ジョージ・クリントン (ミュージシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジョージ・クリントン
George Clinton in Centreville.jpg
George Clinton performing in 2007
基本情報
出生名 ジョージ・クリントン
生誕 (1941-07-22) 1941年7月22日(76歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ノース・カロライナ州 カナポリス
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニュー・ジャージー州 プレインフィールド
ジャンル ファンクR&Bソウル・ミュージックゴスペルブルースサイケデリック・ロック、ファンク・ロック
職業 歌手、シンガー・ソングライタープロデューサー
担当楽器 ヴォーカルキーボード
活動期間 1960年代 - present
レーベル キャピトル
ペイズリー・パーク/ワーナー・ブラザース・レコード
ソニー550ミュージック/エピック
C Kunspyruhzy
シャナキー
共同作業者 パーラメント
ファンカデリック
公式サイト georgeclinton.com

ジョージ・クリントンGeorge Clinton, 1941年7月22日 - )はアメリカのミュージシャンで、ファンクミュージックの継承者の一人。

経歴[ソースを編集]

ノースカロライナ州に生まれ、ニュージャージー州で育つ。現在はフロリダ州に住んでいる。元は床屋であった(実家が床屋)。クリントンは、床屋で仲間たちとドゥーワップ・グループを結成し、それがやがてパーラメンツとしてデビューするきっかけとなった。クリントンはPファンクの創始者として、パーラメントファンカデリック[1]を率いる他、数多くの独創的ブラック・ミュージックの基礎を築いた。ジェームス・ブラウンやスライ・ストーンと共にファンクの代表的なミュージシャンとされ、ファンクを継承・発展させた功績が評価されている。また、奇抜なファッションでも知られている。

コミック中心のペドロ・ベル作のレコードジャケットや、ステージにおけるセクシャルな演出と、ユニークな歌詞が特徴である。また、超満員のコンサートで、メンバー達はオムツ姿や髭だらけの女装姿(ウェディングドレス等)で登場したりもする。

過去に40作以上の楽曲がソウル・チャートで好調なチャート・アクションを示し、3作のプラチナ・アルバムを獲得している。特に、パーラメントの「ギブ・アップ・ザ・ファンク」はポップチャートでも15位[2]、「フラッシュ・ライト」はポップチャート16位まで上昇し、白人層にも受け入れられた。80年代以降も、他の多くの黒人ミュージシャンに影響を与え続け、Pファンクがラップミュージックのバックトラッに使用されてヒットする現象を起している。21世紀に入ってからもPファンクはブラック・ミュージック・ファンに愛好されている。現在はフロリダ州に住んでいる。


ディスコグラフィ[ソースを編集]

ソロアルバム[ソースを編集]

タイトル 発売年 注釈
"Computer Games" 1982 Capitol Records
"You Shouldn't-Nuf Bit Fish" 1983 Warner Bros.
"Some of My Best Jokes Are Friends" 1985 Capitol Records
"R&B Skeletons in the Closet" 1986 Capitol Records
"The Cinderella Theory" 1989 Paisley Park Records
"Hey Man, Smell My Finger" 1993 Paisley Park Records
"Sample Some of Disc - Sample Some of D.A.T." 1993 AEM
"Testing Positive" 1996 AEM
"How Late Do U Have 2BB4UR Absent?" 2005 The C Kunspyruhzy

著書[ソースを編集]

  • 『ファンクはつらいよ ジョージ・クリントン自伝』発売日:2016年7月15日 出版社:DU BOOKS 著者:ジョージ・クリントン、ベン・グリーンマン 訳:押野素子 ISBN 978-4-907583-50-7

関連項目[ソースを編集]

脚注[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]