渡辺直美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
渡辺直美
本名 渡辺直美
生年月日 (1987-10-23) 1987年10月23日(29歳)
出身地 茨城県
血液型 A型
身長 157cm
方言 共通語
最終学歴 石岡市立石岡中学校
出身 NSC東京校12期
コンビ名 フレッシュライム(2007年解散)
相方 ササキりな
芸風 形態模写、ものまね、リズムネタ
事務所 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
活動時期 2007年 -
同期 ジャングルポケット
御茶ノ水男子
アンカンミンカンなど
過去の代表番組 森田一義アワー 笑っていいとも!
ピカルの定理
配偶者  独身(未婚)
公式サイト 吉本興業株式会社
芸人プロフィール

渡辺 直美(わたなべ なおみ、1987年10月23日 - )は、日本の女性歌手ピン芸人お笑いタレント女優よしもとクリエイティブ・エージェンシー東京吉本)所属。東京NSC12期生。

来歴[編集]

父母姉本人の4人家族(元々1人っ子とプロフィール公開していたが、後に訂正した)。父親が日本人、母親が台湾人[1]。出生は台湾で幼少期の頃に両親が離婚しており、母に引き取られて育った。中国語はほとんど話せないが理解はできるという。小さい頃は食べるものにも困るほど貧乏で、おかずの代わりにチラシの切り抜きを側に置いてご飯を食べ、チラシに載っている食べ物を食べているような気分を味わうほどだった。それでも、よく喋る明るい子供だった。中学卒業までは痩せており、ハーフということもありモテていたという。現在、台湾に実姉が住んでおり、インスタグラムで姉妹でのツーショット写真を公開している。

茨城県石岡市立石岡中学校卒業。小さい頃から芸能界に憧れていた。勉強が全くできなかったため、高校受験をするも失敗した。そのため高校進学せずにファミレスの夢庵にてアルバイトとして働き、貯金をする。中学生の時には恥ずかしがりやであったが、仲のよい子を集めてものまねを披露するなどしていたこともあり、親の反対を押し切り家出同然の形でNSCに入る[2]。親がNSCに電話をしてきたこともあったという。望月愛子とのコンビ「わたもち」を解散後、NSC同期のササキりな[注 1]とのコンビ「フレッシュライム」を組んでいたが、2007年9月に方向性の違いで解散し、ピン芸人としてデビュー。2008年1月2日放送の『新春大売出し!さんまのまんま』(関西テレビ)に今田耕司一押しのお笑い芸人として紹介され出演し、ビヨンセのものまねで2曲を披露。今田は「使ってる筋肉はビヨンセと全く同じ」、「安いスナックのお姉ちゃんじゃないですよ」と述べた。なお、この時はマライア・キャリーの物真似をする予定だったが、本番直前にビヨンセに変えた[3]

2008年3月31日から『笑っていいとも!』(フジテレビ)の14代目いいとも青年隊として、鈴木凛と共に「いいとも少女隊」を結成。同年6月、ビヨンセが在籍したアメリカのグループデスティニーズ・チャイルドのファミリーBEST『ラヴ・デスティニー』CMに起用された。

2009年、吉本興業若手によるユニット『東京ワン・ダース』に参加。そのほかメンバーはチョコレートプラネット井下好井タモンズジャングルポケットメメ

同年11月30日・12月1日・2日『桑田佳祐 Act Against AIDS 2009 映画音楽寅さん チャラン・ポランスキー 監督・脚本・主演「男はしたいよ」』にゲスト出演[4]

2011年、『オモバカ8』で準優勝。2012年、2013年と『史上空前!! 笑いの祭典 ザ・ドリームマッチ』に出演し、2年連続で優勝している。

2014年5月から3ヶ月間ニューヨークに留学。同年、競艇(ボートレース)のイメージキャラクターボートニャーの1人(BOATNYA RED)として就任。また、香港のテレビ局無綫電視が製作するスペシャルドラマ『愛情來的時候』で、300年続く和菓子屋の一人娘で、結婚相手に悩む役で主演している。

2016年時点で中国国内のインターネット上では「太っていてもオシャレ」で「肥満が恥とされる日本において、彼女のコミカルさに観衆がすっかり感染し、急速に人気が高まった」などと紹介されている[5]。同年末より台湾の交通部観光局から台湾観光親善大使に任命されている[6]

2017年7月期の連続ドラマ『カンナさーん!』(TBS)で主演[7]。ゴールデンプライム帯(午後7 - 11時)の連ドラでの主演は初めてである。

人物[編集]

いわゆるデブタレの1人としても知られ、公式プロフィールのサイズは身長157cm、体重95kg。自称Hカップ。2008年11月14日には4月からの7ヶ月間に13kg太ったことをエクササイズのイベントで明らかにした[8]

