臨時補助貨幣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

臨時補助貨幣(りんじほじょかへい)とは、戦局悪化に伴う貨幣材料調達事情による様式変更を、勅令(後に政令)を以って臨機応変に対応可能とした「臨時通貨法」(昭和13年法律第86号)の下、日本で製造され発行、流通した補助貨幣の総称である。1988年(昭和63年)の「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」(昭和62年法律第42号)施行に伴い臨時通貨法が廃止されると共に、臨時補助貨幣も一部を除いて貨幣と見做されることとなった。

本項では、「臨時通貨法」施行後から廃止までに造幣局で製造、発行された臨時補助貨幣について解説する。1988年(昭和63年)3月以前に発行された「貨幣とみなす臨時補助貨幣」と位置付けられる現行貨幣については「日本の硬貨」を、また同様の現行記念貨幣については「日本の記念貨幣」の項目も参照の事。

また「臨時通貨法」施行以前の補助銀貨については「日本の銀貨」を、その他の補助貨幣については「日本の補助貨幣」の項目を参照の事。

歴史的経緯[編集]

1937年(昭和12年)、盧溝橋での日中両軍の衝突を発端に勃発した支那事変日中戦争)を契機に、1938年(昭和13年)6月1日に「臨時通貨法」が施行され、その第一条「政府ハ必要アルトキハ貨幣法第三条ニ規定スルモノノ外臨時補助貨幣ヲ発行スルコトヲ得」により、「貨幣法」(明治30年法律第16号)で規定された貨幣以外の臨時補助貨幣を発行する事が出来るようになった。また、臨時補助貨幣の素材品位量目及び形式は勅令を以って定めるとされ、様式改正の際は帝国議会の承認を得ることなく、勅令による変更が可能となった。このとき十銭、五銭および一銭の臨時補助貨幣が規定され、通用制限額は十銭および五銭が五、一銭が一圓まで法貨として通用すると規定された。これ以降、発行される貨幣は臨時補助貨幣のみとなり、「貨幣法」に基づく貨幣が発行されることは無く、有名無実化した「貨幣法」は「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」が施行される迄の1988年(昭和63年)3月末まで生き続けた[1][2]

当初は戦争の影響に伴う補助貨幣需要増大を補うため、新規発行貨幣で不足分を補う見通しであったが、軍需用金属の需要が逼迫するにつれ、次第に以前に発行した貨幣を回収し交換していく形に移行した。特にアルミニウム貨幣は増産が容易であり、一銭、五銭および十銭の硬貨については昭和18年(1943年)頃までに、既存の補助貨幣の発行枚数を凌駕するに至った。すなわち流通貨幣の大部分が臨時補助貨幣に入れ替ったことになる[3]

「臨時通貨法」施行と同時に製造が始まったのが、十銭および五銭のアルミニウム青銅貨幣および一銭黄銅貨幣であった。貨幣の材料には戦時体制下においても調達が可能であり、かつ有事の際は回収して兵器への転用が容易なものが選定された。十銭および五銭がニッケル貨幣から変更されたのは、軍需物資の輸入・備蓄を旨としたニッケル貨幣発行本来の目的を達成すべく、ニッケルの兵器転用が進行したことを意味する。一銭については、電線、弾薬(雷管弾丸の被甲、薬莢に用いる黄銅の原料などとして)をはじめとする軍事物資におけるの需要が高まったため、間もなくアルミニウム貨幣に変更された。貴金属であるを使用した五十銭銀貨幣についても回収が進行し、政府紙幣の発行で代用された。

1940年(昭和15年)になると、十銭及び五銭もアルミニウム貨幣に変更された。これらは1941年(昭和16年)の大東亜戦争太平洋戦争)開戦の約三ヶ月前にアルミニウムの量目が削られ、更には戦備増産の影響を受けて貨幣用資材調達の為に1943年(昭和18年)に再び量目の削減が行われた。

当時の日本が占領下においたマレーシアなどにスズの産地があった。スズは軟質であり貨幣材料としては適当といえるものではなかったが、アルミニウムに替わる貨幣材料として1944年(昭和19年)には錫貨幣が発行されるに至った。以後、アルミニウムは航空機材料に充当され、日本各地でアルミニウム貨幣の回収が繰り返し行なわれた。このような中、制空権、制海権を連合軍側が握るとスズの輸送も困難となり、新たに陶貨幣の試作を行い、その製造が開始されたところで終戦を迎えた。

1945年(昭和20年)8月、戦後間もなく一銭錫貨幣を、9月からは五銭アルミ貨幣の製造を始めたが、これは国名が「大日本」表記のものであったため連合国軍最高司令官総司令部に発行を差し止められた。そこで同年11月から新たなデザインで十銭アルミニウム貨幣を、12月からは五銭錫貨幣が製造開始され、国名表記は「日本政府」となった。

