優里

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
優里
別名 Yuuri
生誕 (1994-03-23) 1994年3月23日(28歳)
出身地 日本の旗 日本千葉県幕張[1]
ジャンル J-POP[2]
職業
担当楽器
活動期間 2019年 -
レーベル
事務所 ソニー・ミュージックレーベルズ
公式サイト 優里 Official Website
優里
人物
生誕 (1994-03-23) 1994年3月23日(28歳)
国籍 日本の旗 日本
YouTube
チャンネル
活動期間 2020年 -
ジャンル 音楽
登録者数
  • 101万人(優里ちゃんねる【公式】)
  • 43.7万人(優里 Official YouTube Channel)
総再生回数
  • 181,532,480 回(優里ちゃんねる【公式】)
  • 253,955,238 回(優里 Official YouTube Channel)
チャンネル登録者数、総再生回数は2022年6月1日時点。
テンプレートを表示

優里(ゆうり、1994年平成6年〉3月23日 - )は、日本シンガーソングライターYouTuber千葉県幕張出身[1]。所属事務所はソニー・ミュージックレーベルズ、レーベルは同じ傘下のアリオラジャパン[3]

来歴[編集]

4人組ロックバンドTHE BUGZYのボーカルとして活動していたが、2019年5月にTHE BUGZYが解散。

グループ解散後、東京を中心に路上ライブ活動を開始[4]。10月9日、渋谷のスクランブル交差点での路上ライブでMY FIRST STORYの「『花』 -0714-」を演奏中に、MY FIRST STORYのボーカルHiroが飛び入り参加し2番を歌ったことが話題となる[5]。その後、11月30日にさいたまスーパーアリーナで行われた、MY FIRST STORYの全国ツアー「MY FIRST STORY TOUR 2019」最終公演のアンコールに、優里が飛び入り参加。Hiroがレコーディング監修を行った優里作詞作曲の「かくれんぼ」と、「『花』 -0714-」を共に披露した[6]。12月1日に『かくれんぼ』でインディーズデビュー。iTunes総合チャート4位を獲得[7]。同日にMY FIRST STORYが歌う「かくれんぼ」も配信している[8]

2020年2月28日にインディーズ2作目となる『かごめ』を配信リリース。3月18日付のUSENインディーズチャートで1位を獲得[9]。8月9日に『ピーターパン』でソニー・ミュージックレーベルズよりメジャーデビュー[10]。10月25日、メジャー2ndシングル『ドライフラワー』を配信リリース[11]

2021年2月1日付のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”で、「ドライフラワー」が、累計再生回数が1億回を突破した。この1億回突破はチャートイン13週目での記録で、LiSA」の7週、BTSDynamite」の11週に続き、歴代3番目の速さで達成、男性ソロアーティストの記録では歴代1位となった[12]

2021年3月22日付のBillboard JAPANストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”で、「かくれんぼ」が、累計再生回数が1億回を突破した[13]。これにより、優里の楽曲2曲が1億回再生を突破したが、メジャー・デビュー8か月で2曲が1億回再生を突破することは史上初[14]

2021年9月1日公開のBillboard JAPAN ストリーミング・ソング・チャート“Streaming Songs”にて、「ドライフラワー」ストリーミング累計4億回再生を突破したことが発表された。「ドライフラワー」の4億回再生突破は、チャートイン44週目にして、男性ソロ・アーティストとして初&最速であり、なおかつ日本人アーティストとして最速の記録で、BTS「Dynamite」の42週に続き歴代2番目のスピードという快挙[15]

人物[編集]

  • 洋楽のロックをよく聴いていた母親の影響で、小学生の頃はボン・ジョヴィクイーンAC/DCなどのロックバンドの曲を聴いていた。高校生になると、BUMP OF CHICKENスピッツなど日本のアーティストも聴くようになったと語っている[16]
  • 公式YouTubeチャンネル「優里ちゃんねる」を開設しており、他アーティストの楽曲を弾き語りカバーした動画や、他のアーティストとのカラオケ対決動画などを投稿している。

ディスコグラフィ[編集]

アルバム[編集]

# 発売日 タイトル 規格品番 仕様 順位
オリコン Billboard Japan Hot Albums
Ariola Japan (メジャー)
1st 2022年1月12日 BVCL-1207(通常盤) CD 4位 3位
BVCL-1201(初回限定盤A) CD+ストーリーフォトブック
BVCL-1203(初回限定盤B) CD+グッズ
BVCL-1205(初回限定盤C) CD+Blu-ray Disc

シングル[編集]

配信限定シングル[編集]

# 発売日 タイトル 販売形態 Billboard Japan最高位 収録アルバム 認定(RIAJ
HOT
100
DL ST ダウンロード ストリーミング
INTACT RECORDS(インディーズ)
1st 2019年 12月01日 かくれんぼ 音楽配信 25位 27位 18位 -
2nd 2020年 02月28日 かごめ -
Ariola Japan(メジャー)
1st 2020年 08月09日 ピーターパン 音楽配信 39位 69位 27位 - プラチナ
2nd 10月25日 ドライフラワー 2位 1位 ダブル・プラチナ ダイヤモンド
3rd 2021年 01月23日 インフィニティ 37位 27位 32位 - ゴールド
4th 02月19日 桜晴 66位 18位 58位 -
5th 04月17日 飛行船 - 46位 -
6th 07月07日 シャッター 18位 11位 プラチナ
7th 09月19日 夏音 23位 7位 24位 -
8th 11月04日 ベテルギウス 2位 1位 ゴールド プラチナ
2022年 02月14日 ミズキリ -piano ver.- -
9th 05月13日 うぉ 54位 6位 60位

CDシングル[編集]

