デンジャラスリィ・イン・ラヴ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デンジャラスリィ・イン・ラヴ
ビヨンセスタジオ・アルバム
リリース
録音 2002年–2003年3月
アトランタ
ヒューストン
マイアミ
ニューヨーク
ストーン・マウンテン
ジャンル R&B
ソウル
レーベル コロムビア・レコード
プロデュース ビヨンセ
チャート最高順位
ビヨンセ 年表
デンジャラスリィ・イン・ラヴ
(2003年)
ビー・デイ
(2006年)
テンプレートを表示

デンジャラスリィ・イン・ラヴ』(Dangerously in Love)は、アメリカ合衆国のR&B歌手、ビヨンセのソロ・デビュー・アルバム。デスティニーズ・チャイルドの活動休止中に製作されたこのアルバムは、ビヨンセのソロ歌手としての才能を開花させ、世界中で爆発的にヒットした。

解説[編集]

  • R&Bやポップスだけでなく、プロデューサーや共演者の影響から、ヒップホップアラブ音楽の要素も含まれている。
  • アップテンポの曲とバラードを合わせた収録曲に、当時は賛否両論だった。
  • ラブ・ソングが多いが、 ビヨンセはジェイ・Zとの交際を歌の解釈に使うのには慎重だった。

記録[編集]

収録曲[編集]

  1. クレイジー・イン・ラブ "Crazy in Love" feat. Jay-Z (ビヨンセ・ノウルズ, リッチ・ハリソン, ショーン・カーター, ユージン・レコード) – 3:56
  2. "Naughty Girl" (ノウルズ, スコット・ストーチ, Robert Waller, en:Angela Beyincé, ピート・ベロッティ, ジョルジオ・モロダー, ドナ・サマー) – 3:29
  3. ベイビー・ボーイ "Baby Boy" feat. ショーン・ポール (ビヨンセ・ノウルズ, Storch, ショーン・ポール, Waller, Carter) – 4:04
  4. "Hip Hop Star" (feat. ビッグ・ボーイ&スリーピー・ブラウン) (ノウルズ, Bryce Wilson, Makeda Davis, Antwan Patton, Carter) – 3:43
  5. "Be with You" (ノウルズ、ハリソン, Beyincé, シャギー・オーティス, ジョージ・クリントン, ウィリアム コリンズ , ゲイリー・クーパー) – 4:20
  6. "Me, Myself and I" (ノウルズ, ストーチ, Waller) – 5:01
  7. "Yes" (ノウルズ, Bernard Edwards, Jr.、カーター) – 4:19
  8. "Signs" (feat. ミッシー・エリオット) (ミッシー・エリオット, Nisan Stewart, クレイグ・ブロックマン) – 4:59
  9. "Speechless" (ノウルズ, Andreao Heard, Sherrod Barnes,ビヨンセ) – 6:00
  10. "That's How You Like It" (featuring Jay-Z) (Delroy Andrews, Brian Bridgeman, Carter,ランディ・デバージ, エル・デバージ, Etterlene Jordan) – 3:40
  11. "The Closer I Get to You" (ルーサー・ヴァンドロスとの共演) (ジェイムズ・エムトゥーメイ, レジー・ルーカス) – 4:57
  12. "Dangerously in Love 2" (ノウルズ, Errol McCalla, Jr.) – 4:54
  13. "Beyoncé Interlude" (ノウルズ) – 0:16
  14. "Gift from Virgo" (ノウルズ, Otis) – 2:46
    • Inspired by Shuggie Otis' "Rainy Day" (Shuggie Otis)
  15. "Daddy" (シークレットトラック) (ノウルズ, Mark Batson) – 4:57
ヨーロッパ/ラテンアメリカ版
  1. "Work It Out" (ノウルズ、ファレル・ウィリアムス, チャド・ヒューゴー) – 4:06
  2. "'03 Bonnie & Clyde" (Jay-Z featuring Beyoncé) (カーター、カニエ・ウェスト, プリンス, Darryl Harper, Rick Rouse, 2パック, Tyrone Wrice) – 3:26
    • プリンスの "If I Was Your Girlfriend" (プリンス)が挿入されており、2Pacの"Me and My Girlfriend" (Darryl Harper, Rick Rouse, Tupac Shakur, Tyrone Wrice)がサンプリングされている。
  3. "Daddy" (シークレットトラック) – 4:57
フランス/ベルギー版
  1. "Bienvenue" (IAM feat.Beyoncé) (Akhenaton, Shurik'n, Deni Hines) – 4:05
  2. "Beyoncé Interlude" – 0:17
  3. "Work It Out" – 4:06
  4. "'03 Bonnie & Clyde" (Jay-Z featuring Beyoncé) – 3:27
  5. "Daddy" (隠しトラック) – 4:57
オーストラリア版
  1. "Work It Out" – 4:06
  2. "'03 Bonnie & Clyde (Jay-Z featuring Beyoncé) – 3:26
  3. "Crazy in Love" (featuring ヴァネス・ウー リミックス) – 3:57
  4. "Daddy" (隠しトラック) – 4:57
日本版
  1. "What's It Gonna Be" (ノウルズ, LaShaun Owens, Karrim Mack, Corte Ellis, ラリー・トラウトマン, ロジャー・トラウトマン, Kandice Love) – 3:37
  2. "'03 Bonnie & Clyde" – 3:26
  3. "Work It Out" – 4:06
  4. "Daddy" (隠しトラック) – 4:57

参加者・制作者[編集]

歌手・演奏家[編集]

評価[編集]

ロックの殿堂による、ロックンロールを形づけたアルバムトップ200の内に入った[1]。また、エンターテインメント・ウィークリー誌も、このアルバムを過去25年間の中でもっとも良いアルバムの一つに数えた。

プロデュース[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [1]