アリアナ・グランデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アリアナ・グランデ
Ariana Grande
Ariana Grande
本名 アリアナ・グランデ=ブテーラ(Ariana Grande-Butera)
生年月日 1993年6月26日(22歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国フロリダ州ボカラトン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 シンガーソングライター女優
ジャンル コンテンポラリー・R&BソウルポップEDM
活動期間 2008 -
著名な家族 フランキー・グランデ英語版(兄)
公式サイト アリアナ・グランデ 公式サイト(英語)
主な作品
テレビドラマ
ビクトリアス
サム&キャット

アリアナ・グランデ (英語: Ariana Grande, 1993年6月26日 - )[1] は、アメリカ合衆国シンガーソングライター女優。本名は、母親の姓ブテーラを含んだアリアナ・グランデ=ブテーラ(Ariana Grande-Butera)。

シットコム『ビクトリアス』および『サム&キャット』のキャット・バレンタイン役で知られる[2]

来歴[編集]

生い立ち・幼少期[編集]

フロリダ州ボカラトンで、ギリシア系アメリカ人の家庭にて誕生した[3][注 1]。 母は海軍のコミュニケーション商品を扱う企業のCEO、父はグラフィックデザイナー[4][2]フランキーは俳優として活動している。

幼少時から歌唱を好み、サウスフロリダのフィルハーモニーに入団し活動。8歳でフロリダのNHLアイスホッケーのゲームで国歌斉唱しTVデビュー。10歳でグループ"Kids Who Care"を結成した[5]

俳優活動[編集]

2008年、ブロードウェイミュージカルである『13』でチアリーダーのシャーロット役[6]でデビューした[7][注 2]。その後、2010年からニコロデオンのシットコム『ビクトリアス』(ヴィクトリア・ジャスティス主演)でレギュラー陣の一人キャット・バレンタイン役を演じ、人気を博す。2011年にシットコム『iCarly』(ミランダ・コスグローヴ主演)にゲスト出演を果たす。

2013年には、『ビクトリアス』のキャットと『iCarly』のサム(ジェネット・マッカーディ)を主人公としたスピンオフドラマ『サム&キャット』で主演を果たす[8]。2013年に初公開された作家ゴードン・コーマンの同名小説を原作とするTV映画『Swindle』にアマンダ・ベンソン役で出演した[9]

2015年に、ライアン・マーフィー制作、FOX放送コメディホラードラマ『Scream Queens』(同年秋放送開始)に準レギュラー出演することが発表された[10][11]。 同7月、コメディ映画『ズーランダー』(2001年)の続編への出演が発表となる[12][13]

『Yours Truly』 (2013)[編集]

2013年3月26日、歌手デビューアルバムからのリードシングル「ザ・ウェイ」をリリース。Billboard Hot 100チャートで最高位9位を記録した[14]7月22日には「ベイビー・アイ」、8月6日には「ライト・ゼア」をリリースした。

8月30日、デビューアルバム『ユアーズ・トゥルーリー』をリリース。アメリカでは発売初週に13万8000枚を売り上げてBillboard 200チャートで初登場1位を記録した[15]。リリースに先立って北米ツアー「The Listening Sessions」を行った。

12月13日、EP『クリスマス・キス』をリリースした(日本盤は翌年リリース)。収録された4曲はすべてシングルカットされた。

『My Everything』 (2014-2015)[編集]

2014年4月28日、シングル「プロブレム」をリリースし、初週に43万5000ダウンロードを記録してBillboard Hot 100チャートで初登場3位を記録した[16]。チャートの最高位は2位に達した[14]。続いて7月3日に「ブレイク・フリー」、同月29日にはジェシー・Jニッキー・ミナージュの両者との共演作「バン・バン」を発表した。この間に主演作『サム&キャット』は放送終了となった。

同年8月22日(日本では27日)、セカンドアルバム『マイ・エヴリシング』をリリース[17]。前作に続いてBillboard 200で最高1位を記録した[18]

2014年9月4日、第48回スーパーボウルチャンピオンのシアトル・シーホークスグリーンベイ・パッカーズの対戦となる2014年のNFL開幕戦の試合前に、アメリカ国歌を斉唱した[19]