# 発売日 タイトル 規格品番 仕様 収録曲 オリコン
最高位
収録アルバム
Ariola Japan(メジャー)
1st 2021年3月10日 インフィニティ BVCL-1028~29 期間生産限定盤
(CD+DVD)
  1. インフィニティ
  2. インフィニティ -Acoustic ver.-
  3. インフィニティ -TV size ver.-
  4. インフィニティ -Instrumental ver.-
20位

参加作品[編集]

発売日 楽曲名 収録先 名義 備考 規格品番 仕様
2021年3月3日 Till I 『ⅳ』 SawanoHiroyuki[nZk]:優里 作詞:cAnON
作曲:Hiroyuki Sawano
VVCL 1657-8 初回生産限定盤 (CD+DVD)
VVCL 1659 通常盤 (CD)

楽曲提供[編集]

  • JUN MIYASAKA「シャッター」(2021年4月30日)作詞作曲[17]
  • じゅんた「笑えよ」(2021年12月24日)作詞作曲(作詞はCHIMERAZとの共作)
  • BAK「タイムマシン」(2022年3月24日)作詞作曲(編曲はCHIMERAZ)
  • Little Glee Monster心に空を」(2022年4月20日)
  • 冨岡愛「ラプンツェル」(2022年4月28日)作詞作曲
  • まるり「好きだよ」(2022年5月26日)作詞作曲(編曲はCHIMERAZ)

出演[編集]

ラジオ[編集]

  • ミッドナイトかくれんぼ(2020年10月7日 - 、FMヨコハマ

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b PROFILE”. 優里 Official Website. Sony Music Labels. 2022年3月1日閲覧。
  2. ^ Yuuri Announces English-Language Version of J-Pop Hit ‘Dryflower’”. Billboard (2022年1月26日). 2022年6月1日閲覧。
  3. ^ “優里「ドライフラワー」13週でサブスク再生1億回突破、瑛人超え男性ソロ最速”. Sponichi Annex (スポーツニッポン新聞社). (2021年1月28日). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2021/01/28/kiji/20210127s00041000576000c.html 2021年7月25日閲覧。 
  4. ^ 優里「かくれんぼ」が切なすぎる!もう戻ることのない彼女との別れに涙”. UtaTen (2020年6月17日). 2021年7月25日閲覧。
  5. ^ 優里 (2019年10月9日). “今日の路上ライブ 花0714を歌ってたらまさかの2番からhiroさんご本人が登場して歌ってくれた! こんなに緊張するギターは初めてだった! 最後写真まで撮ってくれてインスタにも載せてくれた… かっこよかったなーよかったら僕の歌も聞いてみてください!笑…”. Instagram. 2021年7月25日閲覧。
  6. ^ MY FIRST STORYたまアリでツアー終幕、優里と共演も”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2019年12月5日). 2020年7月6日閲覧。
  7. ^ “シンガーソングライター優里、「THE HOME TAKE」に登場 「かくれんぼ」スペシャルアレンジで披露”. Billboard JAPAN (阪神コンテンツリンク). (2020年7月10日). http://www.billboard-japan.com/d_news/detail/89908/2 2021年1月30日閲覧。 
  8. ^ MY FIRST STORY [@myfirststory_of] (2019年12月1日). "【お知らせ】 本日さいたま公演のアンコールで披露した楽曲がiTunes配信リリース開始! MY FIRST STORY 1.アイデンティティー 2.かくれんぼ t.co/86JVhQ4Ql4 そしてアンコールに本人にもサプライズで演奏して頂いた優里さんの「かくれんぼ」も配信決定!" (ツイート). Twitterより2021年7月25日閲覧
  9. ^ 優里 [@yuuri_official] (2020年3月21日). "USENインディーズチャート1位とれました。皆さんのおかげです…たくさんの人に【かごめ】が届いて嬉しいです。ありがとう。" (ツイート). Twitterより2021年7月25日閲覧
  10. ^ “優里、メジャーデビュー決定!デビューSG「ピーターパン」を配信限定リリース!”. OKMusic (ジャパンミュージックネットワーク株式会社). (2020年7月13日). https://okmusic.jp/news/390176/ 2021年1月30日閲覧。 
  11. ^ 優里、新シングル「ドライフラワー」が10/25リリース決定”. Billboard JAPAN (2020年10月17日). 2021年5月13日閲覧。
  12. ^ 優里「ドライフラワー」ストリーミング累計1億回再生を突破 歴代3番目の速さ”. Billboard JAPAN (2021年1月27日). 2021年4月25日閲覧。
  13. ^ 優里「かくれんぼ」ストリーミング累計1億回再生を突破”. Billboard JAPAN (2021年3月17日). 2021年4月29日閲覧。
  14. ^ <コラム>驚異の速さで2億回再生、優里の音楽が“大拡散”している二つの要因”. Billboard JAPAN (2021年4月4日). 2021年4月29日閲覧。
  15. ^ 優里、「ドライフラワー」がストリーミング累計4億回再生突破 男性ソロ・アーティスト初&最速”. 2021年11月10日閲覧。
  16. ^ 優里「ドライフラワー」インタビュー|ストリーミング総再生回数2500万回超えのロングヒット曲「かくれんぼ」はどのように生まれたのか? そしてアフターストーリー「ドライフラワー」誕生へ”. 音楽ナタリー (2020年10月25日). 2021年5月26日閲覧。
  17. ^ “優里の書き下ろし楽曲『シャッター』、本日19時より「優里ちゃんねる【公式】YouTube Channel」にてMVの一部と楽曲提供に至るまでの裏話を特別公開! さらに明日19時フルMVが初公開!” (プレスリリース), 株式会社massenext, (2021年4月29日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000058.000030962.html 2021年7月25日閲覧。 

外部リンク[編集]