関谷正徳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

関谷 正徳(せきや まさのり、1949年11月27日[1] - )は、日本の元レーシングドライバー。静岡県安倍郡井川村(現在の静岡市葵区)出身[2]。血液型はA型。常葉学園橘高校出身[3]

2000年10月の SUZUKA GT 300km で引退[2]

トムスチームの監督を務めるほか、フォーミュラトヨタ・レーシングスクール(FTRS)の校長も務める[1]

経歴[編集]

1971年に富士500kmレースでデビュー。1972年から1975年は数々の耐久レースで活躍した。1976年は富士GC併催のスーパーツーリング選手権でシリーズ2位となり、翌1977年にはチャンピオンを獲得した。1978年から1981年は富士GCに参戦した。

1982年には渡英し、イギリスのフォーミュラ・アトランティック選手権に参戦し、6戦中5戦で入賞した。1983年にはトムスと契約し、1984年には全日本耐久選手権に参戦した。以後は全日本F3000選手権全日本ツーリングカー選手権全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権(JSPC)などで活躍した。1992年のル・マン24時間レーストヨタ・TS010をドライブし、総合2位の成績を挙げた。

1995年のル・マン24時間レースでは、マクラーレン F1 GTRで日本人初の総合優勝を果たした[2]

レイトンハウスのドライバーとして[編集]

1986年からレイトンハウスのドライバーとして活躍、1989年はレイトンハウスのポルシェで、全日本スポーツプロトタイプカー耐久選手権、富士GC最終戦ではレイトンマーチで最後の勝者である。レイトンハウスの顔として活躍したが、バブル経済が崩壊し1991年9月11日にオーナーの赤城明が富士銀行不正融資で逮捕され、レイトンハウスの活動は休止となった。

レース戦績[編集]

全日本F3000選手権[編集]

チーム 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 順位 ポイント
1987年 LEYTON HOUSE RACING TEAM SUZ
Ret
FSW
6
MIN
Ret
SUZ
SUZ
5
SUG
Ret
FSW
Ret
SUZ
5
SUZ
4
10位 32
1988年 SUZ
Ret
FSW
3
MIN
6
SUZ
3
SUG
Ret
FSW
Ret
SUZ
4
SUZ
2
4位 18
1989年 SUZ
3
FSW
3
MIN
3
SUZ
Ret
SUG
Ret
FSW
4
SUZ
8
SUZ
2
5位 21
1990年 SUZ
9
FSW
Ret
MIN
Ret
SUZ
Ret
SUG
19
FSW
Ret
FSW
Ret
SUZ
14
FSW
Ret
SUZ
Ret
NC 0
1991年 SUZ
4
AUT
15
FSW
17
MIN
10
SUZ
Ret
SUG
11
FSW
9
SUZ
FSW
17位 3
Team Le Mans SUZ
9
FSW
Ret
1992年 ハギワラレーシング SUZ
18
FSW
8
MIN
8
SUZ
10
AUT
Ret
SUG
11
FSW
Ret
FSW
12
SUZ
Ret
FSW
13
FSW
Ret
NC 0
1993年 TOM'S SUZ
10
FSW
7
MIN
SUZ
Ret
AUT
C
SUG
23
FSW
C
FSW
4
SUZ
18
FSW
SUZ
Ret
16位 3

JTCC[編集]

チーム 使用車両 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 順位 ポイント
1994年 TOYOTA TEAM TOM's トヨタ・コロナ AUT1
2
AUT2
3
SUG1
17
SUG2
Ret
TOK1
2
TOK2
1
SUZ1
4
SUZ2
3
MIN1
Ret
MIN2
2
TAI1
Ret
TAI2
5
TSU1
1
TSU2
1
SEN1
6
SEN2
3
FUJ1
6
FUJ2
3
1位 135
1995年 トヨタ・コロナEXiV FUJ1
3
FUJ2
2
SUG1
1
SUG2
1
TOK1
2
TOK2
4
SUZ1
5
SUZ2
4
MIN1
22
MIN2
3
TAI1
1
TAI2
3
SEN1
4
SEN2
11
FUJ1
Ret
FUJ2
5
2位 117
1996年 トヨタ・コロナEXiV FUJ1
5
FUJ2
3
SUG1
3
SUG2
2
SUZ1
Ret
SUZ2
15
MIN1
20
MIN2
3
SEN1
Ret
SEN2
7
TOK1
7
TOK2
14
FUJ1
NC
FUJ2
9
7位 55
1997年 トヨタ・チェイサー FUJ1
C
FUJ2
C
TAI1
13
TAI2
7
SUG1
11
SUG2
Ret
SUZ1
12
SUZ2
9
MIN1
Ret
MIN2
DNS
SEN1
Ret
SEN2
3
TOK1
9
TOK2
6
FUJ1
18
FUJ2
8
13位 25
1998年 トヨタ・チェイサー FUJ1
8
FUJ2
2
MOT
1
SUG1
1
SUG2
3
SUZ1
4
SUZ2
1
MIN1
1
MIN2
1
TAI
1
FUJ
7
1位 128

