SK-II

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
SK-II
業種 スキンケア
設立 1980年 (42年前) (1980)
本社
事業地域
全世界
製品 化粧品
親会社 プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)
ウェブサイト www.sk-ii.com

SK-II(エスケーツー)は、プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)が保有する基礎化粧品のブランドである。日本国内で製造され、東アジア東南アジア北アメリカヨーロッパオーストラリアで販売されている。

概要[編集]

基礎化粧品としては高価格帯の商品が多く、30代以上の女性を中心に支持を集めている。

看板商品である「フェイシャル トリートメント エッセンス」(化粧水)は160mLで17,000円である。

日本ではCMキャラクターに桃井かおり綾瀬はるか有村架純池江璃花子TWICEMina三吉彩花渡辺直美を起用している。

現在のキャッチコピーは、「運命を、変えよう。#changedestiny」

日本国内で製造しており、アジア各国・アメリカ等の諸外国でも発売されている。

歴史[編集]

1970年代、マックスファクター日本法人(現 P&Gプレステージ)の研究者が、長年日本酒造りに携わってきた杜氏の手が高齢であるにも関わらず若々しい肌をしていることに気づき、それが酵母の効果であることを確認した。酵母から「ピテラ」(pitera)というエキスを抽出し、この物質を使った化粧品ブランド「SK-II」を1980年代初頭に立ち上げ[1][2]、日本国内で販売を開始した。"SK-II"の"SK"は"Secret Key"(秘密の鍵)の意味である。

1991年、P&Gがマックスファクターを買収した[3]のに伴いSK-IIのブランドも取得した。P&Gは同ブランドの販売を日本国外へ拡大させ、最初に中国韓国、2000年にイギリス、その後アメリカへと進出した[1][2]。2018年現在、オーストラリアインドネシアマレーシアシンガポールスペインタイでも販売されている[4]

2015年9月、P&Gマックスファクター合同会社がP&Gプレステージ合同会社に2016年8月1日に社名変更するのに併せて、SK-IIのカラー製品(ファンデーション、ベースは除く)の販売を終了すると発表した。[5]

中国と韓国での論争[編集]

中国においてSK-IIの購入者から、広告の表示が不正確だったためにアレルギー反応が起きたと申立てがあり、2005年4月、P&Gは20万の罰金の支払いに同意した[6]。2006年10月、中国国内で販売されたSK-IIから微量のネオジムクロムが検出された。いずれも、アレルギー反応や湿疹の原因となる恐れがあり、化粧品への使用が禁止されている。P&G中国は製品を自主回収し[7]、その週の内に中国国内での販売を完全に停止して、返金のための電話窓口を開設した[8][9][10]。2006年末、これらの微量成分が健康に害をなす可能性はないと中国当局が発表し、中国国内での販売が再開された[11][12]

韓国でも当局により販売が停止され、2週間後、製品の安全性が確認されたとして販売再開が許可された[11]

スキンケア商品一覧(2018年2月現在)[編集]