しかしながら造幣局手持ちのアルミニウムおよびスズの地金は間もなく底をつく見通しとなり、新たな貨幣材料の確保が課題であったところに、軍が使用していた薬莢弾帯、黄銅棒など黄銅の材料が多量に存在することが判明し、1946年(昭和21年)から五十銭黄銅貨幣の製造が始まった。しかし、新円切替直後のこの時期は戦後処理によるインフレーションが激しく、1947年(昭和22年)7月からは小型化した五十銭黄銅貨幣に改正された。さらにインフレーションは進行し、1948年(昭和23年)には五円および一円と、遂に「円」単位の臨時補助貨幣が登場するに至った。この五円黄銅貨幣は現行貨幣最古参のものである。五十銭黄銅貨幣の通用制限額は十円までとされ、以降追加された臨時補助貨幣の通用制限額はすべて額面の20倍に定められた。

「臨時通貨法」は当初、支那事変終了後一年という期限付きの時限立法であったが、1942年(昭和17年)に大東亜戦争終了後一年に変更され、第二次世界大戦後はこの期限も削除された。その後、国会による「臨時通貨法」の改正により、臨時補助貨幣に十円五十円、さらに百円が順次追加され、本来補助貨幣単位ではない「円」単位の補助貨幣が次々に登場した。また「銭」単位は取引において事実上ほとんど意味を成さないものとなっていたため、「小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律」(昭和28年法律第60号)により1953年(昭和28年)末をもって銭・厘単位の補助貨幣、臨時補助貨幣、および鋳潰しの対象となっていた一円黄銅貨幣は廃貨措置がとられた。

1964年(昭和39年)には東京オリンピック記念貨幣が臨時補助貨幣として発行され、1982年(昭和57年)には通常貨として五百円白銅貨幣が追加された。さらに1986年(昭和61年)の天皇陛下御在位六十年記念硬貨発行に至り、1897年(明治30年)施行の「貨幣法」が依然有効であった中、純金製の十万円金貨幣が臨時補助貨幣として発行されるという矛盾が露呈した。このことが翌年の1987年(昭和62年)の「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」の公布、及び「貨幣法」、「臨時通貨法」の廃止に繋がるきっかけとなる[4]

1988年(昭和63年)4月1日の「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」の施行により、それ以前に発行されていた臨時補助貨幣[5]および記念貨幣は、新法により発行された貨幣と見做されることとなった。

昭和13年制定のアルミニウム青銅貨幣・黄銅貨幣・アルミニウム貨幣[編集]

10銭アルミニウム青銅貨幣、5銭アルミニウム青銅貨幣、1銭黄銅貨幣(烏)の制定は1938年(昭和13年)6月1日公布の勅令第388号「臨時通貨ノ形式等ニ關スル件」[6]により同日に施行され、1銭臨時補助貨幣(烏)の改正は1938年(昭和13年)11月29日公布の勅令第734号「昭和十三年勅令第三百八十八號臨時通貨ノ形式等ニ關スル件中改正ノ件」[7]により同日に施行された。以下の臨時補助貨幣は「小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律」により1953年(昭和28年)末限りで廃止された。

10銭アルミニウム青銅貨幣
10銭アルミニウム青銅貨幣
品位 950 アルミニウム50、量目4.000グラム、直径22.00ミリ、孔径4.60ミリ
年銘:昭和13 - 15年(1938 - 1940年)
(製造期間:昭和13年6月 - 昭和15年1月)
製造枚数 185,009,125枚
供試貨幣 9,125枚
発行枚数 185,000,000枚
5銭アルミニウム青銅貨幣
5銭アルミニウム青銅貨幣
品位 銅950 アルミニウム50、量目2.800グラム、直径19.00ミリ、孔径4.00ミリ
年銘:昭和13 - 15年(1938 - 1940年)
(製造期間:昭和13年6月 - 昭和15年3月)
製造枚数 152,407,566枚
供試貨幣 7,566枚
発行枚数 152,400,000枚
1銭黄銅貨幣(
1銭黄銅貨幣(烏)
品位 銅900 亜鉛100、量目3.750グラム、直径23.03ミリ
年銘:昭和13年(1938年)
(製造期間:昭和13年6月 - 同年11月)
製造枚数 113,605,618枚
供試貨幣 5,618枚
発行枚数 113,600,000枚
1銭アルミニウム貨幣(烏)
1銭アルミニウム貨幣(烏)
品位 アルミニウム1,000、量目0.900グラム、直径17.50ミリ
年銘:昭和13 - 15年(1938 - 1940年)
(製造期間:昭和13年11月25日 - 昭和15年12月27日)
製造枚数 1,092,214,427枚
供試貨幣 54,427枚
発行枚数 1,092,160,000枚

昭和15年 - 18年制定のアルミニウム貨幣[編集]

