アリアナ・グランデ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アリアナ・グランデ
Ariana Grande
Ariana Grande
「ハネムーン・ツアー」ジャカルタ公演(2015年)
本名 アリアナ・グランデ=ブテーラ(Ariana Grande-Butera)
生年月日 (1993-06-26) 1993年6月26日(24歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 フロリダ州ボカラトン
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長 153cm[1]
職業 シンガーソングライター女優
ジャンル コンテンポラリー・R&BソウルポップEDM
活動期間 2008 -
著名な家族 フランキー・グランデ英語版(兄)
公式サイト アリアナ・グランデ 公式サイト(英語)
主な作品
テレビドラマ
ビクトリアス
サム&キャット

アリアナ・グランデ英語: Ariana Grande, 1993年6月26日 - )[2] は、アメリカ合衆国シンガーソングライター女優。本名は、父親の姓ブテーラを含んだアリアナ・グランデ=ブテーラ(Ariana Grande-Butera)。

アルバム『Yours Truly』『My Everything』および『Dangerous Woman』シングル「The Way」、「Problem」などのヒットにより、国際的な人気を博している。マライア・キャリーを彷彿とさせる歌声を特徴としていることから、「ネクスト・マライア」と評されることもある[3]

女優としてはニコロデオンシットコムビクトリアス』および『サム&キャット』のキャット・バレンタイン役で知られる[3]

主な愛称は”Ari”(アリ)。また、彼女のファンのことを”Arianator”(アリアネーター)と呼ぶ。

来歴[編集]

生い立ち・幼少期[編集]

フロリダ州ボカラトンで、ギリシア系=北アフリカ系アメリカ人の家庭にて誕生した[4][5][注 1]。 母のジョーン・グランデは海軍のコミュニケーション商品を扱う企業のCEO、父のエドワード・ブテラグラフィックデザイナー[6][3] 父親の違う兄のフランキー英語版は俳優として活動している。

幼少時から歌唱を好み、サウスフロリダのフィルハーモニーに入団し活動。8歳でフロリダのNHLアイスホッケーのゲームで国歌斉唱しTVデビュー。10歳でグループ"Kids Who Care"を結成した[7]

女優デビュー(2008-2012)[編集]

「Tribeca Film Festival」にて (2010年5月)

2008年ブロードウェイミュージカルである『13』でチアリーダーのシャーロット役[8]でデビューした[9][注 2]。その後、2010年からニコロデオンのシットコム『ビクトリアス』(ヴィクトリア・ジャスティス主演)でレギュラー陣の一人キャット・バレンタイン役を演じ、人気を博す。2011年にシットコム『iCarly』(ミランダ・コスグローヴ主演)にゲスト出演を果たす。

2013年には『ビクトリアス』のキャットと『iCarly』のサム(ジェネット・マッカーディ)を主人公としたスピンオフドラマ『サム&キャット』で主演を果たす[10]。同作は6月8日に放送を開始した。2013年に初公開された作家ゴードン・コーマンの同名小説を原作とするTV映画『Swindle』にアマンダ・ベンソン役で出演した[11]

2011年12月にデビューシングル「プット・ユア・ハーツ・アップ」で歌手デビューする[12]2012年ミーカのシングル「ポピュラー・ソング」に客演参加した。

『Yours Truly』(2013-2014)[編集]

「FLZ Jingle Ball 2013」ライブ (2013年12月)

2013年3月26日、歌手デビューアルバムからのリードシングル「ザ・ウェイ」をリリース。Billboard Hot 100チャートで最高位9位を記録した[13]7月22日には「ベイビー・アイ」、8月6日には「ライト・ゼア」をリリースした。

8月30日、デビューアルバム『ユアーズ・トゥルーリー』をリリース。アメリカでは発売初週に13万8000枚を売り上げてBillboard 200チャートで初登場1位を記録した[14]。リリースに先立って北米ツアー「The Listening Sessions」を行った。

12月13日、EP『クリスマス・キス』をリリースした(日本盤は翌年リリース)。収録された4曲はすべてシングルカットされた。

同年12月31日に初来日した(2014年1月8日まで)。なおグランデは、初来日を含めて2014年に4回来日している。2月5日には日本でも『ユアーズ・トゥルーリー』がリリースされ、オリコンアルバムチャートで3位を記録した。

『My Everything』(2014-2015)[編集]

2014年4月28日、シングル「プロブレム」をリリースし、初週に43万5000ダウンロードを記録してBillboard Hot 100チャートで初登場3位を記録した[15]。チャートの最高位は2位に達した[13]。続いて7月3日に「ブレイク・フリー」、同月29日にはジェシー・Jニッキー・ミナージュの両者との共演作「バン・バン」を発表した。この間に主演作『サム&キャット』は放送終了となった。

同年8月22日(日本では27日)、セカンドアルバム『マイ・エヴリシング』をリリース[16]。前作に続いてBillboard 200で最高1位を記録した[17]

2014年9月4日、第48回スーパーボウルチャンピオンのシアトル・シーホークスグリーンベイ・パッカーズの対戦となる2014年のNFL開幕戦の試合前に、アメリカ国歌を斉唱した[18]