JGTC[編集]

チーム 使用車両 クラス 1 2 3 4 5 6 7 順位 ポイント
1995年 Castrol TOYOTA TEAM TOM'S トヨタ・スープラ GT1 SUZ
6
FUJ
6
SEN
1
FUJ
Ret
SUG
7
MIN
4
6位 42
1996年 TOYOTA Castrol TEAM トヨタ・スープラ GT500 SUZ
5
FUJ
2
SEN
3
MIN
Ret
SUG
9
MIN
Ret
8位 38
1997年 トヨタ・スープラ GT500 SUZ
3
FUJ
6
SEN
3
FUJ
3
MIN
3
SUG
4
3位 64
1998年 TOYOTA Castrol TEAM TOM'S トヨタ・スープラ GT500 SUZ
6
FUJ
C
SEN
3
FUJ
8
MOT
3
MIN
16
SUG
Ret
7位 33
1999年 トヨタ・スープラ GT500 SUZ
4
FUJ
9
SUG
1
MIN
10
FUJ
4
TAI
4
MOT
1
2位 73
2000年 トヨタ・スープラ GT500 MOT
Ret
FUJ
12
SUG
9
FUJ
5
TAI
14
MIN
Ret
SUZ
9
17位 12

ル・マン24時間レース[編集]

チーム カーナ
ンバー
コ・ドライバー 使用車両 クラス ラップ数 順位 クラス
順位
1985年 日本の旗 トムスチーム 36 日本の旗 中嶋悟
日本の旗 星野薫
トムス・85C-L-トヨタ C1 330 12位 12位
1986年 日本の旗 トムス 36 日本の旗 中嶋悟
イギリスの旗 ジェフ・リース
トムス・86C-L-トヨタ C1 105 DNF DNF
1987年 日本の旗 トヨタチームトムス 37 イギリスの旗 ティフ・ニーデル
日本の旗 星野薫
トヨタ・87C-L C1 39 DNF DNF
1988年 日本の旗 トヨタチームトムス 36 イギリスの旗 ジェフ・リース
日本の旗 星野薫
トヨタ・88C C1 351 12位 12位
1989年 ドイツの旗 ポルシェクレーマーレーシング 11 日本の旗 岡田秀樹
南アフリカ共和国の旗 George Fouché
ポルシェ・962CK6 C1 42 DNF DNF
1990年 日本の旗 トヨタチームトムス 36 イギリスの旗 ジェフ・リース
日本の旗 小河等
トヨタ・90C-V C1 347 6位 6位
1992年 日本の旗 トヨタチームトムス 33 フランスの旗 ピエール=アンリ・ラファネル
イギリスの旗 ケニー・アッチソン
トヨタ・TS010 C1 346 2位 2位
1993年 日本の旗 トヨタチームトムス 36 イギリスの旗 エディ・アーバイン
日本の旗 鈴木利男
トヨタ・TS010 C1 364 4位 4位
1995年 イギリスの旗 国際開発レーシング 59 フランスの旗 ヤニック・ダルマス
フィンランドの旗 J.J.レート
マクラーレン・F1 GTR GT1 298 1位 1位
1996年 日本の旗 チームサード・トヨタ 57 日本の旗 光貞秀俊
日本の旗 影山正美
トヨタ・スープラLM GT1 205 DNF DNF
1997年 イギリスの旗 ガルフチームダビドフ
イギリスの旗 GTCレーシング
39 イギリスの旗 Ray Bellm
イギリスの旗 アンドリュー・ギルバート=スコット
マクラーレン・F1 GTR GT1 326 DNF DNF

脚注[編集]

  1. ^ a b 有吉正徳 ルマン24時間、時速300キロの死闘 14日スタート 2014年6月12日 朝日新聞
  2. ^ a b c 岡本耕治 【静岡人語り】元プロレーサー 関谷正徳さん(65)(中) 2015.2.6 07:02 産経ニュース
  3. ^ 第91回全国高校野球選手権大会 SANSPO
タイトル
先代:
ヤニック・ダルマス
ハーレイ・ヘイウッド
マウロ・バルディ
ル・マン24時間優勝者
1995 with:
ヤニック・ダルマス
J.J.レート
次代:
マニュエル・ロイター
デイビー・ジョーンズ (レーサー)
アレクサンダー・ヴルツ