10銭アルミニウム貨幣(菊)の制定は1940年(昭和15年)3月28日公布の勅令第113号「昭和十三年勅令第三百八十八號臨時通貨ノ形式等ニ關スル件中改正ノ件」[8]により同日に、5銭アルミニウム貨幣(菊)の制定は1940年(昭和15年)7月19日公布の勅令第476号「昭和十三年勅令第三百八十八號ニ定ムルモノノ外五錢臨時補助貨幣ノ形式等ヲ定ムルノ件」[9]により同日に、1銭アルミニウム貨幣(富士)の制定は1940年(昭和15年)12月18日公布の勅令第906号「昭和十三年勅令第三百八十八號ニ定ムルモノノ外一錢臨時補助貨幣ノ形式等ヲ定ムルノ件」[10]により同日に施行され、10銭アルミニウム貨幣(菊)及び5銭アルミニウム貨幣(菊)の量目変更は1941年(昭和16年)8月27日公布の勅令第826号「昭和十三年勅令第三百八十八號及昭和十五年勅令第四百七十六號ニ定ムルモノノ外臨時補助貨幣ノ形式等ヲ定ムルノ件」[11]により同日に、更に10銭アルミニウム貨幣(菊)、5銭アルミニウム貨幣(菊)及び1銭アルミニウム貨幣(富士)の量目変更は1943年(昭和18年)2月5日公布の勅令第60号「昭和十三年勅令第三百八十八號、昭和十五年勅令第四百七十六號、同年勅令第九百六號及昭和十六年勅令第八百二十六號ニ定ムルモノノ外臨時補助貨幣ノ形式等ヲ定ムルノ件」[12]により同日に施行された。以下の臨時補助貨幣は「小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律」により1953年(昭和28年)末限りで廃止された。

10銭アルミニウム貨幣(
10銭アルミニウム貨幣(菊)
品位 アルミニウム1,000、量目1.500グラム、直径22.00ミリ
年銘:昭和15 - 16年(1940 - 1941年)
(製造期間:昭和15年4月1日 - 昭和16年8月31日)
製造枚数 575,628,650枚
供試貨幣 28,650枚
発行枚数 575,600,000枚
10銭アルミニウム貨幣(菊)(量目変更)
10銭アルミニウム貨幣(菊)(量目変更)
品位 アルミニウム1,000、量目1.200グラム、直径22.00ミリ
年銘:昭和16 - 18年(1941 - 1943年)
(製造期間:昭和16年9月1日 - 昭和18年1月30日)
製造枚数 944,947,141枚
供試貨幣 47,141枚
発行枚数 944,900,000枚
10銭アルミニウム貨幣(菊)(量目変更)
10銭アルミニウム貨幣(菊)(量目変更)
品位 アルミニウム1,000、量目1.000グラム、直径22.00ミリ
年銘:昭和18年(1943年)
(製造期間:昭和18年2月9日 - 同年9月28日)
製造枚数 756,037,728枚
供試貨幣 37,728枚
発行枚数 756,000,000枚
5銭アルミニウム貨幣(菊)
5銭アルミニウム貨幣(菊)
品位 アルミニウム1,000、量目1.200グラム、直径19.00ミリ
年銘:昭和15 - 16年(1940 - 1941年)
(製造期間:昭和15年8月1日 - 昭和16年8月26日)
製造枚数 410,020,460枚
供試貨幣 20,460枚
発行枚数 410,000,000枚
5銭アルミニウム貨幣(菊)(量目変更)
5銭アルミニウム貨幣(菊)(量目変更)
品位 アルミニウム1,000、量目1.000グラム、直径19.00ミリ
年銘:昭和16 - 17年(1941 - 1942年)
(製造期間:昭和16年12月1日 - 昭和17年9月30日)
製造枚数 478,023,877枚
供試貨幣 23,877枚
発行枚数 478,000,000枚
5銭アルミニウム貨幣(菊)(量目変更)
5銭アルミニウム貨幣(菊)(量目変更)
品位 アルミニウム1,000、量目0.800グラム、直径19.00ミリ
年銘:昭和18年(1943年)
(製造期間:昭和18年2月9日 - 同年12月17日)
製造枚数 276,493,742枚
供試貨幣 13,742枚
発行枚数 258,000,000枚
  • 発行予定枚数の内18,480,000枚は発行されず鋳潰し。
  • 昭和20年銘の不発行貨有、10,100,502枚(内供試貨幣502枚)は製造されたが発行されず鋳潰し。
1銭アルミニウム貨幣(富士
1銭アルミニウム貨幣(富士)
品位 アルミニウム1,000、量目0.650グラム、直径16.00ミリ
年銘:昭和16 - 18年(1941 - 1943年)
(製造期間:昭和16年1月6日 - 昭和18年1月25日)
製造枚数 2,300,194,862枚
供試貨幣 114,862枚
発行枚数 2,300,080,000枚
1銭アルミニウム貨幣(富士)(量目変更)
1銭アルミニウム貨幣(富士)(量目変更)
品位 アルミニウム1,000、量目0.550グラム、直径16.00ミリ
年銘:昭和18年(1943年)
(製造期間:昭和18年2月9日 - 同年12月)
製造枚数 627,191,321枚
供試貨幣 31,321枚
発行枚数 627,160,000枚

昭和19年制定の錫貨幣[編集]

以下の臨時補助貨幣の制定は1944年(昭和19年)3月8日公布の勅令第112号「昭和十三年勅令第三百八十八號、昭和十五年勅令第四百七十六號、同年勅令第九百六號、昭和十六年勅令第八百二十六號及昭和十八年勅令第六十號ニ定ムルモノノ外臨時補助貨幣ノ形式等ヲ定ムルノ件」[13]により同日に施行され、「小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律」により1953年(昭和28年)末限りで廃止された。