9月30日には「ラヴ・ミー・ハーダー」がシングルカットされ、最高位7位まで上昇した[14]。ニュージーランドでは11月21日にEPとしてリリースされている。11月24日にシングル「サンタ・テル・ミー」を公開し、12月3日に日本でリリースされた『クリスマス・キス』(日本盤)に収録した。2015年2月10日には「ワン・ラスト・タイム」もシングルカットされた。

2015年2月25日より世界規模で行われるコンサートツアー「ハネムーン・ツアー (The Honeymoon Tour)」が開始された[20]

社会貢献活動[編集]

チャリティーイベントで2007年には50万ドルもの寄付金を集金した[2]

2014年9月、患者を支援するために参加した「Stand Up to Cancer」では「My Everything」を歌い、癌研究のための約1億ドルの資金調達に貢献した[21]

2015年、若いホームレスのための慈善活動「ハッピー・ヒッピー・ファウンデーション」に参加している[22]。5月にはLGBTの人権を訴えるためのイベント「NYCプライド」でヘッドライナーを務めることが発表された[23]

スキャンダル[編集]

ドーナツ店での出来事[編集]

2015年7月4日(独立記念日)、北カリフォルニアドーナツ店に訪れた時の防犯カメラの映像と音声が7日に公開されグランデが売り物のドーナツを舐めたとされ、卑語を交えながら「アメリカ人は大嫌い。アメリカは大嫌い」("What the f— is that?" "I hate Americans, I hate America.")と発言したと報道された[24][25]。その後、警察捜査が行われると報じられ[26][27]、批判を浴びる中、8日にグランデは謝罪の声明文を出した[28][29]。9日、投稿動画で謝罪を行った[30][31]。13日、刑事告発されないと報道された[32][33]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
US AUS CAN DEN ITA JPN NOR NZ SWE UK
2013 Yours Truly 1 6 2 10 3 33 11 7
  • US: ゴールド
  • JPN: ゴールド
2014 My Everything
  • 発売日: 2014年8月22日
  • レーベル: Republic
  • フォーマット: CD, digital download
  • 全米売上: 63.3万枚
1 1 1 2 4 3 1 3 2 3
  • US: プラチナ
  • AUS: ゴールド
  • CAN: プラチナ
  • DEN: ゴールド
  • JPN: ゴールド
  • SWE: プラチナ
  • UK: ゴールド
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

ミニアルバム (EP)[編集]

タイトル アルバムの詳細
クリスマス・キス英語版
  • 米国発売: 2013年12月13日
  • レーベル: リパブリック・レコード
  • フォーマット: CD(日本のみ)、デジタル・ダウンロード

シングル[編集]

タイトル チャート最高位 認定 収録アルバム
US AUS CAN DEN ITA JPN NOR NZ SWE UK
2011 Put Your Hearts Up
  • US: ゴールド
なし
2013 The Way
(featuring Mac Miller)
9 37 33 66 31 41
  • US: 3× プラチナ
  • AUS: ゴールド
Yours Truly
Baby I 21 67 57 6 145
  • JPN: ゴールド
Right There
(featuring Big Sean)
84 51 113
  • US: ゴールド
Last Christmas 96 73 92 Christmas Kisses
Love Is Everything 132
Snow in California 151
Santa Baby
(featuring Liz Gillies)
155
2014 Problem
(featuring Iggy Azalea)
2 2 3 5 12 16 6 1 5 1
  • US: 6× プラチナ
  • AUS: 3× プラチナ
  • CAN: 3× プラチナ
  • DEN: 2× プラチナ
  • ITA: 2× プラチナ
  • JPN: ゴールド
  • NOR: 3× プラチナ
  • NZ: プラチナ
  • SWE: 3× プラチナ
  • UK: プラチナ
My Everything
Break Free
(featuring Zedd)
4 3 5 19 16 19 4 5 6 16
  • US: 3× プラチナ
  • AUS: プラチナ
  • CAN: 2× プラチナ
  • DEN: プラチナ
  • ITA: プラチナ
  • JPN: ゴールド
  • NOR: 3× プラチナ
  • NZ: ゴールド
  • SWE: 4× プラチナ
  • UK: シルバー
Bang Bang
(with Jessie J and Nicki Minaj)
3 4 3 10 47 40 15 4 15 1
  • US: 4× プラチナ
  • AUS: 3× プラチナ
  • CAN: 3× プラチナ
  • DEN: プラチナ
  • ITA: プラチナ
  • NOR: 2× プラチナ
  • NZ: 2× プラチナ
  • SWE: 2× プラチナ
  • UK: プラチナ
My Everything
and
Sweet Talker
Love Me Harder
(with The Weeknd)
7 19 10 18 17 22 28 27 48
  • US: プラチナ
  • AUS: プラチナ
  • CAN: プラチナ
  • DEN: ゴールド
  • ITA: プラチナ
  • NOR: プラチナ
  • SWE: プラチナ
My Everything
Brand New You 13 - The Musical
Santa Tell Me 42 80 27 21 29 36 31 68 Christmas Kisses
2015 One Last Time 13 15 12 19 6 72 22 22 22 24
  • US: プラチナ
  • AUS: ゴールド
  • DEN: ゴールド
  • ITA: プラチナ
  • NOR: ゴールド
  • SWE: プラチナ
  • UK: シルバー
My Everything
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

