関谷正徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
関谷 正徳
せきや まさのり
生誕 (1949-11-27) 1949年11月27日(68歳)
日本の旗 日本静岡県
職業 レーシングドライバー
実業家
配偶者 あり
補足

関谷 正徳(せきや まさのり、1949年11月27日[1] - )は、日本の元レーシングドライバー。ル・マン24時間レースにおける日本人初の総合優勝者。

経歴[編集]

デビュー[編集]

静岡県安倍郡井川村(現在の静岡市葵区)出身[2]。血液型はA型。常葉学園橘高校出身[3]。同校を卒業後静岡マツダ(マツダの静岡県における販売ディーラー)に入社する。

静岡マツダの社員だった1972年にレースデビュー。「ロータリークーペ」や「カペラ」、「サバンナ」をドライブし活躍した。1976年には富士グランチャンピオンレース(富士GC)併催のスーパーツーリング選手権でシリーズ2位となり、翌1977年にはシーズンチャンピオンを獲得した。

1978年には富士グランチャンピオンレースにステップアップし、1981年まで参戦した。1982年には渡英し、イギリスのフォーミュラ・アトランティック選手権に参戦し、6戦中5戦で入賞する活躍を見せた。

トムスとレイトンハウス[編集]

トヨタ90C-V(1990年)
トヨタTS010(1992年)
ル・マンの地に残る、1995年優勝者の手形

イギリスから帰国した1983年には、トヨタ系の名門チームのトムスと契約し、1984年には全日本耐久選手権に参戦した。1985年にはトムスよりル・マン24時間レースに参戦し、その後合計11回参戦する。

1986年からはレイトンハウスのドライバーとして、日本のトップカテゴリーの全日本F3000選手権全日本ツーリングカー選手権全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)などで活躍した。

さらに1989年には、全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権とル・マン24時間レースにレイトンハウスのポルシェ・962Cで参戦し、同年の富士GC最終戦では最後の勝者となった。

このように、トムス及びレイトンハウスの顔として活躍したが、バブル景気が崩壊し、1991年9月11日にレイトンハウスのオーナーの赤城明が「富士銀行不正融資事件」で逮捕され、レイトンハウスの活動は同年を持って休止となった。

ル・マン24時間レース優勝[編集]

翌年も全日本F3000選手権に参戦しつつ(1993年まで参戦)、1992年のル・マン24時間レースではトヨタ・TS010をドライブし総合2位の成績を挙げた。また、1994年には、トムスからトヨタ・コロナで参戦し、全日本ツーリングカー選手権の初年度のシーズン優勝を獲得する。

1995年のル・マン24時間レースでは、ヤニック・ダルマスJ.J.レートとチームを組んでマクラーレン F1 GTRをドライブした。24時間で4,055km[4]を平均速度168.992km/h[4]で走って総合優勝し、日本人初の総合優勝を果たした[2]

全日本ツーリングカー選手権優勝[編集]

インタープロト(2015年)

その後も、全日本ツーリングカー選手権や全日本GT選手権などの日本のトップカテゴリーで活躍するとともに、1996年には国際ツーリングカー選手権にスポット参戦した。

1998年には、全日本ツーリングカー選手権の最終年度のシーズン優勝を獲得する(トムス/トヨタ・チェイサー)。これにより関谷は、同シリーズの開幕年度と最終年度にシーズン優勝を飾る形となった。1999年には、全日本GT選手権のGT500クラスでシーズン2位を獲得した(トムス/トヨタ・スープラ)。2000年10月のSUZUKA GT 300kmでレーシングドライバーを引退した[2]

引退後[編集]

引退後は古巣のトムスチームの監督や、最も古いJAF公認クラブのトヨタ・モータースポーツクラブ(TMSC)の役員を務めるほか、フォーミュラトヨタ・レーシングスクール(FTRS)の校長を務める[1]など、若手レーシングドライバーの育成やモータースポーツの振興に努める。