10銭錫貨幣
10銭錫貨幣
品位 スズ930 亜鉛70、量目2.400グラム、直径19.00ミリ、孔径5.00ミリ
年銘:昭和19年(1944年)
(製造期間:昭和19年3月7日 - 同年8月)
製造枚数 450,022,450枚
供試貨幣 22,450枚
発行枚数 450,000,000枚
5銭錫貨幣
5銭錫貨幣
品位 スズ930 亜鉛70、量目1.950グラム、直径17.00ミリ、孔径4.00ミリ
年銘:昭和19年(1944年)
(製造期間:昭和19年7月 - 同年8月)
製造枚数 70,003,486枚
供試貨幣 3,486枚
発行枚数 70,000,000枚
1銭錫貨幣
1銭錫貨幣
品位 スズ500 亜鉛500、量目1.300グラム、直径15.00ミリ
年銘:昭和19 - 20年(1944 - 1945年)
(製造期間:昭和19年3月7日 - 昭和20年9月25日)
製造枚数 1,641,661,995枚
供試貨幣 81,995枚
発行枚数 1,629,580,000枚
  • 発行予定枚数の内、終戦後製造分12,000,000枚は発行されず鋳潰し。

戦後のアルミニウム貨幣・錫貨幣[編集]

以下の臨時補助貨幣の制定は1946年(昭和21年)1月26日公布の勅令第44号「昭和十三年勅令第三百八十八號、昭和十五年勅令第四百七十六號、同年勅令第九百六號、昭和十六年勅令第八百二十六號、昭和十八年勅令第六十號及昭和十九年勅令第百十二号ニ定ムルモノノ外臨時補助貨幣ノ形式等ヲ定ムルノ件」[14]により同日に施行され、「小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律」により1953年(昭和28年)末限りで廃止された。

10銭アルミニウム貨幣(稲穂
10銭アルミニウム貨幣(稲穂)
品位 アルミニウム1,000、量目1.000グラム、直径22.00ミリ
年銘:昭和20 - 21年(1945 - 1946年)
(製造期間:昭和20年11月13日 - 昭和21年10月10日)
製造枚数 237,601,808枚
供試貨幣 11,808枚
発行枚数 237,590,000枚
5銭錫貨幣(
5銭錫貨幣(鳩)
品位 スズ930 亜鉛70、量目2.000グラム、直径17.00ミリ
年銘:昭和20 - 21年(1945 - 1946年)
(製造期間:昭和20年12月3日 - 昭和21年10月2日)
製造枚数 180,008,917枚
供試貨幣 8,917枚
発行枚数 180,000,000枚

戦後の黄銅貨幣[編集]

以下の臨時補助貨幣は5円黄銅貨幣を除き「小額通貨の整理及び支払金の端数計算に関する法律」により1953年(昭和28年)末限りで廃止された。

50銭黄銅貨幣(鳳凰
50銭黄銅貨幣(鳳凰)
品位 銅600 - 700 亜鉛400 - 300、量目4.500グラム、直径23.50ミリ
年銘:昭和21 - 22年(1946 - 1947年)
(製造期間:昭和21年5月14日 - 昭和22年5月27日)
製造枚数 268,187,580枚
供試貨幣 26,580枚
発行枚数 268,161,000枚
  • 昭和22年銘は発行されたが、日本銀行に保管されていた貨幣は流通前にほとんど回収引揚げ鋳潰し。
50銭黄銅貨幣(
50銭黄銅貨幣(桜)
品位 銅600 - 700 亜鉛400 - 700、量目2.800グラム、直径19.00ミリ
年銘:昭和22 - 23年(1947 - 1948年)
(製造期間:昭和22年7月1日 - 昭和23年10月7日)
製造枚数 849,234,455枚
供試貨幣 84,455枚
発行枚数 849,150,000枚
5円黄銅貨幣(国会議事堂)(無孔)
5円黄銅貨幣(国会議事堂)(無孔)
品位 銅600 - 700 亜鉛400 - 300、量目4.000グラム、直径22.00ミリ
年銘:昭和23 - 25年(1948 - 1949年)
(製造期間:昭和23年10月7日 - 昭和24年8月4日)
製造枚数 254,262,744枚
供試貨幣 50,744枚
発行枚数 254,212,000枚
  • この硬貨は現行硬貨である(貨幣とみなす臨時補助貨幣)。
1円黄銅貨幣(
1円黄銅貨幣(橘)
品位 銅600 - 700 亜鉛400 - 300、量目3.200グラム、直径20.00ミリ
年銘:昭和23 - 25年(1948 - 1950年)
(製造期間:昭和23年10月2日 - 昭和25年5月31日)
製造枚数 451,209,608枚
供試貨幣 39,608枚
発行枚数 451,170,000枚

昭和24年 - 26年制定の円単位臨時補助貨幣[編集]

以下の臨時補助貨幣は10円洋銀貨幣を除き現行硬貨である(貨幣とみなす臨時補助貨幣)[15]