9月30日には「ラヴ・ミー・ハーダー」(en:Love Me Harder)がシングルカットされ、最高位7位まで上昇した[13]。ニュージーランドでは11月21日にEPとしてリリースされている。11月24日にシングル「サンタ・テル・ミー」を公開し、12月3日に日本でリリースされた『クリスマス・キス』(日本盤)に収録した。2015年2月10日には「ワン・ラスト・タイム」(en:One Last Time (Ariana Grande song))もシングルカットされた。

インドネシア・ジャカルタ公演 (2015年8月)

2015年2月25日より世界規模で行われるコンサートツアー「ハネムーン・ツアー (en:The Honeymoon Tour)」が開始された[19]。 日本初のフルライブ公演は、2015年8月15日、16日に千葉、大阪で行われたサマーソニック[20]のマリンステージとオーシャンステージで、またその単独エクストラとして8月19日、東京国際フォーラムホールAで開催された。北米、欧州、アジアの一部をまわるこのツアーは、早期の商業的成功に伴い、2015年10月15日までで40ヶ所が、そして中南米5ヶ所での公演も追加され、既に290,699枚のチケットを売り上げ1400万ドルを稼ぎ出している。ツアーは10月25日のサンパウロ公演を以って終了した。10月29日に予定していたプエルトリコサンフアン公演、および12月上旬に予定していたロンドンアブダビさいたま市での公演については中止となった[21]

他アーティストのフィーチャリングは、ニッキー・ミナージュが2014年にリリースしたアルバム『ピンク・プリント』の収録曲「Get on Your Knees」に参加。2015年にリリースされた「デボラのテーマ」ではアンドレア・ボチェッリと共演。同作のミュージックビデオは東京の浅草で撮影された[22]。同じく2015年にカシミア・キャット英語版がリリースした「Adore」に参加[23]フー・イズ・ファンシー英語版のシングル「ボーイズ・ライク・ユー」ではメーガン・トレイナーと共に参加している[24]

2015年6月にはリミックスアルバム『ザ・リミックス』を日本国内限定でリリースした[25]。10月30日にはシングル「フォーカス」をリリース[26]。12月18日には2作目のクリスマスEP『クリスマス&チル』を配信限定でリリースした[27]

2015年に、ライアン・マーフィー制作、FOX放送コメディホラードラマ『スクリーム・クイーンズ』(同年秋放送開始)に準レギュラー出演することが発表された[28][29]。 同7月、コメディ映画『ズーランダー』(2001年)の続編への出演が発表となる[30][31]

『Dangerous Woman』(2016- )[編集]

2016年3月11日、3枚目のアルバム『デンジャラス・ウーマン』の表題曲「デンジャラス・ウーマン」をシングルとしてリリース[32]、5月2日には「イントゥ・ユー」をリリースした。5月20日にアルバム『デンジャラス・ウーマン』が全世界同時にリリースされた[32]。8月30日には「サイド・トゥ・サイド」をシングルカットしている。

9月にはマック・ミラーのシングル「マイ・フェイバリット・パート」に客演参加[33]。マック・ミラーとの共演は「ザ・ウェイ」以来である。

9月上旬に、自身2度目となる世界規模のコンサートツアー「デンジャラス・ウーマン・ツアー英語版」の日程を発表し、オープニングアクトとしてリトル・ミックスビクトリア・モネ英語版が参加することも発表された[34][35]。ツアーは2017年2月のアリゾナ州フェニックスの公演から開始された[33]。ヨーロッパツアーは5月8日のストックホルム公演から開始した[36]

しかし、5月22日のマンチェスター公演では、終了直後にコンサート会場(マンチェスター・アリーナ)の建物内で自爆テロが発生し、観客を中心に22人が死亡、59人が負傷する事態となった[37]。事件の影響で6月5日までに予定されていたロンドン、ベルギー、ドイツ、ポーランド、スイスの公演が中止となった[38]。事件後、グランデは6月4日にマンチェスターで「One Love Manchester」と題した慈善公演を開催することを発表[39]。当日の公演にはコールドプレイジャスティン・ビーバーケイティ・ペリーリアム・ギャラガー等が参加した[40]。公演前日には、自爆テロの被害者が入院する病院に訪問した[41]

社会貢献活動[編集]

チャリティーイベントで2007年には50万ドルもの寄付金を集金した[3]

2014年9月、患者を支援するために参加した「Stand Up to Cancer」では「My Everything」を歌い、癌研究のための約1億ドルの資金調達に貢献した[42]

2015年、若いホームレスのための慈善活動「ハッピー・ヒッピー・ファウンデーション」に参加している[43]。5月にはLGBTの人権を訴えるためのイベント「NYCプライド」でヘッドライナーを務めることが発表された[44]

人物[編集]

タトゥー[編集]

合わせて5か所に彫られている。1つ目は首の後ろにフランス語で「1000の優しさ」という意味の「Mille Tendresse」、2つ目は耳の下に三日月、3つ目は右手の人差指と中指の間にヘブライ語で「HoneyMoon」、4つ目は左脇にイタリア語で「最も美しい女性」という意味の「bellissima」、5つ目は右足の人差指に小さなハートが彫られている。

スキャンダル[編集]

