冷泉彰彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
冷泉 彰彦
(れいぜい あきひこ)
誕生 前田 文夫
1959年6月22日
日本の旗 日本東京都
職業 教員作家翻訳家
活動期間 1999年 -
ジャンル 小説
主題 評論随筆
代表作 『トロイの木馬』(1999年)
『911――セプテンバーイレブンス』(2004年
『「関係の空気」「場の空気」』(2006年
処女作 『トロイの木馬』(1999年)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

冷泉 彰彦(れいぜい あきひこ、1959年6月22日 - )は、アメリカ合衆国教員作家翻訳家東京大学卒業。学位修士コロンビア大学)。プリンストン日本語学校高等部主任。本名、前田文夫。

来歴[編集]

東京都生まれ[1]東京大学に進学し、文学部にてドイツ文学を学んだ。同大学卒業後は福武書店勤務を経て[1]1993年に渡米。ベルリッツ・インターナショナルに移り、企業経営に関する業務を担当[1]。その後、コロンビア大学大学院にて修士課程を修了し、ラトガース大学にて講師を務めた。現在、プリンストン日本語学校の高等部にて主任を務める。[1]。父は、新約聖書学者、東京大学名誉教授の前田護郎。母方の大叔父に社会思想家河合栄治郎、曾祖父に社会学者金井延、高祖父に陸軍大将大久保春野

現在、アメリカ合衆国ニュージャージー州に居住し、村上龍が主宰するメールマガジン「Japan Mail Media(JMM)」にて、「from 911 / USAレポート」と題したコラムを連載[2]、2011年にその内容をまとめた『From 911, USAレポート 10年の記録』を電子書籍として配信。2001年のアメリカ同時多発テロ事件後に始まった同コラムは、2014年6月現在で連載660回を超える[2]

『ニューズウィーク』日本版のコラムニストであり、「プリンストン発 日本/アメリカ新時代 」と題して、2009年5月より週に2~3回のコラムを掲載している。

2014年4月より、有料メルマガ「冷泉彰彦のプリンストン通信」配信開始。

また、鴻上尚史リサ・ステッグマイヤー司会を務める『COOL JAPAN〜発掘!かっこいいニッポン〜』にご意見番として、準レギュラー出演している。

作風[編集]

1999年に上梓した『トロイの木馬』では2000年問題をテーマに取り上げており、コンピュータウイルスにより2000年1月1日に破綻する社会を描いている[3]。また、2000年代日本経済について、「バブル崩壊後に低金利政策の結果、デフレが長期化した」[4]など独自の主張を展開している。

人物[編集]

「冷泉彰彦」は筆名であり、デビュー時に角川春樹から助言され命名した[5]

アメリカ合衆国大統領バラク・オバマについて好意的な感情を持っており、オバマに対して「ひいき側」[6]に立脚していると発言している。2009年にオバマとシアトル・マリナーズ選手のイチローが対面した際は、「堂々とサインをするオバマと、直立不動の『気をつけ』の姿勢で待っているイチロー選手の対比は異常」[7]と指摘したうえで「イチロー選手は『完敗』」[7]と論評した。

主張[編集]

  • 選択的夫婦別姓制度導入に賛同する。「選択的夫婦別姓制度の導入に反対などと主張することは、倫理的な正当性がきわめて低い。反対している者は家族が崩壊する、というが、その反対派の行動こそが、家族の形成を阻害している」と指摘している[8]

出演[編集]

テレビ[編集]

著作[編集]

単著[編集]

翻訳[編集]

連載[編集]

  • 「from 911/USAレポート」『村上龍 Japan Mail Media(JMM)』G2010。
  • 「プリンストン発 日本/アメリカ新時代 」『 ニューズウィーク日本版』阪急コミュニケーションズ。
  • 「米国マネー最前線」『日経マネー』日経BP
  • 「アメリカ東海岸事情」「アメリカ出版事情」『エコノミスト』毎日新聞社。
  • 「アメリカの視点X日本の視点」『ライトハウス』TAKUYO CORPORATION

電子書籍[編集]

  • 『From 911, USAレポート 10年の記録』G2010

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]