5円黄銅貨幣(稲穂)(楷書体
5円黄銅貨幣(稲穂)(楷書体)
品位[16] 銅600 - 700 亜鉛400 - 300、量目3.750グラム、直径22.00ミリ、孔径5ミリ
年銘:昭和24 - 33年(1949 - 1958年)
(製造期間:昭和24年8月14日 - 昭和33年10月3日)
製造枚数 651,756,752枚
供試貨幣 56,752枚
発行枚数 651,700,000枚
10円洋銀貨幣(茶)裏[17]
10円洋銀貨幣(茶)裏[17]
10円洋銀貨幣(茶)表[17]
10円洋銀貨幣(茶)表[17]
10円洋銀貨幣(茶)(不発行)
品位[17] 銅550 - 600 ニッケル160 - 180 亜鉛290 - 220、量目2.750グラム、直径20.00ミリ、孔径5ミリ
年銘:昭和25 - 26年(1950 - 1951年)
(製造期間:昭和25年3月13日 - 昭和26年8月17日)
製造枚数 746,474,581枚
供試貨幣 74,581枚
発行枚数 0枚
  • 退蔵防止のためある程度製造枚数を確保するまで発行を保留されていたところ、朝鮮戦争によるニッケル地金騰貴のため、大蔵省はニッケルを民需に廻すのが望ましいと判断し造幣局に保管されていた貨幣は発行されず鋳潰し[1]
  • 法令上は1950年(昭和25年)3月2日に制定されたが[17]、日本銀行に交付(発行)されたものは0枚であるため、通貨として有効なものは存在しなかった。
10円青銅貨幣(平等院鳳凰堂)(ギザ縁)
10円青銅貨幣(平等院鳳凰堂)(ギザ縁)
品位[18] 銅950 スズ10 - 20 亜鉛40 - 30、量目4.500グラム、直径23.50ミリ
年銘:昭和26 - 33年(1951 - 1958年)
(製造期間:昭和26年10月3日 - 昭和33年12月26日)
製造枚数 1,773,176,688枚
供試貨幣 176,688枚
発行枚数 1,773,000,000枚

昭和30年・32年制定の円単位臨時補助貨幣[編集]

以下の臨時補助貨幣は現行硬貨である(貨幣とみなす臨時補助貨幣)。

50円ニッケル貨幣()(無孔)
50円ニッケル貨幣(菊)(無孔)
品位 ニッケル1,000、量目5.500グラム、直径25.00ミリ
年銘:昭和30 - 33年(1955 - 1958年)
(製造期間:昭和30年5月6日 - 昭和33年5月16日)
製造枚数 212,021,435枚
供試貨幣 21,435枚
発行枚数 212,000,000枚
1円アルミニウム貨幣(若木)
1円アルミニウム貨幣(若木)
品位 アルミニウム1,000、量目1.000グラム、直径20.00ミリ
年銘:昭和30 - 63年(1955 - 1988年)
(製造期間:昭和30年4月1日 - 昭和63年3月)
製造枚数 27,828,810,190枚
供試貨幣 310,190枚
発行枚数 27,828,621,873枚
  • 供試貨幣のうち121,873枚を発行。
  • 1988年(昭和63年)4月の「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」施行後は「貨幣」として引続き発行。
100円銀貨幣(鳳凰)
100円銀貨幣(鳳凰)
品位 銀600 銅300 亜鉛100、量目4.800グラム、直径22.60ミリ
年銘:昭和32 - 33年(1957 - 1958年)
(製造期間:昭和32年9月3日 - 昭和33年12月22日)
製造枚数 100,010,108枚
供試貨幣 10,108枚
発行枚数 100,000,000枚

昭和34年改正の円単位臨時補助貨幣[編集]

以下の臨時補助貨幣は現行硬貨である(貨幣とみなす臨時補助貨幣)。

100円銀貨幣(稲穂)
100円銀貨幣(稲穂)
品位 銀600 銅300 亜鉛100、量目4.800グラム、直径22.60ミリ
年銘:昭和34 - 41年(1959 - 1966年)
(製造期間:昭和34年1月14日 - 昭和41年10月28日)
製造枚数 390,031,376枚
供試貨幣 31,376枚
発行枚数 390,020,124枚
  • 供試貨幣のうち20,124枚を発行。
50円ニッケル貨幣(菊)(有孔)
50円ニッケル貨幣(菊)(有孔)
品位 ニッケル1,000、量目5.000グラム、直径25.00ミリ
年銘:昭和34 - 41年(1959 - 1966年)
(製造期間:昭和34年1月14日 - 昭和41年9月13日)
製造枚数 581,234,764枚
供試貨幣 34,764枚
発行枚数 581,225,143枚
  • 供試貨幣のうち25,143枚を発行。
10円青銅貨幣(平等院鳳凰堂)
10円青銅貨幣(平等院鳳凰堂)
品位 銅950 スズ10 - 20 亜鉛40 - 30、量目4.500グラム、直径23.50ミリ
年銘:昭和34 - 63年(1959 - 1988年)
(製造期間:昭和34年1月5日 - 昭和63年3月)
製造枚数 20,406,827,922枚
供試貨幣 427,922枚
発行枚数 20,406,604,181枚
  • 供試貨幣のうち204,181枚を発行。
  • 1988年(昭和63年)4月の「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」施行後は「貨幣」として引続き発行。
5円黄銅貨幣(稲穂)(ゴシック体
5円黄銅貨幣(稲穂)(ゴシック体)
品位 銅600 - 700 亜鉛400 - 300、量目3.750グラム、直径22.00ミリ
年銘:昭和34 - 63年(1959 - 1988年)
(製造期間:昭和34年7月18日 - 昭和63年3月)
製造枚数 9,394,460,578枚
供試貨幣 160,578枚
発行枚数 9,394,358,029枚
  • 供試貨幣のうち58,029枚を発行。
  • 1988年(昭和63年)4月の「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」施行後は「貨幣」として引続き発行。

