MTV Video Music Awards Japan

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

MTV Video Music Awards Japan(エムティービー・ビデオ・ミュージック・アワード・ジャパン)は、日本MTVジャパンが主催するミュージック・ビデオの祭典。略称は「VMAJ」。

アメリカ合衆国で行われる「MTV Video Music Awards」と同様に一年間を通じて各部門で最も活躍したアーティストに対して賞を与えるイベントである。アジア圏を網羅したMTV Asia Awardsより独立した。

2010年は名称を『MTV WORLD STAGE VMAJ』として開催し、司会者を設けずにナレーター・プレゼンターが案内・紹介スタイルで進行となった。また、2011年は名称を『MTV Video Music Aid Japan』(東日本大震災のチャリティーイベント)として初めて6月に開催された。

MCについて[編集]

問題点[編集]

2006年までと2013年は生中継されていなかったため、地上波民放各局の方がMTVよりもVMAJの様子や結果を早く放送していた。

かつてより受賞が恣意的であるなどの批判があり、レーベルの都合から浜崎あゆみがベストライブパフォーマンス賞を受賞した際には、海外より受賞のために来日していたメアリー・J・ブライジがライブをせずに番組途中でボイコットしてしまうなど問題もあった。また、2002年には本アワードに出演していたZEEBRAが公演時間が遅くなっている事に対して不満を漏らしたほか、2008年には「アワードがミュージシャンよりもスポンサーを大事にしている」とYouTubeで批判した(なお、ZEEBRAは例年VMAJに参加しており、2003年には片瀬那奈と一緒にMCを担当している)。

開催日時[編集]

回数 開催日 会場名 司会者
第1回 2002年5月24日 東京国際フォーラム ロンドンブーツ1号2号
第2回 2003年5月25日 さいたまスーパーアリーナ ZEEBRA片瀬那奈
第3回 2004年5月23日 東京ベイNKホール 山口智充
第4回 2005年5月29日 藤井隆MEGUMI
第5回 2006年5月27日 国立代々木第一体育館 久本雅美速水もこみち
第6回 2007年5月26日 さいたまスーパーアリーナ 石塚英彦伊東美咲
第7回 2008年5月31日 セロ
第8回 2009年5月30日 劇団ひとり
第9回 2010年5月29日 国立代々木第一体育館 なし(ナレーターをMTVスタッフが、進行はプレゼンターが担当)
第10回 2011年6月25日 幕張メッセ AKB48
第11回 2012年6月23日 Perfume
第12回 2013年6月22日 金子ノブアキ前田敦子
第13回 2014年6月14日 舞浜アンフィシアター 道重さゆみT.M.Revolutionw-inds.
第14回 2015年11月26日 都内某所 VERBAL
第15回 2016年10月26日 新木場 STUDIO COAST RIP SLYME

各賞[編集]

最優秀ビデオ賞 / Best Video of the Year[編集]

  • MTV Video Music Awards Japan最優秀ビデオ賞
回数 歌手名 曲名
第2回 2003年 RIP SLYME 楽園ベイベー
第3回 2004年 ミッシー・エリオット パス・ザット・ダッチ
第4回 2005年 ORANGE RANGE
第5回 2006年 倖田來未 Butterfly
第6回 2007年 夢のうた
第7回 2008年 EXILE I Believe
第8回 2009年 Ti Amo (Chapter2)
第9回 2010年 ふたつの唇
第10回 2011年 レディー・ガガ ボーン・ディス・ウェイ
第11回 2012年 EXILE Rising Sun
第12回 2013年 EXILE TRIBE 24karats TRIBE OF GOLD
第13回 2014年 EXILE EXILE PRIDE 〜こんな世界を愛するため〜
第14回 2015年 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE Eeny, meeny, miny, moe!
第15回 2016年 宇多田ヒカル 真夏の通り雨

最優秀アーティストビデオ賞[編集]