ドーナツ店での出来事

2015年7月4日(独立記念日)、北カリフォルニアドーナツ店に訪れた時の防犯カメラの映像と音声が7日に公開されグランデが売り物のドーナツを舐めたとされ、卑語を交えながら「アメリカ人は大嫌い。アメリカは大嫌い」("What the f— is that?" "I hate Americans, I hate America.")と発言したと報道された[45][46]。その後、警察捜査が行われると報じられ[47][48]、批判を浴びる中、8日にグランデは謝罪の声明文を出した[49][50]。9日、投稿動画で謝罪を行った[51][52]。13日、刑事告発されないと報道された[53][54]

日本とのかかわり[編集]

親日家を公言している。2015年2月15日、自身のツイッターに「わたしはべんきょします! 」と日本語で投稿をし、自筆の勉強ノートを公開した[55]。同年3月15日、アメリカNBC放送のトーク番組ザ・トゥナイト・ショー』出演時には、ホストジミー・ファロンに「私の絶対領域はとてもセクシーです」という日本語を教え、その意味も解説して爆笑を買う動画が公開されている[56]。2016年4月、訪日時に発生した熊本地震の被災者に向けた日本語のメッセージをツイッター上で発信した[57][58]

2016年3月22日、同年5月にリリースされる3rdアルバム『Dangerous Woman』の日本版ミュージックビデオに、着せ替え人形玩具のリカちゃんが出演していることが明らかになった。日本版のアルバムにのみ収録されるシングル「フォーカス」をフィーチャーしたもので、アリアナに憧れていたリカちゃんがMVに入り込んでいくというストーリー仕立てになっており、衣装・メイク・髪色なども似せている[59][60]

食生活[編集]

ヴィーガンで、牛乳など動物性の食べ物は一切口にしない[61]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
US
[62]
AUS
[63]
CAN
[64]
DEN
[65]
ITA
[66]
JPN
[67]
NOR
[68]
NZ
[69]
SWE
[70]
UK
[71]
2013 Yours Truly 1 6 2 10 3 33 11 7
2014 My Everything
  • 発売日: 2014年8月22日[77]
  • レーベル: Republic
  • フォーマット: CD, digital download
  • 全米売上: 69.2万枚[73]
1 1 1 2 4 3 1 3 2 3
  • US: 2× プラチナ[74]
  • AUS: ゴールド[78]
  • CAN: プラチナ[79]
  • DEN: ゴールド[80]
  • ITA: ゴールド[81]
  • JPN: プラチナ[75]
  • SWE: プラチナ[82]
  • UK: ゴールド[76]
2016 Dangerous Woman
  • 発売日: 2016年5月20日[83]
  • レーベル: Republic
  • フォーマット: CD, digital download
  • 全米売上: 32.2万枚[84]
2 1 2 5 1 2 1 1 4 1
  • US: プラチナ[74]
  • DEN: プラチナ[85]
  • ITA: ゴールド[81]
  • JPN: ゴールド[75]
  • SWE: ゴールド[86]
  • UK: ゴールド[76]
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

ミニアルバム(EP)[編集]

タイトル アルバムの詳細 備考
2013 Christmas Kisses
  • 発売日: 2013年12月13日
  • レーベル: Republic
  • フォーマット: CD(日本盤のみ), digital download
日本盤は2014年12月5日発売
2015 Christmas & Chill
  • 発売日: 2015年12月18日
  • レーベル: Republic
  • フォーマット: digital download
日本盤は2016年11月18日発売

コンピレーションアルバム[編集]

タイトル アルバムの詳細 備考
2015 The Remix
  • 発売日: 2015年6月3日[25]
  • レーベル: Republic
  • フォーマット: CD, digital download
日本国内限定

シングル[編集]