洗顔料クレンジング
  • フェイシャル トリートメント クレンザー
  • フェイシャル トリートメント ジェントル クレンザー
  • フェイシャル トリートメント クレンジング オイル
  • フェイシャル トリートメント クレンジング ジェル
  • フェイシャル トリートメント ジェントル クレンジング クリーム
化粧水
  • フェイシャル トリートメント エッセンス
  • フェイシャル トリートメント クリア ローション
  • ホワイトニング ソース クリア ローション
  • セルミネーション MASK-IN ローション
  • ミッド-デイ ミラクル エッセンス
  • ミッド-ナイト ミラクル エッセンス
  • LXP アルティメイト パーフェクティング エッセンス
  • マスターピース エッセンス
乳液クリーム
  • フェイシャル トリートメント ミルク
  • フェイシャル リフト エマルジョン
  • R.N.A.パワー ラディカル ニュー エイジ
  • R.N.A.パワー ラディカル ニュー エイジ エアリーミルキー ローション
  • R.N.A.パワー アイ クリーム ラディカル ニュー エイジ
  • セルミネーション ディープ サージ EX
  • ステムパワー リッチ クリーム
  • スキン シグネチャー メルティング リッチ クリーム
  • フェイシャル トリートメント コンセントレート
  • ホワイトニング ソース ダーム・ブライトナー
  • スポッツ ケア & ブライトン デイ クリーム
  • フェイシャル トリートメント マッサージ クリーム
  • LXP アルティメイト パーフェクティング クリーム
  • LXP アルティメイト パーフェクティング アイ クリーム
  • マスターピース クリーム
  • マスターピース アイ クリーム
美容液
  • ジェノプティクス オーラ エッセンス
  • ジェノプティクス スポット エッセンス
  • R.N.A. パワー ラディカル ニュー エイジ エッセンス
  • フェイシャル トリートメント リペアC
  • フェイシャル トリートメント オイル
  • スキン リファイニング トリートメント
  • サインズ アップ・リフター
  • リンクル スペシャリスト
  • フェイシャル トリートメント エッセンス-アイ
  • ホワイトニング スポッツ スペシャリスト コンセントレート
  • LXP アルティメイト パーフェクティング セラム
  • LXP アクティベーティング マッサージ フルイッド EX
  • マスターピース ラディアンス セラム
  • マスターピース サプルネス セラム
  • マスターピース トートネス セラム
パックマスク
  • フェイシャル トリートメント マスク
  • スキン シグネチャー 3D リディファイニング マスク
  • ホワイトニング ソース ダーム・リバイバル マスク
  • WS ダーム・リバイバル プログラム
  • サインズ アイ マスク
  • スキン リブースター
  • オーバーナイト ミラクル マスク
日焼け止め
  • セルミネーション デイサージ UV
  • WS ダーム・デフィニション UVローション
  • アトモスフィア CC クリーム
  • アトモスフィア エアリーライトUVエマルジョン

関連項目[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b Jack Neff (2003年4月7日). “P&G to launch SK-II in U.S”. Advertising Age. http://adage.com/article/news/p-g-launch-sk-ii-u-s/49839/ 2018年8月17日閲覧。 
  2. ^ a b “Birth of an Icon: SK-II”. Procter & Gamble. (2012年11月26日). http://news.pg.com/blog/birth-icon-sk-ii 
  3. ^ SK-II | Brand History” (英語). home. 2022年4月12日閲覧。
  4. ^ Procter & Gamble. “SK-II”. 2018年8月17日閲覧。
  5. ^ P&Gマックス ファクター、社名変更とMFの販売終了発表 」、週刊粧業オンライン、2015年10月5日。
  6. ^ Normandy Madden (2005年4月25日). “P&G to pay fine over SK-II in China”. Advertising Age. http://adage.com/article/the-world/p-g-pay-fine-sk-ii-china/102979/ 2018年6月25日閲覧。 
  7. ^ China to halt imports of SK-II if problems show up again”. China View (2006年9月21日). 2008年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年7月25日閲覧。
  8. ^ “P&G halts sale of SK-II in China”. China Daily. AP/Xinhua. (2006年9月22日). http://www.chinadaily.com.cn/china/2006-09/22/content_694757.htm 2018年6月25日閲覧。 
  9. ^ Mei Fong; Loretta Chao (2006年9月25日). “P&G Stumbles in China”. Wall Street Journal. https://www.wsj.com/articles/SB115913591230672513 2018年6月25日閲覧。 
  10. ^ Kineta Hung; Richard Farmer (2008-01-11). Case Study: SK-II: Damage Control in China. Harvard Business Review. https://hbr.org/product/sk-ii-damage-control-in-china/HKU697-PDF-ENG 
  11. ^ a b “P&G to resume SK-II China sales in early December”. Reuters. (2007年1月19日). https://www.reuters.com/article/retail-china-pg/pg-to-resume-sk-ii-china-sales-in-early-december-idUSPEK7362120061115 2018年6月25日閲覧。 
  12. ^ “SK-II cosmetics safe, China decides” (英語). The Japan Times Online. (2006年10月25日). ISSN 0447-5763. https://www.japantimes.co.jp/news/2006/10/25/business/sk-ii-cosmetics-safe-china-decides/ 2018年10月6日閲覧。 

外部リンク[編集]