主な出演作品[編集]

作品 役名 備考
2010年~2013年 ビクトリアス
Victorious
キャット・バレンタイン レギュラー
2011年 アイ・カーリー
iCarly
キャット・バレンタイン ゲスト出演
2011年 ウィンクス・クラブ
Winx Club
プリンセス ディアスプロ アニメーション、声の出演
2013年 Swindle アマンダ・ベンソン TV映画
2013年~2014年 サム&キャット
Sam & Cat
キャット・バレンタイン レギュラー

受賞歴[編集]

ノミネート カテゴリー 結果
2014 Problem MTVヨーロッパ・ミュージック・アワード 最優秀楽曲賞 受賞[34]
アリアナ・グランデ 最優秀女性アーティスト賞 受賞[34]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ かつて本項の記事にて「シチリアアブルッツォに起源を持ったイタリア系アメリカ人」と紹介されていたが、祖父母の血統のほとんどがギリシアを含むという事実が2014年に判明した
  2. ^ 『13』共演者のエリザベス・ギリースと『ビクトリアス』で再共演している

出典[編集]

  1. ^ Ariana’s Bio
  2. ^ a b c 世界中が注目する新星歌姫、アリアナ・グランデとは!?”. TVグルーヴ. 2014年9月22日閲覧。
  3. ^ アリアナ・グランデ、実はイタリア系じゃなかったことを知り大ショック!「私の人生はウソに満ちている」”. TVグルーヴ. 2014年4月14日閲覧。
  4. ^ アメーバニュース新星歌姫アリアナ・グランデの10の秘密2014年9月22日閲覧
  5. ^ Ariana Grande TFK 2013 Person of the Year Nominee”. Time For Kids (2013年12月5日). 2015年7月20日閲覧。
  6. ^ 13 - Musical - Original”. Playbill Vault. 2015年7月20日閲覧。
  7. ^ Broadway's Lucky 13 Shows Off Teen Spirit at Photo Shoot”. broadway.com. 2015年7月20日閲覧。
  8. ^ 『iCarly(アイ・カーリー)』&『ビクトリアス』のスピンオフ 、『サム&キャット』4月2日(水)日本初放送!”. dramanavi.net (2014年2月3日). 2015年7月20日閲覧。
  9. ^ Ariana Grande & More to Star in New Nickelodeon TV Movie SWINDLE”. broadwayworld.com (2013年8月14日). 2015年7月20日閲覧。
  10. ^ 「glee」ライアン・マーフィーの新作コメディホラードラマにリア・ミシェル、アリアナ・グランデらが出演決定”. TVグルーヴ. 2015年6月22日閲覧。
  11. ^ アリアナ・グランデ出演の新ドラマ「Scream Queens」最新予告編が公開! 新映像やキャストインタビュー”. tvgroove.com (2015年5月25日). 2015年7月20日閲覧。
  12. ^ Doughnut-Licker Ariana Grande Lands Role in ‘Zoolander 2′ with Susan Sarandon”. Breitbart News Network (2015年7月11日). 2015年8月10日閲覧。
  13. ^ Ariana Grande Is About To Add Her Doughnut-tastic Talents To A Major Movie Sequel”. VH1 (2015年7月14日). 2015年8月10日閲覧。
  14. ^ a b c Ariana Grande - Chart History”. Billboard Hot 100. 2015年1月8日閲覧。
  15. ^ Ariana Grande Debuts At No. 1 On Billboard 200”. ビルボード (2013年9月11日). 2013年9月11日閲覧。
  16. ^ アリアナ・グランデ、新曲「Problem」で記録更新”. MTV Japan. 2014年6月22日閲覧。
