銅貨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
古代の銅貨

銅貨(どうか Copper coin)とは、を素材として作られた貨幣をいう。

概要[編集]

銅は卑金属ではあるがなどに比してイオン化傾向が低く酸化しにくいとされ、錫との合金である青銅は古くから装飾品や武器などに広く使用されて、精錬法も良く知られた身近な金属であったため、貯蔵性や可搬性の利点から鋳造貨幣として広範に利用された。ただし厳密な意味での鋳造(鋳型に溶かした銅を流し込んで成形する)は東アジアに限られ、オリエントやヨーロッパではプレス加工による成形が主流であった。

耐食性に優れるとはいえ材質としての価値は貴金属としての金銀に比べ大きく劣るため、本位貨幣の少額決済における不便さを補填するための「補助貨幣」としての性質が大きかった。よって中国日本では金銀が砂金丁銀など秤量貨幣の体裁を取ることが多かったのに対して、銅は権威性を備えたコインとしての体裁が求められ、鋳造の品質が信用(=価値)に直結した。銅地金と額面との差額は貨幣発行益として政府の財政収入となるため、760年天平宝字4)の万年通宝発行時には差益を狙って鋳造された私鋳銭が市場の半数を流通したという。中世日本では輸入銭である宋銭永楽通宝が広く通用したが、品質を落とした私鋳銭も引き続き流通し、悪貨、鐚(びた)銭として撰銭(えりぜに)の慣習を引き起こした。

硬貨は金や銀の実質的価値から、額面に応じて大型で重くなっていたが、銅貨においても同様で、ヨーロッパ世界では近世に入ってからも大型で重い銅貨が流通していた。イギリスの車輪銭と呼ばれる2ペンス銅貨はその代表的な物である。

現在では金貨銀貨は、もはや流通用には見られず、銅貨が世界の硬貨の中心をなしており、広く利用されている。

銅貨の素材[編集]

銅貨が純銅で製造されることはまれで、多くは青銅貨として鋳造される。一般的には、銅貨というと、この青銅貨を指す場合が多いが、黄色い黄銅貨や白い白銅貨も銅貨の範疇に入る。

一般的に高額硬貨は白銅貨やニッケル黄銅貨が、また低額硬貨には青銅貨が用いられる場合が多くなっている。近年の銅価格の高騰により、英国の2ペンス銅貨(1992年以前鋳造分)は金属素材として額面以上の価値を持つに至っている。

変わった例として、クラッドメタルという貼り合わせ金属の銅貨も増えてきている。これは、アメリカの硬貨に代表されるように、表面は白い白銅であるが中身は青銅という物で、縁の部分を見ると赤茶色の銅の色が見られるのが特徴である。

日本[編集]

日本でも銅貨は銅銭)と呼ばれ、律令国家によって、和銅元年(708年)から天徳2年(958年)の250年間の間に12種類の銅銭(皇朝十二銭)が通貨として発行されている。その中でも、和同開珎がよく知られている。後に貨幣経済が11世紀辺りで一時途絶えるが、12世紀後半から宋銭などが輸入されて使用されるようになり、江戸時代には寛永通宝と呼ばれる長く定着する銅貨(一部真鍮製のものもある)が国内で鋳造、使用された。

現在日本で流通している硬貨は、アルミニウム貨である一円硬貨を除いて全てが、銅を主体とする合金が利用されている。

金貨・銀貨との関係[編集]

三貨の交換比率は国と時代によって異なり、古代ローマアウグストゥス帝治世下では、金貨:銀貨:銅貨の交換比率は1:25:400とされ(→「古代ローマの通貨」)、東ローマでは1:12:180、清朝では銀1に対し銅銭1000(1貫文)とされたが相場により日々変動した。日本初の鋳造貨幣といわれる和同開珎では銀貨1枚が銭貨25枚の価値を持つとされた。江戸時代には三貨制度で金1両=銀50匁=銭(銅銭)4貫文とされたがこれも相場による変動が激しかった。ローマでは金貨が本位貨幣、中国では銀本位制、江戸時代だと江戸が、大坂が銀本位制であった。

関連項目[編集]