2013年には富士スピードウェイで開催されるワンメイクレースインタープロト・シリーズ」を主催するとともに、専用マシン「Kuruma」の設計監修を行った。また、2017年には女性限定レースの『競女カップ』も開催しているなど、日本のモータースポーツの振興にも活躍している。

レース戦績[編集]

全日本F3000選手権[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1987年 LEYTON HOUSE RACING TEAM SUZ
Ret
FSW
6
MIN
Ret
SUZ SUZ
5
SUG
Ret
FSW
Ret
SUZ
5
SUZ
4
10位 32
1988年 SUZ
Ret
FSW
3
MIN
6
SUZ
3
SUG
Ret
FSW
Ret
SUZ
4
SUZ
2
4位 18
1989年 SUZ
3
FSW
3
MIN
3
SUZ
Ret
SUG
Ret
FSW
4
SUZ
8
SUZ
2
5位 21
1990年 SUZ
9
FSW
Ret
MIN
Ret
SUZ
Ret
SUG
19
FSW
Ret
FSW
Ret
SUZ
14
FSW
Ret
SUZ
Ret
NC 0
1991年 SUZ
4
AUT
15
FSW
17
MIN
10
SUZ
Ret
SUG
11
FSW
9
SUZ FSW 17位 3
Team Le Mans SUZ
9
FSW
Ret
1992年 ハギワラレーシング SUZ
18
FSW
8
MIN
8
SUZ
10
AUT
Ret
SUG
11
FSW
Ret
FSW
12
SUZ
Ret
FSW
13
FSW
Ret
NC 0
1993年 TOM'S SUZ
10
FSW
7
MIN SUZ
Ret
AUT
C
SUG
23
FSW
C
FSW
4
SUZ
18
FSW SUZ
Ret
16位 3

全日本ツーリングカー選手権[編集]

チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 順位 ポイント
1994年 TOYOTA TEAM TOM's トヨタ・コロナ AUT1
2
AUT2
3
SUG1
17
SUG2
Ret
TOK1
2
TOK2
1
SUZ1
4
SUZ2
3
MIN1
Ret
MIN2
2
TAI1
Ret
TAI2
5
TSU1
1
TSU2
1
SEN1
6
SEN2
3
FSW1
6
FSW2
3
1位 135
1995年 トヨタ・コロナEXiV FSW1
3
FSW2
2
SUG1
1
SUG2
1
TOK1
2
TOK2
4
SUZ1
5
SUZ2
4
MIN1
22
MIN2
3
TAI1
1
TAI2
3
SEN1
4
SEN2
11
FSW1
Ret
FSW2
5
2位 117
1996年 FSW1
5
FSW2
3
SUG1
3
SUG2
2
SUZ1
Ret
SUZ2
15
MIN1
20
MIN2
3
SEN1
Ret
SEN2
7
TOK1
7
TOK2
14
FSW1
NC
FSW2
9
7位 55
1997年 トヨタ・チェイサー FSW1
C
FSW2
C
TAI1
13
TAI2
7
SUG1
11
SUG2
Ret
SUZ1
12
SUZ2
9
MIN1
Ret
MIN2
DNS
SEN1
Ret
SEN2
3
TOK1
9
TOK2
6
FSW1
18
FSW2
8
13位 25
1998年 FSW1
8
FSW2
2
TRM
1
SUG1
1
SUG2
3
SUZ1
4
SUZ2
1
MIN1
1
MIN2
1
TAI
1
FSW
7
1位 128

