50セント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
50 Cent
50 Cent cropped.jpg
2009年のアメリカン・ミュージック・アワードにて。
基本情報
出生名 カーティス・ジェームズ・ジャクソン三世
生誕 1975年7月6日(41歳)
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国, ニューヨーク州, ニューヨーク市, クイーンズ区, ジャマイカ地区
ジャンル ヒップホップ
職業 ラッパー, ビジネスマン, 音楽プロデューサー, 俳優, 発明家
活動期間 1997年~現在
レーベル Shady, Aftermath, Interscope
共同作業者 G-Unit, Dr. Dre, Eminem, Sha Money XL
公式サイト 50cent.com

50セント(50 Cent[1]読み:フィフティーセント、本名:Curtis James Jackson III(カーティス・ジェームズ・ジャクソン三世)、1975年7月6日 - )はアメリカ合衆国ヒップホップMC俳優企業家エグゼクティブプロデューサー、プロボクシングプロモーターである。ソロMCとしても活動するが、Gユニットの一員でもある。ニューヨーク州ニューヨーク市クイーンズ区ジャマイカ地区出身。左利き

50セントというMCネームは、1980年代にニューヨークのブルックリン界隈で30人あまりを殺害し、たった50セントでさえも奪ったとされる実在のギャング、ケルビン “50セント” マーティン(Kelvin "50 Cent" Martin)に由来する。

来歴[編集]

母親はドラッグディーラーで、彼を15歳の時に生んだ後、彼が8歳の時に何者かに殺害された。父親はおらず、その後は祖父母に育てられた。12歳の時に麻薬売買を始め、ドラッグディーラーとして名を馳せた。1996年、友人の紹介によりRun-D.M.C.のジャム・マスター・ジェイ主催のレーベルJMJと契約し、ラップの基礎を学ぶ(それまで50セントは小節の数え方や、コーラスの作り方などを知らなかった)。

1999年にはトラックマスターズに見いだされコロムビア・レコードと契約した。シングル『How To Rob』では、駆け出しのラッパーが有名なラッパーからいろいろなものを奪っていくという内容が大いに受け、またその曲にジェイ・Z、ビッグ・パンなどといった著名ラッパーが反応した為にそこそこのヒットとなる。コロムビア・レコードでは、シングル3枚 EP1枚を発表したが、2000年に祖母宅前で9発の銃弾を被弾する銃撃事件に巻き込まれたことから、レコード会社トラブルを恐れ彼との契約を解除し、アルバム『Power Of The Dollar』はお蔵入りとなってしまう。なお、この銃撃事件で、彼は顔にも銃撃を受け、その影響でその後声質が変わっている。

50セントは、この事件がきっかけでアメリカのレコード会社のブラックリストに載ってしまい、アメリカでは仕事が見つけられなくなってしまった。そこで新しいビジネスパートナーとしてシャ・マニー・XLを迎え、カナダに渡り30曲あまりの曲を録音し、2001年に仮のLPである『Guess Who's Back』を単独でリリース。それと平行して、自らのグループGユニットと共にミックスCD『50 Cent Is The Future』を制作した。

こうした活動の結果がエミネムの目にとまり、彼のレーベル、シェイディ・レコード(Shady Records)とドクター・ドレーのレーベル、アフターマス・エンターテインメント(Aftermath Entertainment)との共同契約を果たす。その後すぐにミックスCD『No Mercy, No Fear』を発表。その中に収録された「ワンクスタ」がラジオでヘビープレイされ、ストリートの支持を獲得。満を持して1stアルバム『ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン』をリリース。「イン・ダ・クラブ」、「21クエスチョンズ feat. ネイト・ドッグ」等がヒットし1100万枚ものセールスを記録する。

2005年には2ndアルバム『ザ・マッサカー〜殺戮の日。』が発表され、同年末に自身が主演する半自叙伝的映画「ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン」が全米で公開された。

2007年の9月11日に3rdアルバム『カーティス』をリリースする。この日はカニエ・ウェストのアルバム『グラデュエーション』の発売と同日。そのため、本人は「1週目のセールスでカニエに負けたらもう自己のアルバムを出さない」と公言した。

米国内の1週目のアルバムセールスでトップを飾ったのはカニエ・ウェストの『グラデュエーション』で、95万7000枚を売り上げ、ほぼ1週間でプラチナディスク獲得を確実なものとした。続く2位の50セントもゴールドディスクを認定される50万枚をやすやすとクリア、69万1000枚という記録を達成している。その後引退の気配は一切ない。