タイトル チャート最高位 認定 収録アルバム
US
[87]
AUS
[88]
CAN
[89]
DEN
[65]
ITA
[66]
JPN
[90]
NOR
[68]
NZ
[69]
SWE
[70]
UK
[91]
2011 Put Your Hearts Up
  • US: ゴールド[74]
なし
2013 The Way
(featuring Mac Miller)
9 37 33 66 31 41
  • US: 3× プラチナ[74]
  • AUS: ゴールド[92]
Yours Truly
Baby I 21 67 57 6 145
  • JPN: ゴールド[93]
Right There
(featuring Big Sean)
84 51 113
  • US: ゴールド[74]
Last Christmas 96 73 92 Christmas Kisses
Love Is Everything 132
Snow in California 151
Santa Baby
(featuring Liz Gillies)
155
2014 Problem
(featuring Iggy Azalea)
2 2 3 5 12 16 6 1 5 1
  • US: 6× プラチナ[74]
  • AUS: 3× プラチナ[94]
  • CAN: 3× プラチナ[79]
  • DEN: 2× プラチナ[95]
  • ITA: 2× プラチナ[81]
  • JPN: プラチナ[93]
  • NOR: 3× プラチナ[96]
  • NZ: プラチナ[97]
  • SWE: 3× プラチナ[98]
  • UK: プラチナ[76]
My Everything
Break Free
(featuring Zedd)
4 3 5 19 16 19 4 5 6 16
  • US: 3× プラチナ[74]
  • AUS: 2× プラチナ[94]
  • CAN: 2× プラチナ[79]
  • DEN: プラチナ[99]
  • ITA: プラチナ[81]
  • JPN: プラチナ[93]
  • NOR: 3× プラチナ[96]
  • NZ: ゴールド[100]
  • SWE: 4× プラチナ[101]
  • UK: ゴールド[76]
Bang Bang
(with Jessie J and Nicki Minaj)
3 4 3 10 47 40 15 4 15 1
  • US: 5× プラチナ[102]
  • AUS: 3× プラチナ[103]
  • CAN: 3× プラチナ[79]
  • DEN: プラチナ[104]
  • ITA: プラチナ[81]
  • NOR: 2× プラチナ[96]
  • NZ: 2× プラチナ[105]
  • SWE: 2× プラチナ[106]
  • UK: プラチナ[76]
My Everything
and
Sweet Talker
Love Me Harder
(with The Weeknd)
7 19 10 18 17 22 28 27 48
  • US: 3× プラチナ[74]
  • AUS: プラチナ[103]
  • CAN: プラチナ[79]
  • DEN: プラチナ[107]
  • ITA: プラチナ[81]
  • NOR: プラチナ[96]
  • SWE: プラチナ[108]
  • UK: シルバー[76]
My Everything
Brand New You[109] なし
Santa Tell Me 42 80 27 14 66 29 36 28 68 Christmas Kisses
2015 One Last Time 13 15 12 19 6 72 22 22 22 2
  • US: プラチナ[74]
  • AUS: プラチナ[103]
  • DEN: プラチナ[111]
  • ITA: 2× プラチナ[81]
  • NOR: ゴールド[96]
  • SWE: 2× プラチナ[112]
  • UK: プラチナ[76]
My Everything
E Più Ti Penso
(with Andrea Bocelli)
Cinema
Focus 7 10 8 30 8 19 20 16 14 10
  • US: プラチナ[74]
  • AUS: ゴールド[113]
  • CAN: ゴールド[79]
  • ITA: プラチナ[81]
  • SWE: プラチナ[114]
  • UK: シルバー[76]
Dangerous Woman
2016 Dangerous Woman 8 18 10 31 19 73 27 16 30 17
  • US: プラチナ[74]
  • AUS: プラチナ[113]
  • CAN: ゴールド[79]
  • ITA: プラチナ[81]
  • NZ: プラチナ[115]
  • SWE: プラチナ[116]
  • UK: ゴールド[76]
Into You 13 11 13 30 29 25 25 9 31 14
  • AUS: 2× プラチナ[117]
  • CAN: プラチナ[79]
  • DEN: ゴールド[118]
  • ITA: プラチナ[81]
  • NZ: ゴールド[119]
  • SWE: 2× プラチナ[120]
  • UK: プラチナ[76]
Side to Side
(featuring Nicki Minaj)
4 3 4 13 28 74 8 2 13 4
  • US: 2× プラチナ[74]
  • AUS: 3× プラチナ[121]
  • DEN: ゴールド[122]
  • ITA: プラチナ[81]
  • NZ: プラチナ[123]
  • SWE: プラチナ[124]
  • UK: プラチナ[76]
2017 Everyday
(featuring Future)
55 96 54 123
Beauty and the Beast
(with John Legend)
87 64 70 10 52 Beauty and the Beast
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

来日公演[編集]

主な出演[編集]

テレビドラマ[編集]

作品 役名 備考
2010 - 2013 ビクトリアス
Victorious
キャット・バレンタイン レギュラー
2011 アイ・カーリー
iCarly
キャット・バレンタイン ゲスト出演
2011 ウィンクス・クラブ
Winx Club
プリンセス ディアスプロ アニメーション、声の出演
2013 Swindle アマンダ・ベンソン TV映画
2013 - 2014 サム&キャット
Sam & Cat
キャット・バレンタイン レギュラー
2015 スクリーム・クイーンズ
Scream Queens
ソーニャ・ヘルマン / シャネル・2号 ゲスト出演

CM・広告[編集]

  • M・A・C 「ビバ グラム」シリーズ(2015年) - スポークスモデル[128]

受賞・ノミネート[編集]

MTV Video Music Awards Japan[編集]

カテゴリー 対象 結果
2014 最優秀新人アーティストビデオ賞 Baby I 受賞[129]
2015 最優秀洋楽女性アーティストビデオ賞 Problem 受賞[130]

MTV Video Music Awards[編集]

カテゴリー 対象 結果
2014 最優秀ポップビデオ賞 Problem 受賞[131]

MTVヨーロッパ・ミュージック・アワード[編集]

カテゴリー 対象 結果
2014 最優秀楽曲賞 Problem 受賞[132]
最優秀女性アーティスト賞 アリアナ・グランデ 受賞[132]

アメリカン・ミュージック・アワード[編集]

カテゴリー 対象 結果
2013 新人賞 アリアナ・グランデ 受賞[133]
2014 最優秀アーティスト賞 アリアナ・グランデ ノミネート[134]
ポップ/ロック・ミュージック部門
女性アーティスト賞
アリアナ・グランデ 受賞[134]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ かつて本項の記事にて「シチリアアブルッツォに起源を持ったイタリア系アメリカ人」と紹介されていたが、祖父母の血統のほとんどがギリシアを含むという事実が2014年に判明した
  2. ^ 『13』共演者のエリザベス・ギリースと『ビクトリアス』で再共演している

