マックスファクター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

マックスファクターMax Factor)は、ポーランドユダヤ人美容師、マックス・ファクター(1877年 - 1938年)が、1909年に設立した化粧品メーカーである。

1991年からはプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)の化粧品ブランドとなっていたが、現在は米国の香水メーカー・コティの化粧品ブランドになっている。

概要[編集]

1909年ロシアボリショイ・バレエのビューティーアドバイザーであったマックスファクター(1世)がハリウッドアメリカロサンゼルス)に、化粧品・演劇用品店「マックスファクター」を開店したのが始まりである。ファクターはアメリカに渡った後、ハリウッド映画の黎明期に美容アドバイザーとして活躍し、生み出した数々のメークアップ製品は映画スターに愛用され、広く知られるようになった。マスカラやリップブラシなど今では馴染み深い化粧品の多くは、マックスファクター1世によって生み出されたものである。

また、「メークアップ」という言葉は、常に現状に満足できなかった彼の「Make Up(もっと美しい表情を)」の台詞が、後に「化粧する」という意味で使われるようになったものである。

マックスファクターは1986年以降、アメリカの化粧品会社、レブロンの傘下にあったが、1991年プロクター・アンド・ギャンブル(P&G)が1.5億ドルで買収した。

2009年にマックスファクターは、誕生から100周年を迎えた。

2009年、P&Gは、販売が低迷する本国アメリカ市場でのマックスファクター・ブランドの販売から 2010年の第1四半期をもって撤退、ロシアやイギリスを始めとする国際市場での販売に集中することを発表した[1]

そして2015年7月、P&Gがマックスファクター・ブランドを他の43ブランドと一緒に、125億ドル(約1兆5000億円)でコティに売却[2]した。

日本での販売[編集]

現在、日本での販売はP&Gマックスファクター合同会社によって行われている。同社は2006年会社法施行で新たに誕生した会社形態である合同会社に改組されたものである。

マックスファクターは、1953年に日本へ進出し、1991年にP&G傘下[3]となった。

P&Gマックスファクター合同会社[編集]

P&Gマックスファクター合同会社
種類 合同会社
本社所在地 658-0032
神戸市東灘区向洋町中1丁目17番地
設立 1987年6月
業種 化学
事業内容 日本における化粧品・ビューティーケア製品・医薬品などの販売、輸出入
外部リンク http://www.maxfactor.jp/
テンプレートを表示

P&Gマックスファクター合同会社は、P&Gの関連会社であり、同社傘下のブランドの日本における販売を行っている。
なお2015年9月に、P&Gマックスファクター合同会社がP&Gプレステージ合同会社に社名変更する2016年8月1日をもって、マックスファクターブランドの全製品とSK-IIのカラー製品(ファンデーション、ベースは除く)の販売を終了すると発表した。[4]

取り扱いブランド[編集]

イメージキャラクター[編集]

CMソング[編集]

関連人物[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Max Factor Kisses America Goodbye Wall Street Journal 2009年6月5日
  2. ^ 米コティ、P&Gの美容ブランド取得で合意-125億ドル Bloomberg.co.jp 2015年7月9日
  3. ^ 日本ヴィックスを前身とするP&Gヘルスケア株式会社を吸収合併した後、ヘルスケア事業限定で社内カンパニーP&Gヘルスケア事業部を設立したが、後に親会社のP&Gが事業を見直して、ヘルスケア事業を大正製薬レキットベンキーザー・ジャパンなどに事業譲渡し社内カンパニー制度を廃止したため、「P&Gヘルスケア」ブランドは消滅した。
  4. ^ P&Gマックス ファクター、社名変更とMFの販売終了発表 週刊粧業オンライン 2015年10月5日

外部リンク[編集]