地獄でなぜ悪い (曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
地獄でなぜ悪い
星野源シングル
初出アルバム『YELLOW DANCER
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
時間
レーベル SPEEDSTAR RECORDS
(ビクターエンタテインメント)
作詞・作曲 星野源
プロデュース 星野源
チャート最高順位
  • 週間5位オリコン
  • 登場回数17回(オリコン)
星野源 シングル 年表
ギャグ
2013年
地獄でなぜ悪い
2013年
Crazy Crazy/桜の森
2014年
ミュージックビデオ
「地獄でなぜ悪い」 - YouTube
テンプレートを表示

地獄でなぜ悪い」(じごくでなぜわるい)は、星野源の6枚目のシングル2013年10月2日SPEEDSTAR RECORDS(ビクターエンタテインメント)から発売された。

概要[編集]

シングル作品としては前作「ギャグ」より5か月ぶりのリリース。星野のくも膜下出血による2度目の活動休止中に発売された。

表題曲は星野自身も出演する映画『地獄でなぜ悪い』主題歌として園子温監督のオファーにより書き下ろされた[1]。楽曲制作にあたって星野は、「映画と同名の主題歌を作る」ことと、「映画の世界観を組み込んだものにする」ことを意識して制作していったという。

活動休止中の発売ではあったものの、曲自体は活動休止が決まる直前に完成している。星野曰く、歌入れなどがすべて終わった1週間後に、手術箇所が万全でないという診断結果が出たために活動休止を余儀なくされたという。そのためミュージックビデオは全編通してアニメーションによるものとなっている。監督は浅野直之&星野源。

初回限定盤はスリーブケース仕様で特典DVDが付属。DVDには山岸聖太による映像作品「楽しい地獄だより」を収録。その内容はアルバム『Stranger』収録の「化物」のミュージック・ビデオ、2012年の11月に行われたライブ「星野 源 ワンマンの秋 〜ZEPP東京編〜」、12月のライブ「星野 源のSHIWASU」の映像、ミュージック・ビデオのメイキングなどで構成されている[2]。「化物」のミュージック・ビデオは 春山DAVID祥一が監督を担当、振り付けの井手茂太が自身が主催するダンスカンパニー「イデビアン・クルー」のメンバーとともに出演している[3]

ジャケットデザインは、映画『地獄でなぜ悪い』の劇中で星野源が演じた姿を金子ナンペイによってイラスト化したポスターを用いている[1]

収録曲[編集]

CD[編集]

  • 全作詞・作曲・編曲:星野源、ストリングスアレンジ:岡村美央、星野源 ホーンアレンジ:武嶋聡、星野源
  1. 地獄でなぜ悪い [3:46]
    映画「地獄でなぜ悪い」主題歌。
  2. 地獄でなぜ悪い (Karaoke) [3:40]
    表題曲のカラオケバージョン。カラオケの収録はキャリア史上初である。「インストで聴いても楽しいので」という理由で収録された[1]

初回限定盤DVD[編集]

『楽しい地獄だより』監督:山岸聖太 約70分

  • Music Video:「化物」 監督:春山DAVID祥一 + 星野源
  • Live:『星野 源 ワンマンの秋 〜ZEPP東京編〜』『星野 源のSHIWASU』
  • Documentary: Recording & Music Video メイキング など

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c “星野 源、10月にリリースする6thシングル『地獄でなぜ悪い』の詳細を発表”. Ro69. (2013年9月6日). http://ro69.jp/news/detail/88446 
  2. ^ “星野源、ニューシングル初回盤DVDは「楽しい地獄だより」”. 音楽ナタリー. (2013年9月6日). http://natalie.mu/music/news/98881 2016年11月6日閲覧。 
  3. ^ “またまた、わたくし 井手茂太 は 星野源 さんの新アルバム曲「化物」のミュージックビデオを振付&出演しております。”. 井手茂太公式ツイッター. (2013年4月24日). https://twitter.com/ideshigehiro/status/327045429332176897 2016年11月6日閲覧。 

外部リンク[編集]