZ
3
FUJ
5
FUJ
1
SUZ
Ret
2位 45
1995 ステラインターナショナル SUZ
8
FUJ
C
MIN
Ret
SUZ
11
SUG
6
FUJ
1
TOK
8
FUJ
6
SUZ
6
7位 12
1996 神奈川クリニック STELLAR SUZ
Ret
MIN
Ret
FUJ
7
TOK
15
SUZ
Ret
SUG
4
FUJ
Ret
MIN
7
SUZ
Ret
FUJ
5
13位 5
1997 STP STELLAR SUZ
MIN
FUJ
SUZ
12
SUG
FUJ
Ret
MIN
MOT
FUJ
14
SUZ
NC 0

脚注[編集]

[ヘルプ]