The ONES

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
The ONES
V6スタジオ・アルバム
リリース
録音 2016年 - 2017年
ジャンル J-POP
時間
レーベル avex trax
チャート最高順位
V6 年表
SUPER Very best
2015年
The ONES
(2017年)
-
『The ONES』収録のシングル
  1. Beautiful World
    リリース: 2016年6月8日
  2. Can't Get Enough
    リリース: 2017年3月15日
  3. COLORS
    リリース: 2017年5月3日
テンプレートを表示

The ONES』(ザ・ワンズ)は、V6の13作目のアルバム2017年8月9日avex traxから発売された。前作『Oh! My! Goodness!』から4年半振りのオリジナル・アルバム[1]


解説[編集]

アルバムのタイトルは「個と個の集合体が幾つも合わさる」ことを意味する。メンバー6人それぞれが「今、V6でやりたいこと」をテーマに6曲をプロデュースし[2]、歌詞の内容や歌割り、MVを監修した[3]。また楽曲制作には石野卓球大橋トリオ秦基博浜野謙太レキシらが参加した[2]。中でも「Cloudy sky」はV6のデビュー曲「MUSIC FOR THE PEOPLE」の作詞を手がけた秋元康による作詞である[1]

初回生産限定盤A(CD+DVD / CD+Blu-ray)、初回生産限定盤B(CD+DVD)、通常盤(CDのみ)の3種4品番で発売[2]。CDジャケットには感温印刷が施されており、触ることでジャケット写真の絵柄が変わる[4]

収録曲[編集]

CD[編集]

  1. never [4:17]
    作詞:KE1 / 作曲:草川瞬, KAY, DAICHI / 編曲:CHOKKAKU
  2. 刹那的 Night [4:44]
    作詞・作曲:石野卓球 / 編曲:CMJK
  3. SOUZO [4:27]
    作詞:浜野謙太 / 作曲・編曲:Tommy Clint
  4. Beautiful World
    作詞・作曲:秦基博 / 編曲:皆川真人
  5. Cloudy sky [4:34]
    作詞:秋元康 / 作曲:HIKARI / 編曲:CHOKKAKU
  6. DOMINO [1:39]
    作詞:Staxx T / 作曲:Jazelle Paris, Justin Goins, Derryck Thornton / 編曲:Derryck "Big Tank" Thornton
  7. Round & Round [3:41]
    作詞:Hayashi Koji / 作曲:Takuya Harada, Command Freaks, Casper / 編曲:Command Freaks
  8. Remember your love [3:49]
    作詞:AKIRA (PALM DRIVE) / 作曲:U-Key zone, Shunsuke Darada / 編曲:久保田真悟 / Strings Arrangement:後藤勇一郎
  9. 会って話を / 20th Century [5:15]
    作詞・作曲:堀込高樹 / 編曲:KIRINJI
    通常盤のみ収録。
  10. Answer [4:18]
    作詞:福岡良太 / 作曲:SHIKATA, Christofer Erixon, Command Freaks / 編曲:Command Freaks
    • 坂本昌行プロデュース[1]
    • WOWOW「スペインサッカー 17-18シーズン」イメージソング[6]
  11. Can't Get Enough [3:50]
    作詞:Sunny Boy / 作曲:星野純一, Kameron "Grae" Alexander / 編曲:星野純一
    • 47thシングル収録曲。セブンネット 春のキャンペーンソング。
  12. Get Naked / Coming Century [3:14]
    作詞:Micro / 作曲:Jintae Ko, Tony Ferrari, Alma Goodman, Klara Elias / 編曲:Jintae Ko
    通常盤のみ収録。
  13. ボク・空・キミ [5:19]
    作詞:micca / 作曲:大橋好規 / 編曲:久米康嵩
  14. COLORS [4:41]
    作詞:micca / 作曲:山田竜平 / 編曲:ha-j
    • 48thシングル収録曲。テレビ朝日系ドラマ『警視庁捜査一課9係 season12』主題歌。
  15. レッツゴー6匹 [4:27]
    作詞・作曲:池田貴史 / 編曲:山口寛雄, 池田貴史
    • 井ノ原快彦プロデュース[1]
    • 歌詞の各部分には過去にV6がリリースした曲のタイトルが仕込まれている。
  16. The One [3:59]
    作詞:fifi leager / 作曲・編曲:THE CHARM PARK / Strings Arrangement:THE CHARM PARK, 橋本歩