昭和41年・56年制定の白銅貨幣[編集]

以下の臨時補助貨幣は現行硬貨である(貨幣とみなす臨時補助貨幣)。

100円白銅貨幣(桜)
100円白銅貨幣(桜)
品位 銅750 ニッケル250、量目4.800グラム、直径22.60ミリ
年銘:昭和42 - 63年(1967 - 1988年)
(製造期間:昭和42年1月5日 - 昭和63年3月)
製造枚数 7,234,248,851枚
供試貨幣 248,851枚
発行枚数 7,234,051,793枚
  • 供試貨幣のうち51,793枚を発行。
  • 1988年(昭和63年)4月の「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」施行後は「貨幣」として引続き発行。
50円白銅貨幣(菊)
50円白銅貨幣(菊)
品位 銅750 ニッケル250、量目4.000グラム、直径21.00ミリ
年銘:昭和42 - 63年(1967 - 1988年)
(製造期間:昭和42年1月5日 - 昭和63年3月)
製造枚数 3,160,069,999枚
供試貨幣 69,999枚
発行枚数 3,160,018,797枚
  • 供試貨幣のうち18,797枚を発行。
  • 1988年(昭和63年)4月の「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」施行後は「貨幣」として引続き発行。
500円白銅貨幣(
500円白銅貨幣(桐)
品位 銅750 ニッケル250、量目7.200グラム、直径26.50ミリ
年銘:昭和57 - 63年(1982 - 1988年)
(製造期間:昭和57年1月 - 昭和63年3月)
製造枚数 1,040,035,986枚
供試貨幣 35,986枚
発行枚数 1,040,000,000枚
  • 1988年(昭和63年)4月の「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律」施行後は1999年(平成11年)まで「貨幣」として引続き発行されていた。
  • 2000年(平成12年)に発行された500円ニッケル黄銅貨幣は、当初から「貨幣」として発行されている。

記念貨幣[編集]

以下の記念貨幣として発行された臨時補助貨幣は現行硬貨である(貨幣とみなす臨時補助貨幣)。

東京オリンピック記念1000円銀貨幣
東京オリンピック記念1000円銀貨幣
品位 銀925 銅75、量目20.000グラム、直径35.00ミリ
年銘:昭和39年(1964年)
(製造期間:昭和39年8月5日 - 同年10月15日)
製造枚数 15,001,516枚
供試貨幣 1,516枚
発行枚数 15,001,516枚
  • 供試貨幣のうち1,516枚を発行。
東京オリンピック記念100円銀貨幣
東京オリンピック記念100円銀貨幣
品位 銀600 銅300 亜鉛100、量目4.800グラム、直径22.60ミリ
年銘:昭和39年(1964年)
(製造期間:昭和39年7月1日 - 同年12月28日)
製造枚数 80,008,056枚
供試貨幣 8,056枚
発行枚数 80,008,056枚
  • 供試貨幣のうち8,056枚を発行。
日本万国博覧会記念100円白銅貨幣
日本万国博覧会記念100円白銅貨幣
品位 銅750 ニッケル250、量目9.000グラム、直径28.00ミリ
年銘:昭和45年(1970年)
(製造期間:昭和45年1月7日 - 同年5月)
製造枚数 40,002,052枚
供試貨幣 2,052枚
発行枚数 40,002,052枚
  • 供試貨幣のうち2,052枚を発行。
札幌オリンピック記念100円白銅貨幣
札幌オリンピック記念100円白銅貨幣
品位 銅750 ニッケル250、量目12.000グラム、直径30.00ミリ
年銘:昭和47年(1972年)
(製造期間:昭和46年11月8日 - 昭和47年1月18日)
製造枚数 30,001,526枚
供試貨幣 1,526枚
発行枚数 30,000,000枚
沖縄国際海洋博覧会記念100円白銅貨幣
沖縄国際海洋博覧会記念100円白銅貨幣
品位 銅750 ニッケル250、量目4.800グラム、直径22.60ミリ
年銘:昭和50年(1975年)
(製造期間:昭和50年4月2日 - 同年10月7日)
製造枚数 120,001,541枚
供試貨幣 1,541枚
発行枚数 120,000,000枚
天皇陛下御在位五十年記念100円白銅貨幣
天皇陛下御在位五十年記念100円白銅貨幣
品位 銅750 ニッケル250、量目12.000グラム、直径30.00ミリ
年銘:昭和51年(1976年)
(製造期間:昭和51年10月 - 同年12月)
製造枚数 70,003,576枚
供試貨幣 3,576枚
発行枚数 70,000,000枚
国際科学技術博覧会記念500円白銅貨幣
国際科学技術博覧会記念500円白銅貨幣
品位 銅750 ニッケル250、量目13.000グラム、直径30.00ミリ
年銘:昭和60年(1985年)
(製造期間:昭和59年11月 - 昭和60年3月)
製造枚数 70,002,439枚
供試貨幣 2,439枚
発行枚数 70,000,000枚
内閣制度創始百周年記念500円白銅貨幣
内閣制度創始百周年記念500円白銅貨幣
品位 銅750 ニッケル250、量目13.000グラム、直径30.00ミリ
年銘:昭和60年(1985年)
(製造期間:昭和60年10月 - 昭和61年3月)
製造枚数 70,002,458枚
供試貨幣 2,458枚
発行枚数 70,000,000枚
天皇陛下御在位六十年記念100000円金貨幣
品位 金1,000、量目20.000グラム、直径30.00ミリ
年銘:昭和61 - 62年(1986 - 1987年)
(製造期間:昭和61年6月 - 昭和63年2月)
製造枚数 11,025,754枚
供試貨幣 1,241枚
発行枚数 11,000,000枚
  • 製造数のうち24,513枚は発行枚数調整のため鋳潰し[19]
天皇陛下御在位六十年記念10000円銀貨幣
天皇陛下御在位六十年記念10000円銀貨幣
品位 銀1,000、量目20.000グラム、直径35.00ミリ
年銘:昭和61年(1986年)
(製造期間:昭和61年6月 - 同年10月)
製造枚数 10,001,036枚
供試貨幣 1,036枚
発行枚数 10,000,000枚
天皇陛下御在位六十年記念500円白銅貨幣
天皇陛下御在位六十年記念500円白銅貨幣
品位 銅750 ニッケル250、量目13.000グラム、直径30.00ミリ
年銘:昭和61年(1986年)
(製造期間:昭和61年5月 - 昭和62年3月)
製造枚数 50,001,813枚
供試貨幣 1,813枚
発行枚数 50,000,000枚

