秦基博

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
秦基博
Hata-motohiro09-2.jpg
基本情報
出生 1980年10月11日(33歳)
宮崎県日南市
血液型 A型
ジャンル J-POP
職業 シンガーソングライター
担当楽器 アコースティックギター
活動期間 1999年 -
レーベル ADD NINE RECORDS(2004年
AUGUSTA RECORDS/BMG JAPAN
(2006年 - 2009年
AUGUSTA RECORDS/Ariola Japan
(2009年 - )
事務所 オフィスオーガスタ(2006年 - )
共同作業者 上田禎
亀田誠治
島田昌典
公式サイト 秦基博 公式サイト

秦 基博(はた もとひろ、1980年10月11日 - )は、日本ミュージシャンオフィスオーガスタ所属。宮崎県日南市生まれ、神奈川県横浜市青葉区[1]育ち。身長178cm[2]。血液型A型。3人兄弟の末っ子。既婚。通称「はた坊」。

来歴[編集]

  • 小学6年生の時、長兄が友人から3,000円で譲り受けたギターを初めて手にする。
  • 中学生時代から作曲を行い、高校生の頃から本格的に楽曲制作を行うようになる。
1999年
  • 知人の伝で横浜のライブハウスF.A.D YOKOHAMAに出演するようになる。以降、横浜を中心に渋谷下北沢などで弾き語りでのライブ活動を展開する。
2004年
2006年
2007年
2008年
2009年
2010年
2011年
2012年
2013年

人物[編集]

  • 小学校は横浜市立つづじヶ丘小学校、中学校は横浜市立谷本中学校、高校は法政大学第二高等学校[3]、大学は法政大学へぞれぞれ進学。
  • 名前の漢字読みが比較的難しいため、オフィシャルサイトやCDパッケージ、CS放送のクレジット等、名前には必ず「ハタ・モトヒロ」と、ルビが振られている。
  • キャッチコピーは「鋼と硝子でできた声」。アコースティックギター弾き語りのスタイルを一貫している。楽曲は自身で作詞作曲を行い、作曲は主にギターで行う。
  • 趣味は野球ボウリングビリヤード等。特にボウリングは大好きで、ボウリングを6ゲームした次の日の野球の最中に右腕を骨折をし、それでもなお左腕でボウリングを続けたというエピソードがある。なお、「キミ、メグル、ボク」のPVでは、彼自身がボウリングをしているシーンがある。
  • お笑いコンビジョイマンとは中学校での同級生[4](高木とは小学校からの旧友である[5])で、同じバスケットボール部員だった。今でも親交があり、1年に1回飲みに行く間柄であることを公言している[5]
  • 漫画を読む事も好きであり2011年6月16日放送SPACE SHOWER TV「スペチャ!」では「砂の栄冠」「めぞん一刻」を推薦した。
  • 結婚したことを公表した後、家族話は少なかったが「Girl」は自分の子供に向けて作った歌とラジオで公表。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

CD[編集]

発売日 タイトル 備考
1st 2006年11月8日 シンクロ
2nd 2007年6月6日 鱗(うろこ)
3rd 2007年9月12日 青い蝶
4th 2008年4月23日 キミ、メグル、ボク
5th 2008年6月4日 虹が消えた日
6th 2008年10月8日 フォーエバーソング
7th 2009年1月21日 朝が来る前に
8th 2009年8月12日 Halation
9th 2010年1月13日 アイ
2010年6月9日 アイ Premium Package 完全生産限定
10th 2010年8月11日 透明だった世界
11th 2010年9月8日 メトロ・フィルム
12th 2011年6月15日 水無月
2012年5月30日 アルタイル “秦基博 meets 坂道のアポロン”名義のため、カウントせず
13th 2012年10月31日 Dear Mr. Tomorrow
14th 2013年1月16日 初恋/グッバイ・アイザック
15th 2013年5月29日 言ノ葉
16th 2014年4月23日 ダイアローグ・モノローグ

アナログ[編集]

発売日 タイトル  備考
2013年10月16日 Girl 4thアルバム「Signed POP」からシングルカット
完全生産限定

アルバム[編集]

ミニ・アルバム[編集]

発売日 タイトル
2007年3月7日 僕らをつなぐもの
2009年1月21日 僕らをつなぐもの プレミアム・エディション

EP[編集]

発売日 タイトル
1st 2012年2月8日 エンドロールEP

オリジナル・アルバム[編集]

