リズム・アンド・ブルース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リズム・アンド・ブルース
様式的起源 ジャズ
ブルース
ゴスペル
文化的起源 1940-1950年代(アメリカ)
使用楽器 ドラムセットベース・ギターサクソフォーントランペットトロンボーンピアノオルガンエレクトリック・ギターヴォーカルバックグラウンド・ヴォーカル
派生ジャンル ファンクスカソウルロックンロールレゲエロック・ステディヒップホップ
サブジャンル
コンテンポラリー・R&Bスムーズジャズ
融合ジャンル
ロカビリー

リズム・アンド・ブルース: Rhythm and blues[1]は、音楽ジャンルである。略称はR&B(アール・アンド・ビー)、またはRnB

リズムビートに乗りながら、ブルース感のある歌を叫ぶように歌うのが特徴。のちのロックンロールなどのジャンルにも影響を与えた[2]1940年代後半に、ブルース[3]ゴスペルジャズといったブラック・ミュージックが発展する形で生まれた。

概要[編集]

戦前にすでに存在した黒人音楽と関係の深いジャンルには、ラグタイム、ブルース、ジャズ、スウィング、ジャイブなどがあった。R&Bは戦前には、まだジャンルとしては確立されていなかったが、ビルボード誌上では1943年ごろには、早くも記事の中にリズム&ブルースの記述が見られた。正式に音楽ジャンル名としてビルボードが使用したのは、1947年ビルボード誌ジェリー・ウェクスラーの提案によるものである[4]。ウェクスラーが、名付けるまでは、アフリカンアメリカンの音楽を「レイス・ミュージック」と呼び、ビルボード誌でも順位を「レイス・ミュージック・チャート」として発表していた。しかし1947年に、もうこういう名前で呼ぶ時代ではないだろう、という話題がビルボード誌編集部内で出た。次の火曜日にウェクスラーが「リズム・アンド・ブルースっていうのはどうか」と提案した事から、これが採用された。

ロックンロールは白人のカントリーと黒人のブルースの融合から、1954年か55年ごろに生まれたとされているが、R&Bの影響も大きかった。また、当初はリズム・アンド・ブルースとロックンロールの間に明確な区別はなかった。その後、リズム・アンド・ブルースは、60年代にはソウルミュージックとも呼ばれるようになる。

1960年代アメリカで、黒人たちの地位向上によりさらなる彼等のアイデンティティを高揚し、アフリカンアメリカンとしてのルーツを誇示する傾向があらわれた。ソウル/R&Bは彼らの音楽であるだけでなく、もっと幅広い黒人生活全般を示すキーワードにもなった。

詳細[編集]

1950〜1960年代のロックンロール(R&R)とともに、リズム・アンド・ブルースはヨーロッパにも渡り、流行に敏感な若者たちを虜にし、やがて彼らは自らリズム・アンド・ブルースを演奏するようになった。ヴァン・モリソンゼムや、スティーヴ・ウィンウッドスペンサー・デイヴィス・グループアニマルズらはリズム・アンド・ブルース(R&B)を演奏し、アルバムを発表した。ローリング・ストーンズクリームは、R&Bよりもブルースの影響が強かった。こうして、リズム・アンド・ブルースは米国から世界へと広がっていく。

やがてリズム・アンド・ブルースはより洗練された方向に発展していき、1970年代にはストリングスを使用したフィリー・ソウルが登場する。1980年代以降はブラック・コンテンポラリー(ブラコン)と呼称された。1990からは、ソウルがブルース的位置づけで分離され、当時の若手のガイやジョディシィ、メアリー・J. ブライジなどがリズム・アンド・ブルース(R&B)と呼ばれるようになった。呼称は1960年代と同じであるものの、ヴォーカルやサウンドが洗練され、大きく変化してしまっている。 1950〜1970年代の黒人音楽を聴いてきた層にとっては、現在の「リズム・アンド・ブルース(R&B)」と呼ばれる音楽に違和感を覚える者も多い。

サブ・ジャンル[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 英語の発音に忠実に発音すれば、リズム・アンド・ブルーズとなる
  2. ^ 松村明『大辞林』三省堂
  3. ^ http://www.allmusic.com/genre/blues-ma0000002467
  4. ^ Sacks,Leo(Aug. 29, 1993). "The Soul of Jerry Wexler". New York Times. Retrieved on Jan. 11, 2007.