出典[編集]

  1. ^ 「GIRL3」(イン・ロック発行「イン・ロック」第370(2014年10月)号増刊)50ページ。
  2. ^ Ariana’s Bio
  3. ^ a b c d 世界中が注目する新星歌姫、アリアナ・グランデとは!?”. TVグルーヴ. 2014年9月22日閲覧。
  4. ^ https://twitter.com/arianagrande/status/454407790602104832
  5. ^ アリアナ・グランデ、実はイタリア系じゃなかったことを知り大ショック!「私の人生はウソに満ちている」”. TVグルーヴ. 2014年4月14日閲覧。
  6. ^ アメーバニュース新星歌姫アリアナ・グランデの10の秘密2014年9月22日閲覧
  7. ^ Ariana Grande TFK 2013 Person of the Year Nominee”. Time For Kids (2013年12月5日). 2015年7月20日閲覧。
  8. ^ 13 - Musical - Original”. Playbill Vault. 2015年7月20日閲覧。
  9. ^ Broadway's Lucky 13 Shows Off Teen Spirit at Photo Shoot”. broadway.com. 2015年7月20日閲覧。
  10. ^ 『iCarly(アイ・カーリー)』&『ビクトリアス』のスピンオフ 、『サム&キャット』4月2日(水)日本初放送!”. dramanavi.net (2014年2月3日). 2015年7月20日閲覧。
  11. ^ Ariana Grande & More to Star in New Nickelodeon TV Movie SWINDLE”. broadwayworld.com (2013年8月14日). 2015年7月20日閲覧。
  12. ^ 「GIRL3」(イン・ロック発行「イン・ロック」第370(2014年10月)号増刊)51ページ。
  13. ^ a b c Ariana Grande - Chart History”. Billboard Hot 100. 2015年1月8日閲覧。
  14. ^ Ariana Grande Debuts At No. 1 On Billboard 200”. ビルボード (2013年9月11日). 2013年9月11日閲覧。
  15. ^ アリアナ・グランデ、新曲「Problem」で記録更新”. MTV Japan. 2014年6月22日閲覧。
  16. ^ アリアナ・グランデ、セカンドアルバム『マイ・エヴリシング』発売決定”. 2014年8月8日閲覧。
  17. ^ Ariana Grande - Chart History”. Billboard 200. 2015年6月22日閲覧。
  18. ^ Caitlin White (2014年9月4日). “Ariana Grande Just Kicked Off The NFL Season By Slaying The National Anthem”. MTVニュース. 2014年9月5日閲覧。
  19. ^ Ariana Grande Adds New Tour Dates And Cities For Summer 2015 Following Overwhelming Success Of First Leg Of The Honeymoon Tour”. PR Newswire. 2015年8月10日閲覧。
  20. ^ SUMMER SONIC 2015”. 2015年9月5日閲覧。
  21. ^ アリアナ・グランデ 日本公演を含む12月の海外4公演を中止”. シネマトゥデイ. 2015年12月3日閲覧。
  22. ^ アリアナ・グランデが、イタリアが誇るテノール歌手アンドレア・ボチェッリとデュエットした「デボラのテーマ」のMV公開”. TVグルーヴ. 2015年10月27日閲覧。
  23. ^ アリアナ・グランデとカシミア・キャットの新曲「Adore」が公開!アリアナ、ツイッターで感激を報告”. TVグルーヴ. 2016年11月20日閲覧。
  24. ^ アリアナ・グランデ&メーガン・トレイナーが、アニメになっちゃった! 期待の新人Who Is Fancyの新曲「Boys Like You」でコラボ”. TVグルーヴ. 2016年11月27日閲覧。
  25. ^ a b アリアナ・グランデ - ザ・リミックス”. ユニバーサルミュージックジャパン. 2015年10月27日閲覧。
  26. ^ アリアナ・グランデ、新曲「フォーカス」リリース&MV公開! セクシーな白髪ヘアで「私に注目して」と熱唱”. TVグルーヴ. 2016年4月25日閲覧。
  27. ^ アリアナ・グランデ、クリスマスEPをリリース! 一足先にホリデー気分を味わおう”. TVグルーヴ. 2015年12月24日閲覧。
  28. ^ 「glee」ライアン・マーフィーの新作コメディホラードラマにリア・ミシェル、アリアナ・グランデらが出演決定”. TVグルーヴ. 2015年6月22日閲覧。
  29. ^ アリアナ・グランデ出演の新ドラマ「Scream Queens」最新予告編が公開! 新映像やキャストインタビュー”. tvgroove.com (2015年5月25日). 2015年7月20日閲覧。
  30. ^ Doughnut-Licker Ariana Grande Lands Role in ‘Zoolander 2′ with Susan Sarandon”. Breitbart News Network (2015年7月11日). 2015年8月10日閲覧。
  31. ^ Ariana Grande Is About To Add Her Doughnut-tastic Talents To A Major Movie Sequel”. VH1 (2015年7月14日). 2015年8月10日閲覧。
  32. ^ a b アリアナ・グランデ、新曲「Dangerous Woman」発表! 新アルバムは5月20日発売”. TVグルーヴ. 2016年5月23日閲覧。
  33. ^ a b アリアナ・グランデ、恋人マック・ミラーとのコラボ曲を公開! さらに「デンジャラス・ウーマン・ツアー」の日程を発表”. TVグルーヴ. 2016年11月20日閲覧。
  34. ^ リトル・ミックス、アリアナ・グランデ「Dangerous Woman」ツアーにオープニングアクトで参加決定”. TVグルーヴ. 2016年11月20日閲覧。
  35. ^ Ariana Grande: 'Dangerous Woman Tour' Set List Revealed!”. Just Jared. 2017年5月24日閲覧。
  36. ^ Ariana Grande at the O2: Tickets for Dangerous Woman tour announced”. Standard.co.uk. 2017年5月24日閲覧。