2015年、自己破産した。

2016年6月25日、セントクリストファー・ネイビスで開催された音楽フェスティバルのパフォーマンス中に違法な言葉を連発したとして逮捕された[2]

ディスコグラフィー[編集]

アルバム[編集]

タイトル アルバム詳細 チャート最高位 認定
US
[3]
AUS
[4]
BEL
[5]
CAN
[6]
GER
[7]
IRL
[8]
NZ
[9]
SWE
[10]
SWI
[11]
UK
[12]
2003 Get Rich or Die Tryin' 1 4 3 1 4 4 3 8 8 2
2005 The Massacre
  • 発売日: 2005年3月3日[25]
  • レーベル: Shady, Aftermath, Interscope
  • フォーマット: CD, LP, cassette, digital download
  • 全米売上: 536万枚[26]
1 2 3 1 1 1 1 10 2 1
  • US: 5× プラチナ[15]
  • AUS: プラチナ[27]
  • BEL: ゴールド[28]
  • CAN: 3× プラチナ[18]
  • GER: プラチナ[19]
  • IRL: 2× プラチナ[29]
  • NFPF: 3× プラチナ[30]
  • NZ: プラチナ[31]
  • SWI: プラチナ[23]
  • UK: 2× プラチナ[24]
2007 Curtis
  • 発売日: 2007年9月11日[32]
  • レーベル: Shady, Aftermath, Interscope
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 133.6万枚[33]
2 1 3 2 2 1 1 10 1 2
  • AUS: ゴールド[34]
  • BEL: ゴールド[17]
  • GER: ゴールド[19]
  • IRL: プラチナ[35]
  • HUN: ゴールド[36]
  • NZ: プラチナ[37]
  • UK: ゴールド[24]
  • ZPAV: ゴールド[38]
2009 Before I Self Destruct
  • 発売日: 2009年11月9日[39]
  • レーベル: Shady, Aftermath, Interscope
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 51.2万枚[40]
5 19 34 11 36 18 35 13 22
  • US: ゴールド[15]
  • UK: シルバー[24]
2014 Animal Ambition
  • 発売日: 2014年6月3日[41]
  • レーベル: G-Unit, Caroline
  • フォーマット: CD, LP, digital download
  • 全米売上: 12.4万枚[42]
4 16 12 4 35 29 8 9 17 21
"—"は未発売またはチャート圏外を意味する。

シングル[編集]

  • How To Rob / Rowdy Rowdy (1999年、コロムビア・レコード)
  • Your life's On The Line / The Good Die Young (1999年、コロムビア・レコード)
  • Thug Love (2000年、コロムビア・レコード)
  • ワンクスタ - Wanksta (2002年)※以下、シェイディー・レコード/アフターマス・エンターテインメント
  • イン・ダ・クラブ - In Da Club / Backdown (2002年)
  • 21クエッションズ feat. ネイト・ドッグ - 21Questions feat. Nate Dog / Many Man (2003年)
  • イン・ダ・フッド - In Da Hood / 8Mile Road (2003年)
  • ディスコ・インフェルノ - Disco Inferno (2005年)
  • キャンディ・ショップ feat. オリヴィア - Candy Shop feat. Olivia (2005年)
  • アウタ・コントロール(Remix) - Outta Control (Remix) (2002年)
  • アミューズメント・パーク - Amusement Park (2007年)
  • ストライト・トゥー・ザ・バンク - Straight To The Bank (2007年)
  • エイヨー・テクノロジー feat. ジャスティン・ティンバレイク&ティンバランド - Ayo Technology feat. Justin Timberake & Timbaland (2007年)
  • アイ・ゲット・マニー - I Get Money (2007年)
  • アイル・スティル・キル feat. エイコン - I'll still kill feat. Akon (2007年)
  • ゲット・アップ - Get Up (2008年)
  • アイ・ゲット・イット・イン - I Get It In (2009年)

EP[編集]

  • Power Of The Dollar (2000年、コロムビア・レコード)
  • The New Breed (2003年、シェイディー・レコード/アフターマス・エンターテインメント)

ミックスCD[編集]

  • 50 Cent & G-Unit 50 Cent Is The Future
  • No Mercy, No Fear

(GユニットのオフィシャルDJであるDJ Whookidの作品のみ掲載)

DVD[編集]

  • ザ・ニュー・ブリード - The New Breed (2003年)
  • リフューズ・トゥ・ダイ - Refuse 2 Die: The Unauthorized Biography (2003年)
  • Live Control (2004年)
  • ギャングスタ・ユニット - Gansta Unit (2006年)※Gユニットとして

フィルモグラフィー[編集]

映画[編集]