発売日 タイトル
インディーズ 2004年1月20日 オレンジの背景の赤い静物
1st 2007年9月26日 コントラスト
2nd 2008年10月29日 ALRIGHT
3rd 2010年10月6日 Documentary
4th 2013年1月30日 Signed POP

コンピレーション・アルバム[編集]

発売日 タイトル  備考
ライブ 2010年3月3日 BEST OF GREEN MIND '09 2010年期間限定発売
2011年6月15日 BEST OF GREEN MIND 2010 2011年期間限定発売[6]
セルフセレクション 2013年10月16日 ひとみみぼれ

配信限定作品[編集]

発売日 タイトル
2008年3月26日 SHIBUYA-AX '07
2008年12月16日 フォーエバーソング(Live at The Room)
2009年1月21日 ライブ@中野サンプラザ27/12/2008

DVD/Blu-ray[編集]

発売日 タイトル 備考
ライブ・ビデオ 2009年9月16日 LIVE AT BUDOKAN
PV集 2011年11月23日 BEST MUSIC CLIPS 2006-2011
PV集+ライブ・ビデオ
セットボックス
5th Anniversary DVD BOX
BEST MUSIC CLIPS 2006-2011
+DOCUMENTARY TOUR FINAL+GREEN MIND 2011
初回生産限定
ライブ・ビデオ
セットボックス
2012年6月27日 GREEN MIND AT BUDOKAN
+LIVE AT OSAKA-JO HALL ~5TH ANNIVERSARY~
Blu-ray限定発売/初回生産限定[7]
ライブ・ビデオ GREEN MIND AT BUDOKAN
LIVE AT OSAKA-JO HALL ~5TH ANNIVERSARY~
2013年5月29日 GREEN MIND 2012 初回限定生産(DVD限定発売)[8]
2013年12月25日 Signed POP TOUR
2014年4月30日 Hata Motohiro Visionary live 2013 -historia-

書籍[編集]

  • ギター弾き語り 秦 基博 僕らをつなぐもの(2007年3月12日ドレミ楽譜出版社
  • BAND SCORE 秦 基博「僕らをつなぐもの」+2(2007年4月26日シンコーミュージック・エンタテイメント
  • ギター弾き語り 秦 基博 songbook(2007年10月10日、シンコーミュージック・エンタテイメント)
  • ギター弾き語り 秦 基博 コントラスト(2007年10月20日、ドレミ楽譜出版社)
  • 新しい歌(2009年1月21日USEN
  • ギター弾き語り 秦 基博 ALRIGHT(2009年1月31日発売、ドレミ楽譜出版社)
  • バンド・スコア 秦 基博 LIVE AT BUDOKAN(2009年12月28日発売、ドレミ楽譜出版社)
  • ギター弾き語り 秦 基博/BEST OF GREEN MIND '09(2010年4月30日発売、ドレミ楽譜出版社)
  • ピアノ弾き語り 秦 基博/マイ・フェイバリット・ソングス(2010年10月発売、ドレミ楽譜出版社)
  • ギター弾き語り 秦 基博/Documentary(2011年1月31日発売、ドレミ楽譜出版社)
  • ギター弾き語り 秦 基博/ギター弾き語り全曲集(オフィシャルスコア)(2013年4月12日、ドレミ楽譜出版社)

その他の音楽活動[編集]

参加楽曲[編集]

参加作品[編集]

出演[編集]

  • レギュラー出演、および特集が組まれた番組のみの記載とする。

テレビ番組[編集]

CM[編集]

出典・脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ アーティストブック『新しい歌』内で、小学校時代の学歴を横浜市立つつじヶ丘小学校であると明かしているため、居住区は青葉区であると断定できる。
  2. ^ 秦基博. “総力特集 Vol.9『秦 基博』|エキサイトミュージック(音楽) 秦 基博 履歴書”. excite MUSIC. 2009年1月23日閲覧。
  3. ^ http://www.hosei2.ed.jp/news/201310/20131025000000933.html
  4. ^ 秦 基博『新しい歌』、USEN、2009年1月21日、ISBN9784903979083。
  5. ^ a b スペースシャワーTV『MUSIC UPDATE』2009年8月11日。
  6. ^ 12thシングル「水無月」の期間限定生産盤『水無月+BEST OF GREEN MIND 2010』として、シングルとセットで発売。
  7. ^ 初回生産限定盤の内容を収録
  8. ^ 16thシングル「言ノ葉」の初回生産限定盤『言ノ葉+GREEN MIND 2012』として発売。

外部リンク[編集]