一万円紙幣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

一万円紙幣(いちまんえんしへい)とは、日本銀行券の1つ。一万円券一万円札万札とも呼ばれる。額面である10000は日本銀行券で最高額である。現在発行されている一万円紙幣は、2004年平成16年)から発行されている福澤諭吉肖像E号券である。

ほかに、かつて発行されたC号券D号券があり、これまでに発行された一万円紙幣は全部で3種類存在する。

C号券[編集]

Series C 10K Yen Bank of Japan note - front.jpg
Series C 10K Yen Bank of Japan note - back.jpg

1958年(昭和33年)11月20日の大蔵省告示第237号「十二月一日から発行する日本銀行券壱万円の様式を定める件」[1]紙幣の様式が定められている。

初の一万円券として発行され、高度経済成長の一端を担うこととなった。透かしは法隆寺夢殿

D号券[編集]

Series D 10K Yen Bank of Japan note - front.jpg
Series D 10K Yen Bank of Japan note - back.jpg

1984年(昭和59年)6月25日の大蔵省告示第76号「昭和五十九年十一月一日から発行する日本銀行券壱万円、五千円及び千円の様式を定める件」[3]で紙幣の様式が定められている。

D号券からは肖像に文化人が採用されており、一万円券には福澤諭吉が選ばれた。なお、D券及びE券には「福澤諭吉」ではなく「福諭吉」と書かれている。E号券発行の直前及び直後にD号券の贋札が相次いで発見された。

初期の記番号(記号及び番号)は黒色で印刷されていたが[3]1993年(平成5年)12月1日から、記番号が褐色[4]、マイクロ文字・特殊発光インキ等の偽造防止技術を施した券を発行した(黒色記番号は全部使い切ってはいなかった)。褐色記番号の紙幣については、中央省庁再編及び独立行政法人化に伴う製造者の名称変更に伴い、発行当初の「大蔵省印刷局製造」[3]、2001年(平成13年)5月14日発行分からの「財務省印刷局製造」[5]、2003年(平成15年)7月1日発行分からの「国立印刷局製造」[6]の3種が存在する。

E号券[編集]

Series E 10K Yen Bank of Japan note - front.jpg
Series E 10K Yen Bank of Japan note - back.jpg

2004年(平成16年)8月13日の財務省告示第374号「平成十六年十一月一日から発行を開始する日本銀行券壱万円、五千円及び千円の様式を定める件」[7]で紙幣の様式が定められている。

  • 額面 壱万円(10000円)
  • 表面 福澤諭吉
  • 裏面 平等院の鳳凰像
  • 寸法 縦76mm、横160mm
  • 発行開始日 2004年(平成16年)11月1日
  • 発行中
  • 有効券

2004年の新券発行の際に、唯一肖像が変わらなかった。偽造防止技術には、光学的変化インクを除き、D号二千円券に使われたものが多く採用されている。また、新たに表から見て右側に紙を薄くした「すき」を入れた「すき入れバーパターン」と、見る角度によって像(金属箔に刻まれた絵柄)が変わる「ホログラム」が採用された。一万円券にはすき入れは3本、ホログラムの像はと日本銀行のロゴと「10000」の文字を見ることができる。

また公式に発表されていないが、表面と裏面に「ニ」「ホ」「ン」の文字がシークレットマークとして入っているほか、ユーリオンも採用されている。さらにホログラムの上下にも「日」「本」の文字が刻まれている。印章に紫外線インクを採用しており、ブラックライトを照射すると、表面の印章に描かれた部分がオレンジ色に変化する。

なお記番号は当初は黒色で印刷されていたが[7]、同色刷の記番号の組合せの全てが使用されることになったため、2011年(平成23年)7月19日発行分から褐色(暗い黄赤)記番号の券が発行されている[8][9]

その他一万円紙幣に関する事項[編集]

  • 日本銀行によると、みつまたマニラ麻などを原料としており、流通している一万円紙幣の寿命は、平均4~5年程度とされる[10]
  • 歴代の3種類の一万円紙幣は、いずれも茶色を基調としたデザインとなっている。
  • C号券の偽札が、東南アジアなどを中心に出回っているので、例え出されても受け取らない方が無難である。
  • D号券およびE号券の一万円紙幣の肖像には福沢諭吉が使用されているため、俗に「諭吉」、「諭吉券」とも呼ばれる。このことから、一万円紙幣の枚数を言う時に1人、2人などと人数を数えることがある。

更に高額の未発行紙幣[編集]

  • D五万円券・D拾万円券:それぞれ野口英世・聖徳太子のデザインで、D号券改刷の時に発行が検討されていた[11]

肖像画についてはデマも多く、最も有名なものが「坂本龍馬が検討されていた」というものである。現に坂本龍馬の肖像画を作成した紙幣モドキが多く出回っている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 1958年(昭和33年)11月20日、大蔵省告示第237号「十二月一日から発行する日本銀行券壱万円の様式を定める件
  2. ^ a b 現在発行されていないが有効な銀行券 一万円券、日本銀行
  3. ^ a b c 1984年(昭和59年)6月25日、大蔵省告示第76号「昭和五十九年十一月一日から発行する日本銀行券壱万円、五千円及び千円の様式を定める件
  4. ^ 1993年(平成5年)6月24日、大蔵省告示第134号「平成五年十二月一日から発行する日本銀行券壱万円、五千円及び千円の様式を定める件
  5. ^ 2001年(平成13年)3月30日、財務省告示第85号「平成十三年五月十四日から発行する日本銀行券壱万円、五千円及び千円の様式を定める件
  6. ^ 2003年(平成15年)6月13日、財務省告示第482号「平成十五年七月一日から発行を開始する日本銀行券壱万円、五千円及び千円の様式を定める件
  7. ^ a b 2004年(平成16年)8月13日、財務省告示第374号「平成十六年十一月一日から発行を開始する日本銀行券壱万円、五千円及び千円の様式を定める件
  8. ^ 2011年(平成23年)4月26日、財務省告示第141号「平成二十三年七月十九日から発行を開始する日本銀行券壱万円及び千円の様式を定める件
  9. ^ 日本銀行券一万円券および千円券の記号および番号の印刷色変更について - 日本銀行、2011年4月26日
  10. ^ http://www.npb.go.jp/ja/intro/tokutyou/index.html
  11. ^ 北 (2007, pp. 7-9)

参考文献[編集]

外部リンク[編集]