  • MTV Video Music Awards Japan最優秀男性アーティストビデオ賞
  • MTV Video Music Awards Japan最優秀女性アーティストビデオ賞
    • 第14回より各賞はJAPAN部門とInternational部門が設けられた。
回数 男性 女性
歌手名 曲名 歌手名 曲名
第2回 2003年 クレイグ・デイヴィッド ホワッツ・ユア・フレイヴァ 宇多田ヒカル SAKURAドロップス
第3回 2004年 ファレル・ウィリアムス feat. ジェイ・Z Frontin 浜崎あゆみ Because of You
第4回 2005年 平井堅 瞳をとじて 中島美嘉 桜色舞うころ
第5回 2006年 POP STAR 倖田來未 Butterfly
第6回 2007年 DJ OZMA アゲ♂アゲ♂EVERY☆騎士 夢のうた
第7回 2008年 ニーヨ ビコーズ・オブ・ユー ファーギー ビッグ・ガールズ・ドント・クライ
第8回 2009年 KREVA あかさたなはまやらわをん 安室奈美恵 NEW LOOK
第9回 2010年 清水翔太 美しき日々よ FAST CAR
第10回 2011年 ブルーノ・マーズ Just the Way You Are レディー・ガガ ボーン・ディス・ウェイ
第11回 2012年 It Will Rain 安室奈美恵 Love Story
第12回 2013年 EXILE ATSUSHI MELROSE 〜愛さない約束〜 西野カナ Always
第13回 2014年 青い龍 マイリー・サイラス We Can't Stop
回数 男性(JAPAN) 男性(INTERNATIONAL)
歌手名 曲名 歌手名 曲名
第14回 2015年 星野源 SUN ファレル・ウィリアムス Freedom
第15回 2016年 高橋優 光の破片 ジャスティン・ビーバー Sorry
回数 女性(JAPAN) 女性(INTERNATIONAL)
歌手名 曲名 歌手名 曲名
第14回 2015年 安室奈美恵 Birthday アリアナ・グランデ Problem feat. Iggy Azalea
第15回 2016年 宇多田ヒカル 真夏の通り雨 Into You

最優秀グループビデオ賞[編集]

  • MTV Video Music Awards Japan最優秀グループビデオ賞
    • 第14回よりJAPAN部門とInternational部門が設けられた。
回数 グループ名 曲名
第2回 2003年 RIP SLYME 楽園ベイベー
第3回 2004年 KICK THE CAN CREW 性コンティニュー
第4回 2005年 リンキン・パーク Breaking The Habit
第5回 2006年 Def Tech KONOMAMA
第6回 2007年 EXILE Lovers Again
第7回 2008年 m-flo loves
日之内エミ&Ryohei&Emyli&YOSHIKA&LISA
love comes and goes
第8回 2009年 EXILE Ti Amo (Chapter2)
第9回 2010年 東方神起 Share The World
第10回 2011年 少女時代 GENIE
第11回 2012年 2PM I'm your man
第12回 2013年 三代目 J Soul Brothers 花火
第13回 2014年 ももいろクローバーZ GOUNN
回数 グループ名(JAPAN) 曲名 グループ名(INTERNATIONAL) 曲名
第14回 2015年 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE Eeny, meeny, miny, moe! OK GO I Won't Let You Down
第15回 2016年 EXILE THE SECOND Shut up!! Shut up!! Shut up!! Fifth Harmony Work from Home feat. Ty Dolla $ign

最優秀映画ビデオ賞[編集]

  • MTV Video Music Awards Japan最優秀映画ビデオ賞
回数 歌手名 曲名 映画
第2回 2003年 エミネム ルーズ・ユアセルフ 8 Mile
第3回 2004年 ピンク feat. ウィリアム・オービット Feel Good Time チャーリーズ・エンジェル フルスロットル
第4回 2005年 平井堅 瞳をとじて 世界の中心で、愛をさけぶ
第5回 2006年 NANA starring MIKA NAKASHIMA GLAMOROUS SKY NANA
第6回 2007年 大塚愛 恋愛写真 ただ、君を愛してる
第7回 2008年 宇多田ヒカル Beautiful World ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序
第8回 2009年 レミオロメン 夢の蕾 感染列島
第9回 2010年 JUJU with JAY'ED 明日がくるなら 余命一ヶ月の花嫁
第10回 2011年 アヴリル・ラヴィーン アリス アリス・イン・ワンダーランド
第11回 2012年 BUMP OF CHICKEN グッドラック ALWAYS 三丁目の夕日'64
第12回 2013年 ONE OK ROCK The Beginning るろうに剣心
第13回 2014年 星野源 地獄でなぜ悪い 地獄でなぜ悪い

最優秀新人アーティストビデオ賞[編集]

  • MTV Video Music Awards Japan最優秀新人アーティストビデオ賞
    • 第14回よりJAPAN部門とInternational部門が設けられた。
回数 歌手名 曲名
第2回 2003年 アヴリル・ラヴィーン Complicated
第3回 2004年 ORANGE RANGE 上海ハニー
第4回 2005年 サンボマスター 美しき人間の日々
第5回 2006年 リアーナ ポン・デ・リプレイ
第6回 2007年 ニーヨ ソー・シック
第7回 2008年 秦基博 鱗 (うろこ)
第8回 2009年 キマグレン LIFE
第9回 2010年 BIGBANG ガラガラ GO!!
第10回 2011年 ジャスティン・ビーバー Baby feat. リュダクリス
第11回 2012年 2NE1 I AM THE BEST
第12回 2013年 カーリー・レイ・ジェプセン Call Me Maybe
第13回 2014年 アリアナ・グランデ Baby I
回数 歌手名(JAPAN) 曲名 歌手名(INTERNATIONAL) 曲名
第14回 2015年 DOBERMAN INFINITY INFINITY Years & Years King
第15回 2016年 Suchmos MINT DNCE Cake by the Ocean

