新間寿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

新間 寿(しんま ひさし、1935年3月22日[1] - )は、元新日本プロレス専務取締役兼営業本部長及び元WWF会長。現在は新間事務所代表取締役社長。

過激な仕掛け人」の異名を持ち、昭和期の新日本プロレスを語るのに欠かすことのできない人物である。実父は東京プロレスを立ち上げ、新日本プロレス役員も務めた新間信雄。息子の新間寿恒ユニバーサル・プロレスリング(後にFULLと改称)を立ち上げるなどプロレス業界の裏方で働いている。

来歴[編集]

1935年東京都新宿区にて生まれる。 中央大学に入学後、柔道部に所属する傍ら、強い男に憧れ、当時日本橋人形町にあった日本プロレスの道場にボディビル練習生として通う。この時後に新間の人生を左右する事となる豊登と知り合う。大学卒業後、大手化粧品メーカーのマックスファクターでのサラリーマン生活を経て、1966年、豊登の誘いをうけて、当時、寺の住職を務めていた[2]実父の信雄と共に東京プロレスの立ち上げに携わる。そこからアントニオ猪木との関係が生まれ、東京プロレス倒産後、小来川鉱山鉱夫、ダイナパワーセールスマン、寿屋パン店経営者を経て1972年新日本プロレス入社。専務取締役営業本部長の肩書きで、猪木の右腕として数々の名勝負を実現へと導いた。その中で最大の功績は「アントニオ猪木対モハメド・アリ」戦を実現させたことである。また、タイガーマスクを現実の世界に登場させ、IWGPの構想を提唱するなど、新日本プロレスに残した足跡は計り知れない。1980年代前半の全盛期には「プロレスブームではなく、新日本プロレスブーム」との発言も残している(新間の言う通り、1980年代にはライバルの全日本プロレスの中継は新日本よりも早くゴールデンタイムから撤退しており、第三団体の国際プロレスに至っては1981年夏に崩壊している。)。アリ戦の巨額の赤字が問題となり形式上降格された時期があったが、その時期も変わらず辣腕を振るっていた。

1983年に「新日本クーデター未遂事件」の責任をとる形で解任され(この時猪木も代表取締役社長を一時解任されている)、UWFを設立するが、1年ほどで崩壊し、その後も新日本の裏方を続けた。猪木がNWA加盟を拒否されたため、新日本代表としてNWAの名義人となっていたのも、新間と坂口征二であった。また、その手腕を買われてジャパン女子プロレスの経営にも関与し、子飼い的な存在であったグラン浜田をコーチとして送り込んだこともある。

また、ジャパン女子プロレスの経営不振に際しては、空手士道館や男子プロレスなどを融合した『格闘技連合』としての団体再建プランも画策していたとされる[3]

息子である寿恒が代表兼プロモーターを務めたユニバーサル・プロレスリングでも、同団体の役職に就くことはなかったものの、所属選手であった浅井嘉浩(現:ウルティモ・ドラゴン)のSWS移籍騒動の際にも団体を代表する形で、当時SWS社長であった天龍源一郎に対して直談判しているなど、団体に対する影響力を保持していた[4]

スポーツ平和党結成から猪木告発そして和解まで[編集]