邦題/原題 役名 備考
2005 ゲット・リッチ・オア・ダイ・トライン
Get Rich or Die Tryin'
マーカス
2006 勇者たちの戦場
Home of the Brave
ジャマル・エイケン
2008 ボーダー
Righteous Kill
スパイダー
2009 シティ・オブ・ブラッド
Streets of Blood
スタン・ジョンソン
デッドチェイス -24時間-
Dead Man Running
ティゴ
2010 ロシアン・ルーレット
13
ジミー
GUN [ガン]
Gun
リッチ 脚本
トゥエルヴ
Twelve
ライオネル
恋とニュースのつくり方
Morning Glory
本人 カメオ出演
2011 ブラッド・アウト
Blood Out
ハードウィック 製作総指揮
セットアップ
Set Up
ソニー 製作
2012 フリーランサー NY捜査線
Freelancers
マロ 製作
ファイヤー・ウィズ・ファイヤー 炎の誓い
Fire with Fire
ラマー 製作
2013 大脱出
Escape Plan
ハッシュ
ラストベガス
Last Vegas
本人 カメオ出演
フローズン・グラウンド
The Frozen Ground
クレイト・ジョンソン 製作
2014 コードネーム: プリンス
The Prince
ザ・ファーマシー
2015 SPY/スパイ
Spy
本人 カメオ出演
サウスポー
Southpaw
ジョーダン・メインズ

ゲーム[編集]

ボクシング[編集]

2012年8月、友人であるフロイド・メイウェザー・ジュニアと共同でTMTプロモーションズを設立したが、すぐに喧嘩別れをして解消。SMSプロモーションズに名前を変え、ビリー・ディブユリオルキス・ガンボアアンドレ・ディレルと契約を交わした。2013年11月にはジェームス・カークランドと契約を交わした。

2015年5月、SMSプロモーションズの破産を申請[43]

2016年2月9日、所属選手のビリー・ディブがSMSプロモーションズから100万ドル(1億1千万円)以上の賃金未払い被害を受けていることを告白して、同プロモーションを離脱したことを発表した[44]

プロモーターとしての契約選手[編集]

