ジョージ・クリントン (ミュージシャン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ジョージ・クリントン
George Clinton
George Clinton in Centreville.jpg
ジョージ・クリントン(2007年)
基本情報
出生名 George Edward Clinton
生誕 (1941-07-22) 1941年7月22日(81歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ノース・カロライナ州 カナポリス
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニュー・ジャージー州 プレインフィールド
ジャンル ファンクR&Bソウルゴスペルブルースサイケデリック・ロックファンク・ロック
職業 歌手、シンガーソングライタープロデューサー
担当楽器 ボーカルキーボード
活動期間 1960年代 -
レーベル キャピトル
ペイズリー・パーク/ワーナー・ブラザース・レコード
ソニー550ミュージック/エピック
C Kunspyruhzy
シャナキー
共同作業者 パーラメント
ファンカデリック
公式サイト www.georgeclinton.com

ジョージ・クリントンGeorge Clinton1941年7月22日 - )は、アメリカミュージシャン思想家ファンク・ミュージックの継承者の一人。

経歴[編集]

ノースカロライナ州に生まれ、ニュージャージー州で育つ。現在はフロリダ州に住んでいる。元は床屋であった(実家が床屋)。クリントンは、床屋で仲間たちとドゥーワップ・グループを結成し、それがやがてパーラメンツとしてデビューするきっかけとなった。クリントンはPファンクの創始者として、パーラメントファンカデリック[1]を率いる他、数多くの独創的ブラック・ミュージックの基礎を築いた。ジェームス・ブラウンスライ・ストーンと共にファンクの代表的なミュージシャンとされ、ファンクを継承・発展させた功績が評価されている。また、奇抜なファッションでも知られている。

コミック中心のペドロ・ベル作のレコード・ジャケットや、ステージにおけるセクシャルな演出と、ユニークな歌詞が特徴である。また、超満員のコンサートで、メンバー達はオムツ姿や髭だらけの女装姿(ウェディングドレス等)で登場したりもする。

過去に40作以上の楽曲がソウル・チャートで好調なチャート・アクションを示し、3作のプラチナ・アルバムを獲得している。特に、パーラメントの「ギブ・アップ・ザ・ファンク」はポップチャートでも15位[2]、「フラッシュ・ライト」はポップチャート16位まで上昇し、白人層にも受け入れられた。1980年代以降も、他の多くの黒人ミュージシャンに影響を与え続け、Pファンクがラップミュージックのバックトラックに使用されてヒットする現象を起している。21世紀に入ってからもPファンクはブラック・ミュージック・ファンに愛好されている。

ディスコグラフィ[編集]

スタジオ・アルバム[編集]

  • 『コンピューター・ゲームス』 - Computer Games (1982年、Capitol)
  • 『ユー・シュドゥント・ナフ・ビット・フィッシュ』 - You Shouldn't-Nuf Bit Fish (1983年、Warner Bros.)
  • Some of My Best Jokes Are Friends (1985年、Capitol)
  • R&B Skeletons in the Closet (1986年、Capitol)
  • 『シンデレラ・セオリー』 - The Cinderella Theory (1989年、Paisley Park)
  • 『ヘイ・マン・スメル・マイ・フィンガー』 - Hey Man, Smell My Finger (1993年、Paisley Park)
  • 『ドープ・ドッグズ』 - Dope Dogs (1993年、XYZ)
  • 『スペースシップ・コネクション』 - T.A.P.O.A.F.O.M. (1996年、Sony 550 Music)
  • How Late Do U Have 2BB4UR Absent? (2005年、The C Kunspyruhzy)
  • George Clinton and His Gangsters of Love (2008年、Shanachie)

ライブ・アルバム[編集]

  • Live at the Beverly Theater (1990年、Westbound)
  • Mothership Connection Newberg Session (1995年、P-Vine)
  • 500,000 Kilowatts of P-Funk Power (Live) (2004年、Fruit Tree)
  • Take It To The Stage (Live) (2006年、Music Avenue)
  • P-Funk Live at Metropolis (2015年、Metropolis)

ファミリー・シリーズ・アルバム[編集]

  • Go Fer Yer Funk (1992年、Nocturne)
  • 『プラッシュ・ファンク』 - Plush Funk (1992年、Nocturne)
  • 『P・イズ・ザ・ファンク』 - P Is the Funk (1993年、Nocturne)
  • 『テスティング・ポジティヴ・4・ザ・ファンク』 - Testing Positive 4 the Funk (1993年、AEM)
  • A Fifth of Funk (1993年、AEM)
  • The Best (compilation) (1995年、P-Vine)

脚注[編集]

[脚注の使い方]

出典[編集]

著書[編集]

  • ジョージ・クリントン; ベン・グリーンマン英語版 著、押野素子 訳 『ファンクはつらいよ ジョージ・クリントン自伝』DU BOOKS、2020年。ISBN 978-4-907583-50-7 (原書 Clinton, George; Greenman, Ben, Brothas Be, Yo Like George, Ain't That Funkin' Kinda Hard on You?, Atria Books, ISBN 978-1-4767-5107-8 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]