  • 1989年には猪木が立ち上げたスポーツ平和党の幹事長に就任、1992年第16回参議院議員通常選挙では比例代表より立候補し落選している。
    • スポーツ平和党の運営を巡っては猪木の税金未納疑惑が発覚すると江本孟紀副党首に金銭疑惑を追及され、党の行方が注目される中、政治評論家の菊池久から"親密な仲"と噂された佐藤久美子公設第一秘書が記者会見を行い決別を宣言、新間もその後袂を分かち、一時は猪木の告発本を執筆した。
    • 常日頃「私はアントニオ猪木とプロレスの悪口は言ったことがない」と公言し、告発したのは「一個人としての猪木寛至」であり、「プロレスラー・アントニオ猪木」ではないなどと発言していたが、スポーツ平和党幹事長だった1995年に告発本の出版予定日を繰り上げて記者会見を行い「女性の方は耳をふさいでください・・・アントニオ猪木のPKO・・・それはパンパン来い来いオマンコやろう」と放送禁止用語を発言しその模様は、TBSで全国に生中継された(ちなみに、この放送をたまたまリングス関係者が見ており、前田日明に「猪木さんが大変なことになってますよ!」と伝えたら「何言ってるんだ、いつものことや!そのうち仲直りするさ!」と全く取り合わなかった、という話がある)。また猪木の秘書を便所に連れこみ平手打ちをするなど毎日のようにワイドショーで取り上げられていた。
  • 猪木落選後は、猪木や新日本プロレスとの関係が疎遠となるが、2002年東京スポーツ新聞社桜井康雄元取締役が間を取り持ち猪木と新間電撃和解と報じる、そして猪木事務所のアドバイザーとして復帰すると、ジャングルファイトをプロデュースし、翌2003年の新日本プロレスの東京ドーム大会では約20年ぶりにリングに上り、その存在をアピールする。
  • 現在は「天下のプロレスご意見番」として雑誌などに登場し、プロレス界に苦言を呈している。
  • しかし、「暴露本」を出したミスター高橋のことは激しく非難している。ただし、新間が「これこの通り猪木のビッグマッチはほとんどミスター高橋以外が裁いている」[5]と言って持ち出してきた試合一覧は、大半が他流試合と異種格闘技戦(つまり新日本側・プロレス側である高橋が裁くのはあり得ない試合)であった。

その他[編集]

  • WWE創業者一族のマクマホン家とは家族ぐるみの付き合いである。特にビンス・マクマホン・シニアとの交流は有名で、亡くなる直前、新日本に立会人として来日した際のパーティの挨拶で「ここに私の友人である新間がいないことは寂しい」とコメントした(新間はその時、プロレスの表舞台から消えている時だった。後にシニアの訃報を聞き、雑誌のインタビューで、追悼と共に、シニアのこのコメントに対する謝意を示していた)。
  • メキシコUWAの初代代表であるフランシスコ・フローレス、2代目代表のカルロス・マイネスからも絶大な信頼を受けていた。新間が提唱したIWGP構想に賛同して参加したが、新間への信頼から、律儀にメキシコ予選リーグ戦を開催した。IWGPリーグ戦第一回大会において、予選を勝ち抜いて本選に出場したのは、アジア代表の猪木、キラー・カーンと、中南米代表のカネックエンリケ・ベラだけである。
  • アントニオ猪木とは「腐れ縁」とも言える関係であるが、前述の猪木が参議院議員であった当時の告発も含め、たびたび猪木と袂を分かったことがある。1967年の東京プロレスの倒産に際しては、猪木側と豊登側との責任の擦り合いに発展し、その際に信雄、寿の父子は豊登側に付いている。豊登と信雄、寿は猪木側から「3千万円の業務上背任横領容疑」で警察に告発されている[2]
  • また、新日本時代の部下でもある大塚直樹(元営業部長)とは、クーデター未遂事件で一時期、袂を分かったが、その後、大塚が独立し「新日本プロレス興行」(後のジャパンプロレス)を設立した際には和解しており、ジャパンプロレスが崩壊した後は、大塚も新間と共にジャパン女子プロレスの経営や『格闘技連合』に参画したり、ユニバーサル・プロレスの最高顧問に名前を連ねている[6][7]
  • 一時期、大仁田厚との関係が深い時期があった。これは『格闘技連合』設立の際、グラン浜田とともに大仁田を『格闘技連合』の男子部門の手駒として構想していたこともあり、当時、ジャパン女子プロレスの営業部員であった大仁田と、レフェリー兼コーチであった浜田との間で発生した遺恨をギミックとして試合を組ませたのも、新間の仕掛けがあったからとされている[4]
その後、大仁田が「FMW」(フロンティア・マーシャルアーツ・レスリング)を旗揚げした際には『格闘技連合』構想の枠組みとして、一時期、新間と大塚はFMWの顧問に名前を連ねていた。しかし、旗揚げ会見の際に青柳政司が乱入して大仁田と乱闘騒ぎになり、懇意にしていたホテルの金屏風を破損され、ホテル側から補修費用を請求された上に、救急車や警察が出動する事態となり面子を潰されたこと(しかも、一連の騒動は大仁田が仕掛けたという噂もあった)や、旗揚げ直後からデスマッチ志向が強い試合スタイルなどが格闘技路線と大きく乖離していたことから、大仁田との関係が悪化し、決別。その後、当時、都内の広告代理店に勤務していた息子の寿恒とともに、メキシコのルチャリブレを主体としたプロレス団体であるユニバーサル・プロレスの設立へ向けて、方向転換している[8]
  • ユニバーサル時代に所属選手であった浅井嘉浩が、1991年9月にメキシコの主戦場をUWAからCMLL(現・CMLL)へ移籍した際、その直後にSWSとEMLLとの業務提携が成立した関係で、日本での主戦場もSWSへ移すこととなった。この時、新間は「こんな身勝手な話があるか!こうなったらSWSの事務所に乗り込んで天龍に直談判して白黒をキッチリつけてやる」とSWSの事務所に乗り込むことを宣言した。その後、ある人物を仲介役として天龍との会談が実現し、この席上、天龍が弁解せずに誠意を見せ、騒動を謝罪したことから、新間は翻意し浅井のSWS移籍を承諾。さらに、「本当に器の大きい素晴らしい人物」と天龍の人柄を絶賛している。後に天龍がアントニオ猪木との対戦を望んだ要望書を新間に託している[9]

