ギザ十

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ギザ十。昭和27年。
昭和29年製

ギザ十(ぎざじゅう)とは、日本1951年(昭和26年)から1958年(昭和33年)にかけて製造された十円硬貨を指す(1956年〈昭和31年〉は未発行)。硬貨の縁に多数(132個)の溝が彫られており、ギザギザになっていることから、広くこのように呼ばれている。

十円玉の基準[編集]

  • 直径 - 23.5mm
  • 品位 - (十円玉を100として)・95 / 亜鉛・4 / ・1
  • 量目 - 4.5g

ギザの意味[編集]

硬貨の周囲のギザ(ギザギザ)は、コインの周囲を削り取って地金を盗む行為を防止する目的で、かつて金貨や銀貨に施されていた刻みをまねたものである。銅貨や白銅貨は地金の価値がそれほど高価ではないため、装飾以上の意味はない。このギザは同時代の他の硬貨でも見られ、1948年(昭和23年)から1949年(昭和24年)の五円硬貨、1948年(昭和23年)から1950年(昭和25年)の一円硬貨等に存在する。

コレクションとしてのギザ十[編集]

ギザ十は、その識別の容易さから従来コイン収集の対象とされてきた。ギザ十の価値としては、実際の取引市場においてその発行枚数の多さゆえ、未使用品でない限り全く取り合ってもらえないのが現状である。すなわち、並品(完全に酸化・磨耗された状態)の場合、発行枚数2500万枚と少ない昭和33年銘のものが一部プレミアを付けて販売されることはあっても、買取の際には取引対象とされない、あるいは額面通りとされるのが普通である。そのため、価値を求めずに趣味のためにギザ十を収集している人が多い。

昭和26年製造の10円硬貨は、表面の鳳凰堂の屋根の上にいる鳳凰のデザインが異なる。足がやや長く、尻尾が上を向いている(後のものは下がっている)。また一時期、同年のコインにはが混入しているとの噂が広がり、この年号のギザ十をこぞって集めるという珍現象が生じた。そこで昭和26年銘の混入率を東京大学理学部で調査したところ、0.0004%の含有率だったという。これは貴金属価値を持つというのには程遠い量である。また、現在では流通量そのものが減少しており、自然な売買等で入手することもめったに無くなってきている。その希少性から、一部の投資家の間では「自分に回ってくると良いことがあるラッキーアイテム」としても知られる[要出典]

近年の動き[編集]

最近の自動販売機では、偽造硬貨使用防止の観点から硬貨の検知精度を向上しているので、ギザ十の硬貨投入を受け付けないものもある。これは、ギザ十の質量がもともと通常の十円硬貨よりも若干軽いことに加えて経年により磨耗し、通常硬貨との質量差が大きくなっているためである。

発行年数と発行枚数[編集]

日本貨幣カタログ2011年版[1]による。

  • 1951年(昭和26年) - 101,068,000枚
  • 1952年(昭和27年) - 486,632,000枚
  • 1953年(昭和28年) - 466,300,000枚
  • 1954年(昭和29年) - 520,900,000枚
  • 1955年(昭和30年) - 123,100,000枚
  • 1956年(昭和31年) - 発行されず(未発行)
  • 1957年(昭和32年) - 50,000,000枚
  • 1958年(昭和33年) - 25,000,000枚

その他のギザ付硬貨[編集]

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ 『日本貨幣カタログ2011年版』 日本貨幣商協同組合、2010年ISBN 978-4-930810-15-1