年銘別発行枚数[編集]

本表は、臨時補助貨幣の年銘別発行枚数を示したものである[20][21]。しかし、特に昭和18年銘のアルミ貨は戦局悪化による資材確保困難のため発行分は流通前に回収されたものが多く、発行枚数に対し現存数が少ない。また昭和22年銘の大型50銭はほとんどが流通前に回収され小型50銭に改鋳されている。

年号 十銭アルミ青銅貨幣 五銭アルミ青銅貨幣 一銭黄銅貨幣 一銭アルミ貨幣
昭和13年 47,075,000 40,000,000 113,600,000 45,500,000
昭和14年 121,790,000 77,900,000 444,580,000
昭和15年 16,135,000 34,500,000 602,080,000
年号 十銭アルミ貨幣 五銭アルミ貨幣
昭和15年 294,835,000 167,630,000
昭和16年 280,765,000 242,370,000
量目変更
年号 十銭アルミ貨幣 五銭アルミ貨幣 一銭アルミ貨幣
昭和16年 249,350,000 10,000,000 1,016,570,000
昭和17年 628,845,000 468,000,000 1,197,550,000
昭和18年 66,705,000 85,960,000
量目変更
年号 十銭アルミ貨幣 五銭アルミ貨幣 一銭アルミ貨幣
昭和18年 756,000,000 258,000,000 627,160,000
年号 十銭錫貨幣 五銭錫貨幣 一銭錫貨幣
昭和19年 450,000,000 70,000,000 1,126,840,000
昭和20年 502,740,000
年号 十銭アルミ貨幣 五銭錫貨幣
昭和20年 52,945,000 21,060,000
昭和21年 184,645,000 158,940,000
年号 五円黄銅貨幣 一円黄銅貨幣 五十銭黄銅貨幣 五十銭黄銅貨幣
昭和21年 138,033,000
昭和22年 [22] 130,128,000 333,780,000
昭和23年 74,520,000 55,095,000 515,370,000
昭和24年 179,692,000 268,180,000
昭和25年 127,895,000
年号 五百円貨幣 百円貨幣 五十円貨幣 十円貨幣 五円貨幣 一円貨幣
昭和24年 111,896,000
昭和25年 181,824,000
昭和26年 101,068,000 197,980,000
昭和27年 486,632,000 55,000,000
昭和28年 466,300,000 45,000,000
昭和29年 520,900,000
昭和30年 63,700,000 123,100,000 381,700,000
昭和31年 91,300,000 500,900,000
昭和32年 30,000,000 39,000,000 50,000,000 10,000,000 492,000,000
昭和33年 70,000,000 18,000,000 25,000,000 50,000,000 374,900,000
昭和34年 110,008,000 23,901,000 62,404,682 33,001,000 208,603,926
昭和35年 50,005,060 6,000,609 225,922,779 34,801,784 300,007,541
昭和36年 15,001,516 16,001,616 229,923,149 61,003,126 432,410,914
昭和37年 50,305,079 284,228,545 126,706,400 572,014,419
昭和38年 45,004,538 55,005,561 411,341,336 171,808,644 788,719,926
昭和39年 10,001,010 69,206,971 479,248,037 379,719,076 1,665,142,276
昭和40年 62,500,000 189,304,307 387,611,981 384,204,615 1,743,269,952
昭和41年 97,500,000 171,500,000 395,900,000 163,100,000 807,344,000
昭和42年 432,200,000 238,400,000 158,900,000 26,000,000 220,600,000
昭和43年 471,017,463 200,004,282 363,606,399 114,001,627
昭和44年 323,716,326 210,905,469 414,808,464 240,004,908 184,701,893
昭和45年 237,111,975 269,806,947 382,707,765 340,006,849 556,405,698
昭和46年 481,056,029 80,952,099 610,051,044 362,050,000 904,951,328
昭和47年 468,950,000 138,980,000 634,950,000 562,950,000 1,274,950,000
昭和48年 680,000,000 200,970,000 1,345,000,000 745,000,000 1,470,000,000
昭和49年 660,000,000 470,000,000 1,780,000,000 950,000,000 1,750,000,000
昭和50年 437,160,000 238,120,000 1,280,260,000 970,000,000 1,656,150,000
昭和51年 322,840,000 241,880,000 1,369,740,000 200,000,000 928,850,000
昭和52年 440,000,000 176,000,000 1,467,000,000 340,000,000 895,000,000
昭和53年 292,000,000 234,000,000 1,435,000,000 318,000,000 864,000,000
昭和54年 382,000,000 110,000,000 1,207,000,000 317,000,000 1,015,000,000
昭和55年 588,000,000 51,000,000 1,127,000,000 385,000,000 1,145,000,000
昭和56年 348,000,000 179,000,000 1,369,000,000 95,000,000 1,206,000,000
昭和57年 300,000,000 110,000,000 30,000,000 890,000,000 455,000,000 1,017,000,000
昭和58年 240,000,000 50,000,000 30,000,000 870,000,000 410,000,000 1,086,000,000
昭和59年 342,850,000 41,850,000 29,850,000 533,850,000 202,850,000 981,850,000
昭和60年 97,150,000 58,150,000 10,150,000 335,150,000 153,150,000 837,150,000
昭和61年 49,960,000 99,960,000 9,960,000 68,960,000 113,960,000 417,960,000
昭和62年 2,775,000 193,775,000 775,000 165,775,000 631,775,000 955,775,000
昭和63年 7,265,000 116,265,000 9,265,000 121,265,000 108,265,000 194,265,000
  • 昭和34年度(昭和34年4月 - 12月製造の昭和34年銘)は供試貨幣の一部が発行に廻されている。
  • 昭和35年度 - 昭和39年度(昭和40年1月 - 3月製造の昭和40年銘を含む)及び昭和43年度 - 昭和45年度(昭和46年1月 - 3月製造の昭和46年銘を含む)は供試貨幣の全てが発行に廻されている。
  • 昭和63年銘は3月31日までの発行分。
記念貨幣
種類 年号 千円貨幣 百円貨幣
東京オリンピック記念 昭和39年 15,001,516 80,008,056
日本万国博覧会記念 昭和45年 40,002,052
札幌オリンピック記念 昭和47年 30,000,000
沖縄国際海洋博覧会記念 昭和50年 120,000,000
天皇陛下御在位五十年記念 昭和51年 70,000,000
  • 東京オリンピック記念貨幣及び日本万国博覧会記念貨幣は供試貨幣の全てが発行に廻されている。
記念貨幣
種類 年号 十万円貨幣 一万円貨幣 五百円貨幣
国際科学技術博覧会記念 昭和60年 70,000,000
内閣制度創始百周年記念 70,000,000
天皇陛下御在位六十年記念 昭和61年 10,000,000 10,000,000 50,000,000
昭和62年 1,000,000