  17. ^ アリアナ・グランデ、セカンドアルバム『マイ・エヴリシング』発売決定”. 2014年8月8日閲覧。
  18. ^ Ariana Grande - Chart History”. Billboard 200. 2015年6月22日閲覧。
  19. ^ Caitlin White (2014年9月4日). “Ariana Grande Just Kicked Off The NFL Season By Slaying The National Anthem”. MTVニュース. 2014年9月5日閲覧。
  20. ^ Ariana Grande Adds New Tour Dates And Cities For Summer 2015 Following Overwhelming Success Of First Leg Of The Honeymoon Tour”. PR Newswire. 2015年8月10日閲覧。
  21. ^ Stand Up to Cancer telethon raises $109 million”. USAトゥデイ (2014年9月8日). 2015年8月10日閲覧。
  22. ^ マイリー・サイラス主催のチャリティー活動にアリアナ・グランデが参加!”. tvgroove.com (2015年2月17日). 2015年8月10日閲覧。
  23. ^ アリアナ・グランデ、ニューヨークで行われるLGBT支援イベントのヘッドライナーに抜擢”. tvgroove.com (2015年5月13日). 2015年8月10日閲覧。
  24. ^ アリアナ・グランデ、ドーナツ店での無礼ぶりを暴露される。なんとツバ吐きまで…”. techinsight.jp (2015年7月10日). 2015年8月10日閲覧。
  25. ^ Ariana Grande Says "I Hate Americans. I Hate America." After Appearing to Lick On-Display Doughnuts”. ハリウッド・リポーター (2015年7月7日). 2015年8月10日閲覧。
  26. ^ アリアナ・グランデ、ドーナツを舐め暴言を吐く映像公開で謝罪。警察も介入する事態に”. techinsight.jp (2015年7月9日). 2015年8月10日閲覧。
  27. ^ Police Are Investigating Ariana Grande’s Doughnut-Licking Video”. タイム (2015年7月9日). 2015年8月10日閲覧。
  28. ^ アリアナ・グランデ、ドーナツにツバを吐き「アメリカ人大嫌い」発言。謝罪するも非難爆発”. techinsight.jp (2015年7月11日). 2015年8月10日閲覧。
  29. ^ アリアナ・グランデがまさかの「アメリカ大嫌い」発言! Fワードも飛び出した衝撃映像に本人が謝罪の声明”. tvgroove.com (2015年7月9日). 2015年8月10日閲覧。
  30. ^ アリアナ・グランデ、ドーナツ店での出来事を今度はビデオ動画で謝罪! 「ファンのために良い人間でありたい」”. tvgroove.com (2015年7月10日). 2015年8月10日閲覧。
  31. ^ Ariana Grande Apologizes Again for 'Doughnut Fiasco'”. ABCニュース (2015年7月10日). 2015年8月10日閲覧。
  32. ^ アリアナ・グランデ、刑事告発はナシか。ドーナツ店での蛮行事件”. techinsight.jp (2015年7月14日). 2015年8月10日閲覧。
  33. ^ Sweet relief: Ariana Grande will not be charged in doughnut-licking incident”. ガーディアン (2015年7月13日). 2015年8月10日閲覧。
  34. ^ a b “MTVヨーロッパ・ミュージック・アワード発表 1Dが3部門で受賞”. シネマトゥデイ. (2014年11月14日). http://www.cinematoday.jp/page/N0068056 2014年11月17日閲覧。 

外部リンク[編集]