元契約選手[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ユニバーサルミュージックのサイトではスペース無しの「50CENT」と表記されているが、公式サイトではスペースありの「50 Cent」と表記されているため、こちらが正式なものだと思われる
  2. ^ “50セント カリブ海の島国で逮捕 音楽フェスで“違法語”連発”. スポニチアネックス. (2016年6月27日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/27/kiji/K20160627012858550.html 2016年6月27日閲覧。 
  3. ^ 50 Cent – Chart History: Billboard 200”. Billboard. Prometheus Global Media. 2013年1月27日閲覧。 and 50 Cent > Awards”. AllMusic. Rovi Corporation. 2012年9月8日閲覧。
  4. ^ Discography 50 Cent”. 'australian-charts.com'. Hung Medien. 2012年9月8日閲覧。
  5. ^ Discografie 50 Cent” (Dutch). 'ultratop.be'. Hung Medien. 2012年9月8日閲覧。
  6. ^ 50 Cent – Chart History: Canadian Albums”. Billboard. Prometheus Global Media. 2013年1月27日閲覧。 and 50 Cent > Awards”. AllMusic. Rovi Corporation. 2012年9月8日閲覧。
  7. ^ Peak chart positions for albums in Germany:
  8. ^ Discography 50 Cent”. 'irish-charts.com'. Hung Medien. 2012年9月8日閲覧。
  9. ^ Discography 50 Cent”. 'charts.org.nz'. Hung Medien. 2011年4月30日閲覧。
  10. ^ Discography 50 Cent”. 'swedishcharts.com'. Hung Medien. 2011年4月30日閲覧。
  11. ^ 50 Cent (Charts) (select "Charts" tab)” (German). 'hitparade.ch'. Hung Medien. 2012年9月8日閲覧。
  12. ^ 50 Cent (select "Albums" tab)”. Official Charts Company. 2011年8月21日閲覧。
  13. ^ Birchmeier, Jason. “Get Rich or Die Tryin' – 50 Cent > Overview”. AllMusic. Rovi Corporation. 2012年11月1日閲覧。
  14. ^ Grein, Paul. “USA: Top 20 New Acts Since 2000”. Yahoo! Music. 2014年7月8日閲覧。
  15. ^ a b c Gold & Platinum: 50 Cent”. Recording Industry Association of America. 2012年9月8日閲覧。
  16. ^ ARIA Charts – Accreditations – 2003 Albums”. Australian Recording Industry Association. 2012年9月8日閲覧。
  17. ^ a b The Official Belgian Charts and Music Community: Awards 2007” (Dutch). 'ultratop.be'. Hung Medien. 2011年12月4日閲覧。
  18. ^ a b Gold and Platinum Search (50 Cent)”. Music Canada. 2012年6月30日閲覧。
  19. ^ a b c Gold-/Platin-Datenbank: 50 Cent” (German). Bundesverband Musikindustrie. 2011年4月8日閲覧。
  20. ^ 2005 Certification Awards – Platinum”. Irish Recorded Music Association. 2012年5月22日閲覧。
  21. ^ Top 50 Albums Chart: Chart #1362 (Sunday 15 June 2003)”. Recorded Music NZ. 2012年4月10日閲覧。
  22. ^ (Guld & Platina) ÅR 2003 (PDF)” [(Gold & Platinum) Year 2003] (Swedish). International Federation of the Phonographic Industry. p. 4. 2012年12月25日閲覧。
  23. ^ a b The Official Swiss Charts and Music Community: Awards (50 Cent)”. 'swisscharts.com'. Hung Medien. 2012年6月21日閲覧。
  24. ^ a b c d Certified Awards (enter "50 Cent" into the "Keywords" box, then select "Search")”. British Phonographic Industry. 2013年9月4日閲覧。
  25. ^ Jeffries, David. “The Massacre – 50 Cent > Overview”. AllMusic. Rovi Corporation. 2012年11月1日閲覧。
  26. ^ Caulfield, Keith (2015年12月10日). “Adele's '25' Hits 5 Million Sold in U.S.”. Billboard. 2015年12月11日閲覧。
  27. ^ ARIA Charts – Accreditations – 2005 Albums”. Australian Recording Industry Association. 2008年12月21日閲覧。
  28. ^ The Official Belgian Charts and Music Community: Awards 2005” (Dutch). 'ultratop.be'. Hung Medien. 2011年12月4日閲覧。
  29. ^ 2005 Certification Awards – Multi Platinum”. Irish Recorded Music Association. 2012年5月22日閲覧。
  30. ^ NFPF International 2005 certifications”. NFPF (2009年1月24日). 2012年5月11日閲覧。
  31. ^ Top 40 Albums Chart: Chart #1453 (Monday 28 March 2005)”. Recorded Music NZ. 2012年4月10日閲覧。
  32. ^ Curtis”. Amazon.com. 2012年11月1日閲覧。
  33. ^ Crosley, Hillary (2008年7月12日). “Music industry insiders find upside in album leaks”. Reuters. Reuters Group. http://www.reuters.com/article/musicNews/idUSN1126044820080712?pageNumber=1&virtualBrandChannel=0&sp=true 2011年8月24日閲覧。 
  34. ^ ARIA Charts – Accreditations – 2007 Albums”. Australian Recording Industry Association. 2008年12月21日閲覧。
  35. ^ 2007 Certification Awards – Platinum”. Irish Recorded Music Association. 2012年5月22日閲覧。
  36. ^ "Adatbázis – Arany- és platinalemezek – 2007" (in Hungarian). MAHASZ. 
  37. ^ Top 40 Albums Chart: Chart #1583 (Monday 8 October 2007)”. Recorded Music NZ. 2012年4月10日閲覧。
  38. ^ "Polish certifications" (in Polish). Polish Society of the Phonographic Industry. 
  39. ^ Before I Self Destruct (Deluxe Version) by 50 Cent”. iTunes Store. アップル. 2012年11月1日閲覧。
  40. ^ Best of 2010 - Billboard Top 200”. Billboard. Nielsen Business Media, Inc. 2010年12月31日閲覧。
  41. ^ Jeffries, David. “Animal Ambition: An Untamed Desire to Win – 50 Cent > Overview”. AllMusic. Rovi Corporation. 2014年6月6日閲覧。
  42. ^ Lynch, Joe (2014年12月9日). “9 Albums That Flopped in 2014 (Or Did They?)”. Billboard. Prometheus Global Media. 2014年12月9日閲覧。
  43. ^ 50 CentBoxing Company Goes Bankrupt”. TMZ.com (2015年5月26日). 2015年5月29日閲覧。
  44. ^ Billy Dib reveals he is $1m out of pocket after 50 Cent ripped him off”. Fox Sports (2016年2月9日). 2016年2月12日閲覧。
  45. ^ Andre Dirrell splits from 50 Cent's SMS Promotions, schedules comeback Aug. 1 on ESPN2”. Mlive.com (2014年7月24日). 2015年2月7日閲覧。

外部リンク[編集]