最優秀ロックビデオ賞[編集]

  • MTV Video Music Awards Japan最優秀ロックビデオ賞
    • 第14回の表彰はなし。
回数 歌手名 曲名
第2回 2003年 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ バイ・ザ・ウェイ
第3回 2004年 グッド・シャーロット The Anthem
第4回 2005年 フーバスタンク ザ・リーズン
第5回 2006年 グリーン・デイ Boulevard of Broken Dreams
第6回 2007年 マイ・ケミカル・ロマンス ウェルカム・トゥ・ザ・ブラック・パレード
第7回 2008年 RADWIMPS オーダーメイド
第8回 2009年 マキシマム ザ ホルモン 爪爪爪
第9回 2010年 Superfly Dancing On The Fire
第10回 2011年 トキオ・ホテル Darkside of the Sun
第11回 2012年 ONE OK ROCK アンサイズニア
第12回 2013年 The Beginning
第13回 2014年 Be the light
第15回 2016年 [Alexandros] Swan

最優秀ポップビデオ賞[編集]

  • MTV Video Music Awards Japan最優秀ポップビデオ賞
    • 第14回の表彰はなし。
回数 歌手名 曲名
第2回 2003年 ブルー One Love
第3回 2004年 浜崎あゆみ No way to say
第4回 2005年 ケツメイシ 君にBUMP
第5回 2006年 レミオロメン 粉雪
第6回 2007年 大塚愛 恋愛写真
第7回 2008年 アヴリル・ラヴィーン ガールフレンド
第8回 2009年 ケイティ・ペリー キス・ア・ガール
第9回 2010年 BIGBANG 声をきかせて
第10回 2011年 いきものがかり ありがとう
第11回 2012年 三代目J Soul Brothers FIGHTERS
第12回 2013年 きゃりーぱみゅぱみゅ ファッションモンスター
第13回 2014年 レディー・ガガ Applause
第15回 2016年 Nissy Playing With Fire

最優秀R&Bビデオ賞[編集]

  • MTV Video Music Awards Japan最優秀R&Bビデオ賞
    • 第14回の表彰はなし。
回数 歌手名 曲名
第2回 2003年 Crystal Kay Girl U Love
第3回 2004年 安室奈美恵 Put 'Em Up
第4回 2005年 GIRL TALK
第5回 2006年 AI Story
第6回 2007年 Believe
第7回 2008年 安室奈美恵 Hide & Seek
第8回 2009年 Sexy Girl
第9回 2010年 加藤ミリヤ Aitai
第10回 2011年 リアーナ オンリー・ガール (イン・ザ・ワールド)
第11回 2012年 加藤ミリヤ 勇者たち
第12回 2013年 LOVERS partII feat.若旦那
第13回 2014年 三浦大知 I'm On Fire
第15回 2016年 Cry & Fight

最優秀ヒップホップビデオ賞[編集]

  • MTV Video Music Awards Japan最優秀ヒップホップビデオ賞
    • 第14回の表彰はなし。
回数 歌手名 曲名
第2回 2003年 RIP SLYME FUNKASTIC
第3回 2004年 ZEEBRA Touch the sky
第4回 2005年 ビースティ・ボーイズ Ch-Check It Out
第5回 2006年 50セント feat. モブ・ディープ アウタ・コントロール
第6回 2007年 KREVA THE SHOW
第7回 2008年 RIP SLYME I・N・G
第8回 2009年 TERIYAKI BOYZ® ZOCK ON! feat.Pharrell and Busta Rhymes
第9回 2010年 KREVA 瞬間speechless
第10回 2011年 エミネム ノット・アフレイド
第11回 2012年 KREVA 基準
第12回 2013年 エイサップ・ロッキー F**kin' Problems feat. DRAKE, 2 CHAINZ & KENDRICK LAMAR
第13回 2014年 SKY-HI 愛ブルーム
第15回 2016年 AK-69 Flying B

最優秀コラボレーションビデオ賞[編集]

  • MTV Video Music Awards Japan最優秀コラボレーションビデオ賞
回数 歌手名 曲名
第2回 2003年 SUITE CHIC GOOD LIFE feat.FIRSTKLAS
第3回 2004年 ビヨンセ feat. ジェイ・Z クレージー・イン・ラブ
第4回 2005年 ジェイ・Z/リンキン・パーク Numb/Encore
第5回 2006年 HOTEI vs RIP SLYME BATTLE FUNKASTIC
第6回 2007年 U2ANDグリーン・デイ セインツ・アー・カミング
第7回 2008年 倖田來未 LAST ANGEL feat.東方神起
第8回 2009年 ネリー featuring ファーギー パーティ・ピープル
第9回 2010年 w-inds. × G-DRAGON(BIGBANG Rain Is Fallin'
第10回 2011年 エミネム ラヴ・ザ・ウェイ・ユー・ライ feat.リアーナ
第11回 2012年 安室奈美恵 make it happen feat.AFTERSCHOOL
第12回 2013年 MIYAVI vs YUKSEK DAY 1
第13回 2014年 T.M.Revolution × 水樹奈々 Preserved Roses
第14回 2015年 ももいろクローバーZ vs KISS 夢の浮世に咲いてみな