  37. ^ アリアナ・グランデのコンサート会場で爆発、22人死亡59人けが イギリス・マンチェスター”. ハフィントンポスト(日本版). 2017年5月23日閲覧。
  38. ^ アリアナ・グランデ、6月までの公演中止 英爆破事件受け”. 時事通信. 2017年5月25日閲覧。
  39. ^ アリアナ・グランデさん、6月4日に慈善公演 テロ被害者ら支援。ジャスティン・ビーバーさんも出演”. ハフィントンポスト. 2017年5月31日閲覧。
  40. ^ アリアナ・グランデ、慈善公演でテロ被害者を追悼 元「オアシス」メンバーもサプライズ登場”. ハフィントンポスト. 2017年6月5日閲覧。
  41. ^ アリアナ・グランデ、爆発事件の被害者をお見舞い”. BARKS. 2017年6月6日閲覧。
  42. ^ Stand Up to Cancer telethon raises $109 million”. USAトゥデイ (2014年9月8日). 2015年8月10日閲覧。
  43. ^ マイリー・サイラス主催のチャリティー活動にアリアナ・グランデが参加!”. tvgroove.com (2015年2月17日). 2015年8月10日閲覧。
  44. ^ アリアナ・グランデ、ニューヨークで行われるLGBT支援イベントのヘッドライナーに抜擢”. tvgroove.com (2015年5月13日). 2015年8月10日閲覧。
  45. ^ アリアナ・グランデ、ドーナツ店での無礼ぶりを暴露される。なんとツバ吐きまで…”. techinsight.jp (2015年7月10日). 2015年8月10日閲覧。
  46. ^ Ariana Grande Says "I Hate Americans. I Hate America." After Appearing to Lick On-Display Doughnuts”. ハリウッド・リポーター (2015年7月7日). 2015年8月10日閲覧。
  47. ^ アリアナ・グランデ、ドーナツを舐め暴言を吐く映像公開で謝罪。警察も介入する事態に”. techinsight.jp (2015年7月9日). 2015年8月10日閲覧。
  48. ^ Police Are Investigating Ariana Grande’s Doughnut-Licking Video”. タイム (2015年7月9日). 2015年8月10日閲覧。
  49. ^ アリアナ・グランデ、ドーナツにツバを吐き「アメリカ人大嫌い」発言。謝罪するも非難爆発”. techinsight.jp (2015年7月11日). 2015年8月10日閲覧。
  50. ^ アリアナ・グランデがまさかの「アメリカ大嫌い」発言! Fワードも飛び出した衝撃映像に本人が謝罪の声明”. tvgroove.com (2015年7月9日). 2015年8月10日閲覧。
  51. ^ アリアナ・グランデ、ドーナツ店での出来事を今度はビデオ動画で謝罪! 「ファンのために良い人間でありたい」”. tvgroove.com (2015年7月10日). 2015年8月10日閲覧。
  52. ^ Ariana Grande Apologizes Again for 'Doughnut Fiasco'”. ABCニュース (2015年7月10日). 2015年8月10日閲覧。
  53. ^ アリアナ・グランデ、刑事告発はナシか。ドーナツ店での蛮行事件”. techinsight.jp (2015年7月14日). 2015年8月10日閲覧。
  54. ^ Sweet relief: Ariana Grande will not be charged in doughnut-licking incident”. ガーディアン (2015年7月13日). 2015年8月10日閲覧。
  55. ^ アリアナ・グランデ、日本語の練習ノート公開に反響”. モデルプレス (2015年2月16日). 2016年3月17日閲覧。
  56. ^ Ariana Grande Teaches Jimmy Japanese - The Tonight Show - NBC Universal Media
  57. ^ アリアナ・グランデ、熊本地震に日本語で祈り「いい人」「心配してくれてありがとう」”. シネマトゥデイ. 2016年4月15日閲覧。
  58. ^ 本人のtwitter2017年4月30日閲覧
  59. ^ アリアナ・グランデのアルバム『デンジャラス・ウーマン』収録のMVにリカちゃんが出演!”. ファッションプレス (2016年3月22日). 2016年3月22日閲覧。
  60. ^ アリアナ・グランデ×リカちゃん「フォーカス」ミュージック・ビデオ”. UNIVERSAL MUSIC JAPAN公式YouTubeチャンネル (2016年3月22日). 2016年3月22日閲覧。
  61. ^ http://www.tvgroove.com/sm/news/article/ctg/1/nid/20224.html
  62. ^ Ariana Grande – Chart History: Billboard 200”. Billboard. Prometheus Global Media. 2014年6月7日閲覧。
  63. ^ Discography Ariana Grande”. australian-charts.com. Hung Medien. 2014年6月7日閲覧。
  64. ^ Ariana Grande – Chart History: Canadian Albums”. Billboard. Prometheus Global Media. 2014年6月7日閲覧。
  65. ^ a b Discography Ariana Grande”. danishcharts.com. Hung Medien. 2014年6月7日閲覧。
  66. ^ a b Discography Ariana Grande”. italiancharts.com. Hung Medien. 2014年6月7日閲覧。
  67. ^ アリアナ・グランデのアルバム売り上げランキング” (Japanese). Oricon. 2014年8月27日閲覧。
  68. ^ a b DISCOGRAPHY ARIANA GRANDE”. VG-lista. Hung Medien. 2014年7月11日閲覧。
  69. ^ a b Discography Ariana Grande”. charts.org.nz. Hung Medien. 2014年6月7日閲覧。
  70. ^ a b Discography Ariana Grande”. swedishcharts.com. Hung Medien. 2014年7月11日閲覧。
  71. ^ Ariana Grande (select "Albums" tab)”. Official Charts Company. 2014年6月7日閲覧。
  72. ^ Yours Truly by Ariana Grande”. iTunes Store. アップル. 2013年8月30日閲覧。