DVD[編集]

初回生産限定盤A[編集]

  1. never
  2. 刹那的 Night
    チームラボによるデジタルアート作品『追われるカラス、追うカラスも追われるカラス、そして衝突して咲いていく』の世界が舞台。衣装制作は西陣織HOSOO(細尾)と串野真也が手がけ、衣装の色やプログラムされた光が、メンバーの動きに連動して変化する[7]振付けは首藤康之[8]
  3. SOUZO
    渡辺直美がゲスト出演[4]
  4. Beautiful World
  5. Cloudy sky
    360°カメラやドローンを用い、沖縄ロケで撮影[1]
  6. DOMINO
  7. Round & Round
  8. Remember your love
    ネオン管の利用や衣装にこだわりを見せる[3]
  9. Answer
  10. Can‘t Get Enough
  11. ボク・空・キミ
    水の中で森田自身が撮影した[3]
  12. COLORS
  13. レッツゴー6匹
  14. The One
  15. 太陽と月のこどもたち

初回生産限定盤B[編集]

  1. テレビ朝日ドリームフェスティバル[2][9]
    1. MUSIC FOR THE PEOPLE
    2. TAKE ME HIGHER
    3. Believe Your Smile
    4. HONEY BEAT
    5. fAKE
    6. will
    7. SP"Break The Wall"
    8. Beautiful World
    9. over
    10. Wait for You
    11. Darling
    12. CHANGE THE WORLD
    13. 愛なんだ
    14. WAになっておどろう
  2. 特典映像[2]「カミセン vs トニセン! 沖縄縦断VR対決」

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i “V6、4年半ぶりアルバムに各メンバー監修曲 デビュー曲以来の秋元康氏作詞曲も”. ORICON NEWS. (2017年6月13日). http://www.oricon.co.jp/news/2092328/full/ 2017年6月14日閲覧。 
  2. ^ a b c d e f “V6、新アルバム『The ONES』に石野卓球・浜野謙太ら豪華制作陣&全曲MV制作”. マイナビニュース. (2017年6月13日). http://news.mynavi.jp/news/2017/06/13/133/ 2017年6月14日閲覧。 
  3. ^ a b c d “V6新作から森田剛、三宅健プロデュース曲のこだわりMV公開”. 音楽ナタリー. (2017年7月21日). http://natalie.mu/music/news/241811 2017年7月21日閲覧。 
  4. ^ a b c “V6、“高嶺の花”渡辺直美に翻弄される ファンクな新曲MVでダンス共演”. ORICON NEWS. (2017年7月12日). http://www.oricon.co.jp/news/2094015/full/ 2017年7月17日閲覧。 
  5. ^ Twitter:増田 昇太による2017年7月16日の発言2017年7月17日閲覧。
  6. ^ “V6 WOWOWと再びコラボ 7時間スポーツ生特番&ツアー独占放送”. デイリースポーツオンライン. (2017年5月15日). https://www.daily.co.jp/gossip/2017/07/17/0010377880.shtml 2017年7月17日閲覧。 
  7. ^ “V6、岡田准一プロデュース曲「刹那的Night」のMVはチームラボが手掛ける”. SPICE (イープラス). (2017年7月20日). https://spice.eplus.jp/articles/136553 2017年7月21日閲覧。 
  8. ^ Facebook:串野 真也による2017年7月20日の発言2017年7月21日閲覧。
  9. ^ “V6からエレカシ、いきものがかりまで、ジャンルを超越した数々の瞬間 テレビ朝日ドリームフェスティバル 2016・2日目”. SPICE (イープラス). (2016年10月24日). https://spice.eplus.jp/articles/84016 2017年6月14日閲覧。 

外部リンク[編集]