最優秀ダンスビデオ賞[編集]

  • MTV Video Music Awards Japan最優秀ダンスビデオ賞
    • 第14回の表彰はなし。
回数 歌手名 作品名
第9回 2010年 レディー・ガガ ポーカーフェイス
第10回 2011年 ボーン・ディス・ウェイ
第11回 2012年 Perfume レーザービーム
第12回 2013年 BIGBANG FANTASTIC BABY -Ver. Final-
第13回 2014年 Perfume Magic of Love
第15回 2016年 BOOM BOOM SATELLITES LAY YOUR HANDS ON ME

最優秀レゲエビデオ賞[編集]

  • MTV Video Music Awards Japan最優秀レゲエビデオ賞
回数 歌手名 作品名
第9回 2010年 HAN-KUN KEEP IT BLAZING
第10回 2011年 アイヤズ リプレイ
第11回 2012年 SEAN PAUL She Doesn't Mind
第12回 2013年 lecca Clown Love
第13回 2014年 Sky is the Limit feat. RHYMESTER

最優秀アルバム賞[編集]

  • MTV Video Music Awards Japan最優秀アルバム賞
    • 第14回の表彰はなし。
    • 第15回より、JAPAN部門とINTERNATIONAL部門が設けられる。
回数 歌手名 作品名
第2回 2003年 CHEMISTRY Second to None
第3回 2004年 アウトキャスト Speakerboxxx/The Love Below
第4回 2005年 ORANGE RANGE musiQ
第5回 2006年 ИATURAL
第6回 2007年 ダニエル・パウター ダニエル・パウター
第7回 2008年 EXILE EXILE LOVE
第8回 2009年 Mr.Children SUPERMARKET FANTASY
第9回 2010年 EXILE 愛すべき未来へ
第10回 2011年 西野カナ to LOVE
第11回 2012年 少女時代 GIRLS' GENERATION
第12回 2013年 2PM LEGEND OF 2PM
第13回 2014年 きゃりーぱみゅぱみゅ なんだこれくしょん
回数 歌手名(JAPAN) 作品名 歌手名(INTERNATIONAL) 作品名
第15回 2016年 BABYMETAL METAL RESISTANCE ビヨンセ Lamonade

最優秀カラオケソング賞[編集]

  • MTV Video Music Awards Japan最優秀カラオケソング賞
  • 第8回(2009年)より導入された賞で、MTVユーザーによって選ばれた最も人気のあるカラオケソングが選出される。
回数 歌手名 曲名
第8回 2009年 キマグレン LIFE
第9回 2010年 加藤ミリヤ×清水翔太 Love Forever
第10回 2011年 少女時代 GENIE
第11回 2012年 ソナーポケット 365日のラブストーリー。
第12回 2013年 きゃりーぱみゅぱみゅ ファッションモンスター
第13回 2014年 もったいないとらんど

最優秀振付け賞[編集]

  • MTV Video Music Awards Japan最優秀振付け賞
    • 第14回の表彰はなし。
回数 歌手名 作品名
第12回 2013年 ももいろクローバーZ サラバ、愛しき悲しみたちよ
第13回 2014年 E-girls ごめんなさいのKissing You
第15回 2016年 GENERATIONS from EXILE TRIBE AGEHA

最優秀シェアビデオ賞[編集]

  • MTV Video Music Awards Japan最優秀シェアビデオ賞
  • 他の全ノミネート作品を対象に、オフィシャルサイトVMAJ.JPでの動画視聴とソーシャルメディアを通じて、ユーザーに最も共有したいと思われたミュージックビデオに贈られる賞。
回数 歌手名 作品名
第13回 2014年 西野カナ Believe

インスピレーション・アワード・ジャパン[編集]

  • MTV Video Music Awards Japanインスピレーション・アワード・ジャパン
    • 第14回の表彰はなし。
回数 歌手名
第13回 2014年 GLAY
第15回 2016年 THE YELLOW MONKEY

特別功労賞[編集]

  • MTV Video Music Awards Japan特別功労賞
回数 歌手名
第13回 2014年 EXILE HIRO
第14回 2015年 平井堅
倖田來未
JUJU

関連項目[編集]

外部リンク[編集]