エピソード[編集]

  • マックスファクター時代は、自社商品をレスラーに勝利者賞として提供していた。
  • IWGP構想を"世界制覇の大野望"と評し、リング上で発表する新間に対して"過激な仕掛け人"と呼んだのは、テレビ朝日アナウンサー時代の"過激なアナウンサー"こと古舘伊知郎だった。

著書・参考文献[編集]

  • リングの目激者(竹内宏介、桜井康雄との共著) 都市と生活社 1983年3月
  • プロレス仕掛人は死なず みき書房 1984年4月
  • これがジャパンライフの真実だ! 21世紀の流通に挑む不滅のJLシステム 青山書房 1986年6月
  • アントニオ猪木の伏魔殿 - 誰も書けなかったカリスマ「闇素顔」- 徳間書店 2002年4月
  • 新・リングの目激者 歴史の証人(竹内宏介、桜井康雄との共著) 日本スポーツ出版社 2004年3月

脚注[編集]

  1. ^ 『リングの目激者』、『新・リングの目激者 歴史の証人』より。
  2. ^ a b 「プロレス醜聞100連発!!」P65 竹内宏介著(1998年、日本スポーツ出版社
  3. ^ 「プロレス虚泡団体の真実!!」P13-17 竹内宏介著(1998年、日本スポーツ出版社)
  4. ^ a b 「プロレス虚泡団体の真実!!」P32-36,50-52,78-80
  5. ^ 宮戸優光ターザン山本・著『プロレスファンよ感情武装せよ! ミスター高橋に誰も言わないなら俺が言う!』( 新紀元社)で同じ例を持ち出し「いかに(ミスター高橋が)レフェリーとして認められていなかったと言う証明」「ほとんど裁いていないのに(自著で)その辺の試合のことに触れるのは納得できない」と発言している。
  6. ^ 「昭和プロレス維新」P26-40 小佐野景浩著(2000年、日本スポーツ出版社)
  7. ^ 「プロレス虚泡団体の真実!!」P12-16,27,32-33
  8. ^ 「プロレス虚泡団体の真実!!」P26-28
  9. ^ 「プロレス虚泡団体の真実!!」P50-52

関連項目[編集]