クレイジー・イン・ラブ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
「クレイジー・イン・ラブ」を披露するビヨンセとジェイ・Z(2009年、ロンドン

クレイジー・イン・ラブ 」(: Crazy in Love)は、アメリカ合衆国R&B歌手ビヨンセと、ヒップホップラッパージェイ・Zとの共演楽曲である。

概要[編集]

映像外部リンク
Beyoncé - Crazy In Love ft. JAY Z - YouTube

ビヨンセとジェイ・Z、プロデューサーのリッチ・ハリスンによって作られ、ビヨンセのソロ・デビュー・アルバム『デンジャラスリィ・イン・ラヴ』の先行シングルとなった。この曲のブラスの部分は、1970年にザ・シャイ・ライツが発表した「Are You My Woman (Tell Me So)」からのサンプリングである。

2003年7月8日に、アルバムからの先行シングルとしてリリースされ、アメリカ合衆国とイギリスのナショナルチャートで首位を獲得し、その他の国でもトップ10入りした。この楽曲にはさまざまな批評も受け、ビヨンセ自身も様々な賞を受賞した。

2010年、「ローリング・ストーンの選ぶオールタイム・グレイテスト・ソング500 (The RS 500 Greatest Songs of All Time) 」において、118位となった。

収録曲[編集]

タイアップ[編集]

2002年、ビヨンセはペプシコ社と契約、同社のCMに出演するようになり、この曲もBGMとして使われた[1]

この曲は2004年のロマンティックコメディ映画『ブリジット・ジョーンズの日記 きれそうなわたしの12か月』の公式サウンドトラックにも収録された[2]。同じころ、アメリカ合衆国のコメディ映画『最凶女装計画』と、『TAXI NY』のサウンドトラックにも用いられた。2007年にはコメディ映画『噂のアゲメンに恋をした!』でもサウンドトラックに収録された[3]

All of Usの Cliffhanger でも RobertとNeesee がこの曲を間違えた。

カバー・リミックス[編集]

アジア版『デンジャラスリィ・イン・ラブ』には、ラップがF4ヴァネス・ウーによる北京官話のラップに差し替えられたものもある[4]。 この曲は Rockwilder remix, Maurice's Nu Soul remix, and Juniors World remixといったリミックス版があり、クレイジー・イン・ラブのシングルに収録された[5]

この曲はさまざまなバンドにカバーされており、イギリスのロックバンドザ・マジック・ナンバーズがこの曲をカバーした際は、オーストラリアのラジオ局 Triple JLike a Version CD/DVDの第3巻に収録された。アメリカ合衆国のオルタナティブ・ロックバンド、スウィッチフットは、 Yahoo!のCoverArtという企画でこの曲のカバーを行った[6]。スウィッチフットが曲の fundamental elementをいじる際、スウィッチフットは自身の『ロック魂』を込めたとのこと[6] 。スウィッチフットによるカバー版のビデオは Yahoo! Pepsi Smash websiteで見ることができる。

2003年には、アイルランドのシンガー・ソングライターMickey Joe Harteがチャリティアルバム Even Better Than the Real Thing Vol. 1でアコースティックのカバーをした。これ以外にも、オーストラリアの歌手ジェシカ・マーボイ、イギリスの3人組プッピーニ・シスターズ、ポーランドの歌手 Nina Cieślińska,スコットランドのロックバンド スノウ・パトロールもカバーした。

ザ・マジック・ナンバーズ版は2007年にリリースされたスターバックス (Hear Music) のコンピレーションアルバム Sounds Eclectic: The Covers Projectに収録された。Antony and the Johnsonsがツアーでこの曲のカバーを行ったが、レコーディングはされなかった。

関連項目[編集]

  • 渡辺直美(「和製ビヨンセ」としてコントのレパートリーに同曲が用いられる)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Brand Republic staff (2003年7月16日). “Beyonce smash 'Crazy In Love' features in new Pepsi ad”. Brand Republic. http://www.brandrepublic.com/news/185483/beyonce-smash-crazy-love-features-new-pepsi-ad/ 2008年6月5日閲覧。 
  2. ^ Bridget Jones: The Edge of Reason [UK Bonus Tracks]”. MTV Shop. 2008年6月5日閲覧。
  3. ^ Rocchi, James (2007年9月20日). “Review: Good Luck Chuck”. Cinematical. 2012年7月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年6月5日閲覧。
  4. ^ (2003年) Beyoncé Knowles『Beyoncé: Live at Wembley』のアルバム・ノーツ [CD]. Asia: Sony BMG Entertainement.
  5. ^ (2003年) Beyoncé Knowles『Crazy in Love』のアルバム・ノーツ [12-inch]. United States: Sony BMG Entertainement.
  6. ^ a b Jackson, Kevin (2007年2月7日). “Switchfoot Covers Beyonce's Smash Single”. The Christian Post. http://www.christianpost.com/article/20070207/25657_Switchfoot_Covers_Beyonce's_Smash_Single.htm 2008年6月5日閲覧。