  73. ^ a b Ask Billboard: Ariana Grande's Sales, Kelly Clarkson's Streak & ... Bernie Sanders' Sales, Too | Billboard”. Billboard. (Prometheus Global Media) (2016年3月27日). 2016年3月27日閲覧。
  74. ^ a b c d e f g h i j k l m Gold & Platinum: Grande, Ariana”. Recording Industry Association of America. 2014年9月17日閲覧。
  75. ^ a b c レコード協会調べ 有料音楽配信認定” (Japanese). Recording Industry Association of Japan. 2016年3月31日閲覧。 Note: To retrieve all album certifications, 1) type in アリアナ・グランデ in the box "アーティスト", 2) click 検索
  76. ^ a b c d e f g h i j k l Certified Awards (enter "Ariana Grande" into the "Keywords" box, then select "Search")”. British Phonographic Industry. 2014年7月18日閲覧。
  77. ^ My Everything by Ariana Grande”. iTunes Store. アップル. 2014年8月22日閲覧。
  78. ^ ARIA Charts – Accreditations – 2014 Albums”. Australian Recording Industry Association. 2015年4月20日閲覧。
  79. ^ a b c d e f g h Gold/Platinum”. Music Canada. 2015年1月9日閲覧。
  80. ^ Ariana Grande "My Everything" | ifpi.dk” (Danish). IFPI Denmark. 2015年4月13日閲覧。
  81. ^ a b c d e f g h i j k FIMI: Certificazioni Archivio”. Federazione Industria Musicale Italiana. 2015年7月7日閲覧。 Note: To retrieve the certifications, 1) type in Ariana Grande in the box of "Filtra", 2) select years in the box of "Anno", 3) select "Singoli online" in the box of "Sezione" for singles or "Album e compliation" for albums, 4) click Enter
  82. ^ Ariana Grande - My Everything” (Swedish). Grammofon Leverantörernas Förening. 2015年1月13日閲覧。
  83. ^ Dangerous Woman by Ariana Grande on iTunes”. Apple Inc.. 2016年5月20日閲覧。
  84. ^ Drake's 'Views' Is Nielsen Music's Top Album of 2016 in the U.S. | Billboard”. Billboard. Prometheus Global Media (2017年1月5日). 2017年3月3日閲覧。
  85. ^ Ariana Grande – Dangerous Woman” (Danish). IFPI Denmark. 2017年5月9日閲覧。
  86. ^ Ariana Grande – Dangerous Woman” (Swedish). Grammofon Leverantörernas Förening. 2016年9月20日閲覧。
  87. ^ Peak chart positions for singles and songs in the US:
  88. ^ Peak chart positions for songs in Australia:
  89. ^ Peak chart positions for singles and songs in Canada:
  90. ^ Peak chart positions for songs in Japan:
  91. ^ Peak chart positions for songs in the United Kingdom:
  92. ^ ARIA Charts – Accreditations – 2013 Singles”. Australian Recording Industry Association. 2014年6月7日閲覧。
  93. ^ a b c レコード協会調べ 有料音楽配信認定” (Japanese). 日本レコード協会. 2016年6月7日閲覧。
  94. ^ a b ARIA Charts – Accreditations – 2014 Singles”. Australian Recording Industry Association. 2014年6月7日閲覧。
  95. ^ FIMI: Certificazioni Archivio” (Danish). IFPI. 2015年7月7日閲覧。
  96. ^ a b c d e "Norwegian single certifications – Ariana Grande" (Norwegian). IFPI Norway. July 7, 2015閲覧. 
  97. ^ NZ Top 40 Singles Chart – 09 June 2014”. Recorded Music NZ. 2014年6月7日閲覧。
  98. ^ Ariana Grande / Iggy Azalea – Problem” (Swedish). Grammofon Leverantörernas Förening. 2014年12月16日閲覧。
  99. ^ Ariana Grande Feat. Zedd - Break Free” (Danish). IFPI Denmark. 2014年10月9日閲覧。
  100. ^ NZ Top 40 Singles Chart – 22 September 2014”. Recorded Music NZ. 2014年9月19日閲覧。
  101. ^ Ariana Grande / Zedd – Break Free” (Swedish). Grammofon Leverantörernas Förening. 2015年5月11日閲覧。