参考文献[編集]

参考文献・脚注[編集]

  1. ^ a b 青山礼志 『新訂 貨幣手帳・日本コインの歴史と収集ガイド』 ボナンザ、1982年
  2. ^ 造幣局125年史編集委員会編 『造幣局125年史』 大蔵省造幣局、1997年
  3. ^ 大蔵省昭和財政史編集室 『昭和財政史(第9巻)通貨・物価』 東洋経済新報社、1956年
  4. ^ 『日本貨幣収集辞典』 原点社 2003年
  5. ^ 一円黄銅貨幣を除く円単位の臨時補助貨幣。
  6. ^ 「官報」、第3421号、昭和13年6月1日
  7. ^ 「官報」、第3571号、昭和13年11月29日
  8. ^ 「官報」、第3966号、昭和15年3月28日
  9. ^ 「官報」、第4060号、昭和15年7月19日
  10. ^ 「官報」、第4186号、昭和15年12月18日
  11. ^ 「官報」、第4392号、昭和16年8月27日
  12. ^ 「官報」、第4818号、昭和18年2月5日
  13. ^ 「官報」、第5143号、昭和19年3月8日
  14. ^ 「官報」、第5709号、昭和21年1月26日
  15. ^ 1988年(昭和63年)3月23日政令第50号「通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律施行令」
  16. ^ 1949年(昭和24年)8月1日政令第290号「五円及び一円の臨時補助貨幣の形式等に関する政令の一部を改正する政令」
  17. ^ a b c d 1950年(昭和25年)3月2日政令第26号「十円の臨時補助貨幣の形式等に関する政令」
  18. ^ 1951年(昭和26年)12月7日政令第372号「十円の臨時補助貨幣の形式等に関する政令の一部を改正する政令」
  19. ^ 『造幣局長年報書(第百十四年報告書)』 大蔵省造幣局、1988年
  20. ^ 『造幣局長年報書(第六十五〜百十四年報告書)』 大蔵省造幣局、1939 - 1988年
  21. ^ 独立行政法人造幣局貨幣に関するデータ
  22. ^ 日本銀行に引き渡されたがほとんど流通せず鋳潰し。

関連項目[編集]