全日本GT選手権[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 順位 ポイント
1995年 Castrol TOYOTA TEAM TOM'S トヨタ・スープラ GT1 SUZ
6
FSW
6
SEN
1
FSW
Ret
SUG
7
MIN
4
6位 42
1996年 TOYOTA Castrol TEAM GT500 SUZ
5
FSW
2
SEN
3
MIN
Ret
SUG
9
MIN
Ret
8位 38
1997年 GT500 SUZ
3
FSW
6
SEN
3
FSW
3
MIN
3
SUG
4
3位 64
1998年 TOYOTA Castrol TEAM TOM'S GT500 SUZ
6
FSW
C
SEN
3
FSW
8
TRM
3
MIN
16
SUG
Ret
7位 33
1999年 GT500 SUZ
4
FSW
9
SUG
1
MIN
10
FSW
4
TAI
4
TRM
1
2位 73
2000年 GT500 TRM
Ret
FSW
12
SUG
9
FSW
5
TAI
14
MIN
Ret
SUZ
9
17位 12

国際ツーリングカー選手権[編集]

チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 順位 ポイント
1996年 ヨースト・レーシング・オペル オペル・カリブラ HOC1 HOC2 NUR1 NUR2 EST1 EST2 HEL1 HEL2 NOR1 NOR2 DIE1 DIE2 SIL1 SIL2 NUR1 NUR2 MAG1 MAG2 MUG1 MUG2 HOC1
15
HOC2
13
SAO1 SAO2 SUZ1
20
SUZ2
DNS
28位 0

ル・マン24時間レース[編集]

チーム カーナンバー コ・ドライバー 使用車両 クラス ラップ数 順位 クラス
順位
1985年 日本の旗 トムスチーム 36 日本の旗 中嶋悟
日本の旗 星野薫
トムス・85C-L-トヨタ C1 330 12位 12位
1986年 日本の旗 トムス 36 日本の旗 中嶋悟
イギリスの旗 ジェフ・リース
トムス・86C-L-トヨタ C1 105 DNF DNF
1987年 日本の旗 トヨタチームトムス 37 イギリスの旗 ティフ・ニーデル
日本の旗 星野薫
トヨタ・87C-L C1 39 DNF DNF
1988年 日本の旗 トヨタチームトムス 36 イギリスの旗 ジェフ・リース
日本の旗 星野薫
トヨタ・88C C1 351 12位 12位
1989年 ドイツの旗 ポルシェクレーマーレーシング 11 日本の旗 岡田秀樹
南アフリカ共和国の旗 ジョージ・フーシェ英語版
ポルシェ・962CK6 C1 42 DNF DNF
1990年 日本の旗 トヨタチームトムス 36 イギリスの旗 ジェフ・リース
日本の旗 小河等
トヨタ・90C-V C1 347 6位 6位
1992年 日本の旗 トヨタチームトムス 33 フランスの旗 ピエール=アンリ・ラファネル
イギリスの旗 ケニー・アッチソン英語版
トヨタ・TS010 C1 346 2位 2位
1993年 日本の旗 トヨタチームトムス 36 イギリスの旗 エディ・アーバイン
日本の旗 鈴木利男
トヨタ・TS010 C1 364 4位 4位
1995年 イギリスの旗 国際開発レーシング 59 フランスの旗 ヤニック・ダルマス
フィンランドの旗 J.J.レート
マクラーレン・F1 GTR GT1 298 1位 1位
1996年 日本の旗 チームサード・トヨタ 57 日本の旗 光貞秀俊
日本の旗 影山正美
トヨタ・スープラLM GT1 205 DNF DNF
1997年 イギリスの旗 ガルフチームダビドフ
イギリスの旗 GTCレーシング
39 イギリスの旗 レイ・ベルム英語版
イギリスの旗 アンドリュー・ギルバート=スコット
マクラーレン・F1 GTR GT1 326 DNF DNF

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

タイトル
先代:
ヤニック・ダルマス
ハーレイ・ヘイウッド
マウロ・バルディ
ル・マン24時間優勝者
1995 with:
ヤニック・ダルマス
J.J.レート
次代:
マニュエル・ロイター
デイビー・ジョーンズ (レーサー)
アレクサンダー・ヴルツ