  102. ^ "American single certifications – Jessie J, Ariana Grande and Nicki Minaj – Bang Bang". Recording Industry Association of America. August 27, 2015閲覧.  If necessary, click Advanced, then click Format, then select Single, then click SEARCH
  103. ^ a b c ARIA Charts – Accreditations – 2015 Singles”. Australian Recording Industry Association. 2015年3月18日閲覧。
  104. ^ Jessie J, Ariana Grande and Nicki Minaj - Bang Bang” (Danish). IFPI Denmark. 2014年10月22日閲覧。
  105. ^ NZ Top 40 Singles Chart – 09 March 2015”. Recorded Music NZ. 2015年3月18日閲覧。
  106. ^ JESSIE J, ARIANA GRANDE, NICKI MINAJ – BANG BANG” (Swedish). Grammofon Leverantörernas Förening. 2015年1月14日閲覧。
  107. ^ Ariana Grande and The Weeknd - Love Me Harder” (Danish). IFPI Denmark. 2015年8月10日閲覧。
  108. ^ Ariana Grande & The Weeknd - Love Me Harder” (Swedish). Grammofon Leverantörernas Förening. 2015年2月10日閲覧。
  109. ^ BWW News Desk (2014年12月11日). “Ghostlight Records Releases New Ariana Grande Single 'Brand New You' from Jason Robert Brown's 13”. 2015年8月14日閲覧。
  110. ^ Ariana Grande - Santa Tell Me” (Danish). IFPI Denmark. 2016年1月16日閲覧。
  111. ^ Ariana Grande - One Last Time” (Danish). IFPI Denmark. 2015年5月14日閲覧。
  112. ^ Ariana Grande - One Last Time” (Swedish). Grammofon Leverantörernas Förening. 2015年5月11日閲覧。
  113. ^ a b ARIA Charts – Accreditations – 2016 Singles”. Australian Recording Industry Association. 2016年4月6日閲覧。
  114. ^ Ariana Grande - Focus” (Swedish). Grammofon Leverantörernas Förening. 2016年4月6日閲覧。
  115. ^ NZ Top 40 Singles Chart – 30 May 2016”. Recorded Music NZ. 2016年5月27日閲覧。
  116. ^ Ariana Grande - Dangerous Woman” (Swedish). Grammofon Leverantörernas Förening. 2016年6月3日閲覧。
  117. ^ ARIA Australian Top 50 Singles”. Australian Recording Industry Association (2016年10月10日). 2016年10月8日閲覧。
  118. ^ Ariana Grande – Into You” (Danish). IFPI Denmark. 2015年10月19日閲覧。
  119. ^ NZ Top 40 Singles Chart – 15 August 2016”. Recorded Music NZ. 2016年8月12日閲覧。
  120. ^ Ariana Grande – Into You” (Swedish). Grammofon Leverantörernas Förening. 2016年9月23日閲覧。
  121. ^ ARIA Charts – Accreditations – 2017 Singles”. Australian Recording Industry Association. 2017年4月2日閲覧。
  122. ^ Ariana Grande – Side to Side” (Danish). IFPI Denmark. 2016年12月14日閲覧。
  123. ^ NZ Top 40 Singles Chart – 28 November 2016”. Recorded Music NZ. 2016年11月26日閲覧。
  124. ^ Ariana Grande – Side to Side” (Swedish). Grammofon Leverantörernas Förening. 2016年11月11日閲覧。
  125. ^ アリアナ・グランデ | 待望のハネムーン・ツアー来日公演決定!!
  126. ^ アリアナ・グランデ DANGEROUS WOMAN WORLD TOUR 日本公演公式サイト
  127. ^ 幕張メッセ公式サイトイベント情報
  128. ^ アリアナ・グランデ MAC化粧品のスポークスモデルに”. シネマトゥデイ (2015年11月1日). 2015年11月2日閲覧。
  129. ^ WINNERS”. MTV VMAJ 2014. 2015年12月4日閲覧。
  130. ^ MTV VMAJ 2015 受賞作品・アーティスト発表!”. MTVジャパン. 2015年12月4日閲覧。
  131. ^ 2014 MTV Video Music Awards Nominations: Get The Full List - MTV
  132. ^ a b “MTVヨーロッパ・ミュージック・アワード発表 1Dが3部門で受賞”. シネマトゥデイ. (2014年11月14日). http://www.cinematoday.jp/page/N0068056 2014年11月17日閲覧。 
  133. ^ AMAs 2013: See the complete winners list
  134. ^ a b American Music Awards 2015: Check Out All the Winners Here - billboard

外部リンク[編集]