ドクターストップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ドクターストップとは、医師患者に対して、病状の悪化、死亡後遺障害を防ぐために、なんらかの行動を禁止することをいう。

概要 [編集]

和製英語であり、英語では「医者の(止めるように言われた)指示」を意味する doctor's orders (to stop) と明確に言う[1]。 この言葉はボクシングの試合で使用され、負傷選手の試合続行不能を医師が判断する[2]スポーツ選手などで、それ以上競技を続けたら、生命に危険が及ぶ場合などに出されることが多い。その際には試合中止や試合出場停止を諫言する。

転じて健康面では飲酒喫煙の中止勧告がなされる[2]。眼科医の場合、オンラインゲームをやめるよう警告する場合もある。

障害者の場合、障害および障害に伴う疾患の悪化を防ぐ目的で、労働を含めた行動の禁止を指導することがある。ミュージシャンのレディー・ガガは、2013年にコンサートツアー中の怪我により車椅子生活を送り、担当医から休養するようにドクターストップがかかった[3]

アリアナ・グランデは「お医者様から今夜のショーへのOKが出なかったわ」と告知し、ドクターストップにより2017年のベトナム公演を中止せざるを得なかった[4]

2020年の日本においては、第4次安倍内閣内閣総理大臣安倍晋三が、持病潰瘍性大腸炎が悪化し、内閣総理大臣辞任に至ったケースを日本のジャーナリズムが「ドクターストップ」と報じることがあった[5]2007年の総理大臣辞任の際には、安倍晋三から持病に関する言及はなく、辞任の翌日に入院、翌々日に病院内の記者会見で体調悪化に言及しただけで、ドクターストップが示唆されるにとどまった[6]

この用語と同じく「ホームドクター(home doctor)」は、かかりつけ医のことをいう和製英語であり、英語では "family doctor" と言う[7]。また、スポーツチーム専属の医師「チームドクター(team doctor)」、ドクターヘリ搭乗の医師「フライトドクター(flight doctor)」なども和製英語である。しかしスポーツ医のことを言う「スポーツドクター(sports doctor)」は和製英語ではなく、英語でも "sports doctor" と表現する。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]