久保田篤

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
くぼた あつし
久保田 篤
別名義 マンション久保田
生年月日 (1959-10-26) 1959年10月26日(58歳)
出生地 日本の旗 日本福岡県
身長 173cm
ジャンル タレント
配偶者 既婚

久保田 篤(くぼた あつし、1959年10月26日 - )は、日本タレントパチプロ福岡県出身。九州工業高等学校(現・真颯館高等学校)卒業。所属事務所は、株式会社プロマージュ。

来歴・人物[編集]

1980年日本テレビオーディション番組『スター誕生!』に挑戦、第33回決戦大会で合格(同回の他の挑戦者に、同じ福岡出身の松本泰司がいた。松本は1社からも指名されなかったものの、審査員の裁量で次の決戦大会への挑戦権が優先的に与えられる「審査員奨励賞」を受賞)。田辺エージェンシーからスカウトされるが、番組を通じてのデビューはならなかった。

同年10月、『タモリの突撃ナマ放送』(1981年6月終了)で番組アシスタントを務める[1]

1982年10月、同じくスタジオアルタでのタモリ生放送冠番組となる『森田一義アワー 笑っていいとも!』にて、初代いいとも青年隊(1985年3月まで)として野々村誠(現・野々村真)、羽賀健二(現・羽賀研二)と共にデビューした[2]

パチプロでもある。現在ではそれを本業としており、漫画の執筆やCS放送パチンコ番組、パチンコ雑誌での攻略法伝授などをしている。パチンコの腕はいいとも青年隊当時から群を抜いており、野々村曰く「僕らが収入の無い頃は、あっちゃんにパチンコで食わせてもらった」というほど。その腕前は、パチンコの収入でマンションを2軒購入したほどであり、別名マンション久保田とも呼ばれる。『とんねるずの生でダラダラいかせて!!』では同名で出演し、「風車は左」「パチンコ店に入る時は右足から」を口癖としていた。

いいとも青年隊時代からパチンコに熱中しすぎたがため、当時のプロデューサーから自粛するよう厳しく叱責を受けていたという。またいいとも青年隊活動当時、写真週刊誌『FOCUS』にパチンコ店に開店前から並ぶ芸能人(アイドル)と見出しを出されたこともある。2014年3月現在、タレント業と並行して、母親の実家がある大分を拠点にプロのパチンコ打ち師としても活動している[1][3]

いいとも青年隊の頃に知り合った6歳年下の女性と、約20年の交際を経て結婚。1999年(平成11年)12月31日入籍。

出演[編集]

バラエティ[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

  • チ・ン・ピ・ラ (1984年11月17日、プルミエ・インターナショナル・フジテレビ
  • 新極道の妻たち 惚れたら地獄(1994年1月15日、東映
  • ばっくれ(1995年5月26日、SEIYO INTERNATIONAL VIDEO)
  • Zの回路 復讐の裏ゴト師(1996年3月2日、裏ゴト師製作委員会)
  • 人間の翼 最後のキャッチボール(1996年6月29日、映画「人間の翼」をつくる会) - 石丸刀雄役
  • どチンピラ16 おいしい獲物(1996年7月5日、SEIYO INTERNATIONAL VIDEO)
  • 故郷(ふるさと)(1999年4月10日 「故郷」プロジェクト事務局) - 石井潤一役
  • Codename:TOMOKO 〈TOMOKO もっとも危険な女(2000年、パル企画・日本スカイウェイ) - 田口役
  • あかね色の空を見たよ(2000年11月18日、中山映画)
  • I am 日本人(2006年8月5日、2006「I am 日本人」製作委員会)

ビデオ・DVD[編集]

  • パチスロ一攫千金 〜パチンコ物語番外篇〜(1993年8月27日)
  • 発覚!CR大工の源さん永久連チ(1996年12月6日、ビデオメーカー)
  • マンション久保田の独占CRF、ビックパワフルFX 完全攻略バトル(1997年5月2日、アイエム)
  • マンション久保田のCR将軍ちゃま3 確変誘発ツー・スリー打法!(1997年11月28日、ビデオメーカー)

舞台[編集]

  • にんじん

ゲーム[編集]

著書[編集]

  • 『俺はパチンコでマンションを買った - "いいとも流"パチンコ必勝の五原則』(ポケットブック社、1996年、ISBN 978-434114110-3
  • 『久保田篤のパチンコで月100万円稼ぐ本-大開放!1日10回の大当たり打法!』(ぱる出版、1997年6月、ISBN 4893865846 [ISBN 978-4893865847])
  • 『パチンカーアツシ ドンキーコミックス』(綜合図書、1999年7月、土山しげる著、ISBN 4-915450-23-6)監修
  • 『パチンカーアツシ 第2集 芸能界一のパチプロ編 ドンキーコミックス』(綜合図書、2001年8月、土山しげる著、ISBN 4-915450-37-6)監修

脚注[編集]

  1. ^ a b スポーツ報知 30面 2014年3月30日 「あすフィナーレ 32年ありがとう いいとも!」(7) 久保田篤
  2. ^ 初代「いいとも青年隊」野々村真が明かす、“母なる番組”『いいとも!』青春秘話! (1/3) - 週プレNEWS、2014年3月29日
  3. ^ 女性自身 2626号 「久保田篤 365日パチンコ&温泉「サイコ―な生活」のいま

外部リンク[編集]