ビヨンセの大ファンであることから主に楽曲「クレイジー・イン・ラブ」のダンスのモノマネ芸を始め、テレビなどで多く披露するようになる。これに伴い「和製ビヨンセ」「ブヨンセ」「吉本のビヨンセ」などとも呼ばれていた。

尊敬するお笑い芸人は岡村隆史。理由は「動きや顔で誰にでもわかる面白さを追求しているから」[2]。2016年現在の悩みはネタ数が少ないこと。ネタが尽きたらそのままテレビから消されてしまいそうで怖いという。目標はコント番組にレギュラー出演することだというが、ピカルの定理のレギュラーとなり叶った[2]

極端に掃除が苦手であるため、自室の掃除は業者に任せている。最初の依頼時はあまりの汚さに100万円の清掃代金を要したという[9]

浪費癖があり、欲しいと思ったものは基本的に欲求に任せて購入・散財する。売れっ子になってから月収が数100万円に達するようになったが、計画性のない使い方をするために給料日前には赤字寸前になる。預金残高も常に2万円程度であるといい、家計簿をつける習慣もない[9]

2017年5月28日に普通自動車免許(AT限定)を取得した。

出演[編集]

テレビ番組[編集]

現在の出演番組
過去の出演番組
単発での出演番組

ラジオ番組[編集]

現在の出演番組
  • AVALON(2016年4月7日 - 、J-WAVE) - 木曜日担当ナビゲーター

ウェブ配信[編集]

舞台[編集]

  • 『花坂荘の人々#1 〜おなか、すいてない?〜』(2008年4月15日 - 20日、神保町花月
  • 『花坂荘の人々#2 〜ブラザーズ&ブラザーズ〜』(2008年5月13日 - 18日、神保町花月)
  • 『花坂荘の人々#3 〜これから、そしてここから〜』(2008年6月17日 - 22日、神保町花月)
  • 神保町花月2周年記念公演 『UNSUNG HEROES〜謳われることのない英雄たち〜』(2009年7月7日 - 11日、神保町花月)
  • スーパーチャンプルシアター『未来サイボーグ VS 七匹の妖怪』(2009年8月3日 - 12日、よしもとプリンスシアター
  • 『咆号』(2010年2月16日 - 21日、神保町花月)
  • 『アイツにメガトン』(2010年8月2日 - 8日、神保町花月) - 主演

ライブ&イベント[編集]

  • 単独ライブ『H』(2008年8月9日、渋谷シアターD)
  • 単独ライブ『まねクラ嬢直美』(2009年2月4日、新宿シアターブラッツ)
  • 単独ライブ『夏の花びら大回転 〜21の夏〜』(2009年8月3日、新宿シアターブラッツ)
  • ナオミ&ヒーボー トークライブ(2009年10月24日、渋谷シアターD) - 太田博久(ジャングルポケット)との共演
  • JIMBOCHOトーク ナオミ&ヒーボー (2010年2月12日、神保町花月) - 太田博久(ジャングルポケット)との共演
  • 単独ライブ『本番OK! 〜22の春〜』(2010年3月20日、新宿シアターブラッツ)
  • JIMBOCHOトーク ナオミ&ヒーボー 4月公演(2010年4月7日、神保町花月) - 太田博久(ジャングルポケット)との共演

映画[編集]

日本語版吹替

劇場アニメ[編集]

テレビドラマ[編集]

テレビアニメ[編集]

CM[編集]

ミュージック・ビデオ[編集]

DVD[編集]

  • ルミネtheよしもと 業界イチの青田買い2009冬」(2009年) - 「渡辺直美と斉藤さん」として
  • 「花坂荘の人々 上/下巻」(2009年)
  • 「戦え!キャプテンボニータ」(2009年)
  • 「爆笑レッドカーペット 克実より愛をこめて編」(2010年)

雑誌[編集]

ファッション[編集]

受賞歴[編集]

関連項目[編集]

  • 西武鉄道 - 2016年に渡辺をモチーフにしたラッピング電車「ワタナベナオミトレイン」(30000系を使用)を運行した。

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 解散後はピン芸人を経て2012年に引退。

出典[編集]

  1. ^ “渡辺直美 実は日台ハーフ 自慢げ「ローラやベッキーと同タイプ」”. Sponichi Annex (スポーツニッポン). (2013年9月16日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2013/09/16/kiji/K20130916006626430.html 2013年9月16日閲覧。 
  2. ^ a b c 「渡辺直美 "なりきりビヨンセ"で爆笑させる20歳の女性ピン芸人」、『日経エンタテインメント!』第12巻第8号、日経BP社、2008年6月、 pp.7。
  3. ^ 2008年6月19日号「女性セブン」での記事より
  4. ^ 桑田佳祐、AAAライブで“ひとり国際映画祭” 初フライングも敢行オリコンニュース
  5. ^ “大食い女王の木下ゆうかと渡辺直美 中国ネットで人気集める”. ライブドアニュース. (2016年4月20日). http://news.livedoor.com/article/detail/11435266/ 2016年5月17日閲覧。 
  6. ^ 台湾観光親善大使に渡辺直美さん インスタで多彩な魅力発信2016年12月8日,フォーカス台湾
  7. ^ a b “渡辺直美:“逃げ恥”枠でGP帯連ドラ初主演 「ガッキー超えられるかな…」”. まんたんウェブ (株式会社MANTAN). (2017年5月12日). https://mantan-web.jp/2017/05/12/20170511dog00m200050000c.html 2017年5月12日閲覧。 
  8. ^ マイコミジャーナル (2008年11月14日). “ビヨンセ、というかお相撲さん? 13キロ増の渡辺直美が真剣エクササイズ”. 2008年11月23日閲覧。
  9. ^ a b 月収数100万、家賃53万でも預金残高2万。渡辺直美の散財生活に寒気 MSNニュース(2014年11月29日閲覧)
  10. ^ 渋谷の音(日本放送協会)、2016年4月19日閲覧
  11. ^ “渡辺直美、自分の恋バナもぶっちゃけます BS朝日で新番組スタート”. ORICON STYLE. (2016年6月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2073932/full/ 2016年6月24日閲覧。 
  12. ^ 小籔&渡辺直美が初タッグ 芸能人のファッション辛口チェック”. スポニチ (2015年10月5日). 2015年10月6日閲覧。
  13. ^ “篠原涼子の高校生時代に広瀬すず!韓国で大ヒットの『サニー』を大根仁監督がリメイク”. シネマカフェ (株式会社イード). (2017年10月2日). http://www.cinemacafe.net/article/2017/10/02/52924.html 2017年10月2日閲覧。 
  14. ^ “ナイト ミュージアム』最終章の吹き替え声優に渡辺直美&徳井義実!”. シネマトゥデイ. (2014年12月11日). http://www.cinematoday.jp/page/N0068947 2014年12月11日閲覧。 
  15. ^ 柳沢慎吾 アフレコ初挑戦でハリウッド色気!?「バカにした連中見返してやる」”. スポニチ (2015年7月9日). 2015年7月9日閲覧。
  16. ^ 友近&渡辺直美、『ゴーストバスターズ』アフレコ挑戦も荷物が重くて苦戦!”. シネマカフェ. 2016年7月6日閲覧。
  17. ^ “渡辺直美が「きかんしゃトーマス」最新作に参加、予告編も公開”. 映画ナタリー. (2016年12月15日). http://natalie.mu/eiga/news/213217 2016年12月15日閲覧。 
  18. ^ 2017年ボートレースCM決定 - BOAT RACE振興会 2016年12月31日(2016年12月31日閲覧)
  19. ^ “渡辺直美:“セクシーな野菜”に変身? カップヌードルライトプラス新CM”. MANTANWEB. (2016年3月18日). http://mantan-web.jp/2016/03/18/20160317dog00m200058000c.html 2016年3月18日閲覧。 
  20. ^ “渡辺直美、ローラとCMで自撮りモテ仕草のニアチューポーズ”. お笑いナタリー. (2016年4月22日). http://natalie.mu/owarai/news/184583 2016年4月22日閲覧。 
  21. ^ “渡辺直美 CM撮影で彼氏探し?「ダンサーさんと連絡先交換した」”. スポニチアネックス. (2016年6月7日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2016/06/07/kiji/K20160607012737950.html 2016年6月7日閲覧。 
  22. ^ “渡辺直美、新商品「ビオレ 薬用デオドラントZ」のCMキャラクター&「ニオわせないZ大使」に就任!”. エキサイトニュース. (2017年2月18日). http://www.excite.co.jp/News/comedy/20170218/Yoshimoto_2017_02_entry66983.html 2017年2月23日閲覧。 
  23. ^ 渡辺直美、親友BENIの新曲MVで女子2人旅をひたすら満喫”. お笑いナタリー (2015年7月28日). 2015年7月28日閲覧。
  24. ^ 『日本初ぽっちゃりファッション誌「ラ・ファーファ」ぶんか社が発刊』 2013年2月12日 Fashionsnap.com
  25. ^ “キスマイ藤ヶ谷、ベストジーニスト殿堂入り 先輩のキムタク、草なぎ、亀梨、相葉に続き男性5人目”. ORICON STYLE. (2016年10月11日). http://www.oricon.co.jp/news/2079722/full/ 2016年10月11日閲覧。 
  26. ^ “高畑充希、飛躍の一年を回顧「台風の目にいるような感じ」”. ORICON STYLE. (2016年11月24日). http://www.oricon.co.jp/news/2081875/full/ 2016年11月24日閲覧。 

外部リンク[編集]